「1726」 『米軍の北朝鮮爆撃は6月! 米、中が金正恩体制破壊を決行する日』(副島隆彦著、光文社、2018年3月)が店頭発売となります 2018年2月28日
 SNSI・副島隆彦の学問道場研究員の古村治彦です。

 今回は、副島隆彦先生の最新刊『米軍の北朝鮮爆撃は6月! 米、中が金正恩体制破壊を決行する日』(光文社、2018年3月)がいよいよ店頭発売。

 流通に遅れが出なければ、首都圏の大型書店では3月2日(金)、インターネットのアマゾンでも3月2日(金)、日本各地の大型書店では3月5日(月)頃に店頭で販売。是非書店で手にとってご覧ください。


米軍の北朝鮮爆撃は6月! 米、中が金正恩体制破壊を決行する日

 『米軍の北朝鮮爆撃は6月! 米、中が金正恩体制破壊を決行する日』は、タイトル通り、2018年6月にアメリカ軍が北朝鮮に対してミサイル攻撃と爆撃機による爆撃を行い(地上軍は投入しない)、中国は中国人民解放軍20万人を中朝国境から一気に投入するということを予測する内容です。



第2章の元韓国国防省分析官の高永喆(コウヨンチョル、1953年―)・拓殖大学客員研究員と副島先生の対談は読みごたえがあります。高永喆は日本のメディアにもたびたび出ている人物です。是非、前回の「今日のぼやき」広報ページでご紹介した山口昇元陸将の論稿と併せてお読みいただくと、現在の状況がよりクリアに理解できます。

私は副島先生と高氏の対談に同席をしましたが、流ちょうな日本語を操り、また英語の発音もきれいで、アメリカ留学もしくは勤務の経験もあるのではないかということ、そして、韓国はもとより、日本やアメリカの政府にも同時の情報源を持っているのだろうということが推察されました。


高永喆(コウヨンチョル)氏

高氏によると、北朝鮮に対する監視は技術の進歩と共に複数の、精度の高い方法で行われ、何か兆候があれば即座に対応するということで、また、北朝鮮を無力化する攻撃方法もサイバー攻撃も使われるということでした。

 第3章では、「北朝鮮による挑発行為→米軍による爆撃とミサイルによる攻撃・中国人民解放軍による地上軍投入→金正恩政権崩壊→新体制樹立(核兵器開発放棄)」に至るシミュレーション(simulation)が細かく示されています。このシナリオではこれらの過程は1カ月以上かからない。また、すぐに解決して撤退しなければ、反撃を受けることになります。

北朝鮮問題は本来中国が解決すべき問題ですが、北朝鮮が核兵器開発を始めて(ソ連崩壊直後のロシアの協力があった)から25年間、米中でズルズルと放置してしまった結果、アメリカ領土に対して核兵器を搭載攻撃できるICBM(Intercontinental Ballistic Missiles、大陸間弾道弾)の開発にまで至りました。

 こうなるとアメリカに取っての、切実な安全保障問題になっている。アメリカは、もうこれ以上、事態をを放置しないだろう。そこでトランプ大統領は米軍のミサイルと爆撃機からの通常兵器を使った攻撃で、北朝鮮を無力化し、中国人民解放軍の地上部隊が北朝鮮を制圧し、新体制を樹立させ、すぐに撤退するというシナリオを副島先生は様々な材料を使って予測しています。

 北朝鮮が現在のような抑圧的な体制ではなくなり核兵器開発も放棄し、今よりは穏健な開発独裁的体制になれば、韓国、中国、ロシア、日本に囲まれているという地理的条件は北朝鮮の経済成長にとって有利に働くことになるでしょう。そうなれば人々の生活水準も向上するでしょう。

 『米軍の北朝鮮爆撃は6月! 米、中が金正恩体制破壊を決行する日』のまえがき、目次、あとがきを掲載します。参考にしていただいて、書店で手にとってご覧いただけますようによろしくお願い申し上げます。

(貼り付けはじめ)

まえがき    副島隆彦 

 アメリカは北朝鮮に対して、堪忍袋の緒が切れつつある。自分たちを核兵器で脅す国の存在を許さない。

 私は、すでに去年(2017年)の4月に、「(日本人よ)心配するな! 安心せよ。北朝鮮の核ミサイルは日本に飛んでこない」という文を書いて公表した。その主な内容は、「北朝鮮の核ミサイル関連施設への米軍の爆撃は、来年の4月であろう」とするものだった。このことを私は自分の本の中に書いた。

 だが、この米軍爆撃は、どうも2カ月先の6月に延びたようだ。その理由は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、北朝鮮の独裁者金正恩(キム・ジョンウン)にベッタリとくっついて救援に向かって、「崇高な南北統一」、あるいは「民族統一」という世界中の人々が甘く考えることのできない、大きな球を、世界政治に投げ込んだからである。だからズルズルとこのあと、緊迫したまま数カ月が経(た)ってゆく。アメリカと北朝鮮の睨み合いは最終局面に入ってゆく。

 こうなると金正恩としては、ますます絶対に核ミサイルを手放さない。手放したら自分たちの体制が即座に破壊されると分かっている。だから、同じ民族(同族)である韓国と抱きしめ合うことで、アメリカおよび中国からの強い圧力に抵抗している。

 だがそれでもトランプと習近平は、もう、今の危険きわまりない金正恩体制を許すことはない。超大国であるアメリカと中国は、金正恩と文在寅を自分たちと対等の話し相手(交渉相手)だとは認めていない。こんなチビコロ国家の指導者なんか、大国の力で叩きのめしてやると考えている。

 私は去年4月の自説では、「アメリカは相手に先に手を出させる。北朝鮮から韓国に通常ミサイルを撃たせる。それを合図に米軍のバンカーバスター(地中貫通型大型爆弾)搭載の巡航ミサイルによる一斉の、北朝鮮の核関連施設へのピンポイント(精密)攻撃が行われる」と書いた。

 だがその後の状況をみていると、戦争勃発(攻撃開始)の合図は、世界中からの注視と監視のもとにあるから、簡単にはできない。開戦の大義名分をアメリカと中国はすぐには作れない。だから少なくとも国連(ユナイテッド・ネイションズ)の安全保障理事会(安保理。世界の軍事問題を取り扱う)の拡大会議で、秘密の緊急の決議をすることで、北朝鮮への爆撃を実施するしかない。

 これを秘密でやらないと北朝鮮(金正恩)に察知されたら、先にアメリカ本土に核ミサイルを発射されてしまう。そうなったらアメリカの負けだ。1950年6月の朝鮮戦争の勃発のときは、すぐに国連の総会(ジェネラル・アセンブリー)での決議で、国連軍が作られた。そして北朝鮮軍および中国軍と戦った。だが、あのとき正式の国連軍(The UN Force ザ・ユーエヌ・フォース)であったか分からない。あのときの緊急の総会は、「平和のための結集」と呼ばれて、ソビエト・ロシアとその家来(衛星国 ええいせいこく、サテライト・ステイト )であった東ヨーロッパ諸国には知らせないで、抜き打ちで行った決議である。

 だから、今回の北朝鮮への爆撃も、国連軍(国連憲章51条に基づく)と呼ばれるかどうか分からない。たぶん呼ばれないだろう。だが今回は、5大国の2つであるロシアと中国も反対に回らない。北朝鮮は孤立無援になっている。だから6月には我慢の限界で、米軍が北朝鮮への爆撃(ボンバードメント)を敢行するだろう。

 私は、青年時代から左翼あるいは、急進リベラル派である。だから平和主義者(パシフィスト)で戦争反対の考えで生きてきた。だが、年齢に応じて少しだけ保守化した。

 だから、私は、なぜ、今回の北朝鮮に対する米と中の軍事行動(外科的手術)による強制処分に賛成するのか。「お前は反戦平和と言っているくせに、なぜ戦争に賛成するのか」と非難されるだろう。私は本書で徹底的に反論し説明する。

 私の目から見て、かえって不可解なのは、いつもはあれほどに強く北朝鮮の政治体制の独裁主義と共産主義の非人間性を憎み、嫌っている、人々がなぜ大声をあげて「北朝鮮の現体制をさっさと崩壊させるべきだ」と主張しないのか。それが私から見たら逆に不可解である。

 なぜ石原慎太郎氏のような愛国保守の人たちが、今回、黙りこくっているのか。「核ミサイルを日本に落とすなど言語道断である。今こそ北朝鮮の共産主義体制を打倒する。そのために自分たちも米軍と一緒に漁船を仕立てて北朝鮮を攻めるぞ」と言わないのか不思議である。そのような勇ましい右翼の人士が、たったひとりも出て来ない。このことが私はかえって不思議でならない。

 私の期待と予測では、米軍の爆撃と中国軍の侵攻から1カ月以内に、急いで金正恩体制を崩壊させ、金漢率(キム・ハンソル。後述する)と取り替えて新しい穏健な政治体制に作り替えることが良い。それが今も飢餓状態にある2000万人の北朝鮮国民を急いで救出することになる。

 私の考えでは、北朝鮮はミャンマーのような穏やかな中進資本主義の国になって、外国資本(外資)をたくさん導入して、国内のあちこちの鉱物資源を掘ることから始めて、急いで国を建て直すのが一番いい。中国共産党でさえそのように考えている。今のままの過激な北朝鮮の、自分勝手で極端な共産主義を続けられるのは、世界にとって迷惑である。

 北朝鮮の核兵器問題で一番怒っているのは、中国である。中国の習近平である。
 
 北朝鮮から北京まで800キロしかない。日本まではだいたい1100キロだ。中国が一番怒っている。だから私の去年4月の予言でも、「米軍による核施設爆撃があった、その直後に中国軍が北の国境線と西側の海岸線から侵攻(進撃)するだろう。中国兵が5万人ぐらい死ぬだろう。国境の地雷原を突破しなければいけないからだ」「1979年の中国・ベトナム戦争(中越戦争)の再来である」と書いた。今も私のこの予言(近未来予測)に変わりはない。中国の習近平はそこまでやると覚悟している。本書でいろいろと説明する。

 だから米軍の爆撃は、今年の6月であろう。アメリカ国民にとって大切な独立記念日である「7月4日(ジュライ・フォース)」よりは前にトランプ大統領は爆撃命令を出す、と私は判断した。

=====

目次

まえがき

第一章 北朝鮮爆撃はなぜ6月なのか? 副島隆彦の予言は当たるか

南北融和ムードが戦争モードにガラリと変わる 18
心配するな、慌てるな。日本に核ミサイルは飛んでこない 25
アメリカは攻撃の前に北朝鮮に先に撃たせる 26
中国が金正恩体制を崩壊させる 29
米軍のシリア攻撃は北朝鮮への警告だった 38
日本は「局外中立」を宣言すべきだ 43
「管理された小さな戦争」しか起こらない 46
習近平が金正恩を許さない 50
われ、北朝鮮潜入を企てる 54

第二章 高永喆(元韓国国防省分析官)と緊急対談 米軍の通信傍受体制から、北朝鮮の新体制まで…白熱討論

南北急接近でも米軍は6月空爆を実行する 62
「本番」をにらんで米空母が6隻態勢で集結 73
アメリカは北朝鮮に先に攻撃させる 78
キッシンジャーがコントロールする米・中・露の「第二次ヤルタ体制」 83
「スモール・ウォー」(小さな戦争)で終わる 88
日本や韓国に被害は出ない 91
北朝鮮と友好関係にある瀋陽軍区の兵士が進撃する 95
中国軍は38度線を越えない 103

第三章 2018年6月、北朝鮮体制崩壊へのシナリオ

ワシントンDCに届く核ミサイルは完成間近 110
戦争が始まる前には一切報道しないことになっている 115
トランプが「私の将軍たち」と信頼する3人の元軍人 120
韓国が演習に参加しなければ米軍が単独でやる 123
朝鮮戦争の頃から変わっていない南北境界線 125
1カ月以内で片づける 128
核兵器保有の主権を持つ北朝鮮を止められるのは国連だけ 131
爆撃後、米軍はすぐに朝鮮半島から手を引く 135
平昌五輪後に米韓軍事演習は実施される 138
キッシンジャーがお膳立てした「北朝鮮処理」 141
核兵器開発管理の枠組みが決まったのは2015年1月 146
キッシンジャーの人生最後の大仕事 149
ヒラリーなら世界が火の海になっていた 153
世界の3巨頭による「第二次ヤルタ会談」が開かれる 154
習近平は「死ぬのを恐れるな」と演説した 157
金正恩体制変更までのシナリオ 159
マティスが「戦争計画」を明言 162

第四章 トランプの本音は北朝鮮問題を1カ月でさっさと片づけたい

「アメリカ・ファースト!」の本当の意味 167
第二次大戦の時からあったアメリカの「国内問題第一主義」 172
ロックフェラー・グローバリズムと闘ったリンドバーグの思想 175
なぜトランプは「イスラエルの首都はエルサレム」と言ったのか 177
ヒラリーたちの「グローバリズム」とは「地球支配主義」である 179
アメリカは「世界の警察官」から降りる 182

第五章 習近平「北朝鮮処理のあと、西太平洋を中国に渡せ」

江沢民や胡錦濤よりも格上となった習近平 189
「中国夢」を掲げて次の世界覇権国を目指す 194
対抗する「共青団」勢力を骨抜きに 196
習近平派がまとめて台頭 197
習近平独裁を支える政治警察長官 199
「一帯一路」構想とAIIBが突進する 200
「中国崩壊論」が崩壊した 205
政界より先に嵐が吹き荒れた中国軍の人事 207
日本は「アジア人どうし戦わず」を貫け 220

あとがき

=====

あとがき   副島隆彦 

 「まえがき」で書いたことの続きである。不思議なことに、「なに。北朝鮮の核ミサイルが日本に飛んでくるだと。断じて許せん。北朝鮮を征伐に行く」という日本人がひとりも出て来ない。何故なのだ。私はこんなことを考えながらブツブツとこの本を書いていた。日本人は本当にフヌケになってしまった。全てのことが他人事なのである。  

 日本人の韓国、北朝鮮に対する考えは複雑である。まったく同じような顔と体つきをした人間どうしなのだから、もっと仲良くすればいいのに。と言っても、そんなに簡単なことではない。反共右翼や保守的な考え方の人たちは、「北朝鮮の裏にいるのは中国だ」「中国が必ず北朝鮮を助けるはずだ」「だからアメリカは中国とぶつかる」と考えている。私のこの本は、このような人たち相手にも書かれている。

 リベラル派が多い知識層の日本人は、すでに5年ぐらい前から「どうも朝鮮人・韓国人は、中国のことが嫌いなようだ」と分かってきた。私のような世界政治の研究をずっとやってきた人間は、中国と朝鮮の長い争いや戦いの歴史を知っている。15世紀に世宗大王(朝鮮王国の名君)がハングルという新しい文字を作って、国語にしたのには深い理由がある。

 それは、何があっても朝鮮民族は中国・漢民族に吸収合併されない、という強い民族防衛の思想があるからだ。この考えは今も変わらない。朝鮮・韓国人は、人口が3分の1に減るまで戦っても絶対に中国には屈服しない、という固い意志を持っている。

 韓国人の知人にちょっと聞いたくらいでは口にしないが、本心である。今の韓国の若者たちは、北朝鮮問題に対して、全く無関心を装っている。「自分たちが生活していくだけでも大変なのに。とても北朝鮮の人たちまでは助けられない」と思っている。だから北朝鮮問題に対しては、何もしゃべらないで口を閉ざしている。

 だがよく考えてみればこの態度は、日本国民もほとんど同じである。日本人は、北朝鮮問題に対して黙っている。今もそうだ。「独裁体制の気持ちの悪い国だね」と、ささやき合ってきた。ところが去年から北朝鮮の核ミサイルが自分たちにも飛んでくる可能性が高まってきた。そうなると他人事では済まなくなってきた。

 だが、それでも今の日本にはどうすることもできない。黙ってじっと事態の推移を見守るしかない。国際社会(=世界)が、何とかしてくれるだろうと待っているしかない。何とかしてくれる、とは問題を処理する? 片付ける? 危険を取り除く? ということか。

 この本の中に書いたが、1月4日に、習近平は、中国軍の幹部たちを集めて「死ぬことを恐れるな」と演説している。同じ日の1月4日に、トランプ大統領は「南北対話が行われている間は、アメリカはいかなる軍事行動も取らない」と明言した。文在寅韓国大統領との電話会談である。

 ということは、南北対話が終わったら軍事行動を取る、という意味である。国連での手続きもちゃんとそれまでに取る、という意味だ。マティス国防長官は同じ1月4日に、「平昌オリンピックの後には必ず米韓合同軍事演習を行う。それまで延期する」と言った。ロシアのプーチン大統領は、1月11日に「金正恩はゲームに勝っている。この若者は、なかなかの政治家である」と持ち上げた。ロシアは巧妙に自分の取り分を確実に確保しようとしている。

 北朝鮮の体制変更後のこの地域(リージョン)での自国の経済的利益を得るだろう。広大なシベリアの大開発というロシアにとって大きな国家戦略の一環である。  プーチンは、アメリカが言う「朝鮮半島の非核化」即ち、北朝鮮から核兵器を取り上げて、現体制の作り変え(レジーム・チェンジ)に反対しない。北朝鮮を穏やかな中進国に作り変えるというトランプと習近平の計画に反対しない。

 なぜならば、トランプと習近平とプーチンの、世界の三大国の3巨頭は、すべてヘンリー・キッシンジャー博士(94歳)の教え子のようなものであり、今の世界はキッシンジャー戦略で動いているからである。この本でずっと説明してきた。キッシンジャーが1954年(31歳)のときに書いた「限定的核戦争論」という論文のとおりのことが今起きており、それに対応する形で刻々と世界は動いている。

 キッシンジャーは、すでに64年前に「5大国以外の国々がやがて核兵器を持つようになる。それでもできる限りそれらを奪い取らなくてはならない。それが世界が安定して維持されるために必要な世界戦略である」と書いた。現実の世界は、この非情な論理で動いている。私たちは甘い考えを持つべきではない。  

 トランプと習近平とプーチンによる3巨頭の「第二次ヤルタ会談体制」は、私の自説である。私のこの理論以外にどんな世界体制論が現在あるだろう。私の主張は日本の言論界でほとんど無視されているように見える。しかし本当は私が最先端を行っており、国内言論を先導(かつ煽動。笑)しているのである。このことを知っている人はたくさんいる。だが、皆、黙っている。

 私にとってはすでに北朝鮮の核問題は終わっている。その次に、アメリカ(トランプ)と中国(習近平)との、激しい闘いが待っている。それは台湾と南シナ海のスプラトリー・アイランズ(南沙諸島)の問題である。この一部に東シナ海の尖閣諸島が入る。去年11月9日の北京での米中会談で、トランプが、「中国は少しは世界に遠慮して、南沙諸島の軍事人工島を撤去しなさい」と言った。

 そうしたら習近平が、「アメリカの方こそ遠慮しなさい。いつまでも世界の海を支配しなくてもいい。米海軍はグアムまで引っ込みなさい」と言ったようだ。世界のトップの政治家どおしの言い争いというのは、本当はこのように分かり易いものなのである。

 中国は、今のままの巨大な経済力の成長をどうせ続ける。だからそれに見合った軍事力の増大で、アメリカを圧して「西太平洋(ウエスト・パック。ハワイより西 )は中国に任せなさい」と言っている。この問題が北朝鮮の次の問題としてすでにせりあがってきている。私の大きな結論では、トランプ大統領は、アメリカ国内の立て直しの方が重要であるから、アジア諸国から軍事力を徐々に撤退しようと考えている。「もうこれ以上余計な軍事出費をアメリカはかけられない」と分かっている。だから、北朝鮮処理が終わったら、中国の要求に少しずつ応じて行かざるを得ない。これは〝アメリカの衰退〟を表している。

 この事態に日本の保守派や反共右翼たちはいきり立っている。「アメリカは、なぜ中国とロシアの伸長に対して本気で対決しようとしないのだ」と強く不満に思っている。だが、これらの旧式の古い考えの人々は、やがて現実対応力を失って衰退していく。私たちは、北朝鮮後のことを急いで考えなければいけない。

 この本は緊急出版に近い本である。台本作成から3週間という突貫工事に俊敏に対応してくれた担当編集者の光文社出版企画編集部の田尾登志治副編集長に格段のご支援をいただいた。ライターの市川昭彦氏が、幸運にも韓国軍の国防省で長年、戦争兆候の調査分野におられた高永喆氏との対談を実現してくださった。米澤仁次局長にはこの本が時宜にかなって迅速に出版されることで万全のご配慮をいただいた。記して感謝します。

2018年2月10日

副島隆彦

(貼り付け終わり)


米軍の北朝鮮爆撃は6月! 米、中が金正恩体制破壊を決行する日

(終わり)

copyright(c) 2000-2009 SNSI (Soejima National Strategy Institute) All Rights Reserved.