「1916」 最新DVD『アメリカ名物「トランプ・ポピュリズムの嵐」と最新の世界情勢』のお申し込み受付を開始します。9月以降の米大統領本戦本格化を前に是非ご視聴ください。2016年7月20日
 アルルの男・ヒロシです。今日は2016年7月20日です。今日は最新DVD『アメリカ名物「トランプ・ポピュリズムの嵐」と最新の世界情勢』のお知らせです。

ビデオのお申し込み は こちら



 今週になって18日から、アメリカのオハイオ州クリーブランドでは、米共和党の党大会が行われています。二日目に入って、予備選挙を勝ち抜いて候補者指名を確実にした、不動産王のドナルド・J・トランプが、正式に党大会で代議員らの投票を経て、2016年大統領選挙の共和党の公認候補に決定しました。すでに、トランプは、インディアナ州現職知事をしているマイク・ペンスという、12年間(6期)の下院議員経験もある党の議会関係者でも重鎮と評価されているベテラン政治家を副大統領候補とすると発表しており、このペンス知事も含めて、秋の大統領選挙を戦う共和党の陣容が決定したわけです。

(貼り付け開始)

 米共和党大会、正副大統領候補を正式指名 トランプ氏本選へ



[クリーブランド 19日 ロイター] - 米共和党大会は2日目の19日、実業家のドナルド・トランプ氏(70)を共和党の大統領候補として正式に指名した。副大統領候補としては、インディアナ州知事のマイク・ペンス氏(57)を正式指名した。

トランプ氏は1725人の代議員を獲得し、指名に必要な過半数(1237人)を上回った。民主党の候補指名が確定しているヒラリー・クリントン前国務長官(68)と11月8日の本選で対決する。

クリントン氏はツイッターで「たった今、ドナルド・トランプが共和党の候補になった」とコメント。「彼が大統領執務室に足を踏み入れることのないよう、力を尽くそうではないか」と戦意を新たにした。

トランプ氏はニューヨークからのビデオ中継で11月の本選で勝利し、雇用の創出、軍事力の拡充、国境の警備強化、「法と秩序の回復」を実現すると強調した。

トランプ氏は、不動産業を手掛ける傍らテレビ番組に出演し知名度を高めた。だがこれまで政治家としての経験はなく、昨年6月に大統領選挙への出馬を表明した時点では泡沫候補とみられていた。共和党の候補指名争いでは序盤からリードしたが、いずれ脱落するとの見方が大勢だった。

しかし対立候補を激しく攻撃するスタイルで、グローバル化の恩恵を得られず、ジェブ・ブッシュ氏ら共和党主流派に不満を抱く中産階級の白人などから支持を得て候補指名を獲得した。

党大会ではトランプ氏の過激な主張よりも、雇用を創出し国内外で脅威に立ち向かう姿勢をアピールする共和党首脳の姿が目立った。

早くからトランプ氏を支持してきたセッションズ上院議員(アラバマ州)は同氏を「戦士で勝利者だ」と持ち上げた。ライアン下院議長とマコネル上院院内総務も、トランプ氏をたたえる演説を行った。

最近の世論調査では、トランプ氏はクリントン氏にリードを許している。ただロイター/イプソスが19日に公表した調査によると、クリントン氏のリードは先週の15%ポイントから7ポイントへ縮小した。

クリントン氏は来週の民主党大会で大統領候補として正式に指名される見込み。

両者は9月26日に、ニューヨーク州のホフストラ大学で1回目の討論会に臨む。

(貼り付け終わり)

共和党大会の翌週には、民主党大会でヒラリー・クリントン前国務長官が、民主党の候補者指名を受けます。こちらの副大統領候補ももうすぐ発表されます。

 今年の共和党大会では、ブッシュ・ファミリーや、マケイン上院議員、そして党大会が開催されるオハイオ州の知事で予備選挙を戦ったケーシック知事、それから前の大統領候補だったミット・ロムにーが欠席しています。党大会では、トランプ一家を前面に出しており、初日は、トランプが登場する際には、クイーンの「ウィー・アー・ザ・チャンピオン」を流しながら登場しました。初日に候補者が登場することは異例です。



 その後、トランプの3人目の夫人である、元モデルのメラニア・トランプが登場し、夫を称える演説をしましたが、この演説の一節が、08年にオバマ大統領夫人のミシェルが、民主党大会で行った演説からそのまま借用していたことが判明し、メディアから袋叩きになりましたが、トランプ陣営はどこ吹く風で、二日目のトランプ・ジュニアの演説も、パット・ブキャナンの主宰する雑誌の記事からの借用が含まれていました。

 今年の共和党大会は、アメリカ国内でイスラム原理主義のテロや、警官と黒人の対立が全米で銃撃事件に繋がる中開催されており、テーマは「法と秩序の維持」(Law and Order)になっています。ISISに対しても戦うと言っていますが、党大会で採択された共和党の活動方針では、ドナルド・トランプが掲げた、メキシコ国境での不法移民の侵入を防ぐための壁の建設も盛り込まれています。


「安全なアメリカを取り戻す」をテーマにした党大会初日

 今のところ、トランプの当選は無いだろうというのが世論調査の結果からは伺えるのですが、これはどうなるかわかりません。今はヒラリーがリードしている世論調査は多いですが、04年のジョン・ケリーが民主党の大統領候補だったときも、7月ころにはケリーがブッシュを大きくリードしていました。そして9月になるとブッシュがリードし始め、最後まで逃げ切りました。


2004年の大統領選挙の支持率の推移


2016年大統領選挙の支持率の推移(7月20日まで)

 この時はブッシュ陣営がケリー候補の軍歴をめぐるネガティブキャンペーンを行ったことがケリーにマイナスに働きました。今回の大統領選挙でも、共和党はヒラリー・クリントンのリビアのベンガジ領事館襲撃事件の対応や、私的なメールサーバーを使用して機密情報をやり取りしていた問題、オバマ政権時代の国務長官時代の外交失策などを徹底的に追求してくる。すでに党大会では、トランプを真っ先に支持して、政権入りしたら司法長官が確実に約束されていると言われる、ニュージャージー州のクリス・クリスティ知事は、党大会の会場の観客に向けて、「ヒラリー国務長官の罪状」を読み上げ、「有罪か無罪か?」と問いかけるパフォーマンスを行っていました。

 同時にヒラリー陣営も、トランプの経営者時代の失策を追求してくるので、ネガティブCM合戦になることが予測されます。ただ、共和党も民主党も本選挙に向かうに連れて、予備選挙の時の対立を修復していることは確かです。こういう双方のネガティブキャンペーンを見た無党派の有権者が、どっちに流れるのか、ということが選挙の帰趨を決めるでしょう。

アメリカ国内や海外で、ISIS絡みの大きなテロが起きたり、ヒラリーの不祥事の情報がWikiLeaksに流れ始める可能性もある。各社の世論調査の平均値では「両者互角」ですから今の状況が続けば、どちらが勝つ可能性もあるわけです。しかし、今年の大統領選挙、トランプはちょっとやそっとのネガティブキャンペーンは跳ね返してしまうと思います。ヒラリーは公職にあった時の行動が問題にされているだけ、攻撃に弱いという側面があるのです。

 投票日まで数ヶ月あります。私たちは、どちらが当選してもいいように対応する必要がある。特に、日本のメディアが全く想定していない、トランプ大統領が誕生すれば、それはどのような意味を持つか、をアメリカ政治の歴史の流れを踏まえながら、現在の状況をしっかり理解しておく必要があります。

 今回、ビデオとしてお届けするのは、5月29日に開催された私達の講演会の模様を収録したものですが、当日使用したスライドに加えて、さらに内容を深く理解するための写真や情報を挿入いたしました。講演会後の状況についてもスライドとして講演内容に挿入してありますので、さらに理解が進むのではないかと思います。

 このビデオを見ると次のようなことがわかります。

◯ アメリカの支配層はなぜトランプ大統領を視野に入れ始めたか

◯ 自分の年齢とトランプの年齢を比較するとトランプの軌跡が実感できる

◯ トランプ大統領に白人の低所得者層が「熱狂」するのはなぜか

◯ 大統領選挙の争点である、エリート主義とポピュリズムの対立の歴史的構造とは何か

◯ なぜヒラリーは嫌われるのか

◯ トランプ、ヒラリーの双方を支えているのはどんな勢力か

◯ その他、橋下徹元大阪市長はなぜ「ファシスト」と呼ばれるのか

 このビデオはすでに発売されている、『トランプ大統領とアメリカの真実』(日本文芸社)と合わせて視聴いただくと、さらに今年のアメリカ大統領選挙の重要なポイントがわかってくると思います。合わせてご利用ください。

 

 なお、このビデオには講演会当日に前半部分として開催された、早稲田大学理工学部教授・小澤徹(おざわとおる)先生による、「数理的思考」についての講演、「数学という学問について」の講演を収録しております。

 是非、DVDを視聴いただき、アメリカ政治の地殻変動を実感してください。

ビデオのお申し込み は こちら

======

<当日のアンケート集計結果>

全回答数:63

◯お客様のプロファイル・職業

公務員 2
会社員(役員・管理職) 31
自営業 11
専門職(医師・弁護士など) 2
団体職員 2
教員 3
学生 0
主婦 2
パート・アルバイト 3
無職 2
定年生活 8
その他 1

◯性別

男性 51
女性 12

◯年齢層

20代以下 1
30代 5
40代 7
50代 24
60代以上 25

◯小澤徹講演について

1.すばらしい 21
2.満足 27
3.ふつう 12
4.悪くはない 6
5.不満 3

◯副島隆彦講演について

1.すばらしい 51
2.満足 17
3.ふつう 0
4.悪くはない 0
5.不満 0

◯会場について

1.すばらしい 28
2.ふつう 38
3.不満 2

◯係員の応対・運営について

1.すばらしい 22
2.満足 38
3.ふつう 9
4.よくない 0
5.非常に良くない 0

◯今後聞きたい分野

国際政治(アメリカ・中国) 48
国内政治 28
金融経済 30
税金 10
経営・ビジネス 3
法律 3
英語 6
政治思想 23
宗教 11
医療 5
日本史 8
世界史 12
映画 5
芸術 4
教育 10
健康・福祉 2
環境問題 2
スポーツ 2
文化芸能 2
その他 2

◯小澤徹講演について

本人だけがわかっている (女性・68歳)
話は面白かったです。大事なことを一つに絞って掘り下げていくスタイルで話していただけるともっと良かった(男性)
むずかしい
普段はめったに聞けないすごい教授のお話を簡潔にまとめて聞く機会を与えてくださり感謝。ぜひまた聞きたいです。私もわかりやすく時間が短く感じられました。(女性)
時間が短い(男性)
要点がよくまとまっており、全体が理解しやすかった(男性・49歳)
話の内容を追いきれなかった。資料がもう少し欲しかったです。(男性・69歳)
少し短かった(男性・50歳)
もう少しわかりやすくお願いします
照明は改善してください。先生がよく見えない。数学の話題を聞かせて欲しかった。ABC問題など(男性・60歳)
数学的思考で物事をすべて考えると友人を無くしそうであるが、必要十分条件の考えは大切だと思う(不明)
最後の現実・自習との別の体系である数学で、自然がうまく記述できてしまうことの便利さと欠点を詳しく聞きたかったです(男性・52歳)
もう少し詳しく聞きたかった(60歳)
次男が大学受験をするのですが、第一志望が早稲田です。受かりそうにないレベルなのですが、素晴らしい先生のお話を聞くことができました。ありがとうございます。(52歳)
時間が足りなかった。内容について高校の息子に聞かせたかった(不明)
吉本や柄谷を読む必要はもはや無いでしょう!(女性・50歳)
もっとゆっくり聞きたいと思いました。すこし言葉が少なかったです。(男性・53歳)
おのれの無知を知った(男性・49歳)
数学の世界を冷静に説明してもらえた。今までの数学観とは異なる世界でした(男性・55歳)
内容が消化できなかった(男性・60歳)
数学の面白い側面が分かりやすかったです(女性・59歳)
おもしろい(意外と)(女性・55歳)
やさしい日本語だが、何を言っているのか、理解できなかった(男性・64歳)
難しい内容をわかりやすく話していただいた。面白かった(男性・68歳)
数学と物理。一生懸命聞いていたのですが、半分は寝てしまいました。私の脳がそうさせたのです(女性・66歳)
やはり私の頭では全てを理解することはできませんでした。高校や大学時代のことを懐かしく思い出し、苦手な領域に触れることの重要さを思い出しました(女性・53歳)
なかなか理解するのが難しかったが、普段聞く機会のない方のお話が聞けてよかった(男性・54歳)
主題が不明確(女性・66歳)
私の理解力を超えている(男性・80歳)
数学的発想は他の分野でも大いに役立つ(男性・60歳)
去年のピケティの微分のところ以来の事件でしたが、ここまですごいとは。なぜ微分は二階なのか。自然の変化の奥にあるもの、トポスにおける自己射のつまらなさ←集合論(外延。内延と射)(男性・38歳)
解答のない問題についての数学があることがわかった。世界基準での学問の分別があること、科学は存在を証明しているだけであって全てではない。神学が他方では一番最高の学問とされていることで神の存在の偉大さが世界基準で尊ばされている。このことが驚きであり発見でした(男性・37歳)
僕も高校一年の数一で落ちこぼれました。中3までは数学はクラストップで自信があったのですが(男性・58歳)
数学的思考という着眼点が良いと思いました。学問の体系や歴史など大づかみに把握できますし、エスプリの効いた具体例など楽しく勉強になりました(女性・58歳)
失礼ですが、退屈で後半は寝ていました。やはり大衆には無理でした(男性・65歳)
話の内容が難しくてよくわかりませんでした(女性・47歳)

◯副島隆彦講演について

今回も熱心なお話にうなりました。お体を大切になさってください。ますますのご発展をお祈りします(女性)
スライドの流れやストーリーが会ってその流れに沿って話してくれたので分かりやすかった。
気合がはいっていました。面白かったです。大衆主義を切々と説く先生はすばらしいでした。(男性・60歳)
金融よりも面白く生きるチカラになりました(不明)
毎回楽しみにしています。真実を知り、先を読むことの重要性を痛感しております。本日もありがとうございました(52歳)
いつもどおり先生の迫力のある講演ありがとうございました。(不明)
日露関係の動きについて次回は是非!
トランプや歴史の流れがよく入りました。また考えを新たにしました。(男性・53歳)
初めて参加して、副島先生を見て、公演を聞いてとっても楽しく、ファンキーな方だと思いました(男性・27歳)
今回も啓蒙していただきありがとうござした。(男性・77歳)
話の内容が多方面に渡り、とても面白かったです。(男性・55歳)
先生の姿勢にはいつも感激いたします。お体をくれぐれも大切にされてください心より応援します(女性・59歳)
トランプが大統領に決まり、ホットニュースが聞けた(男性・64歳)
もっと金融の話がききかった(女性・56歳)
スバラシかった!(男性・68歳)
すばらしい:ヤッパリ副島先生はよかった(女性・66歳)
喉の調子が回復されていて本当に良かったです。わかりやすく噛み砕いしてくださる先生の存在は貴重です。(女性・53歳)
トランプの凄さがよくわかった。アメリカ大統領の権威というものがよく理解できた(男性・54歳)
今回は今までで最も熱くベスト!感謝!(男性・80歳)
前もって本は10冊以上よんでいるので予備知識があったので話が早かったが、内容が理解できた。今後の近未来の話がもう少し聞けたらよかった。(男性・37歳)
アメリカの官僚がこれから職を探さなければならないことを知らなかった。日本もそうなればいいのに。(公務員=国歌の寄生虫)(男性・58歳)
属国日本論の続編を!(男性・67歳)
国際政治(特に米国)の大きながれと今後の展望を大まかに把握できました。副島先生長生きできるように養生なさってください。バカはバカなりに陰ながら応援しています(女性・58歳)
いつも面白く笑っています。副島先生のライブは1000人~2000人に増えてないことを話されて、私の会社の売上を思いました。世の中、正しいことが(製品等)売れるわけではありません。多大な時間がかかります。10年後は多分、1万人ですね。いろいろな分野の先生が来られますが、やはり副島先生が一番面白いです。後10%程エンタメ方向に進めてください。面白ければ客は増加します。(男性・65歳)
体調が良くないせいか、お元気が無いように見えました。また、60歳を過ぎて、もうダメだ、所詮ここまでしかできなかった、これ以上にはなるまいと諦めているように見得なくもないと、心配です(女性・47歳)

◯会場について

スイング座席は席置きに不向きです。資料は入場時に手渡しすべき。(男性・50歳)
少し画面が暗かった(不明)
長時間座っていておしりが痛かった(男性・32歳)
イスの座り心地は良かったです
暗くて見えづらい
椅子が固い
せまい(女性・56歳)
席の間が狭い。階段部分が急なのは前の人のあたまがじゃまにならずありがたい
以前にも言いましたが、プロジェクターの輝度が低く見えにくい。最新機種に交換されたし!(男性・68歳)
空調もよく効いていて過ごしやすかった(男性・54歳)
安心感がありますね(男性・38歳)
会場入口が前にあり、途中の出入りが遅れてきた方がいて注意が散漫になった。できれば講習中の出入りは後ろが良いと重います。(男性・37歳)
イスが古く、おしりが痛かった

◯係員の対応について

学問道場サイトについての希望。2年前にやっていた音声配信を復活してほしい。年に数回くらいでもいいと思います。(男性・69歳)
入場整理の際の年配者が慣れていないようで少しあたふたしていた
プロジェクターが暗いです。後半、後ろの席は暑いです。(男性・50歳)
見習いほどのマナーでした(男性・27歳)
すばらしい:ていねいでした
いつもテキパキと対応いただきありがとうございます(男性・54歳)
すばらしい:皆さん、お疲れ様です(多分、先生にドナられたでしょう)(男性・80歳)
すばらしい:にこやかにきちんと対応してくださり教育の素晴らしさを感じます (女性・59歳)

◯今後希望するゲスト・研究員

◯SNSI研究員
古村治彦:1
中田安彦:1
吉田裕二:1
下条達夫:1
崎谷博征:1

◯希望するゲスト
佐藤優:6
カレル・ヴァン・ウォルフレン:1
マーティン・ファクラー:1
孫崎享:3
近藤誠:1
植草一秀:3
矢部宏治:1
天木直人:1
山崎行太郎:2
ロン・ポール:1
瀬戸内寂聴:1
田中宇:2
鬼塚英昭(故人):1
小室直樹(故人):1
高橋五郎:1
小沢一郎:1
副島先生の奥様:1


copyright(c) 2000-2009 SNSI (Soejima National Strategy Institute) All Rights Reserved.