「1500」最新講演DVD『2015年、世界は平和か戦争への岐路に立っている』が完成しました。ぜひ御覧ください。2014.12.25
 副島隆彦を囲む会の須藤よしなおです。今日は2014年12月25日です。

 先月11月16日に開催しました、私たちの自力主催講演会『2015年、世界は平和か戦争への岐路に立っている』の模様を収めたDVDが完成しました。
お待たせしてしまい、申し訳ございません。どうぞ是非、ご視聴いただけましたら幸いです。




タイトル:『2015年、世界は平和か戦争への岐路に立っている』
講師:副島隆彦、六城雅敦
開催日:2014年11月16日(日)
収録時間:196分
会場:東京国立博物館「平成館」

・上記の新作DVD『2015年、世界は平和か戦争への岐路に立っている』のお申し込みページは、こちらです↓
http://www.snsi.jp/shops/index#dvd

 今回のDVDの見どころは、「歴史」と「現在の政治状況」を同時に勉強できるというところです。

 まず前半では、 六城雅敦(ろくじょうつねあつ)研究員のテーマは「幕末から明治への近代思想」です。


現代の日本社会がかたちづくられた原点である、幕末の「蕃所調所」の重要性にあらためて目を向けました。

 また同時に、それほどまでに、必死で日本に導入しようとしている、近代思想の正体にも迫ります。この内容を六城さんは、テキ屋ばりの威勢のいいタンカで喋り倒しました。江戸時代に日本に入り込んでいた欧米近代を吸収しようと奮闘した当時の知識人たちの姿についての講演です。

 また、副島隆彦先生の講演では、歴史に現代政治・経済、エネルギー問題から最新の金融・経済の予測まで、縦横無尽に語り尽くされました。


 第二次世界大戦集結から、戦後70年となる2015年。世界はまた2つの勢力に別れて争い始める。米国が外国へ軍事介入することを嫌う、「低緊張紛争」派であるオバマ政権と、積極的に「自由と民主主義の拡大」のために外国へ介入しようとするネオコン、ヒラリー派。米民主党も共和党もそれぞれ2つに割れています。その大ききな枠組みを副島隆彦が解説します。

 主な講演の内容は次のようになっています。

<主な内容>
◯副島隆彦は評論家ではなく「作家」かもしれない-物語を作っていく力
◯人間の脳を壊す-ショック・ドクトリン
◯衆院解散は米国の命令
◯偏差値40の安倍晋三には米国も手を焼いている
◯左翼も右翼もだらしない!こんな国に生まれちゃったよ
◯全国3万から5万の「副島党」とともに
◯政治は「正しい・間違い」ではない、結果責任 数は力
◯リアリズムとリベラリズム(ネオコン)の対立で動く国際政治
◯リバータリアンの「反税金」思想
◯戦争で5000万人くらい死んでもいいと思っているネオコン・ヒラリー
◯安倍晋三政権は統一教会にバックアップされた危険な政権
◯25分の日中首脳会談で世界に見透かされた安倍晋三の本質
◯渡部昇一こそが親米保守派の悪の親玉
◯漫画家「さいとうたかを」の真実
◯ロシアをいじめるとロシアの宇宙軍事技術が中国に流れるぞ
◯悪魔が居ないと世の中動かない

 副島先生の講演は言論界の「綾小路きみまろ」と言った感があり、知識、学問、思想について、「ぼやき漫談」風にお客様を楽しませながら、時に会場のお客様をも叱り飛ばすという独特な味が人気です。今回もその「副島節」が余すところなくお楽しみいただけます。

 両者ともに、今、持てる力を出し切った、渾身の講演内容となっております。一見の価値アリです。

 もちろん今回も、お話の理解の大きな助けになりますよう、当日に使用されたスライドと、その他、講演中に言及された様々なデータ表や人物などの写真もふんだんに追加しています。どうぞ是非、ご注文下さい。

タイトル:『2015年、世界は平和か戦争への岐路に立っている』
講師:副島隆彦、六城雅敦
開催日:2014年11月16日(日)
収録時間:196分
会場:東京国立博物館「平成館」

・上記の新作DVD『2015年、世界は平和か戦争への岐路に立っている』のお申し込みページは、こちらです↓
http://www.snsi.jp/shops/index#dvd


須藤よしなお拝

copyright(c) 2000-2009 SNSI (Soejima National Strategy Institute) All Rights Reserved.