「21」 阿片戦争の全体概要の文を載せます。
副島隆彦です。 阿片戦争(1839-1842)は、中国・清朝政府(大清帝国)が、阿片(オピアム)の輸入の禁止措置をとったことで、イギリス政府との間に起こった戦争である。

清国の敗北により、南京条約を締結した。上海など5港を開港し、香港をイギリスに割譲した。

 中国側にすれば、阿片戦争は自国が植民地にされることに反対する愛国のために戦争だ。日本人は、今でも阿片戦争を、いぶかしい顔つきで見ている。日本は当時に、イギリスの属国になったので、イギリスの顔色を伺う国民になったので、
阿片戦争に対する態度をはっきりしないまま、現在に至る。

作家の陳舜臣(ちんしゅんしん)の書いた歴史小説の『阿片戦争』等をしっかり読んで、全体像を理解しなければいけないのだが、その時間が無い。香港の中国への返還を祝して作られた中国映画の「阿片戦争」はかつて見ました。

以下に載せるのは、ネット上の 阿修羅掲示板 に在った「阿片戦争の全体概要の文」である。これをここに載せておきます。  副島隆彦拝


(転載貼り付け始め)

★阿修羅♪
地球史探訪:アヘン戦争 ~林則徐はなぜ敗れたのか?
世界の中心たる大清帝国が、「ケシ粒のような
小国」と戦って負けるとは誰が予想したろう。
-----H13.01.21----31,649 Copies----205,877 Homepage View--


■1.失敗の予感■

 1838年 (道光18)11月,湖広総督・林則徐(りんそくじ
ょ)は時の清国皇帝・道光帝から欽差大臣(皇帝の命により全
権を与えられた特命大臣)として、イギリス商人によるアヘン
密輸入根絶の勅命を受け、広東に向かった。出発に際して、林
は、

 死生は命なり。成敗は天なり。(生き死には運命であり、
事の成就、失敗は天命である。)[1,p145]

 と語って涙を流したという。失敗を予感していたのであろう。
この予感は当たり、清帝国はアヘン戦争敗北の代償として莫大
な賠償金をとられ、香港を割譲し、これ以降、列強の餌食にな
っていった。

 当時の清国のある高官は、英国を「ケシ粒のような小国」と
呼んだ。その英国に、世界の中心たる大清帝国が戦って敗れよ
うなどと、林則徐以外に誰が予想できたろう。林は、そして清
国は、なぜ敗れたのか?

■2.英国のアヘン輸出の狙い■

 当時、中国から輸入される茶は、英国人の生活の必需品であ
った。ところが英国から輸出できるものは何もない。ここで英
国が目をつけたのがインド産のアヘンであった。インドからア
ヘンを中国に輸出し、そのインドにはイギリスの工業製品を売
り、そこで得た代金で英国が中国茶を買う、という三角貿易を
成立させた。

 しかし中国ではアヘン中毒患者が激増し、1838年当時の輸入
金額は1400万両以上に達していた。清朝の年間歳入4千万両の
実に1/3以上である。輸入超過は支払いのための銀の流出を
招き、銀貨の高騰が税金を実質的に高めて、農民を苦しめた。

 清朝はアヘン輸入を禁じたが、アヘンの価格を高騰させ、密
売の利益を高めるだけで、密輸入は後を絶たなかった。英国の
商船と清国の密売人が、賄賂として2%の現物を警備当局に納
めると、見逃してくれるだけでなく、清国海軍が密輸船を海賊
から保護までしてくれる。当局は賄賂の半分を自分の懐に入れ、
残りは「密輸入品取り押さえ」の証拠として政府に提出する、
という見事な密輸入システムが出来上がっていた。

 手を焼いた清国朝廷で、アヘン厳禁論が起こり、その具体的
な政策を提言した林則徐の上奏文が皇帝の目にとまり、特命全
権大臣としてアヘン撲滅を命ぜられたのだった。

■3.戦いの開始■

 どうして汝らの国でさえ吸食しないアヘンをわが国に持
ち込み、人の財を騙し、人の命を害するのか? [1,p152]

 1839年2月4日、林則徐はこのような書面をアヘン商人達に
つきつけ、積み荷のアヘンをすべて供出するように命じた。こ
の時のイギリス貿易監督官チャールズ・エリオットは、いった
んは要求を拒否したものの、林則徐による広州のイギリス商館
封鎖という強攻策に屈して、イギリス商船が持ち込んでいたア
ヘン2万283箱(1425t)を中国側に引き渡させた。林はこの
大量のアヘンを衆人環視の中で焼却して、アヘン撲滅の決意を
見せつけた。

 さらに林則徐は「将来アヘンを中国に持ち込まない。もし違
反した場合には積荷は没収、人は処刑されても構わない」とい
う誓約書の提出を求めたが、エリオットはこれを拒否し、広州
に滞留するイギリス人全員をマカオまで退去させた。

 5月27日、香港の対岸で、イギリス人水夫達が上陸し、酒
に酔って、一人の中国人を暴行し、死亡させるという事件が起
こった。林則徐はただちにエリオットに犯人を中国官憲に引き
渡すよう要求させた。エリオットは犯人不明と称して拒否した
が、林則徐はマカオに移ったイギリス人商人に対して、食糧br>給を絶った。エリオットは50数家族とともに、沖に停泊中の
イギリス貨物船に移った。

 ここにイギリス軍艦ボレジ号、続いてヒヤシンス号が到着し、
誓約書を提出して正常な貿易を再開しようという一部のイギリ
ス商船を押さえつつ、清国軍艦や砲台を攻撃して、小競り合い
を繰り返したが、清国側は林則徐のもとに一致団結して反撃に
転じ、イギリス船を外洋に追い出した。

 道光皇帝は林則徐の果断な処置を「朕の心はために深く感動
す」と賞賛した。

■4.イギリス軍来襲■

 英本国では、政府が議会で清国への派兵を提案した。グラッ
ドストン議員は、「その原因がかくも不正な戦争、かくも永続
的に不名誉となる戦争を、私はかつて知らないし、読んだこと
もない」と反対した。しかし投票の結果は、271票対262
票の僅差で戦費の支出が承認された。

 兵員4千、軍艦16隻、大砲540門、輸送船および武装船
等32隻からなる派遣軍が1840年6月に清国の近海に姿を現し
た。イギリス軍はいったんは広州湾を封鎖したが、林則徐によ
って固められた防備に乗ずる隙がないと見ると、北上して上海
の近くの定海を襲い、さらに北京を指呼の間に臨む天津沖に姿
を現して、英外相の書信を北京政府に手渡した。それには没収
したアヘン代金の賠償、謝罪、沿海の島の割譲などを要求して
いた。

 宮廷の権臣たちは動揺した皇帝を説得して、イギリス側が要
求もしていないのに、林則徐を罷免させ、「国を誤り、民を病
しめること、これより甚だしきはない」と叱責させた。

■5.清国が防備を固めて持久戦に持ち込めば、、、■

 林則徐は、このような事態を正確に見通していた。イギリス
艦隊が広東に姿を見せた時に夫人に送った手紙にはこう書いて
いる。

 いま、イギリスの兵船は中国海域に現れたが、広東
に対してはどうすることもできないと分かれば、きっ
と他の省に対してその矛先を向けるに違いない。だが、
他省の海港には何ら防備がなされていないから、諸省
の総督・巡撫は、少しでも自分たちに都合の悪い事態
が出てくれば、罪を余になすりつけて、余の誤った処
置が敵の攻撃を挑発したと非難することであろう。余
としては、その是非をただ公論にゆだねるのみである。
[2,226]

 まだ清国は、イギリス軍の攻撃にほんのかすり傷を受けたに
すぎない。自国の広大な領土、厖大な人口を考えれば、戦いは
序の口であった。一方、イギリス軍も、定山占領後、4千の兵
員のうち、マラリアや赤痢などで4百数十名の死者を出してい
た。またイギリス本国からの兵員の補充、武器弾薬の輸送は膨
大な負担となっている。

 さらにこの戦争で貿易を阻まれている各国の商人は、みな憤
懣の情を抱き、本国から兵を呼び寄せてイギリスと戦おう、と
いう声すらあった。イギリスは進退窮まっており、清国が防備
を固めて持久戦に持ち込めば、敗退の運命にあった。

 林則徐は最後の抵抗として皇帝に出した上書の中で、次のよ
うに述べている。

 広東の海関は道光元年以来すでに3千万両の銀を徴収し
ておりますが、その利益は当然外夷(海外の野蛮国)の侵
攻を防ぐために使われるべきであります。もし、これまで
の関税の十分の一を大砲と軍艦の製造に投入しておりまし
たならば、彼等を制することまことに容易であったであり
ましょう。・・・現在、広東の各地は厳重な防備を備えて
おり、敵の乗ずる隙はございません。[2,p230]

■6.清国の敗北■

 しかし、この上書は「たわごと」と退けられた。林則徐の後
を継いだ?善(きぜん)はイギリスのご機嫌取りのために、林
則徐が雇い入れた水勇(義勇兵)をすべて解散し、英艦の侵入
を防ぐために港に敷設していた筏(いかだ)や鉄の鎖を取り払
った。

 ?善は香港割譲などを含む仮条約を結んだが、英軍が天津を
離れて危機感の薄らいだ皇帝は、強硬姿勢に変わり、「土地は
寸度と言えども割譲することを許さない」として、再びイギリ
スに宣戦布告をした。

 しかし防備を解いた広東は、イギリス軍の攻撃にひとたまり
もなかった。また広州に送られてきた4万の外省兵は、城外に
英軍が迫っているというのに、城内で民家を略奪し、暴力沙汰
を繰り返したので、住民と外省兵が戦うありさまであった。さ
らに英軍の手先となって偵察をしたり、軍夫として英軍の大砲
を引いたり、さらには清国兵船を焼いたり、清国軍を襲撃した
中国人も多かった。

 1842年8月29日、道光帝は和議に同意せざるをえなくなり、
江寧条約(南京条約)が結ばれた。香港割譲、広東・廈門他5
港が開かれ、さらに没収アヘン代金、英軍遠征費用など21百
万ドルの支払いが約束された。大清帝国の威勢は地に落ち、列
強による中国半植民地化への動きが始まった。

■7.清国はなぜ敗れたのか?■

 林則徐が広東で実施し成果を上げた政策と防備を中国全土に
展開できていれば、アヘン追放に成功し、英軍を撃退すること
ができていたのは間違いない。

 その林則徐を背後から倒したのは、彼の成功を妬み、国家の
安泰よりも、自身の権勢を先にする権臣たちが、皇帝を左右し
たからであった。また国防に十分な努力も払わず、アヘン密輸
を手助けして賄賂をせしめていた地方行政官たち、収入を得る
ために英軍の手先になった兵員たちも同罪である。これらの人
間に共通しているのは、国家という「公」よりも、私利私欲、
すなわち「私」を優先させていたことだ。

 「公」よりも「私」を優先していた、という意味では、道光
帝自身も同じである。英軍が遠い広東で戦っている間は強硬姿
勢をとっていたのに、北京に近づくとすぐ屈服してしまったの
は、国家の独立よりも自らの安泰を優先していたものと言わざ
るを得ない。

 皇帝から、権臣、地方役人、兵員にいたるまで「私」の横溢
する国家の中では、林則徐の「奉公」は孤独な、かつ無益な努
力であった。林自身、それを知っていたからこそ、皇帝から欽
差大臣に任命された時に、「死生は命なり。成敗は天なり。」
と言って涙を流したのであろう。失敗して失脚すると知りつつ、
なおもアヘン撲滅に立ち上がった林則徐こそ、真の愛国者と言
わねばならない。

■8.アヘン戦争とペリー来航■

 アヘン戦争終結の11年後にペリーがわが国に来航した。ペ
リーが幕府に白旗を渡して、開国要求を聞かなければ戦争にな
り当然日本が負けるから、降伏する時にはこれを用いよ、と脅
した事実はすでに本講座149号で紹介した。わが国も清国と同
様の危機がやってきたのだった。[a]

(副島隆彦記 ここからあとの、伊勢氏の記述は、頭が悪い。

日本属国化のことが全くわかっていない。中国と同じだったのだ、

と思いたくないのだろう。副島隆彦注記おわり)

 この時に、吉田松陰が決死の覚悟で黒船に乗り込み、欧米の
軍事技術を学ぼうとした[b]。こうした多くの志士たちの献身
的な活躍の結果、迫り来る欧米勢力を前に、わが国は明治維新
を断行して近代国家建設に成功し、その成果が日露戦争勝利と
なった[c]。日露戦争とアヘン戦争とは、日中両国それぞれの
近代世界システムとの対決であるが、その過程も結果も対照的
であった。

 開国と攘夷、尊皇と佐幕と、日本国内でも鋭い意見の対立は
あったが、それらは政策の違いであって、どちらの側にも国を
売ってまで、保身を図ろうとする人物はいなかった。最後の将
軍・徳川慶喜が潔く大政奉還をしたのも、徳川家という「私」
より国家の統合と独立の維持という「公」を優先した証左であ
ろう。

■9.「奉公」の精神を点火した「無私」の祈り■

 この慶喜の父、徳川斉昭は水戸藩主としてペリー来航時に幕
政参与として重きをなした人物だが、次のような歌をのこして
いる。

 身は辺地に在りと雖も心は皇室を奉ず
大君につかへささぐる我がこころ都のそらに行かぬ日ぞな

 その都の空のもとでは孝明天皇が次のような御製(天皇の御
歌)を詠まれていた。

あさゆふに民やすかれとおもふ身のこゝろにかゝる異国
(とつくに)の船
すましえぬ水にわが身はしずむともにごしはせじなよろづ
国民

 1首目は、黒船を国の独立と民の安寧を脅かす存在として受
けとめられ、重苦しい不安を感じられていた事が窺われる。2
首目はご自身の身は澄ましえぬ汚濁の水に沈もうとも、千万の
国民が植民地化された諸国民のように、隷従の憂き目にあうよ
うな事があってはならない、という祈りであろう。

 このような無私の祈りが国家の中心にあり、それが幕府の要
人にも、草莽の志士にも、「公」を思う気持ちを点火したので
ある。林則徐が孤独に抱いていた「奉公」の精神は、わが国で
は朝野に充満しており、それがわが国を植民地転落の運命から
救ったといえよう。 (文責:伊勢雅臣)

copyright(c) 2000-2009 SNSI (Soejima National Strategy Institute) All Rights Reserved.