ログイン

ようこそguestさま
ログインする

今日:6999 昨日:19264
合計:92472942
 
日本政界●情報メモ





※ログイン後に投稿フォームが表示されます。





[765]『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015』橘 玲
投稿者:1094
投稿日:2014-09-29 15:25:33

『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015』
http://www.tachibana-akira.com/2014/09/6551
橘 玲
単行本: 262ページ
出版社: 幻冬舎 (2014/9/26)
内容紹介
お金持ちになった人続出! ! 30万部を超えるベストセラーになった『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』を12年ぶりに全面改訂。

「『黄金の羽根』を読んで人生が変わりました」という人、「この本に触発されて会社を辞め、いまは赤坂にビルを3棟持っています」という人などなど、この本を読んで経済的独立を手にした人が続出したベストセラー『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』を12年ぶりに全面改訂。リーマンショックや安倍バブルなどそのときどきで経済環境の浮き沈みはあったが、原理的なことはなにも変わっていない。経済的に成功するためには、経済合理的でなくてはならない。国家とは人生を最適設計するための道具にすぎない。東日本大震災と福島の原発事故が起き、日本の社会が大きく変化したように見えても、じつは制度の歪みはほとんどそのまま温存されている。だからこそ12年前の“黄金の羽根"をいまでも同じように拾うことができる




[764]副島隆彦の“予言者”金融セミナー 第8回
投稿者:1094
投稿日:2014-09-26 10:27:52

副島隆彦の“予言者”金融セミナー 第8回
「泥だらけの今の停滞を通り抜けたら その向こうに道は開けます。」
2014年7月26日に行われた講演会のもようを収録。

【第1部】
・これからはインドネシアが重要・2014年7月17日のマレーシア航空機撃墜事件の真実・デイヴィッド・ロックフェラーの生死が世界の変わり目・あなたの出口戦略は大丈夫か ・法人を作らせること自体が騙しだ・非居住者(ノンレジデント)になることが最上の策・今日の講演会の全体の流れを説明
【第2部】
・事前に受けた質問に答える・金価格の推移・金は、いつ、どのように買うべきか・ベネズエラやドイツが米国に預けていた金塊の回収に動いた・金の売却益の税金について・国債と住宅ローン金利の関係・アメリカFRBの出口戦略
【第3部】
・事前に受けた質問に答える・中国人民元の動き・ユーラシア大陸、BRICSが世界の中心になる・サハリン天然ガスと日露平和条約へ・相続時精算課税は利用してはいけない・副島隆彦とセミナー参加者との、ナマの質問コーナー
講演会、第1部・第2部・第3部の内容を収録。 収録時間:315分。 価格:9800円(税込・送料サービス)

副島隆彦の“予言者”金融セミナー 第7回
金(きん)とドルの最後の闘いが起きている。
政府の金融統制と市場の価格操作まで見越した予言・予測をする。
2014年2月9日に行われた講演会のもようを収録。

【第1部】
・今日の講演会の全体の流れを説明・『税金官僚から逃がせ隠せ個人資産』・NY金=COMEX金の価格の推移・金価格は操作されている。 仕組んだ通りに金価格は下げられた・金の買い時は?・10年もの国債の動き・米国FRBの金融政策の実情・日中韓で軍事衝突を起こさせられるのか・金融経済と政治のバランス
【第2部】
・“金持ち難民”にならないためにどうすればいいのか・税理士に騙されるな・ドルと元、 日本円の為替の動き・日本で人民元預金ができる・ドル円の為替の予測・オフショア バランス・日本の大企業の株価の動き・副島隆彦の中国視察報告
【第3部】
・日経平均株価について・シェールガスはインチキだ・中国のシャドーバンキングは心配ない・次の米大統領はバイデンだろう・副島隆彦とセミナー参加者との、ナマの質問コーナー
講演会、第1部・第2部・第3部の内容を収録。 収録時間:287分。 価格:9800円(税込・送料サービス)

副島隆彦の“予言者”金融セミナー 第6回
金持ちの資産が国に狙われている。隠すべきを隠し、逃がすべきを逃がす。
2013年7月28日に行われた講演会のもようを収録。

【第1部】
・参加者からの事前の質問に答える・脱税というコトバを簡単に使ってはいけない・在庫切れという形で金(ゴールド)地金が買えなくなる ・税制による締め付け、逃がさせなくする法律・タックス・ヘイヴン(租税避難地)はすべて米国政府にこじ開けられた・日銀黒田発表の本当の意味・自分の“出口戦略”を本気で考えよう
【第2部】
・税務署との闘い・NISAも孫への教育資金贈与の非課税も騙しだ・金価格の推移、これからどうなるか・今後、日本は成長するか。 成長が止まった後、私たちはどうすればいいのか・アベノミクスはインチキ・日本は衰退国家、貧乏国家である・タイには相続税、固定資産税がない・東南アジアは中国と一緒に成長してゆく
【第3部】
・プラチナについて・真実の日本のGDP・日米欧の中央銀行の不良資産の推移・国債の暴落が一番恐ろしい・D.ロックフェラー(98歳)は、 まだ健在・税制でお金持ちたちを捕捉する・副島隆彦とセミナー参加者との、ナマの質問コーナー
講演会、第1部・第2部・第3部の内容を収録。 収録時間:300分。 価格:9800円(税込・送料サービス)

副島隆彦の“予言者”金融セミナー  第5回
はじめから計画されていた円安と株高。2012年末に突如行われた衆議院総選挙。
2013年の世界と日本の政治、金融・経済を予測する。
2013年1月27日に行われた講演会のもようを収録。

【第1部】
・作られた「円安」・今後のドル円相場の動き・日本国にとっては円高がいいのだ。国力を落とすな
・日本政府は米国債を50兆円分買うという形で、米国に日本国民の大切なお金を貢ぎ続ける
・スペインとイタリアで金融危機が再燃し秋には崩れる・QE3(量的金融緩和)実施の理由・資産は海外へ逃がせ、隠せ!
【第2部】
・現在の金価格について・金(きん)は1グラム5千円を突破し、1万円をめざす・金に関する質問にすべて答える・金の取引停止が行われたら、どうすればいいか・日本の国債は暴落するか・米国の今後の動き・これからの中国・世界一の高層ビルが間もなく湖南省の長沙に完成する
【第3部】
・これから東南アジアに世界中からもっと富と人が集まる・投資するならば実体のあるものに
・株式相場、日本経済、国債について事前受付の質問に答える・副島隆彦とセミナー参加者との、ナマの質問コーナー
講演会、第1部・第2部・第3部の内容を収録。 収録時間:270分。 価格:9800円(税込・送料サービス)

副島隆彦の“予言者”金融セミナー  第4回
『欧米日 やらせの景気回復』発刊記念 講演会
やってはいけない“世界協調ジャブジャブ・マネー”(根拠のないお金の刷り散らかし)に、アメリカとヨーロッパは手を染めた。 これから世界の金融・経済は、どうなってゆくのか?
2012年7月1日に行われた講演会のもようを収録。

【第1部】
・消費増税法案が衆議院で可決された・大増税に突き進む官僚たち(円安・株高の仕掛け人たち)
・巧妙に仕組まれる株高、ドル円の動き・日本と米国、ヨーロッパ諸国の10年もの国債の利回り
・ヨーロッパが犠牲にされ、お金がアメリカへ流れ込んでいる・ヨーロッパの現状、視察の報告・金の価格について
【第2部】
・管理、統制(コントロール)と規制(ルール)の違い・BRICSと各国の金の保有量と価格の関係
・ドル・円の為替相場の動き・政府や権力者による恐怖の支配に騙されるな・ヨーロッパ救済のためのIMFへの各国の資金拠出額・ユーロ・円の為替相場の動き
・相続税の話・副島隆彦が受けた税務調査・シンガポールと水路(国境)で北に向かい合うジョホール州全体に注目
【第3部】
・アメリカ大統領選挙は、どうなるか・G2で次の世界を動かす・日経平均とNYダウ工業平均の推移
・名目GDP比と政府債務残高・橋下徹大阪市長と「維新八策」・可能な限り、副島隆彦が答える質問コーナー
講演会、第1部・第2部・第3部の内容を収録。 収録時間:286分。 価格:9800円(税込・送料サービス)

副島隆彦の“予言者”金融セミナー  第3回
『「金・ドル体制」の終わり』発刊記念 講演会
日本と世界の金融を政治と歴史から学ぶ智恵を合体させて読み解き、解説する。
2012年1月29日に行われた講演会のもようを収録。

【第1部】・2011年9月にギリシャをデフォルトさせておくべきだった・CDSという恐ろしい“人殺し生命保険”の実態・法務省“赤レンガ組”官僚たちを打ち倒せ・日本国債は暴落しない! 他
【第2部】・ドル・円の為替相場のゆくえ・やがて潰れるヨーロッパの大銀行たち・ロックフェラー世界帝国は終わりへ・BRICS(ブリックス、新興諸国)が世界の主役になる 他
【第3部】・金価格の推移・可能な限り、副島隆彦が答える質問コーナー
講演会、第1部・第2部・第3部の内容を収録。 収録時間:314分。 価格:9800円(税込・送料サービス)

副島隆彦の“予言者”金融セミナー  第2回
『大災害から復活する日本』発刊記念 講演会
2011年7月31日に行われた「副島隆彦の”予言者”金融セ ミナー」第2回
収録DVDを販売開始!

2011年3月11日の東日本大震災・原発事故から4ヶ月が経過した。 日本の金融・経済は今後どうなるか?
【第1部】・アメリカで金融規制改革法案が、ざわざわと広がり始めた・金とド ルが切断される!・金についてのQ&A他
【第2部】・改正が予定されている相続税の基本的な考え方・金ドル体制の終わり他
【第3部】可能な限り、副島隆彦が答える質問コーナー
講演会、第1部・第2部・第3部の内容を収録。 収録時間:245分。 価格:9800円(税込・送料サービス)

『日米 地獄へ道連れ経済』発刊記念 講演会
2011年3月27日に行われた「副島隆彦の”予言者”金融セ ミナー」第1回
収録DVDを販売開始!
現代の予言者 副島隆彦が、2011 年、大変動の日本経済の行方を的確に予想し、わかりやすく本音で解説している。東日本大震災・福島原発事故の後、日本は、どうなるのか? 金融業界、国際情勢は、どう動くか。激変する世の中で勝ち残る道を提言する。
講演会、第1部・第2部の内容を収録。 収録時間:187分。 価格:9800円(税込・送料サービス)

http://mediastudio.co.jp/SHOP/C_soejima_08.html
より



[763]「通貨を考える」 中北 徹 著 ちくま新書
投稿者:1094
投稿日:2014-09-25 03:25:17

通貨を考える
中北 徹 著
シリーズ:ちくま新書
定価:本体800円+税
刊行日: 2012/06/05

金融の地殻変動を
読み解く
「円高はなぜ続くのか」「ユーロ危機はなぜくすぶり続けるのか」。こうした議論の補助線として「財政」と「決済」に光をあて、全く新しい観点から国際金融を問いなおす。

この本の目次
第1章 ユーロ危機は何を物語るのか―通貨戦略の実相をみる(ユーロ危機の実状
ユーロ危機発生の背景
ユーロ危機の分析
今後の展望)
第2章 通貨と金融、そして、財政の関係(財政と通貨危機
財政統合と通貨の問題
通貨危機、財政危機、金融危機)
第3章 国際通貨と為替変動―ブレトンウッズ体制からのパラダイムシフト(国際金融のニュー・アプローチ
共通通貨vs.複数通貨
為替レートの変動とリスクへの対処)
第4章 クロスボーダー決済(国際決済の仕組みとその特徴
外国為替市場とその決済機能
国際決済からみた基軸通貨とは?)
第5章 アジア経済圏と通貨戦略(ドル基軸通貨体制とレジーム・シフト
日中間での通貨金融協力の可能性
日本にとっての通貨戦略―円の国際化)

国家と通貨の連関をめぐって/中北徹
 貨幣、通貨、マネー、どう呼ぶのであれ、その起源は古代にまでさかのぼる。この人類の創造物は、資本主義の発生より、はるか以前から存在した。
 近代以降、通貨であれ、貨幣であれ、それは資本主義の隆盛と強く結びつき、昨今の経済のグローバル化、情報通信技術の進歩、自由主義思想の喧伝もあって、市場経済のシンボルともてはやされるようになった。しかし、数百年に一度であるはずのバブルの生成と崩壊が相次いだことから、危機が頻発し、「通貨」が経済社会の不安定性の根因とされ敵視されている。
 国境線をまたいで、異なった通貨交換の仕組みを研究する「国際金融」の分野は、国内の金融のように制度や一般的なルールが堅固に確立していないため、国際政治やパワーがむき出しになる一方で、原始的(プリミティブ)な金融の仕組みが支配する領域である。
 通貨危機を目の当たりにして、国際金融に関する疑問や問題意識を膨らませ、満たされない知的渇望を覚える読者は多いはずである。
 本書は、「ギリシア危機とユーロ問題」「円高と日本円の復権」「リーマン・ショック後の米国経済と基軸通貨・米ドルの行方」「人民元の可能性」「G20に代表される新興国へのパワーシフト」「東アジアの共通通貨の可能性」など、現下において、噴出する通貨の数々の問題に言及している。
 本書には、二つの特徴がある。
 ひとつは、金融や通貨などの危機が発生する背景には、財政の存在が大きな役割を果たすという観点である。財政の支えなしには、通貨や金融の自立や信認が危うくなり、金融政策の独立は、「風前のともし火」に等しい。財政と金融・通貨は、公的部門負債残高という点で地下茎のようにつながる。
 二十世紀最大の経済学者であるJ・M・ケインズは、戦後、IMF・世銀体制を構築したブレトンウッズ会議で、金融経済の不安定性に深い憂慮を抱いて、資本移動にある程度の制限を課すことを是と考えていた。しかし、当時台頭著しかった米国の実力の前に退歩を余儀なくされた。
 いまひとつの特色は、決済(=通貨の受け払い)という観点から、通貨そのものにスポットライトを当て、実際に新しい“通貨作り”を提案したことだ。国際金融では、伝統的に為替レートの決定理論に多大の精力と関心が注がれてきた。しかし、理論的にいって、「為替レートは絶対に予測できない」。
 筆者は、実務家の間でクロスボーダー決済と呼ばれる、「異種の通貨交換」制度の成り立ちや、その安全性や効率性の側面に重点的な分析を行い、戦略的な観点から「日中合成通貨」の形成を提唱した。「ボトムアップ」手法と呼んでいる。
 具体的には、中央銀行である日銀と中国人民銀行との決済システムを、PvPという最新鋭の仕組みで連携する。円・元の直接交換が可能になるので、これを利用する銀行数が増える。すると、コストや安全面から、企業や個人がこうした動きを歓迎する。直接交換の利用が広がれば、円・元との交換比率が安定し、日中の当局が外貨準備の中に円・人民元を保有する比率が高まろう。これは、事実上の円と元を要素とする、一種の“合成通貨”(日中合成通貨)の誕生へつながる。
 東アジア地域で、二十一世紀の新時代をみすえて、共通通貨を模索する考え方としては、ACU・AMU(アジア通貨単位)などが存在するが、まずは為替レートの変動幅を小さくするという観点から出発するもので、「トップダウン」接近法であった。これは過大な財政資金(市場介入)を伴う。めざす目的地は同じであっても、入口が違うと、哲学も違ってくる。
 基軸通貨ドルの体制は当分続くであろう。しかし、だからといって、円の利用度を高める努力を怠るべきではない。
 通貨は古くて、つねに新しい問題である。
(なかきた・とおる 経済学者)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480066695/
より



[762]勝率ゼロへの挑戦史上初の無罪はいかにして生まれたか八田隆/著
投稿者:1094
投稿日:2014-08-06 12:02:34

勝率ゼロへの挑戦史上初の無罪はいかにして生まれたか八田隆/著
単行本: 254ページ
価格: ¥ 1,512
出版社: 光文社 (2014/5/16)
目次
第零章 『蟷螂の斧となろうとも』
第一章 国税局査察部告発
第二章 検察特捜部との死闘
第三章 外資系証券マンとしてのキャリア
第四章 第一審公判、無罪判決、そして検察起訴
第五章 控訴審―明日の刑事司法改革に向けて

出版社からのコメント
堀江貴文氏絶賛!
「歪んだ正義を振りかざす国税・検察。決して間違いを認めようとしない巨大な敵に
ドン・キホーテのように単身で立ち向かい、勝利をもぎ取った、
いつでもポジティブで明るく困難に立ち向かう男の奇跡の物語である。」
田原総一朗氏
「国家最強捜査機関に、真っ向から立ち向かう著者。徹頭徹尾実話だというのが恐ろしい。」
江川紹子氏による13ページにおよぶ解説を収録!
【内容紹介】
マルサは突然やってきた。その日から「勝率ゼロへの挑戦」が始まった――。
刑事裁判の有罪率は99.9%を超える。ましてや、マルサ(国税局査察部)が刑事告発して、
検察特捜部が起訴しなかったこともなければ、起訴されて無罪になったことも歴史上一件もない。
そんな勝率100%を誇る、国家最強捜査権力タッグから、いかに史上初の無罪を勝ち取ったのか?
長期間にわたる、執拗かつ過酷な取調べをいかに乗り切ったのか?
確信犯的に、シロをクロに塗り替えようとする捜査権力との戦いを白日のもとにさらす、戦慄の物語。
【本文より】
私の話を一通り聞いた年輩のヤメ検弁護士はこう言った。
「随分と国税局も手こずったみたいですね。しかし一旦国税局が告発したとなると、 ほぼ確実に起訴されることが予想されます。
ご存じかどうか分かりませんが、刑事裁判では無罪を取ることは非常に難しいし、時間もかかります。
積極的にお勧めするわけではありませんが、納得することも必要です。痴漢の場合と同じです」
耳を疑わずにはいられなかった。
しかし、現場の経験豊富なプロフェッショナルが戦わずに白旗を掲げた方がいいという意見は重みがあった。
そして、こうして冤罪は生まれるのだと、その瞬間に理解した。

【著者紹介】
八田隆(はったたかし)
実家は石川県金沢市兼六園近隣。金沢大学附属高等学校、東京大学法学部卒業後、外資系証券の世界に。
ソロモン・ブラザーズ証券、クレディ・スイス証券、ベアー・スターンズ証券に在籍。
クレディ・スイス証券在籍時の株式報酬過少申告を故意の脱税とされ、国税局査察部強制捜査後、刑事告発。
東京地検特捜部起訴。法廷闘争により、査察部告発・特捜部起訴の事案で史上初の無罪が確定。それまで税務調査開始から5年余りを要した。
座右の銘「人間万事塞翁が馬」「After all, tomorrow is another day」。
趣味はブリティッシュ・ロック、ブルゴーニュ・ワイン、100を切るか切らないかのゴルフ。
2014年3月現在、19歳のメス猫Autumnの給仕係としてカナダ、バンクーバーに在住。




[761] 第2回配本(6/24)吉本隆明全集 第7巻
投稿者:1094
投稿日:2014-06-27 17:08:40

http://www.shobunsha.co.jp/?p=3153
http://www.yoshimototakaaki.com/tome7detail.html

吉本隆明全集
第7巻 詳細目次
1962―1964
*第7巻には、重厚な評論「丸山真男論」と、「日本のナショナリズム」を中心とする論考、詩を収める。2篇の単行本未収録原稿(「宍戸恭一『現代史の視点』」「中村卓美『最初の機械屋』」)も収載。

月報:加藤典洋・ハルノ宵子

Ⅰ丸山真男論
1 序論/2 「日本政治思想史研究」/3 総論


社会主義リアリズム/戦後文学の転換/日本のナショナリズムについて/近代精神の詩的展開/戦後文学の現実性/情況に対する問い/情況における詩/“終焉”以後/詩的乾こう(ママ)/“対偶”的原理について/反安保闘争の悪煽動について/戦後文学論の思想/「政治と文学」なんてものはない/非行としての戦争/模写と鏡/「政治文学」への挽歌/いま文学に何が必要かⅠ/戦後思想の価値転換とは何か/性についての断章/いま文学に何が必要かⅡ/「近代文学」派の問題/いま文学に何が必要かⅢ


日本のナショナリズム/過去についての自註


死者の埋められた砦/佃渡しで/沈黙のための言葉/信頼/われわれはいま――


詩のなかの女/江藤淳『小林秀雄』/斎藤茂吉/本多秋五/埴谷雄高の軌跡と夢想/埴谷雄高氏への公開状/埴谷雄高『垂鉛と弾機』/渋澤龍彦『神聖受胎』/清岡卓行論/啄木詩について/折口学と柳田学/「東方の門」私感/ルソオ『懺悔録』/高村光太郎鑑賞/中野重治/壺井繁治/金子光晴/倉橋顕吉論/無方法の方法/本多秋五『戦時戦後の先行者たち』/『花田清輝著作集Ⅱ』


「思想の科学」のプラスとマイナス/『ナショナリズム』編集・解説関連/宍戸恭一『現代史の視点』/中村卓美『最初の機械屋』/「言語にとって美とはなにか」連載第三回註記/『擬制の終焉』あとがき/『吉本隆明詩集(思潮社版)』註記/「丸山真男論」連載最終回附記/『丸山真男論(増補改稿版)』後註/『模写と鏡』あとがき/「試行」第3〜12号後記/三たび直接購読者を求める/「報告」

単行本: 625ページ
出版社: 晶文社 (2014/6/24)
言語: 日本語
ISBN-10: 4794971079
ISBN-13: 978-4794971074
発売日: 2014/6/24



[760]吉本隆明三回忌 横超忌第2回 2014/03/17
投稿者:1094
投稿日:2014-03-31 23:43:05

https://www.youtube.com/watch?v=ZyeA-31mTLU
吉本隆明三回忌 横超忌第2回 2014/03/17
公開日: 2014/03/18
冒頭部分 http://youtu.be/v8uQ69jFMnc

古橋信孝,松村雄二,山本哲士,小川哲生,大澤真幸,岡本勝人,上村武男,浮海啓,坂­井信夫,佐藤満州子,野村喜和夫,築山登美夫,夏石番矢,矢野和則,牧野十寸穂,渡辺­めぐみ,三上治,添田馨,吉増剛造,福島泰樹,宮川匡司,森川雅美,立石伯,堀部茂樹­,太田泰弘,小川一典,室伏志畔,岡野絵里子,兵藤裕巳,大日方公男,月村敏行,神山­睦美,脇地炯,高橋忠義,齋藤慎爾,高橋哲雄



[759]新刊〔2014年3月14日〕 吉本隆明全集6 [1959‐1961]
投稿者:1094
投稿日:2014-03-16 12:27:41

吉本隆明全集6 [1959‐1961]
吉本隆明著
A5判変型 712頁
定価:本体6,500円+税
978-4-7949-7106-7 C00395 〔2014年3月14日〕
http://www.yoshimototakaaki.com/index.html
http://www.yoshimototakaaki.com/201403-006.html



[758]新刊 「ハーバード大学はどんな学生を望んでいるのか? ~日本人が抱く大いなる誤解~」 栄 陽子 (著)
投稿者:1094
投稿日:2014-03-16 12:18:13

ハーバード大学はどんな学生を望んでいるのか? ~日本人が抱く大いなる誤解~ (ワニブックスPLUS新書) [新書]
栄 陽子 (著)

内容紹介
ハーバード大学と聞くと、漠然とアメリカの、というか世界の超名門大学、なんとなく日本の東大みたいなものかな、と考えている人が大多数かもしれません。

あるいは、「ハーバード白熱教室」でその授業風景を目にした人も多いかもしれません。

現実に著者のもとへは、ハーバード大と東大を併願したいという受験生からの相談が増えているといいます。

しかし、ハーバード大学がどんな選考を行って入学者を選んでいるのかを知る人は少ないはずです。

日本の一般入試のように学力試験のみで合格者を決定しているのではありません。

ハーバード大学の学生の選考方法、そしてどんな学生を望んでいるのかを知ることで、じつはアメリカという国家、社会の輪郭が明確に見えてくるのです。

序 章 東大とハーバードを併願したい
第一章 ハーバード大学とは
第二章 ハーバードが求める人材―そのコンセプトと審査項
第三章 アメリカ人が考えるハーバード大学
第四章 多様な進学、多様な生き方
付 録 アメリカの大学の基礎知識

内容(「BOOK」データベースより)
ハーバード大学と聞くと、漠然とアメリカの、というか世界の超名門大学、なんとなく日本の東大みたいなものかな、と考えている人が大多数かもしれません。あるいは、『ハーバード白熱教室』でその授業風景を目にした人も多いかもしれません。現実に著者のもとへは、ハーバード大と東大を併願したいという受験生からの相談が増えているといいます。しかし、ハーバード大学がどんな選考を行って入学者を選んでいるのかを知る人は少ないはずです。日本の一般入試のように学力試験のみで合格者を決定しているのではありません。じつは、ハーバードがどんな学生を望んでいるのかを知ることで、アメリカという国家、そして社会の輪郭が明確に見えてくるのです。
新書: 252ページ
出版社: ワニブックス (2014/3/8)
発売日: 2014/3/8



[757]シェール革命の正体 ロシアの天然ガスが日本を救う 藤和彦 (著)
投稿者:1094
投稿日:2014-03-13 09:59:46

シェール革命の正体 ロシアの天然ガスが日本を救う [単行本(ソフトカバー)]
藤和彦 (著)
価格: ¥ 1,470
内容紹介
「シェール革命時代」のプレーヤーが揃った。
まずは、石油・天然ガスともに、シェール革命で国内生産が膨大に増え、エネルギー不安から解放されて沸き返るアメリカ。工業化の進展や、国民生活の向上によってエネルギー需要が増大、世界最大のエネルギー輸入国となり、焦る中国。アフリカでのエネルギー開発など、シェール革命の逆風を受け、欧州離れを模索するロシア。そして、シェール革命による世界エネルギー地図の書き換えによって、エネルギー戦略の見直しが必須となる日本。
これらの、4大プレイヤーが、これからの時代にどのように動くかを、各々の持つ事情から探った、日本のエネルギー問題のエキスパートによる一冊である。サブタイトルにもあるように、日本の最も取るべき戦略として、ロシアから天然ガスパイプラインをつなぐことを強く勧める。
各国の国益が複雑に絡み合う、過渡期である今のエネルギー世界地図を明快に読み解く。
内容(「BOOK」データベースより)
はっきり言う。アメリカべったりで安心していると、日本は戦後最大のエネルギー危機をむかえる!中長期を見据えた大戦略を、今こそ確立せよ。シェール革命がもたらす、エネルギー世界地図の新たな読み方!
登録情報
単行本(ソフトカバー): 221ページ
出版社: PHP研究所 (2013/11/26)
発売日: 2013/11/26
目次
第1章 シェール革命に沸き、「内向き」化する米国
第2章 世界最大の石油輸入国となり、「焦る」中国
第3章 シェール革命の逆風を受け、欧州離れを模索するロシア
第4章 中東の異変、危険が増すシーレーン防衛
第5章 日本はサハリン・パイプラインで天然ガスの時代に活路を見出せ!
第6章 日本はオフショアバランサーとなって難局を乗り切れ



[756]それでも中国で儲けなければならない日本人へ 高澤真治/著(2011/3/18)
投稿者:1094
投稿日:2014-03-13 09:55:46

それでも中国で儲けなければならない日本人へ
高澤真治/著(2011/3/18)
1785円
販売 成甲書房
ページ数 234
著者
高澤 真治
商品説明
どんなに嫌いでも怖くても、中国無しではもう日本は喰っていけない。郷に入りて、郷で勝つ方法。中国ビジネス、必勝ノウハウ大公開。
もはや中国という国と人の存在なしには日本経済は立ち行かないし、中国大陸の巨大な市場は今後も存在する。ちょっと内地に行けば人口数百万クラスの中級都市は数百にものぼり、一日も早い外資の進出を待っている。「日本は経済大国だ。中国なんぞに…フザケルナ!」と憤慨する日本人駐在員もいる。今なお日本はアジアでも抜きん出た優等生だと大威張りの日本人も多い。古今東西、隣国同士は不仲なものである。しかし、国際的分業の時代と認識して上手にバランスを取るしかないのだ。日本で月給二万円で奉公してくれる若者がいるだろうか。日本人は現実を直視すべきなのである。
収録内容
1 第1章 中国という「壮大なる混沌」を理解する
2 第2章 消費に目覚めた中国人が経済発展を支える
3 第3章 中国2010年代のキーワードは「品質」
4 第4章 同じような顔でもこれだけ違う中国人と日本人
5 第5章 中国ビジネスに必要なのはまず「自己主張」そして「体力」
6 第6章 中国人はカネでどうにでもなるのか
7 第7章 日本人が中国で働くということ
8 第8章 したたか中国人と上手につき合う方法
9 第9章 日本と中国、どうすれば隣国愛を持てるのか






※以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます。
■記事No ■削除番号