ログイン

ようこそguestさま
ログインする

今日:2442 昨日:18467
合計:88115004
 
重たい掲示板


(※旧名:気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板)
[会員(新規・ご継続)のお申し込み] [本のコーナー] [ビデオのコーナー]

[ホームにもどる] [携帯用(工事中)] [過去ログ(工事中)]

[副島隆彦宛メール] [副島文献目録] [84-90] [91-95] [96-00] [01-05]

[旧掲示板]

[投稿する前に]
■■■投稿規定■■■
・この掲示板に投稿するためには、下記のすべての条件を満たし、遵守する必要がある。
【前提条件】
・副島隆彦の本を5冊以上、読んでいる。
【当掲示板への初回投稿時の条件】
・簡単な自己紹介をして、自分の関心あることを限定してみんなに提起する(但し実名投稿である必要はない)。
【副島隆彦に議論を挑みたい場合の条件】
・礼儀正しく、自分の立場や政治思想(思考)を明らかにしてからする。

【投稿後の条件】
・自己が投稿した文章に関して、一切の権利を主張しない(著作権に関しては、市場で利益を生まない文章には始めから発生しません)。




※ログイン後に投稿フォームが表示されます。





[3150]みんな、コロナ給付金で、騙され、フニャフニャにさせられた。これでは戦えない。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2021-06-02 11:38:00

副島隆彦です。 今日は、2021年6月2日(水)です。

  私は、今は、金融本を書きあげることに集中していて、とても、他のことをする余裕がない。 あと一週間で粗(あら)く書き上げるだろう。それから化粧直しの仕上げにはいる。書名は、「目の前に迫り来る大暴落」だ。

 私は、カッときて、腹に据(す)えかねた。だから本当のことを書く。私、副島隆彦しか、この国では、正直に書かないことを書く。 
私は、今年にはいってからの半年も、ずっと不愉快だ。
 みんな日本国民は、掴みガネの、国からの裏金の、口止め料の、ばらまき金(がね)を、貰って 口を噤(つぐ)んでいる。みんな、「コロナ給付金」か、会社なら、コロナ経済対策の「経営持続化(じぞくか)給付金」の数百万円、数千万円をもらって、温々(ぬくぬく)している。

私、副島隆彦は、怒っている。私は、誰もあからさまに、公然と口にしようとしない、真実を、私だけはしゃべる。公言する。

みんな、自営業者、小さな商店、個人事業主 は、みんな、ひとり当たり、最低100万円もらっている。さらに、次の、100万円、200万円が、「新たな 緊急事態宣言が発出(はっしゅつ)しました」で出るのだ。発令(はつれい)と言いたくない、と判断した東京都が、「発出(はっしゅつ)だとよ。 バカヤローのバカヤローどもめ。お前たちがやっていることは、ゴロツキの、暴力団以下の、最低の国家政策なのだ。

 小池ゆり子 は、世界を一番上から、あやつり支配するディープステイト(DS)の直属の家来だ。
菅義偉(すがよしひで。竹中平蔵が、こいつを、DSの承認を貰って首相にした)たちよりも、もっと、ワルの、この地上の悪魔の直接の手先だ。

 全国の どんな小さな、零細の飲食業、商店主たち、もひとりあたり、「持続化給付金」で、この、コロナ馬鹿騒ぎ、コロナワクチン騒ぎを理由、口実にして、一千万円とかを、平気でもらったのだ。暴力団に近い、客なんかひとりも来ない開店休業のスナックなども、数百万円が、出ている。

 1日の 休業補償で6万円。一月30日で、180万円が、ポンポン、自分の銀行口座に振り込まれている。 それが1年分なら、1800万円だ。

 だから、日本の民衆が、騒がない。みんなで、怒り狂って「こんなの、高齢者の、80代、90代のジジイ、ババアが、毎年の肺炎で死んでいるだけだ」と騒がない。戦わない。
 コロナウイルス、も、その変異種も、始めからそんなものは、存在しない。存在しないのに、コロナ騒ぎで、人類全体を、騙している。私が、こう書くと、学問道場に集まる人たちは、いいのだが、世の中全体からは、白い目で見られる。

 「こんなに営業するな、店を開くな、では、飲食業は全滅だ。店が倒産する」で、騒ぐ者がひとりもいない。よくてグロ-バルダイニングのチェーン店のオーナーが、「緊急事態宣言でも、店を閉じません」と頑張っているだけだ。この偉い人であるオーナーは、持続化給付金と、コロナ対策金を、受け取らないだろう。

 私が、タクシー運転手から、聞いた話では、私が住んでいる、静岡県熱海(あたみ)市の芸者たちは、全員、ひとり100万円もらったそうだ。 それで生き延びている。また、さらに出るそうだ。
 
 私の弟子のひとりで、個人事業主の○○君は、早くも、去年の5月には、サーッと申請して、200万円もらったと、私に言った。 私が、付き合いの多い、出版業界の、出版社の正社員たちである、編集者(エディター)たちは、ひとり10万円しか、貰っていないだろう。

 だが、独立のフリーの編集者で、ひとりで、請け負う仕事で本作りをしている、フリーランスの編集者は、正直に、私に「私は100万円もらいました。いろいろ、やり方があるらしいんですよ。団体に入っているとか、すると有利のようです。情報を貰えるし、申請の仕方を教えてくれる」だと。

自民党系 だけでなく、共産党も、創価学会(公明党)も、この掴(つか)みがねを、自分の傘下の団体を通して、経営者たちに配った。立憲も 立民も、そうだ。

本当に、10万円さえ貰っていない、本物の最貧困層の、貧乏な学生とか、自由人を気取ってる、本物の風来坊たちよ、騒げ、怒れ。

私、副島隆彦も正直に書く。私も年末に10万円貰った。銀行口座に振り込まれていた。

だから、これは、民衆、国民への、口封じ、賄賂、口止め料、黙らせガネだ。示談金(じだんきん)だ。「お前も、これで、共犯者だからな、文句を言うなよ」の、掴(つか)みガネの、国民騙(だま)しの、キタナイ、穢(きたな)い手口の、「お前も貰ったからな」の、賄賂(わいろ)のカネなのだ。こんな、たった10万円の、端金(はしたがね)で、国民の多くを黙らせた。

 世界中で、馬鹿野郎どもが、世界支配者の悪魔(ディープステイト)の従順な奴隷をやって、あいつらは、各国の政府を脅し上げて、こんなにも、無制限の、根拠のない、無謀な、カネのばらまきをやった。それで、だ。そのあと、このあと、人類は、一体、どういうことになるのか。 戦争か、ハイパーインフレ(根拠のないお札の大増刷のため)からの 大恐慌(今のおカネ=紙幣は、紙切れ)に、なるしかない。それしか、人類の行く先は無いんだゾ。 私、副島隆彦は、このようにはっきり書いておくからな。
私だけは、私だけは、正気だ。

 福島の原発事故(2011年3月12日から。もう10年前だ)のあとも、福島の県民たちは、ひとり、子供50万円。おとな30万円だったか、このつかみガネの、ばらまきガネを 渡された。本当は、福島県民は、事業の継続用途か、東電からの補償金(ほしょうきん。事故でゴメンナサイの謝罪金)で、なんだかんだで、ひとり500万円づつ、貰った。

私、副島隆彦にこのことで、「そんな、ウソを書かないで下さい」と、抗議してくる者の家に、私は行くからな。そして、さらに詳しく、調査するからな。
私、副島隆彦と、弟子たちは、原発事故の後、決死の覚悟で、現地に行った。そして、
「現地活動本部」を作って、2年間、現地(原発から20キロの、都路=みやこじ=地区)
にいた。だから、私は、何でも見たし、何でも知っているぞ。たくさんの人(原住民=げんじゅうみん=と言う)と話しもした。何でも知っているぞ!

私は、福島県民の味方で有り、群発事故では、なによりも福島県民の考えを優先せよ、と、現地から書いた。東京や、大阪の「放射能、コワイ、コワイ」の馬鹿たちは、今も福島に、現地を見に行きもしないで、まだ、今でも、「トリチウムが・・・」とか、バカなことを言っている。

それでも、福島県民でも、おカネを貰って、蕩(とろ)かされた。私は、現場で目撃している。

クソー。私、副島隆彦の 真実の言論を、煙たがり、嫌がる者たちよ。お前たちこそは、たとえリベラル派を気取っても、まだまだ、体制派だ。

コロナ、コロナで、馬鹿みたいに、騒ぎやがって。馬鹿なんだよ。お前たちは。動物の、イヌ、ネコ 以下だ。

 私が、狂っているのか、お前たち、「正しく、怖がりましょう」のバカどもの、どっちがキチガイだ。私、副島隆彦は、キチガイ扱いされても、なんともない。もう、こうやって、30年以上、自力、独力で、言論で闘ってきた。

私は、「狂人日記」という本も去年書いたからな(祥伝社新書)。私が、狂人なのか、お前たちが狂人なのか、分るものか。と、書いた。 私は、本気だ。私だけは、正気だ。
お前たちが、キチガイなのだ。私ではないぞ。

 世界支配をしている、ディープステイト( さらにその裏にいるのが、Cabal カバール
だそうだ。それを、西森マリーさんが書いた。今月末に出る本だ ) どもよ。
お前たちは、その腐りきった、「人間を、コワイ、コワイの、恐怖の洗脳 」で 操(あやつ)って、奴隷にして、人類家畜化計画で、そして、その一環として、おカネまで、ばらまいて、つかみガネ状態にして、世の中を、狂乱状態においている。

やっぱり、お前たちは、悪魔だ。この世には、本当に悪魔たちがいたのだ。

 それでも、ビル・ゲイツが、離婚して、長年連れ添った、これもワルの女の奥さんのメリンダに、個人財産1300億ドル(14兆円)のうちの、丁度半分の7兆円(650億ドル)を離婚裁判で、取られる、と分った。それは、今年の5月3日のことだ。性悪女(しょうわるおんな)に、ビルゲイツが、7兆円取られる、というのは、世界規模の、大(だい)漫才だ。
でも、この7兆円、14兆円というのも、世界民衆が、はらった、スマホ、PCの使用料を、かき集めて、この40年間で、ビルゲイツの個人財産になったものだ。世界民衆のカネだ。

ビルゲイツが、コロナウイルスを 作らせて、おととし(2019年の10月の、世界軍人オリンピックの時に)中国の武漢に撒いたのが、始まりだった。
だから、ビルゲイツに、奥さんのメリンダが、ギャーギャー、泣きわめいて、「あなたは、エプスタイン島に行った。子供たちを殺して食べた」と、怒鳴り散らして、このことを口実に、ビル・ゲイツは、7兆円をふんだくられた。ざまーみろ、とは、このことだ。

やっとの事で、世界民衆は、この足りない頭で、洗脳されたまま、戦えなくなった奴隷にされたままだが、こうやって、ビルゲイツに、ささやかな、一矢(いっし)を報いることが出来た。
世界支配者どもにも、こういう赤っ恥の、恥さらし、がある。

 民衆からの反撃、というのは、だから、何もない。何も出来ない。筵旗(むしろばた)を立てての百姓一揆にならない。みんな、ふにゃ、ふにゃで、カネでとろかされた。
 だが、せめて、このように、認識、理解することで、世界で一番、大きいところでの、動きというのを、知りなさい。

 このように、私が書くことで、日本では、この副島隆彦が、一番、頭がいい、ということになるのだ。分るか。敵たちから見たら、私はキチガイだ。

「副島。お前も10万円申請して、貰ったんだから。もう、共犯者だよ。口封じのカネをもらったんだから、騒ぐなよ。ぐだぐだ、言うなよ」と、私に、向かって書いて来い。相手をしてやるよ。お前たちのキチガイ振りと、私のキチガイと、いい勝負だ。 やるか、この野郎。

これだけ、書いておけば、あとあとの歴史の証言となる。私だけは、何があろうか、本気で戦い続けるからな。    副島隆彦拝 

 この欄の担当者から。下 ↓ の 会員の一柳さんの投稿に、「立憲主義を守よこすか市民の会」のURLを載せました。皆さん、その動画を見て、周りの人に教えて、伝えてください。
 






※以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます。
■記事No ■削除番号