ログイン

ようこそguestさま
ログインする

今日:2388 昨日:20517
合計:73052174
 
重たい掲示板


(※旧名:気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板)
[会員(新規・ご継続)のお申し込み] [本のコーナー] [ビデオのコーナー]

[ホームにもどる] [携帯用(工事中)] [過去ログ(工事中)]

[副島隆彦宛メール] [副島文献目録] [84-90] [91-95] [96-00] [01-05]

[旧掲示板]

[投稿する前に]
■■■投稿規定■■■
・この掲示板に投稿するためには、下記のすべての条件を満たし、遵守する必要がある。
【前提条件】
・副島隆彦の本を5冊以上、読んでいる。
【当掲示板への初回投稿時の条件】
・簡単な自己紹介をして、自分の関心あることを限定してみんなに提起する(但し実名投稿である必要はない)。
【副島隆彦に議論を挑みたい場合の条件】
・礼儀正しく、自分の立場や政治思想(思考)を明らかにしてからする。

【投稿後の条件】
・自己が投稿した文章に関して、一切の権利を主張しない(著作権に関しては、市場で利益を生まない文章には始めから発生しません)。




※ログイン後に投稿フォームが表示されます。





[2452]ドイツ銀行が潰れる。ヨーロッパ発の金融危機が、世界に広がる。事態は、切迫している。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2019-10-08 01:30:22

副島隆彦です。今日は、2019年10月8日です。

 緊急で書きます。私は、ハッキリ書く。この10月末に、ドイツ銀行が潰れる。破綻する。ヨーロッパに金融危機(ファイナンシャル・クライシス)が起きる。その破綻処理が、すぐに始まる。負債総額は、2兆ユーロ(230兆円)ぐらいのようだ。

 私は、ヨーロッパから、この情報を9月30日にもらった。ヨーロッパ最大の銀行である名門のドイツ銀行が、潰れると、世界の金融・経済が、一気に、急激にかなり切迫した事態になる。

 EU閣僚たちの切迫した、秘密の会合が開かれている。IMFと世界銀行による、緊急の支援体制も、もう作られた。アメリカのトランプ政権は、「アメリカは、カネを出さない」と言い切った。 マリオ・ドラギECB総裁は、先日、辞任を表明して逃げる準備に入った。11月1日から、クリスティーヌ・ラガルド世界銀行総裁が、ECB総裁に鞍替えする。

 来る10月20日、すなわち、再来週の日曜日に、東京のイイノホールで私の金融セミナーがあります。この金融セミナーでは、緊急で、このことも話す。私の金融経済についての予言に注目してくれる人は集まってください。詳細は、以下に載せる。

 あまり書き過ぎるといけないので、これぐらいにしておくが、「日本は貯蓄率が高い、信用がある」ので、ヨーロッパと中東(ミドル・イースト)から、一斉に、日本国債に資金が逃げてくる。激しい、円買いが起きる。ということは、1ドル=100円をすぐに割って、90円、80円と落ちていく。大きな急激な変動が起きる。

 その証拠のひとつは、日本は、2011年「3.11」の大地震、大津波、福島第1原発の放射能漏れの爆発事故のあとだった。それなのに、そのわずか半年後の10月末(10月30日)に、超(ちょう)円高のⅠドル=75円が出現した。世界から円買い、日本国債買いが、殺到した。そのあとも、80円ぐらいが2年続いた。この世界の金融の奇妙さを、私たちは知らなければいけない。あれから、8年が経(た)った。

 私の金融セミナーの要領は以下の通りです。
===============================
「副島隆彦(そえじまたかひこ)の“予言者”金融セミナー 第18回」
*会場:イイノホール&カンファレンスセンター 東京都千代田区内幸町2-1-1
*日時:2019年10月20日(日) 
 開場・受付/11:00~ 終了/17:30 (予定)
*受講料:15,000円(税込)/指定席
===============================

申し込みは以下のページから ↓↓↓
https://kokucheese.com/event/index/579054/

 そして、明後日、10日(木)には、「今日のぼやき」に、私の新しい金融本の発売の宣伝をします。この新刊本 『 米中(べいちゅう)激突 恐慌 』は、11月1日の発売であるが、その「まえがき」と「あとがき」などを、急いで載せる。そこにやや詳しく「ドイツ銀行が破綻する」も 書いてある。この確実な情報は、まだ、日本には伝わっていない。金融業界の噂話(うわさばなし)だけだ。私は、人から知識や情報を、無断で泥棒をして、後出(あとだ)しジャンケンをする人間ではない。

 私は、2017年10月に出した、『銀行消滅(ぎんこうしょうめつ)』(祥伝社刊)に、そして、『ユーロ恐慌』(2016年、祥伝社刊)にも、ドイツ銀行が潰れる論 を書いている。事態は、切迫している。

 自分の金融資産を、守りたい人は、10月20日の私の金融講演会に来てください。
申し込みは以下のページから ↓↓↓
https://kokucheese.com/event/index/579054/

 副島隆彦です。世界の金融、経済を、頂点で管理している 権力者たちしか、「ドイツ銀行の、一気の破綻処理の計画」は、まだ知らない。私が、このように書くことで、日本でも一斉に、メディアが騒ぎ出すだろう。

 ほんの微(かす)かに、日本に出ている公開情報は、以下の記事たちぐらいのものだ。

(転載貼り付けはじめ)

●「ドイツ銀行、1.8万人整理へ 第2四半期は赤字に」

2019年7月8日  BBC
https://www.bbc.com/japanese/48904906

 ドイツ銀行は経営建て直しに向け、向こう3年で1万8000人を整理すると発表した。併せて、第2四半期(2019年4~9月)は28億ユーロ(約3400億円)の赤字になると明らかにした。

 再建計画では投資銀行部門を大きく縮小するもよう。また、どの部門で人員整理に踏み切るかは明らかにしていないが、ロンドンとニューヨークで主に行っている株式取引事業から完全に撤退する予定だとしている。

 ロンドンでは現在8000人が働いており、同行最大の取引事業拠点となっている。さらに、2022年までに全世界の従業員を7万4000人にまで削減する。全体のリストラ費用は向こう3年で74億ユーロとなる見通しだ。クリスティアン・ゼーヴィング最高経営責任者(CEO)は、「私たちはきょう、ここ数十年で最大の根本的な改革を発表する」と述べた。

「これはドイツ銀行の再出発だ。(中略)顧客に焦点を当て直すことで原点に、私たちを世界をリードする銀行にしてくれた場所に立ち返る」
再建計画により、ドイツ銀は2022年までに170億円のコスト削減を達成できるとしている。また、切り離す事業が持つ740億ユーロ相当の資産を管理する新たな部門を設置するという。 (以下、省略)


●「ECB:マイナス金利深掘り、QEも再開-ドラギ総裁が押し切る」

2019年9月12日 ブルームバーグ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-09-12/PXPWOT6KLVR401

 欧州中央銀行(ECB)は12日、中銀預金金利をさらに深くマイナスとし、債券購入を再開すると発表した。ドラギ総裁は最後から2回目の政策決定で、自身の景気刺激策に対する批判を抑えユーロ圏経済活性化への仕上げを断行した。

 ECBは中銀預金金利を0.1ポイント引き下げマイナス0.5%とした。債券購入は11月1日から月額200億ユーロ(約2兆3500億円)で、インフレ目標の達成に必要な限り行う。一部の超過準備についてマイナス金利を免除する措置も導入する。

(転載貼り付けおわり)

副島隆彦です。 金融セミナーの 申し込みは以下のページから
 ↓↓↓
https://kokucheese.com/event/index/579054/

副島隆彦拝  






※以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます。
■記事No ■削除番号