ログイン

ようこそguestさま
ログインする

今日:8546 昨日:12082
合計:66496146
 
重たい掲示板


(※旧名:気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板)
[会員(新規・ご継続)のお申し込み] [本のコーナー] [ビデオのコーナー]

[ホームにもどる] [携帯用(工事中)] [過去ログ(工事中)]

[副島隆彦宛メール] [副島文献目録] [84-90] [91-95] [96-00] [01-05]

[旧掲示板]

[投稿する前に]
■■■投稿規定■■■
・この掲示板に投稿するためには、下記のすべての条件を満たし、遵守する必要がある。
【前提条件】
・副島隆彦の本を5冊以上、読んでいる。
【当掲示板への初回投稿時の条件】
・簡単な自己紹介をして、自分の関心あることを限定してみんなに提起する(但し実名投稿である必要はない)。
【副島隆彦に議論を挑みたい場合の条件】
・礼儀正しく、自分の立場や政治思想(思考)を明らかにしてからする。

【投稿後の条件】
・自己が投稿した文章に関して、一切の権利を主張しない(著作権に関しては、市場で利益を生まない文章には始めから発生しません)。




※ログイン後に投稿フォームが表示されます。





[1809]この7月、8月に世界で何が起きていたか。 そして 私の金融セミナー開催 のお知らせ 
投稿者:副島隆彦
投稿日:2015-08-17 15:34:12

副島隆彦です。  この暑い夏の7月、8月に 世界で何が起きていたか。
以下に箇条書きにする。

 初めに、お知らせしておきます。私たちの学問道場の先の定例会の講演会の
DVDの作成が、うまくゆかずに、手間取っています。 あと数日中には、からなず完成してお知らせしますので、 お待ちください。 

 待ち詫(わび)て、私どもに問い合わせをしてくださいました 会員の皆様にお詫びを申し上げます。 
あと少しお待ちください。


 もうひとつ お知らせです。  私、副島隆彦 が 5時間、ずっとぶっ続けで 演説する、恒例の 私の「金融セミナー」が、近日中に開催されます。来たる9月6日です。 

 場所は、東京の築地の朝日新聞社の本社の、入り口から中にずっと入っていったところにある 浜離宮(はまりきゅう)朝日ホールです。 


( ここから お知らせ )

 副島隆彦(そえじまたかひこ)の“予言者”金融セミナー 第10回

  『「熱狂なき株高」で踊らされる日本』(徳間書店)発刊記念

マイナンバー制(預金検査)が襲いかかる! 
金(ゴールド)と 現金 以外は信じてはいけない。
忍び寄るインフレと預金封鎖の実施へ。相続税対策は? 
世界経済は、どう変化し、日本の運命はどうなる。
日本、中国、米国の今後の関係は?


 副島隆彦(そえじまたかひこ)の“予言者”金融セミナー 第10回

*会場:浜離宮朝日ホール 東京都中央区築地5-3-2 朝日新聞東京本社・新館2階
*日時:2015年9月6日(日) 開場・受付:10:00~ 終了17:00(予定)
*受講料:15,000円(税込)/指定席

問い合わせ(平日:10~18時)
ブレイントラスト企画
TEL:03-6261-5465 FAX:050-3153-2488
メール bt-soejima@nifty.com 

申し込み
http://kokucheese.com/event/index/326711/

(お知らせ 終わり)

 副島隆彦です。 この金融セミナーでは金融、経済の最新 と この秋からの動きの 予測をします。テレビ、新聞などでは知り得ない 世界の 金融の本当の動きと ウラの動き、を知りたい人は来てください。あるいは、私の怒鳴り声での本気の演説を聞いて、ちょっと元気を出したい人もどうぞ来てください。 損はさせません。

それで、この暑苦しい、7月、8月に 世界で何が起きていたか。

1.7月5日に、ギリシアで国民投票(ナショナル・レファレンダム)があって、ツィプラス首相が60%の政策支持を得た。それでEUとの救済・支援策の交渉で EUに圧力を掛けて一応、勝った形になった。EUは、さらに900億ユーロ(12兆円ぐらい)の支援パッケージを示した。

2.7月8日。 中国で株式の暴落があった。高値だった上海総合指数(しすう)5100(6月12日)が、4000まで落ちた。 今(8月17日)は、4900まで持ち直している。

3.同じ7月8日から、BRICS(ブリックス)の5カ国の首脳会議がロシア(ウファという都市)であった。BRICS銀行が年内にも事業を開始して、AIIB(アジア・インフラ投資銀行)の開業と軌を一にする。

4.7月14日に、イランの “核抜き” 協議の合意が成立した。イラン国民は、35年間続いた 西側(ザ・ウエスト)からの 経済制裁 の解除が行われて大喜びしている。さっそくイギリスの資本がどんどん入っている。アメリカ人は、怖くてなかなかテヘランには入れない。

5.安倍晋三首相が、新国立競技場(千駄ヶ谷)の3000億円に膨れ上がった建設計画を全面見直しを決めた。

 これと同時に、いや本当は半年ぐらい前から、多くの政治利権が暴かれ始めて、(最初は、無記名の投書から始まった) JOC(日本オリンピック委員会)に巣食っている者たちが追い詰められている。日本の暴力団政治の頂点にいる森喜朗(もりよしろう)とその子分たちの悪事が更に明るみに出て公然化して、彼は 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 会長を辞任するだろう。

 まわりがザワツイていて、それをもう押さえつけることができない。刑事事件になるのを抑えることで精一杯だろう。

6.7月31日に、ハワイで TPP(ティー・ピー・ピー、環太平洋経済協力パートナーシップ)が大失敗して、合意見送り=交渉の無期限延期、すなわち交渉の決裂、崩壊になった。 

 ところが、アメリカ代表のフロマンは、自分の責任を自覚せずに、かつ、責任追及の動きが米議会にもない。実に不思議な感じだ。 フロマンのUSTR代表の地位は、米議会が政権に送り込んだ閣僚であり、各業種の製造業者たちの圧力団体の受け皿である。 誰も責任を取るものがいない、というのは不思議な感じだ。

 ニュージーランドが、乳製品の低関税を一切受け付けなかった、ということでニュージーランドのせいにして、12カ国の代表たちは、皆、嬉しそうに、ニコニコしながら飛行機に乗って帰った。誰も責任を取らない。 

 日本の甘利明大臣も、喉頭がんにかかり、髪が真っ白になるほど苦労したのに、帰ってきても、「ご苦労さん」の労(ねぎら)いもどこからもない。

 あれほどの大騒ぎを、日本の有識者たちもやったのに。「 TPPは、日本の国益に叶う、どうしても合意なければ済まない、重要な経済交渉です」と言って、偉そうな解説をしていた日本の有識者(専門家)たちは、今は、赤っ恥で、黙りこくっている。これも実に不思議な感じだ。

 まるで、大型の台風が来る、で、皆で心配して大騒ぎしていたのに。いつの間にか、台風はどっかに行ってしまって、消えてしまって、「熱帯性低気圧に変わりました」で、誰も騒がなくなるのと似ている。白けるなあ。

 これで、アメリカとヨーロッパが交渉している TTIP(ティー・ティー・アイ・ピー)という、人を喰ったような欧州版のTPPも、雲散霧消する。ヨーロッパ人が、あのISDS(アイ・エス・ディー・エス)条項などという、「アメリカ企業が、進出先の国で 虐(いじ)められたら、その国の政府を、ニューヨークで裁判にかけることが出来る。損害賠償を請求できる 」 などという、アメリカ帝国の傍若無人を受け入れるはずがないのだ。


 TPP の崩壊の原因は、中国主導のAIIB(アジア・インフラ銀行)の設立が3月から騒がれたからだ。中国がぶち上げた AIIB と「一帯一路(いったいいちろ)」構想が、「ユーラシア大陸に これから 新たに10億人分の 巨大な 需要(デマンド)を作る」。 これは、 製造業者とか農業団体(食肉、酪農業者)とかの、商品の供給(サプライ)サイドのことしか考えていない、欧米の先進国の政策立案者(ポリシー・メイカー)たちの歴史的な敗北だ。デマンド(需要)創出派 と サプライ(供給)重視派の闘いで、サプライ派が負けたのだ。彼らは、これからの新しい世界の動きから取り残されてゆく。このことが、決まった、ということだ。 

 それと、金融市場(マネー・マーケット)という 仮想の世界で、実需(じつじゅ)の経済活動を無視して、仮需(かりじゅ)でしかない部分から派生した 金融取引が膨大化して、そこでの金融バクチ(博奕)しか脳がない、強欲金融人間たちが、敗北しつつある。自分たちが今でも、世界の金融の最先端技術(ハイテク)の エリート人間だと、大きく勘違いしていることが、大きな背景にある。

 クレジット・デリバティヴなどという、今やその欺瞞的な手法が満天下に暴かれてしまった、インチキ金融商品で、「お金でお金が生まれる」と信じて疑わない、馬鹿野郎たちの時代が、もう終わっている。 世界は、2008年のリーマン・ショックのあとは、「(うそ臭い)金融 から (中身のある)実物経済(タンジブル・エコノミー)の時代へ 」と大きく変わったのだ。

 だから 世界は、もっと、実需 = 有効需要(イフェクティヴ・デマンド)の創出こそが大事という 偉大なる経済学者のジョン・メイナード・ケインズが言ったとおりに、戻りつつある。マネタリストも 合理的予測派(ラッショナル・イクスペクテイソニスト)も底が割れて、本性が露見して、大敗北したのだ。 そのことが原因で、 米、欧、日の金融市場中心の世界は、いま、激しく再構築 = 変身(メタモルフォーシス)されつつある。 このことに気付かない者たちは、新しい世界の動きから取り残さてゆく。

 アメリカが世界一で、日本はしっかり、お金を払い続けて、アメリカについてゆけば、日本は安泰だ、と考えている程度の人間たちでは、もう、これからの世界( 新興国と途上国が主導する )にはついて行けない。 勝手に自滅するがいい。


7.7月19日に、アメリカのユダヤ人の 強請(ゆす)り集(たか)りの人権団体である サイモン・ヴィーゼンタール・センター  ( ここに電話しても、center?「センター?」としか応答しないことで、アメリカ国民には有名)が、三菱マテリアルを訴えていたことが分かった。 その和解で、94歳かの 米兵で日本で捕虜だった者(3人いた?)が、日本の収容所で強制労働をさせられた、と言って訴えていた件なのだが、それで、三菱マテリアルが、おそらく 1千万ドル(12億円)とかを 示談=裁判外の和解 で、払っただろう。

 振るっていたのは、この和解の仲介に立ったのが、岡本行夫(おかもとゆきお)だったことだ。彼は、三菱マテリアルの社外重役(アウトサイド・ディレクター)もやりながら、同時に、自分の会社で、この和解交渉の報酬を受け取ったはずだ。利益相反行為(りえきそうはんこうい)だ。 何というキタナイやつだ。こういうことをして商売をやって生き延びている。 雅子妃と特別に親しいお友達だから、こういうアメリカからのユスリ、タカリにあうとビクついて、誰も何も書かない。財界人たちは、皆、白(しら)けて黙っている。
 
「恐ろしいなあ」、「うちもいつやられるか、分らんからな」、「気をつけようぜ」、「そんときはそんときさ」「安部首相にも困ったものだ。あいつがガキだから、いきがって、世界を敵に回すから、こういうことになるんだ」・・・ こういう感じだ。

 その米兵には、200万ドル(2・4億円)ぐらいがゆくだろうが、あとは、岡本の手数料と、その他のほとんどは、サイモン・ヴィーゼンタール・センター行きだ。 被差別民の団体の、人権侵害を糾弾する闘いが、最後は、お金の問題で、ユスリ・タカリになって、それで、ますます、世の中の人々の重低音の差別感や、恐怖感と嫌悪感を作ってしまったこと、の まさしく、世界バージョンだ。 

 私が、最近、アメリカのテレビ・ニューズを見ていて気づいたのだが、「アメリカでは、人権(じんけん)の値段は6億円だ。高いなあ」ということだ。  アメリカで、警察官に職務質問のあと揉(も)めて、撃ち殺された黒人の値段は、ひとり 一律に、5百万ドル(6億円)ということが分かった。 

 ニューズを見ていたら、裁判所の民事裁判(損害賠償請求)で、判決は、いずれも、撃ち殺した警察官の所属する市議会や、シティ・カウンシル(数人の合議体)が、「5百万ドル払え」となっている。 そうか、アメリカの 人権( 人命そのものではない。人命など安いものだ。公然と争われた場合の人権の値段だ ) は、5百万ドルだと、分かった。 

 私は、20年前に、友人の弁護士と書いた『法律学の正体』や『裁判のカラクリ』という本で、この 「人権(じんけん)にも値段が有る」、「裁判所は、その値段を決める」と書いた。これは、Law and Economics ラー・アンド・エコノミックスという シカゴ法学派の理論である。 私は、こういう研究もずっとやって日本に紹介してきた。ところが、日本人の知能が落ちているので、それを受け止めるだけの知識人階級の能力がない。

 「人権に値段をつける何て。そんなはしたないことはできない。私は考えたくない」という程度の、知能の低いリベラル派(この世の中を、自分の正義感とキレイごとだけで考える人たち)が、ほとんどだから、私は、ずっとじっと我慢して 世界基準の学問と思想のはこうなっている、と 日本への導入、紹介の仕事を、コツコツとやってきた。

 自分の家族が警官に撃ち殺された、その家族(遺族)たちの、涙ながらに、しかし実に嬉しそうな顔がテレビに映る。それを ジーっと見ているのが、「進化した人間たち」である アメリカ白人市民たちだ。

「くそ、その5百万ドルは、オレの市民税だぞ」と、野卑な白人(だいたいデブ)は、テレビに向かって喚(わめ)いているはずだ。だが、外では、そんなことを言えない。

 言ったら、周りから、白い目で見られる。でも、みんな、もう分かっている。うんざりしている。 アメリカ独特の偽善(ぎぜん、ヒポクリシー)と、合わせて、ヨーロッパでの、あの アフリカから押し寄せる経済難民たちのものすごさに、たじろいでいる感じが、今の世界だ。  人権にも値段が有るのだ、と、皆、日本人もそろそろ知りなさい。  

 こういう 問題は、私、副島隆彦しかはっきりとは書かない。私は、自分に何があってもいい、言論の自由と日本国の利益 のために闘う、と決めている人間だ。

8.7月23日。 世界一の超高級紙(ハイ・クオリティ・ペイパー)であるイギリスのFT(エフティー。フィナンシャル・タイムズ)を、日本経済新聞が、1600億円(8・4億ポンド)で買収した。

 ザ・エコノミスト誌と FTの本社ビルの財産権(所有権)は別個にして売らなかったようだ。 FTの全株式で、時価で、たったの1600億円かよ、と、私は、このニューズを聞いた時、唖然とした。 ジャーナリストとか言論人とか学者たちの 値段は、本当に、このように安いものなのだ。日本だけでなくて世界中で、新聞記者や言論人の値段は安い。 50億ドル(6000億円)もしないのだ。 私は、素朴に、まずこのように驚いた。

 その次は、喜多恒雄(きたつねお)という日経の会長と岡田直敏(おかだなおとし)社長が、ロンドンに乗り込んでいって、記者会見で、英語で、「栄誉あるFT紙を 私たち日本のニッケイがこのたび、ピアソン社から買いました。編集権の独立を尊重しますから、今のママ、記者たちは頑張ってください」と演説するのかと思ったら、日本人は全く誰も出てこない。馬鹿にされているのか、始めから相手にされていなかったのか。 本当に日本という国の国力と知能(能力)の低下は、激しいものが有る。

 「日経225」やらの「インデックス債」という金融商品の、指標取引の市場で、FT の名前と合体できるし、FT のインデックス債の 新商品をこれからも作れるだろう、と見込んでのことだから、決して、日経の経営陣の判断は間違っていない。「FT がたったの1600億円だなんて。なんて安い買い物をしたんだ」と 皆から羨ましがられているだろう。

 それもこれも、「中国に買われるわけにはゆかなかった。日本でよかった」というイギリス政府の判断が有るのだろう。 もし、FT が、中国の 人民日報とかに買われる、ということになると、アメリカが、まず、胃がひっくり返るような痛みを感じるはずだ。

 イギリスと中国の連携、同盟は、もう、ここまでいっていたのか、と、世界中が大騒ぎになる。それを、「日本のNikkei で よかったよ」 ということなのだ。 日経は、あと数年したら、このFTの株を、10倍の 1.6兆円で、中国に売ればいいのだ。そういうことになるのではないかな。


9.8月11日から、中国政府(中国の中央銀行である 「中国人民銀行」。会長は、まだ、周小川=しゅうおがわ=のようだ )が、為替(人民元)のレートを2%切り下げた。

 3日間、通貨の切り下げをやって、3.75%まで切り下げて、終わったようだ。これで、1ドル=6.4元 の 元安(げんやす)ドル高になった。 

 対(たい)日本円では、丁度1元=20円まで、元高(げんだか)円安になっていたのに、今は 1元=19.32円 の 元安になっている。 たいしたことはない。

 新聞記事は、盛んに、「中国が、自国を通貨安にすることで、輸出の促進をはかって貿易黒字を積み増して、経済成長率6%台を何とか守ろうとしている」 と書いた。私は、そうは思わない。IMF は、不思議なことに、即座に、中国の通貨切り下げを「歓迎する」と発表した。「中国政府が、通貨を市場の価格に合わせた、自由度を高めるためのものだ」とコメントしていた。

 スイス政府が、今年の1月15日に、スイス・フランを対(たい)ユーロで、一気に30%切り下げた。あれと同じだ。あれで、スイス・フランで、為替の投機をやって、「スイス・フランは確実に上がってゆく」と仕込んでいたヘッジファンドたちが軒並みやられた。 たとえば、ビルとヒラリー・クリントンの 娘であるチェルシーの旦那(ゴールドマン・サックスあがり)が主宰していたヘッジ・ファンドが、このとき 40億ドル(5千億円)の損を出した。その1割の500億円の損をビルとヒラリーは被(かぶ)っただろう。

 11日の、人民元の突如の切り下げに、アメリカの財務省の高官たちは、苦虫(にがむし)を噛み潰したような反応を示した。

 「中国の景気減速が、世界経済に悪い影響を与えている」というコトバは、今や日本国内のお定まりの 決まり文句だ。自分の国の景気を、他に国のせいにして、それで、恥じない、というおかしな 精神構造(メンタリティ)になっている。 「中国なんて、ろくでもない国で、大した力はない」と言い続けてきたのに、「こっちに悪い影響を与えるなよ」と引き痙(つ)った顔をしている。

 だから、中国の元安(げんやす)の決断は、「中国元への為替投機で、巨額の儲けを出そうとした、国際投機筋に、一泡吹かせてやる」というのもだったろう。

 ホット・マネー、シュート・マネー と呼ばれる、かつて 1997年にアジア通貨危機を引き起こした、ジョージ・ソロスのような、ゴロツキ投機家( 彼は、カール・ポパーという思想家の「オープン・ソサエティ」=開かれた社会=という名の思想に忠実だ、と40年間触れ回っている。このハンガリー系ユダヤ人の国際博奕ウチは、前記のサイモン・ヴィーゼンタールほどは悪質ではないが、金融市場での相場操縦を仕組む ) 連中が、今度も蠢(うごめ)いていたので、彼らの動きを、一気に、中国が叩き潰したのだ。

 故に中国の勝利だ。 ホットマネー(「熱銭」 ねっせん と中国語で言う) とショートマネー(「飛銭」ひせん、という )が、人民元に襲いかかっていると、気づいた、中国の為替と債券 のファンドマネージャーたちが、政府に連絡して、一気に、元の切り下げを断行した。 

 そうしたら、こういう 一回あたりの金額が大きい(一玉で 5億ドル=600億円ぐらいだろう)取引で、ポジション(建玉、たてぎょく)を一週間も持ちこたえることができない。

 それで、もんどり打って、ソロスや、ジョン・ポールソンのような連中が、さっさと”損切り”して手仕舞いして、損を出したはずなのだ。「ここらで、中国を痛めつけてやれ」と コンスピラシー(共同謀議、きょうどうぼうぎ)で、欧米のガラの悪い金融博奕打ち(=国際投機家)たちが仕掛けたのに、却(かえ)って、返り討ちにあって、大損して大負けしたのだ。

 そうじゃないのか? 本当の 世界金融の事情通の人間だったら、こういうことは知っているはずだ。日経新聞の経済部の記者たち程度のオツムでは、ここまでの読みは無理だろうなあ。あるいは知っていても書けないだろう。中国のことは悪口しか書けないようになっている。記者たちの自分の出世に響く。

 だから、アメリカの財務省や FRB の高官たちも、自分自身も 人民元投資(ちっぽけな人民元預金だけでなく)しているものだがら、今度、損を出して、それで、中国を恨(うら)んでいるのだ。今の中国は、それぐらい、頭のいいのが育っている、ということだ。日本人のエリートたちの、アメリカに洗脳され尽くした脳では、太刀打ち出来ないので、どうにもならない。日本人はオロオロしてるだけだ。 その様子が、私には、手に取るように分かる。

 自分の国も、「1ドル80円を、 1ドル120円にまで」この3年間で、「 通貨の切り下げ 」(円安=えんやす=万歳)をやったのだ。そうして、日本も 通貨安(やす)競争=通貨戦争(つうかせんそん、カレンシー・ウォー)をやってきたくせに、人が同じことをやると、とたんに、「自由市場をないがしろにするものだ。中国は信用ならない」と言い出す。 

 安倍晋三を、育てて、こいつは、パーだから、いいように使って、2012年の11月から、一気に、円安、円の40%の暴落を仕掛けたのは、どこのどいつだ。 自分の通貨を、自分で、下落させて、毀損(きそん)し、世界からの信用を無くしておいて、よくも、それが正しい政策だ、と居直れるものだ。

 私は、このことを指して、「自分の顔に自分で傷をつける、自損行為、自傷(じしょう)行為だ」と自分の本に書いてきた。 「もう日本円は、いらない。持っていても損をするから」と、世界中の商人や、外国人相手の小さな商売をしているおばちゃんたちから嫌われるようではいけないのだ。自分で自分の信用を落とす行動をしてはいけない。自国の通貨は高くて、信用が有るのが一番いいのだ。

 8月13日の日経新聞の記事に、 アダム・ポーゼンというワル (ピート・ピーターソンIIE(アイ・アイ・イ―)国際経済研究所の所長)の「米利上げ、9月見送りも」という、インタヴュー記事が載っていた。ポーゼンは、今の日本の金融政策をあやつっている人間の一人である。 

 このポーゼンへのインタヴューの中には、おかしなことに、「FRB(イエレン議長)は、米金利を9月に上げる予定を、見送りするかもしれない」 とは、どこにも書いていない。インタヴュアーの日経のニューヨークの記者が勝手につけた見出しなのか、何の策略があってこういうことをしたのか、分からない。 

 ポーゼンも、中国の動きを掴(つか)めなくて、いらいらしている。この記事から分かった。 FRBが金利値上げを9月にやって、それで景気の舵取りに失敗することを、恐れている。 その感じが今のアメリカに満ち溢(あふ)れている。

 私、副島隆彦は、ここ何冊かの自分の金融本で、「どうせアメリカは、金利をあげることはできない。景気が回復していないのに。金利だけを上げて、それで、景気の回復の合図にして、アメリカ国民の気風、ムード、空気だけを 無理やり押し上げようとしても、それは無理だ」 と書いてきた。 

 上げられるものなら、上げてみよ、だ。そのあとに襲ってくる管理できないインフレの波が怖いに決まっている。


10. 7月の前の、この6月中に何があったか。それは、私は、ここの 重たい掲示板に、7月13日に書いた。それを読んでください。かなり重要な事を書きました。

 中国で激しい権力闘争が6月中に起きていて、その決着が着いた。 習近平が、上海閥=石油閥の 抵抗と反逆を抑えきって、安定させたようだ。北戴河(ほくたいが)という渤海湾に面した高級保養地での長老たちとの「夏の合宿」が何事も無く終わったようだ。

 江沢民も、曽慶紅(そけいこう)も高級幹部たち用の施設で、柔らかい拘束状態に置かれたようだ。

 副島隆彦です。 最後に、再度、来たる9月6日に開かれる 金融セミナーのお知らせを載せます。まだ席はあるそうですから、お申込みください。

(お知らせ)

副島隆彦(そえじまたかひこ)の“予言者”金融セミナー 第10回

『「熱狂なき株高」で踊らされる日本』(徳間書店)発刊記念

マイナンバー制(預金検査)が襲いかかる! 
金(ゴールド)と 現金 以外は信じてはいけない。
忍び寄るインフレと預金封鎖の実施へ。相続税対策は? 

世界経済は、どう変化し、日本の運命はどうなる。
日本、中国、米国の今後の関係は?

副島隆彦(そえじまたかひこ)の“予言者”金融セミナー 第10回

*会場:浜離宮朝日ホール 東京都中央区築地5-3-2  朝日新聞東京本社 新館2階
*日時:2015年9月6日(日) 開場・受付:10:00~ 終了17:00(予定)
*受講料:15,000円(税込)/指定席

問い合わせ(平日:10~18時)
ブレイントラスト企画
TEL:03-6261-5465 FAX:050-3153-2488
メール bt-soejima@nifty.com 

申し込み 
http://kokucheese.com/event/index/326711/

(お知らせ終わり)

副島隆彦拝






※以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます。
■記事No ■削除番号