ログイン

ようこそguestさま
ログインする

今日:2453 昨日:13547
合計:68429295
 
重たい掲示板


(※旧名:気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板)
[会員(新規・ご継続)のお申し込み] [本のコーナー] [ビデオのコーナー]

[ホームにもどる] [携帯用(工事中)] [過去ログ(工事中)]

[副島隆彦宛メール] [副島文献目録] [84-90] [91-95] [96-00] [01-05]

[旧掲示板]

[投稿する前に]
■■■投稿規定■■■
・この掲示板に投稿するためには、下記のすべての条件を満たし、遵守する必要がある。
【前提条件】
・副島隆彦の本を5冊以上、読んでいる。
【当掲示板への初回投稿時の条件】
・簡単な自己紹介をして、自分の関心あることを限定してみんなに提起する(但し実名投稿である必要はない)。
【副島隆彦に議論を挑みたい場合の条件】
・礼儀正しく、自分の立場や政治思想(思考)を明らかにしてからする。

【投稿後の条件】
・自己が投稿した文章に関して、一切の権利を主張しない(著作権に関しては、市場で利益を生まない文章には始めから発生しません)。




※ログイン後に投稿フォームが表示されます。





[439]ネコを飼い主に返還して、私たちは昨日も原発の正面玄関まで行ってきました。日本は、大丈夫だってば。心配するな。(報告文 12)
投稿者:副島隆彦
投稿日:2011-04-13 08:56:33

副島隆彦です。 今日は、2011年4月13日です。


私は、昨日(4月12日)は、予定通り、福島第一原発の正面玄関まで、また、行ってきました。 大丈夫。 みんな、心配するな。 放射線の線量は、原発の正面玄関(ゲート)のあたりでも、120マイクロシーベルト毎時(120μSv/h)でした。 巨大事故を起こした4つの原発から、一キロぐらいの距離のところです。

 みんな、大丈夫だって。安心しなさい。副島隆彦を信用しなさい。 何を、今頃になって、そんなに深刻になって、現地にも行かないで、悩んでいるのですか。 ここは、副島隆彦の学問道場だ。 先生の私が 門弟(もんてい)たちと 体を張って、そういう言うのだから、安心しなさい。 原発の危機と放射能の漏れ(拡散)は、もう終息しつつあるのです。


今、ここの重たい掲示板を、見たら、まじめな会員たちが、深刻な議論をしているで、本当は、すぐに「今日のぼやき」に 「報告文 12」として書かなければいけないのですが、応急で、書いておきます。 あとで、まとめて、もっとしっかりと、今日のぼやきに書きます。

みんな、何をそんなに、脅えて、不安になって、心配しているのですか。

私は、まず、私が、富岡町(とみおかまち、原発から5キロ)の、富岡駅のそばで、津波で全滅した駅前商店街で、3月29日(原発の正面ゲートにまで行った日)に、助け出して連れ戻って、私が、「富岡タマ」と名づけたニャンコ (本名は、「魚八」さんちの みーこ でした) を、見つかった飼い主(二本松市に避難しています)に、郡山の駅で、お返ししました。ニャンコのタマ(メス猫、約一歳)は、私によくなついて、毎晩、一緒に寝ていました。

(転載貼り付け始め)

From:**************
To: GZE03120@nifty.ne.jp
Sent: Tuesday, April 12, 2011 8:53 PM
Subject: みーこ

 今日は本当にありがとうございました。 見舞い金まで頂き申し訳ありません。 みーこのこと、とても大事にしていただいた様子が 副島様にお会いしてわかりました。

 みーこは本当に強運の持ち主です。富岡の駅前でもみんなに可愛いがられタクシーの運転手さん も横断歩道を渡る みーこを待っていてくれました。二本松で早速、散歩しました。ここは山なので気にいってくれると思います。本当にありがとうございました。

今日は余震がひどかったでしたが、副島様は大丈夫でしたか。又みーこの近況を送ります。 おやすみなさい。


----- Original Message -----
From: "副島隆彦" GZE03120@nifty.ne.jp
To: ****************
Sent: Wednesday, April 13, 2011 6:20 AM
Subject: Re: みーこ

渡辺さま ご一家 と
猫の みーこ へ

副島隆彦から

メールをありがとうございます。
みーこ が 元気で、よかったです。 私とずっと毎日、寝ていました。
この子は、甘えん坊で、大事に育てられていますから、ものおじしないし、他の猫も恐れません。賢いネコです。外の散歩も堂々としていました。みんなに可愛がれてきたのでしょう。私もみーこが、大好きです。 必ず近い将来、会いに行きます。

自動車と新幹線の中では、不安で、鳴いていました。移動が多かったから
疲れているでしょう。 でも、元気な猫ですから、すぐに元に戻るでしょう。

私は、昨日も、あのあと福島第一原発 の正面玄関まで弟子たちと3人で行ってきました。 原発から20キロ地点の常盤(ときわ)地区に居た警察も私たちが、あまりに堂々としているものですから、上の指示をもらって、通してくれました。  

他の住民の皆さんも、警察に、泣きじゃくって、ワーワー言って、「自分の家に帰って、荷物を取ってくるだけだ。どうして、自分の家に帰ることさえ出来ないの、と騒げばいいのです。そうすれば、通してくれます。皆、警察だとすぐに、脅えて、丸め込まれるのです。 必死の自分の為に、戦えない、根性無しが多いです。 渡辺様は、海のそばですから、家が全壊していますから、もう帰っても仕方が無いですね。本当に大変なご不幸に遭いました。

計ったら放射線の線量は、さらにどんどん落ちています。 自分で計ってきました。写真やヴィデオも撮りました。みんな、放射能を、もうそんなに 恐れる必要はないのです。 そのことを、まわりの避難者、被災者の皆さんに、徹底的にお伝えください。 

 地震は、余震がこのあともしばらく続くそうですね。私は地震のことは、予測できません。 しかし、放射能と、原発の事故が、私はもう終息しつつあるのだと、自信を持って断言します。

それなのに 今の日本の指導者たちはだらしない。私は、指導者たちに大きく失望しています。指導力がないものだから、福島県知事もだらしないし、首相以下の政治家 たちも だらしない。 

 彼らが、もっと体を張って、「もう大丈夫。さあ、日本は、復興するぞ」
と、言って、現地に入って、原発の前から、日本国民に、言わなければ、駄目です。

私、副島隆彦が、そういう役割を果たす時代が来たのかな、とも思います。

 私がテレビに出て、「原発事故と 放射能は、もう治まりました。さあ、日本国民は、元気を出して力を合わせて、復興しましょう」 と言おうと思います。

可愛い みーこ (私にとっては、タマです) に必ず 会いに行きますから、その時はよろしく。 お元気でお暮らしください。

副島隆彦拝


(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。以上が、郡山駅の改札口での ニャンコの返還式でした。

私には、地震のことは、分からない。大きいのがまた日本を襲うかもしれない。それでも、日本の建築物の多くは大地震にも耐えられる。 これからもしばらく余震(aftershock アフターショック)が、続くらしい。

昨日も、私たちは、原発から5キロ、10キロ、20キロのあたりをウロウロしていましたが、 震度5ぐらいのが、朝から3回あって、ひとつの震源地は、原発のある 浜通りいわき市あたり)で、私たちがいたすぐそばだったようですが、私たちは、ちっともなんともありません。

地元の人たちは、平然と生きています。 戦場の村のようなもので、村人は、すべての現実を現実として受け容れて、淡々と生きています。

多くの人が、避難所や、親戚の家から、くたびれはてて、「もういい。自分の家に住む。何があっても住む」と決意して帰ってきている。もうどこにも行くところはないのだ。自分の家で暮らすのか、一番いいのだ。たとえな何があってもだ。 私は、彼らの同志である。

 私は、20キロ圏のすぐ外の、この南相馬市(みなみそうまし)に 私たちの活動拠点となる家をを見つけようと思う。原発5キロの双葉町(ふたばまち)も、大熊町(おおくままち)も、富岡町(とみおかまち)も、私が、今度行ったら、もう、この 警察の機動隊(昨日は、警視庁の”オニの四機” 第四機動隊だった。4月3日からここにいる、と答えてくれた。)にでも何時間でも、「何で、入れないのだ。国民の為の調査活動だ、言論の自由だ、報道の自由だ(憲法21条)」と、ワーワー喚(わめ)く、私でさえ、入れなくするかもしれない。 

 みんな、何をそんなに、脅えて、恐れているのですか。私が、すぐに、昨日の原発の周辺調査のヴィデオ映像と、私の話 を今日のぼやきに、載せます(同行したアルル君が、そのように判断しました。彼が、編集長だから、彼の判断に、私でも従うのです)。

私、副島隆彦は、「日本政府は、急いで、原発事故の終了宣言と、安全宣言を、国民に出しなさい。そして、急いで、ゼネコンと土木業者を、東北3県に、数十万人、一挙に投入して、瓦礫の片付けと、国民皆で、復興を始めましょう。」 と、言う。

菅直人総理よ、昨日の、あんな悲痛そうな、深刻そうな演説なんかしているな。飯舘村のものすごく立派な(なんでだ?東電のカネか? 向こうの、あの中学校の立派さは、一体なんだ?) でテレビに映っていた。

なんなら、私が、代わってやろうか。 私、副島隆彦が、日本国の指導者になって、日本国民に、勇気と自信を与えてみせる。 こんな、判断力と、決断力と指導力の無い者たちに、任せていたら、日本は、危機の乗じて、外国勢力に乗っ取られてしまう。この問題は、本気で、そのうち書きます。

 このような日本国と日本民族の大きな危機を乗り切る為に、私のような人間を日本国は、準備したのだろう。 私ならやるぞ。

 福島第一原発の まん前 から、首相や、県知事が、「もう大丈夫。安心して、皆さん、自分の家(津波で壊れた人たちは可哀想だが) に、戻りなさい。国民、県民が、団結して、日本の復興を急いで始めましょう」と、言わなければ、駄目なんだ。どうして、そうしないのだ。 国民を、不安がらせることばっかりやっていたら、外国勢力の思う壺ではないか。どうして、お前たちは、そんなに臆病者なのだ。 それでは、若い国民を守れないぞ。

 私たちは、原発周辺の町を視察して回ったあと、今、話題の飯舘村(いいたてむら)に行った。 「計画的な避難計画で、1カ月以内に移住(どこへ?分からない)」の政府発表(11日)のことで、ゾッとして深刻そうに話し合っている住民たちと、話した。 

 だから、副島隆彦は、現地で何でも知っている。 「飼っている60頭の牛を置いてゆくことは出来ない。それでも、子供たちの健康が心配だ。ヨウ素はすぐに消えるが、セシウム137 は、半減期が30年だ」と、皆、自分の人生に降りかかったら、凶事だから、よく知っていた。

 副島隆彦は、だが、言う。大丈夫。国際放射線防護委員会が、「20ミリから100ミリシーベルト年間総量 までは、(一年間住んでも)健康に影響はない」としている。そのうちの20ミリシーベルト年間総量(20mSv/y) に、日本政府は、こそこそと、数日前に、規制基準を変えた。

 それを、さっさと 100ミリシーベルト年間総量 に変えればいいのだ。それだけのことだ。 この飯舘村でさえ、今は、放射能の線量は、たったの 7マイクロシーベルト毎時(7μSv/h ) だ。 私は、自分で実際に、昨日、計ったから知っている。福島県の原子力災害対策本部 の発表している数値と、一緒だ。

 これぐらいの超微量(ちょうびりょう、ちょびっと、ちょっと)の放射能ぐらい どうと言うことはない。子供にも大丈夫だ。一年間でも、積算で、10マイクロシーベルト毎時を、24時間 かける 365日 とすると、 87.6ミリシーベルト年間総量( 87.6mSv/y)だ。 さっき書いたとおり、国際放射線防護委員会(ICRS)の 安全数値の上限の、100ミリシーベルト年間総量 よりも下だから、大丈夫、健康に生きてゆけます。

こら、武田邦彦(たけだくにひこ)。あなたは、大変優れた、長年の気合の入った、反原発の学者なのだ。それが、あなたの仲間である国際放射線防護委員会(ICRS)が、100ミリシーベルト年間総量なら、健康に問題ない、大丈夫(とまでは言わないのか?) と言っているのに、あなたが、「1ミリシーベルト年間総量以上は、危険、危険。長年、この基準を私たちたちは守ってきた」と、 頑張るものだから、日本国民が、困るのだ。

福島の現地の 避難民(避難者)たちが、地獄の苦しみを味わっているのだぞ。

小出裕章(こいでひろあき)京大原子炉研で、長年、「原発は危ない」と正しく主張してきて、ずっと冷や飯を喰って、 助教(じょきょう)(専任講師より 以下の国立大学教官)にしか、なれなくて、怒りが積もっているのもだから、今中哲二(いまなかてつじ、この人も、「助教」)ら、(大阪府の南部にある)熊取(くまとり)町の ”反原発六人衆(はんげんぱつろくにんしゅう)”呼ばれているそうだが、あなたたちが、あんまり厳しい、基準を言い続けて、「危ない、危ない、ストロンチウムが出た。再臨界だ。プルトニウム(超ウラン)も出た。水蒸気爆発の可能性あり」と、言って、日本国民を、「慎重であるべき学者の態度」で、脅(おど)すものだから 、だから、こういう悲惨な状況が続くのだ。

広瀬隆とも、私は、きちんと話したい。

あんまり、危ない、危ない、ばかり言うな。日本人を、原発危ない病で殺す気ですか。 

 私は、40年前から、全国各地で、まじめに反原発の反対運動をやっていた、篤実な、冷や飯食いの、主に、地方国立大学の物理学者たちで、全く出世しなかった(助教授、教授になれなかった。かわいそうだ。一番、偉い人たちだ)人たちを、たくさん知っているぞ。私は、40年前の 17歳の時から、全国の反原発の集会に、ずっと出てきた人間だ。 私、副島隆彦を甘く見ると、すべての真実を、明らかにする。 京大の原子炉研にずっといて、それなりに、あなたたちいい思いをしたではないか。 私は、何でも知っているぞ。 今こそ、私、副島隆彦が出て行って、あなたたちを説得する。

日本国民を、あんまり、脅(おび)えさせるな。これ以上、かわいそうな福島県人を、いじめるな。

原発推進派の 犯罪性のある、東電から、たくさんのお金を貰ってきた、現力委員会、安全委員会の委員もずっとやった、 東大教授以下の、いい思いを、長年してきた 馬鹿( 小宮山ひろし 以下、200人ぐらい)は、今、地獄の苦しみを味わっている。針のむしろだ。だから、おびえまくっている。 それで、「厳しい基準を維持して、このあと、5年後に癌が発生したときの政府の責任を、自分たちの責任を逃れよう」という、浅ましい根性で、この者たちの腐った根性は、治らない。 やはり、この者たちと、愚劣な原発官僚たちは、アメリカの手先の財務・法務官僚たちと並べて、縛(しば)り首にすべきか。

 今の、菅首相の横の、保安院の御用学者たちは、自分たちの責任の重さで、おびえまくっているので、 さっさと、ICRPの 最低限の安全基準(規制値)である、 20ミリシーベルト年間総量 (に、勝手に、数日前に、基準値を、こそこそと、泥縄で、変えた。それまでは、武田邦彦氏と同じ、1ミリシーベルト年間総量( 1mSv/year ) という、とんでもない、厳しい、信じられないぐらいの、超微量の基準値なのだ。

 だから、御用学者たちは、武田や、小出が、自分たちを刺し来るのが、恐いものだから、「今後は、20ミリシーベルト年簡総量 以上は、危ない、危ない」として、それで、30ミリシーベルトになっている、飯舘村や、浪江、区川内村、川俣町の一部、の人たちの、恐慌状態の悲劇を、今、生んでいるのだ。 

 このことを、これから何度でも、私は書いて、話して、皆さんを、そして国民を私は、説得する。  私たちは、「風の谷のナウシカ」なのです。超微量(ちっぽけ)な放射能の中で、健康に生きてゆける、世界に冠たる、強い国民なのだ。私たちは、強くなるのだ。  2000ベクレル(野菜一キロ中)ぐらいのヨウ素、セシウム、ストロンチウム など恐くはない。

副島隆彦は、このことで、すぐに、もっと皆さんを説得するように、書きます。待っていなさい。 皆さんを、説得しつくすまで話します。 

 私でも、原発事故が、勃発した3月12日から16日までは、本当に日本に高濃度の放射線が拡散して、東京の空が覆われる、と本気で心配した。しかし、私は、国民決死隊を組織するべく、司令官(コマンダー)となるべき人間であるから、自ら、3月19日に、原発の前にまで言って、放射線量を測った。

 そしたら、なんと、たったの 15マイクロシーベルト毎時(15μSv/h、超微量 )しかないことを現場で確認した。私は、拍子抜けした。私は、せめて 100ミリシーベルト毎時 ぐらいはあるのではないか、それなら、東京も放射能の雨で壊滅だな、と、ひどく恐れていた。ところが、たったの15マイクロシーベルト毎時だったのだ。 だから、私は、歓声を上げた。日本は救われた。日本人は、救われた。地獄の釜から逃れた、と、分かったのだ。

 だから、私は、原発から8キロの地点から、「日本は大丈夫だ。原発事故とはたいしたことはない。日本国民は地獄の淵(ふち)から救われた」と、第一報した。 そして、すぐに、「ははあ。アメリカの最高指導者層は、17日には、ブラックホーク無人偵察機を事故の現場の一号機と3号機の真上に飛ばして、真実をいち早く、知ったな」と 推断して、そのように書いた。 だから、18日から、株が上がりだした。

17日の夜に、G7で 協調介入してドルの暴落(1ドル76円にまで急落した)を防いだ。 そういうことなのです。 私が、ずっとそう書いてきたでしょう。

ですから、3月17日から、放射能の線量も、福島県全域、として、日本全国で、どんどん減り続けているのです。 そうでしょう。 だから、本当に危なかったのは、3月11日から15日までだ。あのときに、4つの原発すべてで、予定通り、水素爆発があったのです。

 すべては、GE(ジーイー)製の緊急の冷却装置が、地震で壊れたからだ。やっぱり、GEに全責任がある。私、副島隆彦が、このことを言い続けると、アメリカ政府とGEと、その日本の手先の原発推進人間たちが、脅える。私は、この態度をずっと貫く。

 だから、3月17日からは、あとは、もう大丈夫だったのです。だから、もう安心しなさいって。 これだけ、副島隆彦が言っても、会員の一部の皆さんは、不安ですか。いいでしょう。不安がって、遠くから、知ったかぶりの、他の日本のアホ知識人層並みの、不付和雷同と、一喜一憂を、あと、数ヶ月、数年、やっていなさい。

 私たち本物の学問道場会員と、日本最強の思想戦闘集団は、そういう、脅(おび)えまくった、弱虫の態度は、取らない。 私たちは、戦って、戦って、戦い抜くのです。

我々、学問道場が、日本で一番、思想的にも知識の面でも、一番強い集団に急いで成長しなければいけない。
 
 以下の 西村肇(にしむらはじめ)先生や、下條(げじょう)君(公立の大学の物理学の教授)たちの、「原発事故で、放出された放射線量の全量」の論文を、何度でもしっかり読みなさい。

 私たち日本国民は、大丈夫です。復活してゆけます。ただし、どうも、この日本の国難に乗じて、外国勢力が、日本を実質占領して、直接支配に置こうとする動きがある。

 日本の国家戦略家であり、 最強の思想戦闘要員(ポリティカル・ソート・ファイター、あるいはウオリア )である、副島隆彦が、この分野(フィールド)の専門家であるから、私が、全能を使ってこの危機を乗り切ります。 

 保安院と、日本政府が、馬鹿だから、「チェルノブイリ事故の10分の1の放射線量が放出された。事故レベルは、チェルノブイリと同じ7 」などと、嘘ばかり言って、不安を煽るから、こういうことになって、日本国民が 青ざめて、脅えるのだ。

 今度の福島原発事故は、「事故レベルは、5 悪くても 6弱(マイナス)」とすべきなのだ。西村肇東大名誉教授が、算定したお降り、「チェルノブイリの10万分の1、100日でも、1000分の1」なのである。 みんな、安心しなさい。まず、学問道場の会員たちが、安心しなければ、それ以外の あまり知的でない 日本国民を安心させることができない。 

 みんな、もっと安心しなさい。そして、腹を決めて、もっと強くなりなさい。私たち日本人は、襲い掛かってくる大天災 と 大人災 の両方に 負けない。 

日本国、万歳。日本国民の団結、万歳。

副島隆彦拝






※以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます。
■記事No ■削除番号