ログイン

ようこそguestさま
ログインする

今日:6680 昨日:12492
合計:68871969
 
重たい掲示板


(※旧名:気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板)
[会員(新規・ご継続)のお申し込み] [本のコーナー] [ビデオのコーナー]

[ホームにもどる] [携帯用(工事中)] [過去ログ(工事中)]

[副島隆彦宛メール] [副島文献目録] [84-90] [91-95] [96-00] [01-05]

[旧掲示板]

[投稿する前に]
■■■投稿規定■■■
・この掲示板に投稿するためには、下記のすべての条件を満たし、遵守する必要がある。
【前提条件】
・副島隆彦の本を5冊以上、読んでいる。
【当掲示板への初回投稿時の条件】
・簡単な自己紹介をして、自分の関心あることを限定してみんなに提起する(但し実名投稿である必要はない)。
【副島隆彦に議論を挑みたい場合の条件】
・礼儀正しく、自分の立場や政治思想(思考)を明らかにしてからする。

【投稿後の条件】
・自己が投稿した文章に関して、一切の権利を主張しない(著作権に関しては、市場で利益を生まない文章には始めから発生しません)。




※ログイン後に投稿フォームが表示されます。





[2434]香港デモの裏にアメリカがあり
投稿者:古村治彦(ふるむらはるひこ)
投稿日:2019-08-09 18:18:32

 SNSI・副島隆彦の学問道場研究員の古村治彦(ふるむらはるひこ)です。今日は2019年8月9日です。

 2019年7月末、副島隆彦先生の中国調査旅行にお供しました。いろいろと勉強になることが多く、機会を与えていただいて感謝します。しかし、現地で、少し張り切り過ぎたので、帰ってから体調を崩し、入院しました。本日、無事に退院いたしました。

 入院中、最近入手しました、スマートフォンでニュースをチェックしておりましたら、『人民日報』のツイッターアカウントが、2019年8月8日付で、以下の情報を提供していました。情報の内容は以下の通りです。香港デモの裏にアメリカがいる、ということです。



「『香港版オキュパイ(選挙)抵抗運動』の指導者ジョシュア・ワンが在香港アメリカ総領事館のあるスタッフと会談を持っていたことを認めた。抵抗運動の指導者たちと米国総領事館政治部門責任者が写っている写真が出回り始めてから、ジョシュア・ワンは会談の事実を認めた。香港デモの裏にアメリカがいる、ということである。その証拠が出た、ということだ。

『大公報(Ta Kung Pao)』紙の報道によると、ワンは、会談では、アメリカがいかにして抵抗運動側を援助し、地元警察の力を弱めることが出来るかについて話された、と述べた」

 在香港アメリカ総領事政治部門責任者の名前は、ジュリー・イーデゥ(Julie Eadeh)です。少し調べてみましたが、インターネット上にこの人物に関する情報はありませんでした。

 アメリカは、古くは、日本の60年安保闘争の時の、全学連の学生たちを、裏から、アメリカが操(あやつ)ったこと。最近では、2011年に起きた(起こされた)「アラブの春」の若者たちを、アメリカ政府が、裏で操り、騒動を起こさせてた。特にアラブの春 については、私は、拙著『アメリカ政治の秘密』(PHP研究所、2012年)に詳しく書いたので、お読みください。

 香港は米中対決の最前線となっており、学生のデモをめぐり、様々な政治謀略が行われています。中国憎しで凝り固まった、ネオコン・人道的介入主義派が、 米国務省の出先を使って、地元の若者を利用し中国を攻撃している。 多くの若者は、この構図に気づかず、やがて気づいたら、暴力行為や破壊行為で逮捕され、犯罪者扱いとなってしまう。そして、後に戻れないというところまで行ってしまう、ということです。

 香港のデモについて、日本でも報道されますが、これらの真実を知ってしまうと、また全く違った姿が見えてきます。

 古村治彦拝

(以上)



[2433]丸山穂高議員のN国党入党について
投稿者:田中進二郎
投稿日:2019-08-03 07:26:39


(↓の一柳洋氏の投稿文より引用開始)

選挙中、本掲示板でN国の街頭演説に副島さんが応援に立ったらなどとの記事もあったが、当選後の立花代表の行動を見ると、応援に立たたなくて本当に良かった。立っていれば信用を失うところでした。
 N国、立花氏は維新と同レベルか、それより酷いか?。ネトウヨ体質で、クズ議員拾いまくりのハチャメチャ状態。官邸が泳がせているのは、安倍との親和性が高いからなのでしょうか。

(引用終わり)
 
田中進二郎です。一柳氏はこのように、N国党の立花孝志氏が元・維新の会の丸山穂高(まるやま ほだか)衆院議員をN国党に入党させたことを、非難しています。が、立花孝志氏のこの「毒を以て毒を制す」戦略の意味を、おおかたのリベラル派、左翼は理解できないでしょう。

丸山穂高議員は今後、橋下徹(はしもと とおる)氏をはじめとする維新の会や、それとケンカしているように見せかけて本当はつるんでいる辻元清美(つじもと きよみ)議員たちに対する攻撃の急先鋒(きゅうせんぽう)になるでしょう。

7月21日の参議院選挙後、N国党の立花孝志党首は電撃的に、丸山議員と、元・「みんなの党」の渡辺喜美氏と会見。丸山議員はN国党に入党。渡辺喜美氏は入党はしませんでしたが、一つの会派となることを表明。会派名は「みんなの党」となった。N国党支持者たちは、『NHKを見んな!の党』になった、と面白がっています。

丸山議員のN国党入りについて、「立花はおかしい、維新以上の右翼だ」と思われる方は、↓の副島隆彦先生の文章(重たい掲示板 2413 6/25日付)をもう一度読み直された方がいいでしょう。

(以下引用します)

副島隆彦です。 私が、最近で、気になったのは、この事件だ。

(転載貼り付け始め)

〇「維新、丸山衆院議員を除名へ=北方領土「戦争奪還」発言」

2019年5月14日 時事通信



 日本維新の会の松井一郎(まついいちろう)代表(大阪市長)は、5月14日、ロシアに実効支配されている北方領土の「戦争による奪還」に言及した丸山穂高衆院議員(35)=大阪19区=を除名する意向を表明した。維新はこの後、国会内で臨時役員会を開き、丸山氏の処分を党紀委員会に諮る方針を決めた。党内外から丸山氏に議員辞職を求める声が上がった。

 松井氏は市役所で記者団の取材に応じ、丸山氏の発言について「国会議員として一線を越えた発言で、元島民、国民に不快な思いをさせた」と述べ、陳謝した。今後の対応に関し「一番厳しい処分になる。除名だ」と明言し、「議員辞職すべきだ」とも語った。

 丸山氏は経済産業省出身で当選3回。10日から北方領土の「ビザなし交流事業」に参加し、訪問先の国後島で元島民に対し「戦争で島を取り戻すことには賛成か」「戦争しないとどうしようもなくないですか」などと発言した。酒に酔っていたという。丸山氏は臨時役員会に先立ち離党届を提出した。

(貼り付けおわり)

 あとに載せる記事の、丸山穂高(まるやまほだか、35歳)という 日本維新の会を 除名された、「(これから)戦争(をして)で 島を(ロシアから)取り戻すことに(あなたは)賛成ですか」 「(ロシアと)戦争をしないと(日本は)どうしようもなくはないですか」 

 と、この5月11日に、“ 北方領土 (ロシアは、このコトバを認めない)”のひとつの国後島(くなしりとう)で、言ったことで騒ぎになった、あの若い議員のことだ。

 後ろに新聞記事を載せる。 私は、この丸山穂高、という 若い議員の 発言は、大きくは、「ロシアと日本を、絶対に、仲良くさせない。ヒビを入れることをせよ」というアメリカの国家情報部(CIA)と、その手先として動いている者たちが、計画して、ニューズ・メディアに載せたものだ、と思う。

 この丸山発言を、国会で、国会議員たちが、「国会議員としての一線を越した発言として」議員辞職勧告決議(野党) か、譴責(けんせき)決議( 自民党) にしようとした。そして、最後は、なんと、糾弾(きゅうだん)決議という、これまで、聞いたこともない、左翼的な(笑い)コトバで、おしまいにした(6月6日 決議)。  私は、ここで、ふっと、考えた。まだ、この程度の国なのだな、と。

 国会議員たちは、一様に、当惑した。安倍晋三首相も当惑した。野党のリベラル派の人たちも、困惑した。 所属する 日本維新の会の何の役職なのか知らない、創業者、党首(代表)だったの男、すなわち、 偽善者の 橋下徹(はしもととおる)が、即座に、「維新から、除名すべきだ」と 決断して公言した。

 私は、これは、おかしい、と、強く思った。 日本維新の会だから、この丸山発言ぐらいは、平気でしているし、みんな、このように、「ロシアとは、また、戦争をして、今度こそ、勝って、それで本邦領土を取り戻す、ということも考えるべきだ」ぐらいのことを、当然の主張として、政治言論としても、言うべきなのだ。 

 日本の、反共(はんきょう)保守の男たちだったら(女でも、生来、右翼っぽいのがいるから同じ)、これぐらいのことは、日常で、たまに、ぽつりとつぶやいたり、酒の席で、言い合っていることだ。 自民党を支えている、右翼、保守のオヤジたちだったら、みんな、腹の中で、思っていることだ。

 ただし「日本が 戦争をしたって、今のロスケ(ロシア)には、勝てないよー。プーチンは、強そうだからなー」と、言い合うだろう。だから、現実味(げんじつみ)が無いから、だから、言ってはならない、タブー(禁忌)の発言だ、しかも、それを、議員が言ってはいけない、ということになるのか。

 この丸山穂高(まるやまほだか。経歴は、経産官僚上がりのエリートだ) という 若い 政治(家)生命は、これで断たれるのか。 私は、そんなことをするべきではない、と判断する。国会議員たちが、自分たちで、自分たちの首を絞めるようなことをしてはいけない。 

 丸山議員は、「私は、議員を辞職しない。私を除名した維新の会に対して、私は、おおいに不満がある」 と言う態度だ。 私は、この丸山議員の態度が、正しい、と 思う。自由に何でも発言させるべきだ。そして、大きな討論、議論の輪を作るべきなのだ。

「言論の自由」 「思想、表現の自由」 ( 憲法21条) を、日本人は、あまりにも粗末に扱っているのだ。 こういう 丸山議員の発言があったときにこそ、私たちは、真剣に、言論の自由、思想、表現の自由を考えるべきだ。

 だから、この問題は、ただ単に、言論の自由、思想・表現の自由の問題 なのではなくて、それを通り越して、国家体制そのもの に関わる問題なのだ。それをイミューニティ immunity 「国家の免疫(めんえき)」の 問題という。 

 この イミューニティ「国家の免疫」の重要性を、法学部出(で)で、弁護士上がりの国会議員たちなら、知っているだろうか。いや、どうも、彼らでもきちんとは知らないようだ。ヨーロッパ政治思想の伝来、接ぎ木 として存在するのだ、と知らない。だから、今の日本では、おそらく、最高の政治思想研究家である私が、教えるしかない。

 イミューン immune というのは、1。伝染病、ウイルスや有毒から、体を守る機能 
 2.外敵から攻撃を受けることのない防壁、防御策 のことだ。 イミューニティ(防疫、防御)とは、 ヨーロッパの中世の都市国家で、共和政(リパブリーク)である自分たちの国の、指導者、トップの3人(オリガーキー oligarchy 寡頭 という)を、絶対に守る、防御する、という制度思想として生まれた考えだ。 自分たちの指導者を、何が何でも、内憂外患(ないゆうがいかん)から守らなければいけない。 

 自分たちが信頼する 都市国家の指導者たちは、外敵からの攻撃を受けやすい。かつ、内部にも政敵を抱えている。だいたい、「カネと女」のスキャンダル、醜聞 の攻撃である。

だから、自分たちの共和国の指導者に対して、仕掛けられるであろう 攻撃に対して、予(あらかじ)め、始めから、奇妙な攻撃に遭いそうになったときのために、このトップの3人に対しては、「議員の不逮捕特権(ふたいほとっけん)」(日本国憲法では50条) と、「政治家の発言の 無答責(むとうせき)、発言の無責任。絶対に罪に問われない。自由に発言できる」(51条)を定めている。  

 議員は、 国会の中であろうと、自分の演説会であろうと、自由に、自分の政治思想と政策を語ることが出来る。 そして、そのことで、警察や 司法職員によって、逮捕されたり、辱めを受けることはない。 この制度思想が、イミューニティ immunity である。国家の免疫、防御の 思想だ。

 今回の丸山議員の発言は、まず、言論の自由であり、かつ、さらに国会議員として、この「議員の無答責=むとうせき=、発言の責任を問われない 」仕組み、で守られている。この条文そのものだ。  このイミューニティ「国家の免疫」が、日本国憲法に入っていることを、日本人は、甘く、軽く見ている。 警察や 検察庁(行政官)ども が、国会議員を逮捕する、などということが、気軽に出来る国であっては、いけないのだ。

 国会議員の資格を剥奪できるのは、次の選挙で、その議員を、落選させることの出来る国民だけだ。ちょっとぐらいの不品行や、限度を超えた発言であろうと、国民の審判に寄らなければいけないのだ。 

 この イミューニティ「免疫(めんえき)」の条文が、日本国憲法にしっかり、入っていることの重大性を、私たち日本国民は、もっと、真剣に考えなければいけない。 

だから、今、孤立無援になっている 丸山穂高議員を、私は、応援する。そういう国民は、密かに、たくさんいる。本当に頭のいい人間なら、私と同じように考える。あるいは、違和感を覚える。それは、 決して、反共(はんきょう)右翼の、おかしな安倍晋三支持派の、連中だけでなく、本当の本物のリベラル派の人間だったら、「この議員に、もっと、自由に 発言させればいい」と 考えるはずだ。

日本政府のロシア政府との交渉に、この丸山発言は、差し障(さわ)るから、いけない、などど、何を、知ったかぶりのことを言うか。そういう愚か者が、実にたくさんいる。頭が悪いのだ。頭が悪い人間を、のさばらせたらいけない。  

 丸山は、偽善者で、鉄面皮(てつめんぴ)で、二重人格で、生来のウソつき人間である 橋下徹 に 刃向かって、もっと、もっと、こいつに、挑み掛かってゆくべきだ。 「あなたは、私と同じ感じ方をして、同じ考えを持っている人間のはずだ。正直に、言って下さい 」と、 掴(つか)み掛かって行けばいい。それを、見ている、私たち国民にとって、本当に、いい勉強になる。

そういうことを許すと、日本がさらに右傾化して、戦争国家になって行く、などと、馬鹿な考えをするな。その、自分の足りない知恵、おつむ、知能 で。

 この4月に、私が、佐藤優(さとうまさる)と出した対談本「激変する世界を先読みする」(日本文芸社刊)の中で。私は、佐藤優を庇(かば)った。だから、

 「 (歯舞、色丹の)2島 さえ返って来ない、事態になったのは、アメリカのCIAの手先だった、末次一郎(すえつぐいちろう)という、裏のある 男が、表面だけは、沖縄返還の時も、好々爺(こうこうや)の、実に、温厚そうな振る舞いをして、蠢(うごめ)いた。この謀略人間の、末次一郎が、今の、
「旧島民の会」 という、善良さの頂点を突いた、奇妙な組織を作っている。丸山は、この組織の中にいる、本物の 謀略人間に、計画的に、刺されたのだ。

(引用終わり)
田中進二郎拝



[2432]国民防衛隊の具体化を
投稿者:一柳 洋
投稿日:2019-08-02 17:20:22

選挙中、本掲示板でN国の街頭演説に副島さんが応援に立ったらなどとの記事もあったが、当選後の立花代表の行動を見ると、応援に立たたなくて本当に良かった。立っていれば信用を失うところでした。
 N国、立花氏は維新と同レベルか、それより酷いか?。ネトウヨ体質で、クズ議員拾いまくりのハチャメチャ状態。官邸が泳がせているのは、安倍との親和性が高いからなのでしょうか。
 N国の動向よりも、断然、重要なのは副島さんが7月26にアップした 山本太郎が、次の首相になるとの記事。
 タイトル、日本は、変わる。世界基準(ワールド・ヴァリューズ)で動くの中で『今度こそ、2009年の鳩山由紀夫(はとやまゆきお)政権を、たった、8カ月で、謀略で、潰されたようなことは、私たちは、しない。今度こそ、「国民防衛隊」を作って、山本太郎政権を、守り抜こう』。
 これを、ぜひ具体化して下さい。
 鳩山首相が、アメリカと対米従属体制に無警戒で「辺野古基地を最低でも県外へ」と動いたことで、外務・防衛官僚が動いて政権を潰しました。同時に検察官僚とメディアが連携し小沢一郎を冤罪事件でしつこく攻撃しました。
 それに民主党内で呼応して、政権交代の意義を吹き飛ばしたのが、ジャパンハンドラーズに操られた管直人、と野田豚(副島さん命名)一派でした。
 此奴らの摘発は副島さんが国民運動の、秘密警察長官の役職に付いてビシバシやらないと、また足をすくわれることになります。
 それと、鳩山政権崩壊の二の舞を演じないためには、鳩山政権潰しと、小沢デッチあげ攻撃は何の意図で行われ、どの勢力が動いたのかを、秘密警察長官に付く前の副島さんが広く明らかにしてください。
 学問道場で初めても良いと思います。その上で、主権者による、れいわ政権をガードする「国民防衛隊」の必要性を展開して下さい。
 旧民主にいた国民や立民の連中は、なぜ鳩山政権が潰されたのか。をまったく検証していません。今議員で残っている連中は、後ろめたさと、今でもアメリカとグローバル資本の手下をやっているのが、かなりいるので検証など出来るわけはなく、メディアも同様です。
 れいわ新選組が本当に政権交代できる勢力になれば、鳩山政権同様の物凄い攻撃も始まると思います。それに対抗し、何より数千万の野党支持主権者が騙されない為に、国民防衛隊活動を具体化したいものです。



[2431]国民防衛隊の具体化を
投稿者:一柳 洋
投稿日:2019-08-02 17:20:18

選挙中、本掲示板でN国の街頭演説に副島さんが応援に立ったらなどとの記事もあったが、当選後の立花代表の行動を見ると、応援に立たたなくて本当に良かった。立っていれば信用を失うところでした。
 N国、立花氏は維新と同レベルか、それより酷いか?。ネトウヨ体質で、クズ議員拾いまくりのハチャメチャ状態。官邸が泳がせているのは、安倍との親和性が高いからなのでしょうか。
 N国の動向よりも、断然、重要なのは副島さんが7月26にアップした 山本太郎が、次の首相になるとの記事。
 タイトル、日本は、変わる。世界基準(ワールド・ヴァリューズ)で動くの中で『今度こそ、2009年の鳩山由紀夫(はとやまゆきお)政権を、たった、8カ月で、謀略で、潰されたようなことは、私たちは、しない。今度こそ、「国民防衛隊」を作って、山本太郎政権を、守り抜こう』。
 これを、ぜひ具体化して下さい。
 鳩山首相が、アメリカと対米従属体制に無警戒で「辺野古基地を最低でも県外へ」と動いたことで、外務・防衛官僚が動いて政権を潰しました。同時に検察官僚とメディアが連携し小沢一郎を冤罪事件でしつこく攻撃しました。
 それに民主党内で呼応して、政権交代の意義を吹き飛ばしたのが、ジャパンハンドラーズに操られた管直人、と野田豚(副島さん命名)一派でした。
 此奴らの摘発は副島さんが国民運動の、秘密警察長官の役職に付いてビシバシやらないと、また足をすくわれることになります。
 それと、鳩山政権崩壊の二の舞を演じないためには、鳩山政権潰しと、小沢デッチあげ攻撃は何の意図で行われ、どの勢力が動いたのかを、秘密警察長官に付く前の副島さんが広く明らかにしてください。
 学問道場で初めても良いと思います。その上で、主権者による、れいわ政権をガードする「国民防衛隊」の必要性を展開して下さい。
 旧民主にいた国民や立民の連中は、なぜ鳩山政権が潰されたのか。をまったく検証していません。今議員で残っている連中は、後ろめたさと、今でもアメリカとグローバル資本の手下をやっているのが、かなりいるので検証など出来るわけはなく、メディアも同様です。
 れいわ新選組が本当に政権交代できる勢力になれば、鳩山政権同様の物凄い攻撃も始まると思います。それに対抗し、何より数千万の野党支持主権者が騙されない為に、国民防衛隊活動を具体化したいものです。



[2430]れいわ 大西さん
投稿者:Steve
投稿日:2019-07-29 04:08:45

会員のSteveです。
副島先生の投稿にありました、れいわ新選組。
懐刀の1人の大西さんの経済政策です。
是非御一読ください。
最近感じていたストレスというか疑問が晴れたというか。
https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/12166

併せて山本太郎さんの痛快な喋り。
ややこしい人とは大阪弁です。
標準語とはニュアンスが違いますし、関西のsarcasmなので良い時も悪い時も使います。
そして副島先生のような人に使います。
もちろん、今回は良い意味です。
聴衆の盛り上がりがあったでしょう?
小室先生追悼集会の時の副島先生と宮台さんのバトルの盛り上がりのようでしょう?

https://twitter.com/mmt20191/status/1155426838455279617?s=21

以上



[2429]山本太郎 が、次の首相になる。日本は、変わる。世界基準(ワールド・ヴァリューズ)で動く。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2019-07-26 13:30:37

副島隆彦です。今日は、2019年7月26日(金)です。

 私は、今から、香港、深圳(しんせん)に、行ってきます。現地の様子を
目視して、帰って来たら報告します。 

私は、さっき、分かった。山本太郎が、次の日本の首相になる。このことは、もう決まりだ。

安倍晋三たち、愚劣な 自民党の右派(暴力団 そのもの。それと、特殊な宗教団体)は、政権から、追い落とされる。 それは、次の衆議院選挙( 総選挙、という。英語で、ジェネラル・エレクション) の時だ。

 日本共産党の 志位和夫委員長以下、山本太郎で、いい、と言い出した。
私が、聞いたところでは、千葉県流山市の 看護学校の 看護師たちが、「山本太郎を応援する」と言い出していた。 ここは、共産党の牙城で、医師上がりの全国の 共産党の 議員たちの 結集軸だ。

 重度身体障害者2人、を大事にして、国会議員に下、山本太郎を、涙を流しながら、応援している。 共産党は、もう、山本太郎で、行くと決めたようだ。

 そして、創価学会が、大きく、崩れつつある。会員の反乱が、起きている。
特に、創価学会の 婦人部が、堅い決意で、 「 平和(憲法を守れ) と福祉の 思想の、 池田会長の教えに、戻ろう」 と、もう、ずっと、闘っていた。

 私たちの 学問道場の 定例会(自力での講演会)に、創価学会の婦人部の人たちが、来ていて、私たちから、たくさんのことを、学んでいた。私は、このことに知っていた。

山口那津男たち、東大出の、公明党の幹部たちは、創価学会の「執行部」言いなりだ。 今の原田(はらだ)会長の、体制は、壊れる。 あの、沖縄創価学会の壮年部の野原ヨシマサ氏が、「創価大学の 池田先生、直系の人たち、どうしたんですか。本当の
学会員の人たち、どうしたんですか。立ち上がりましょう」 と、選挙演説で、重低音で絶叫したときに、 創価学会は、見事に、崩れ落ちた。

 学会婦人部の、あの、勇敢な女性の 「公明党 ! お前たちを、潰さないでおくものか」 という絶叫が、効いた。 学会員たちは、今、大きな、胎動(たいどう)のさ中にいる。

 全国の全ての小選挙区 に、 2万票 の 学会票がある。この票がないと、自民党の 弱小の衆議院議員たちは受からない。 公明党は、自民党 との連立与党から、外れる。 ということは、今の自民党の衆議院議員の、半分が、次の選挙で、落ちる。

 山本太郎が、「消費税 を 5%に下げる」を野党統一の目標の 政策協定にする、と、テレビで、言って、「私は、衆議院議員に出て、首相を目指します」と、公言した。これで決まりだ。 

 国民民主党(玉木雄一郎) も、 立憲民主党(枝野 )も、こうなったら、山本太郎 に従うだろう。ここで、まだ、グズグズ言ったら、この者たちの政治生命が終わりになる。 みんなが怒り出す。

 玉木雄一郎は、小沢一郎が、密かに育てた、政治家のひとりだ。愚劣極まりない、野田豚 とか、自民党と裏で、密通している連中を、今こそ、たたき出さないといけない。

ウクライナに、ゼレンスキーだっけ、テレビ・コメディアン(お笑い)が、首相になった。
イタリアの 今は、政権与党 の 「5つ星運動」を作った、お笑い芸人の、 ペッペ・グリッロ が大事だ。 つい最近、下野した、ギリシアの ツィプラスも、元気な男だ。
何があっても、めげない。くじけない。

それと同じ、世界の潮流(トレンド)として、 山本太郎を、日本国民は育てた。この男なら、何があっても、挫(くじ)けないだろう。 小沢一郎が、公然と、この、総退却戦(そいたいきゃくせん)の、6年間、そのまえの、裏切り者の 管直人 や、愚劣な野田豚(ぶたやろう) の 時から、2010年からだから、もう9年になる。

さあ、日本国民の大反撃、大躍進が、始まった。 重度障害者を 正面に据えて、世界政治戦争に、打って出れば、日本は、一気に、世界中から、尊敬される国になる。今までのような、チンコロ、アメリカの下男(げなん)、小林よしのりが発明したコトバなら、「アメリカのポチ公」、「アメポチ」 を、ずっとやってきた。ここからの脱出が、一気に出来きる。

もう、今度こそ、2008年の 鳩山由紀夫(はとやまゆきお)政権を、たった、8カ月で、謀略で、潰されたようなことは、私たちは、しない。 もう、今度こそ、「国民防衛隊」を作って、山本太郎政権を、守り抜こう。

 私は、小沢一郎には、近寄ったことはないし、彼の後援会に、何度か呼ばれて、講演した
程度だ。その時に挨拶した程度だ。 だから、私が、裏で、小沢一郎と繋(つな)がっている、というこはない。小沢一郎は、情実で動く人ではない。人の好き嫌いで、動く人間ではない。いつも、冷静に、大きな所から、判断している。すべては、日本国民のために、である。ヘンな動きをして、私欲で、計略で動く人間を、小沢は、一瞬で、見抜く。

私は、小沢一郎とは、脳で、繋がっているから、何でも分かる。
 だから、私が、こうやって、小沢一郎が、山本太郎を手塩に掛けて、自分の後継者として
育てたのだ、と、今さら書いたからと言って、

「そうか、やっぱり、小沢戦略か。オザワは、本当に恐ろしい奴だ」 と、 今ごろ、気づき直す、バカがいても、それは、自分が、バカだからで、頭が悪い上に、性格が、元々、狡(ずる)いヤツなのだ。反省しろ。

 私は、ずっと、もう、この20年、 「小沢一郎が、日本の本当の首相。民族指導者だ。そのことは、自民党の奴らでも、知っている。この事実を、知りたくないのは、自民党内の、右翼、ゴロツキ体質の、気持ちの悪い連中と、そのお仲間の、自分のことしか考えない、従業員を大事にしない、強欲な経営者たちだ。

 小沢一郎が、田中角栄の 血を引いている、正統(レジティマシ-)の日本の、世俗(セキュラー)の国王だ。 小沢一郎が、今の、西郷隆盛であり、織田信長なのだ」と、ずっと書いて来た。 小沢一郎は、私が、このように書いて来たことを、知っていると思う。

「 アメリカが、日本の戦後では、鳩山一郎と、石橋湛山と、田名角栄と、小沢一郎 を 、自分たちの言うことを聞かないで、中国や、ロシアとも、話をしようとする、と、潰(つぶ)した」と、書いて来た。

 次の衆議院選挙は、安倍たちは、焦っていて、年末にやる予定を、ずらして、来年の春にするのではないか。 消費税を 10月に、10%に 上げれば、また、景気が落ち込む。
さらに、8%ぐらい国民消費が落ちる。 安倍たちは、なんとか、この、山本太郎の台頭(たいとう)、
下から吹き上げてくる大潮流を、押さえ込もうとして、必死になるだろう。だが、もう、勝てない。

 なぜなら、共産党(600万票) と 公明党(700万票)、と、全国の障害者と老人を大事する勢力(2千万人)が、もう、山本太郎に付いたからだ。

 今度の参議院選挙の 得票数は、5000万票だ。もっと正確に書くと、5012万票だった。 それで、投票率は低くて、参議院選挙と言うこともある。その中で、山本太郎のりえわ新撰組党 は、228万票(票の集計に不正、違法がなければ ) で、得票率 4.55%だ。 

 次の衆議院選挙は、投票率は、70%を越えるだろう。 
 総選挙は、国民の 5千万人 と、 5千万人 の 闘いだ。残りの2千万人は、子供たちだ。 がっぷり4つの闘いだ。上の、5千万票は、自民党と、特権、権益層 の 票だ。これが、急に落ちる、ということはない。これまでに、たっぷり、自民党政治で、うまい利得を得てきた層だ。そして、大組織にいて、その利権で、恩恵を受け、得をして来た層だ。

 若い人であっても、親や、親戚の、コネで、いいところに、就職できたような、人たちだ。若い頃からの、腐敗人間だ。 私は、九州から出てきて、何のコネもなく、必死で、自力で這い上がった。東京に出てきても、コネがないと、貧乏若者では、どうにもならならない、と あの頃、切実に思った

それに対して、「下の方」の5千万人が、健全な判断力をする、汚れていない日本人たちだ。利権のおこぼれを貰(もら)えない人たちだ。 この5千万人が、動く。そして、山本太郎を、 総理大臣に、押し上げる。 

 私は、山本太郎 が、首相になったら、秘密警察の長官 にして貰おうと、彼に頼みに行く。
いや、そんな、卑屈な事を、副島隆彦が、してはいけない。私は、満場の 国民集会の中で、満場の拍手で、全員が打ち鳴らす賛同の意思 によって、私は、国民運動の、秘密警察長官 の 役職に付く。 

 そして、必ず潜り込んで来る、おかしな奇妙な、奇っ怪な、人間たちを、摘発して回る、仕事をする。
おかしな人間は、私が、事前に、叩き出す。私の眼力で、すべてを見抜く。私の目の前に現れた、あらゆる種類の謀略人間(ぼうりゃくにんげん)を、見つけて、早めに、たたき出す。 そうやって、清新な国民運動を、私が、ずっと、遠くの方から、守る。

 秘密警察長官 にしか、私は、なりたくない。それは、名誉職であって、どんな義務も、拘束も、私には、掛けられない。 私は、自分の好きなように動く。 そのように、これまで、私は、ずっと書いて来た。何を、副島隆彦は、馬鹿なことを書いて。冗談だろう、と思っている人は、考えが甘い。 私は、本気だ。 私は、こうやって、日本国民に 奉仕する。知識人、言論人、思想家としての 最後の、自分のお勤めとする。 

 私は、上記のことを、すこしだけ、柔らかくして、一冊に本にして出版すると、今、決めた。 私が、こんな、「山本太郎 が、次の首相になる」という本を出したら、山本太郎の迷惑になる、と言う人も出てくるだろう。が、そんな、ことは、気にしない。誰が、何を言おうが、私は、ここは、押せ、押せ、押せ、で、この好機を逃さない。

 日本国の、本当の 世界水準への、押し上げ、 今の憲法典の前書き にも書いてある、「世界中から尊敬される国、名誉ある地位を占める国」なる。 そして、なによりも、若い人たちに、絶望ではない、今の中国の若者たちが、大きな成長を作っているのと同じ、若い人たちに大きな目標を与えられるようにする。

 こんなことを書いて、副島隆彦の、いつもの、激発性の 妄想(もうそう)だ、と、思う人は、思えばいい。副島隆彦は、自称ではあっても、国家戦略家(ナショナル・ストラテジスト)を名乗る、近(きん)未来の予言者なのだ。 どうせ、来年には、山本太郎の政権が出来る。  

 副島隆彦 記  



[2428]一柳 洋さんに同意。
投稿者:一会員
投稿日:2019-07-25 16:38:05


[2427]一柳 洋さんの連携相手はれいわ新選組でしょう に同意します。
副島さんは山本太郎さんの原発にたいする姿勢にあまり共感できないので積極的支持を出しづらいと推測しています。
人類が発展していくためには多少のリスクはとっていく、すなわち原発の研究も稼働もしてゆくべきという考えは頭のなかでわかってもなかなか自分の横の原発が制御不能になるという想定を考えるとなかなか一般人にはそうだという考えにはなりづらいでしょう。

消費税、山本太郎さんが言っているようにもちろん一部は社会保障に使われてはいるでしょうが、法人税減税や高所得者の所得税減税に使われています。
国税の税金滞納でもっとも多いのは消費税で6割以上しめています。
消費税預かったものを支払うだけと国税は言っていますが、企業は運転資金が足りない場合、資金に色はついていませんので使います。その結果納期のときに支払えない場合がでてきます。

法人税も黒字に対して一律23.2%地方法人税4.4%(れいわ1年9月30日まで。また資本金1億円以下の中小企業は黒字年800万円以下は15%、黒字年800万円以上は大企業と同じ税率になります)
これを山本太郎さんが言っているように法人税の税率も細かく累進課税にすればどんなに中小企業は助かるでしょう。

年収200万円以下が1000万人と格差が大きくなった日本でこれから消費税をどんどん増税していく経団連はどういうあたまをしているのか。
消費者がいるから購買力があっていろんな企業が成り立っているのに消費者を
どんどん貧しくして企業に未来はあるのですか。

いやいや大企業はこれから購買力が上がる新興国に投資して生き延びるんですという考えなんでしょうか。
あなた大企業が大きくなったのは日本という国があったからでしょう。
そこに生きる人のことを考えてはどうでしょう。

大量の外国人がこれから今以上にはいってきます。
その結果賃金水準がおちていくのは目に見えています。


一柳 洋さんが言うように学問道場が応援すべきは山本太郎さんだと思います。
わたしもいままで選挙は行ったり行かなかったりでした。
が、今回は山本太郎という手もあると、35人ほどにお声がけしました。

メデイアがスポンサーである大企業に忖度してこれからも沈黙する時間が増えることを考えると、日本がアメリカの属国なんだとだいぶ前に喝破した副島さんが山本太郎さんを応援してほしいと一会員として思います。







[2427]連携相手はれいわ新撰組でしょう
投稿者:一柳 洋
投稿日:2019-07-24 16:44:31

 今回の参院選について、重たい掲示板の田中進次郎氏と副島さんの投稿を興味深く読ませて貰いました。
『アメリカべったりで、アメリカに屈従して、属国奴隷(ぞっこくどれい)をやらされ続けて、すっかり、その習性が身について、アメリカの言いなりになって、アメリカに資金を奪い取られて、貢がされている。それで、国民がこんなに貧乏になってしまった。世界(外国)から、見たら、日本の、この惨(みじ)めな、惨状は、丸見えだ。
 政権に、見苦しく、しがみつく、自民党のゴロツキ政治家たちが、悪いのだ。
 棄てられた、日本人の一番、下のド貧乏人層の、怒り、怨嗟、憎しみが、これからの日本国を動かす。ここには、まともな就職も出来ない若者たちが、含まれる。この最下層の日本人、一千万人が、これから、暴れ出す。彼らには、何も、持っているものがない。棄てるものがない。
 この受け皿となる、まったく新しい、政治家たちが、出てきたのだ。まだまだ、これから出てくる。私は、彼らの動きを、日本国民のために、凝視して、鋭く、警告を発する。私の眼力から、逃れられると思わない方がいい。
 私、副島隆彦こそは、いざとなったら、NHKの前どころか、自民党本部や、財務省や国税庁、の金融庁 のまん前で、「日本のゴロツキ政治体制 を、ぶっ壊す!」をやれる、これまでの、人生でやって来た、その実績のある、先駆者なのだ。ということを、みんな、忘れないで欲しい。 
 私だって、いざという時は、動くさ。学問道場の 弟子たちを、引き連れて、やりますから、その時は、会員たちも、集まって下さい』。7/22副島さんの投稿より。

 引用した最期のところの呼びかけがあれば、喜んで私も参加します。
 もちろん抗議行動も良いですが、今回、報道管制をはね返して4、5%の得票と2議席を獲得した「れいわ新撰組」を伸ばすための、草の根民衆勢力の結集をはかることにしたらどうでしょう。
 N国はその体質、こぼれ出る思想から、副島さんの懸念が十分あるので、連携相手は、国民の為に政権を狙うと、目標を高く掲げる「れいわ新撰組」しかないと思います。

 そして 副島さんが指摘続ける『属国奴隷をやらされ続けて、アメリカに資金を奪い取られて、貢がされている。それで、国民がこんなに貧乏になってしまった。』をより多くの国民に知らせて、覚醒させ、独立の回復と新自由主義からの解放をはかる。
 
 山本太郎が7月20日新宿で「小泉・竹中トンデモナイ」のコールに万の聴衆が呼応した。東京選挙区でのれいわ候補、野原善正が、公明党を下野させる事が安倍政権を終わらせる。今の原田体制は創価学会のハイジャック。権力にすり寄るようになったら公明党を壊せと言ったのは池田会長。その教えに従った行動だと獅子吼した。
 何という見事さ。よくぞ言ったです。
 メディアはこの真実の叫びを選挙後でも報じる事は出来ません。
 メデイアにコントロールされない真の主権者を一人でも多くして、この国を乗っ取るアメリカと外資の手先、ゴロツキ共に草の根市民が結集して対抗する。  
 そのためには日本の支配層がメディアから排除して国民の耳目に触れさせないようにした学者、評論家、文化人らも糾合してれいわ新撰組の支援組織を作る。
 今の政治状況をかえるために、れいわを中心とした草の根民衆の結集をはかるべく、具体論を、どうか検討して下さい。
 試みに秋の学問道場の会に山本太郎さんを呼ぶ。というのはどうでしょうか? 






[2426]選挙結果を改竄する人々
投稿者:いち会員
投稿日:2019-07-23 14:41:16

私はこの国では、かつての民主党党首選挙で、小沢一郎が党首にならぬよう、
当時の民主党員の投票ハガキを改竄した時から、公然と不正選挙が行われる
ようになったと思っている。

あの時は、
「アメリカも、国政選挙ではなく、いち政党の党首選挙にまで手をつっこんで
来るなんて、相当焦ってるんだな。日本国民の民衆の力が自民党政権を
ぶっ飛ばし、(当時の健全な)民主党を選んで、いよいよ本当に国民のことを
考える愛国者・小沢一郎が党首になり、首相になってしまったら、
アメリカの世界一忠実な家来で、
底なしの打ち出の小槌(おどせばいくらでも金を脅し取れる)である日本が、
真の独立を果たして離れてしまうではないか!と危惧してるんだ。」
と思った。
こんなところにまで国内の子飼いの家来を使って、かき回してきて、
嫌だな、と心底思ったものだ。

以後(菅直人が首相になって以降)、まかりまちがっても小沢一郎やその他の
真の愛国者が政権につかぬよう、日本国の大きな選挙には、必ず
票数改竄マシーン「ムサシ」を使って、
アメリカ(またはそれと繋がった日本の腹黒い奴ら)が、選挙結果を
操作・改竄していると思っている。

「大きな選挙」と書いたのは、たまに悪魔に魂を売った悪い奴らが、
さほど影響がないだろうと軽んじた地方の小さな選挙では、
正しく開票がされて、正しい民意が反映されることがあるからだ。
(それは国政選挙の結果と驚くほど違う。)

ムサシのことが巷でもさかんに言われるようになった頃、
民間の頭のいい人達が、誰かの命令で選挙結果を改竄させられている奴らの
低い思考回路とずさんな作業を見破って、全国一律でいろいろな数値が、
不思議に並んでいる法則に気づいた。

「バカヤロー!これじゃ、結果をいじったとバレちまうじゃないか!」
と改竄されられている奴隷たちは、雇い主に叱られたのだろう。
以後は、全国一律で同じようにいじることをやめ、
「投票率自体が低い」と偽るようになった。
つまり、投票に行った何百万、もしかしたら何千万人分の、
権力者にとって都合の悪い候補者に入れた私たちの票が、
なかったことにされている。

東日本大震災と原発事故があったあとは、全国の各投票所に行列ができる程、
人々は投票に行った。でも「投票率は、過去何番か目に低い」と報道された。
そんな筈ないじゃん!
普通、投票するために並んだり、待ったりすることはない。なのに、あの時
だけは大行列だった。それを「低投票率」でごまかした。
そのこと自体、いかにも「不正選挙だよ。改竄されてるよ。」と証明している
ようなものなのだが・・・。

今回も、大変おもしろい台風の目が生まれ、多くの人々は選挙に行った。
「消費税が止められないなら、せめてNHKの受信料だけでも払いたくない!」
と決意した庶民は、すごく多い筈だ。最終的に私もその一人になった。

実のところ、私の周囲で選挙後に「どこに投票した?」という話をした人達
からは、今のところ「れいわ」か「N国党」しか聞いていない。
全然「諸派」じゃないのである。

私も立花党首の演説をユーチューブで見て、爆笑した。横で見ていた子供も
大笑いしていた。
息子の中学では、多くの子供達が「NHKをぶっ壊す!」と教室でやって
いるそうだ。そして子供達の親は、「N国党に入れた」と話している。

だから私は、今回の選挙でも、本当は「れいわ」と「N国党」に入れた人は
発表された数字より、もっとずっと多かった筈だと確信している。
投票率はわざと10%以上低くされたのではないか?
そして消された10%ぐらいは、「れいわ」と「N国党」への票だったのでは
ないか・・・?といぶかしがっている。

どこかの芸人みたいに、
そのうち、選挙結果を改竄させられた人達の中から、
良心の呵責に耐えられくなったり、
あるいは少ない報酬に嫌気がさして、でもいいから、
「実は、私が皆さんの投票の結果を、機械を使って改竄していました」
と正直に名乗り出てくればいいのに、とずっと願っている。
あのへんちくりんな民主党党首選挙以降、ずっと、ずっと祈り続けている。



[2425]参議院選挙の 結果を知って、書きます。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2019-07-22 03:46:24

副島隆彦です。今日は、2019年7月22日です。

 2つ下 ↓ の私の文、 「✕ リポート ではない。レポートと書きなさい」論 を 、私は、一所(いっしょ)懸命に、5時間もかけて書いていたら、いつの間にか、日を越えて、もう22日(月)になっていた。

 気づいたら、田中進二郎くんが、参議院選挙のことで、昨日の投票日に、ここに書いている。 私は、大方(おおかた)彼と、考えが同じだ。その上で、私の考えをこれから書く。

 私は、もの書き、言論人だから、やはり字(その集合体である文)を書いているのが、一番、自分に向いている。私は、これまでの30年に、いくつも、裏切られた、あるいは、敗北した、選挙運動に 加わった。そのあとの幻滅が大きいから、私は、60歳を越したら、国民政治である、国会議員選挙に関わらないようになった。  

 私は、今回の 参議院選挙に 初めは全く、関心を持たなかった。
ところが、後半になって、山本太郎が、 とんでもない戦略を組んで、安倍晋三たち、愚劣な権力しがみつき人間たち体制派に 奇策で挑んだことを、知った。 

 それで、政党「れいわ新撰組」から、 船後(ふなご)靖彦と、木村英子の2人の 重度身体障害者の 2人ともが、当選したらしい。らしいとしか、書けない。 テレビは、比例区 の結果を、今の午前2時でも、まだまったく報道しない。だから私には、正確な結果が、分からない。
それでも、山本太郎が、狙ったとおりの奇策の、戦術が勝利した。

 山本太郎の党 は、比例区(全国区)の、得票数で、300万票に届かなかったから、彼は落選したようだ。 それでも、「2%の得票数」の力で、政党要件(せいとうようけん)を満たしたので、前述した、重度障害者の2人が当選した。これで、山本太郎は、これからも、この党の党首として、堂々と、国会の中で、ガンガン、発言するだろう。 彼は、もう、参議院と言う枠組みが飽(あ)きたのだ。

安倍首相と、国会で、ガチンコの 男の対面を張った、質問・答弁の勝負をして、どれぐらい、、山本太郎が、安倍晋三を やり込めて、何回、圧勝したことか。 安部は、怒り狂いながらも、「この男には、自分は、(一対一の男の勝負では)勝てない」と、自分の能力の無さを、重々、知ったはずだ。

 山本太郎は、次の衆議院選挙を、狙っている。そこで東京のどこかからか、小選挙区で出て、当選する気だ。どうせ、安倍晋三は、今年の暮れには、総選挙をしなければ済まない。

 その時、山本太郎は、また、「れいわ新選組」の名で、「れいわ」を、見事に、今回、安倍晋三と菅義偉(すがよしひで)から奪い取った、さらに、その上に、全国区(比例区)でも、たくさん立候補者を立てて、暴れる気だ。この、奇策きわなりない、作戦、戦法の見事さに、一週間前まで、私も気づかなかった。

 山本太郎の、このやり方を、一番、嫌ったのは、まさしく安倍晋三、本人だろう。ここまで、安倍晋三のイヤなことを、平気で、ガッツン、ガッツンやられたら、あんぐりするしかない。公職選挙法の微罪の違反で、落選した山本太郎を、捕まえて、痛めつけてやろうとしている 安倍の子分の警察官僚たち(服部半蔵だ) や、山本太郎の、女性スキャンダルとかで、追い詰めようと画策する 週刊誌や、テレビ局 も、ここまで、山本に、先回りされると、もう、簡単には追いつかない。手が出ない。

 もう、人格破壊(キャラクター・アサシネイション)の、スキャンダル攻撃など、通用する時代ではなくなった。このことが、私は、もの凄く嬉(うれ)しい。

 田中進二郎くんが、書いたとおり、これまでとは違う、まったく新しい日本国民が、大きな、政治関心の層として、出現している。 新しい国民たちは、もう、既成政党の、野党の連中の、言うことなども、相手にしない。彼らの野党党首の演説なんか、まったく、面白くない。 聴き厭(あ)きたを、通り越して、あくびが出そうだ。「 野党も、体制の補完物(ほかんぶつ)だ」と、国民が、見破ってしまった。

 ネット(ウエブ SNS )を見ていたら、立花孝志(たちばなたかし)氏 が、当選したらしい、と知った。 彼は、選挙戦の 最後の数日、体を壊して、寝ていたようだ。あんなきつい人生、生活をずっとやっていたら、本当に疲れるだろうと、同情する。

私は、立花孝志の ユーチューブから、ものすごくたくさんの 政治知識 や、見識、法律の実際に役に立つ知識を学んだ。この人は、本当に頭のいい人だ。 「100万票で、議員が、一人、受かるんです。200万票で、2人です」
「200万票、全得票数の 2% を集めて、1人、国会議員が、いれば、それで、政党要件を 満たす。それで、年間に、6億円の、政党助成金が、入るんです」 と。すばらしい。

 それから、立花孝志は、終盤戦の投票日の4日前、7月16日ごろ、渋谷の NHKの 放送センターの前に行って、宣伝カーの上から、「 この本部ビルでない、こっち側の、たくさんあるオフィス・ビルの 方で、NHKの職員は、セックスをしているんです。本当に、NHKの職員は、(女性の職員も)セックスが大好きなんです。(私は、昔、ここで、働いていたから、よく、知っているんです) 」と、 やっていた。すごいなあ、と私は、感動した。

 NHKの、実際にここで働いていて、あるいは、出入りしいる 特権階級の メディア人間たちは、
「本当だ。立花の言うとおりだ、私たちは、こういうことを、本当にしているよ」と、現場は、妙に感動しているのではないか。女性のNHKの、”良家の子女” の正規入社の職員たちでも、である。

NHKは、上品な、お金持ち階級の 子供たちしか、正社員(正規の職員)に採用しない。本当だ。就職試験でも、公然と差別がある。公然と、こういうことをやっているのは、外務省と、ここぐらいだ。

なぜ、お金持ちの家の、大学卒業予定者しか、採用しないか、というと、それは、「NHKは、給料が安いんですよ。公務員と、まったく同じなんです」(立花の告発に拠れば、ウソだ)。

私、副島隆彦は、昔、NHKのプロデユーサーを名乗る男と、すこしだけ付き合ったことがある。高級外車を乗り回していて、私も乗せてもらった。彼が、こういうことを、全部、話してくれた。 彼は、平日も、ぶらぶらして、NHKに出勤しなくていい。
年に、1,2本、作品を作れば、あとは、自由にやっていればいいんだ。 ヒマラヤの山とか、アンデスの山とか、撮影に行けば、それでいいんだよ。

「給料が安いからね-」と、この、大虚業の経営者一族を、父に持つ、金持ちボンボン息子は、嘯(うそぶい)いていた。 NHKとは、そういう、会社なのだ。
高卒で、ノンキャリの、立花孝志でも、45歳ぐらいで、辞めるときに(週刊誌に、内部告発したことが、バレて、クビ)、年収の給与で、1100万円あったと、確か、ユーチューブで話していた.彼は、ウソをつかない。 

これが、国営放送局( ”公共放送”、だと)の、特殊法人(とくしゅほうじん)であることを、当然のこととしている、 特権階級の 集団である、NHK の、実態だ。 それが、スマホの ワンセグ とか、持っているだけで、一台ずつ、受信料を取ります、と言い出している。 それに対して、貧困層の日本国民が、本気で怒りだしている。 NHKの集金人も、そういう貧困層を、狙い撃ちにして、文句を言わない、人たちに、襲いかかっている。

 野党が、だらしないから、「消費税、絶対反対」を選挙の大目標に掲げて、戦線統一して、党を合体させてでも、本気で、自民党と闘わないから、いけないのだ。消費税値上げ反対で、野党が、団結できないのなら、その次は、 「NHKの受信料なんか、払わない」の、国民運動で、結集するしかない。だから、
立花孝志の、「NHKから国民を守る党」の立花孝志の 闘いが、際(きわ)だって、すばらしいのだ。 

 私が、政治活動家をやっていた、昔は、心底、疲れた。議員(政治家)、すなわち、みんなの代表、になろうという人間は、普通の体力や、普通の神経をしている人では無理だ。異常なまでに強い体力と、精神力と、目立ちたがり(アウトスタンディング)屋の 異常な欲求、のある人でないと続かない。このことは、自民党でもそうだ。政治家(議員)は、皆、生来の政治活動家である。

 立花孝志は、田中進二郎くんが、書いているとおり、これまでとは違う、全く新しい人間だ。かつ、自分で言うとおり、きわめて「能力の高い人間」だ。これからの日本にとって、大事な政治家だ。彼の、脳の作りと、行動の仕方は、他の人間たちとは、全くちがう。 

私は、昨日、立花氏の、ユーチューブを、いくつか、見たら、あの 驚くべき行動力で、「NHKをぶっ壊す」を、その後も、ずっとやっていたのだ。この1年間の 彼の行動を 自撮(じど)りで、撮して(ストリーミング配信 と言うのか) 、自分でユーチューブへのアップロードも、操作して、自分で何でもやって。さらには、スマホの動画の、SNSへの 配信や受け答えも実に念入りな、活動のことを、私は、知らなかった。

 一昨日、7月20日の、選挙の最終日の 彼のユーチューブを見たら、なんと 250万回のビューアーと出ていた。凄いものだ。 250万人の日本人が、彼の政見放送を見たのだ。 田中進二郎の、書き方では、400万人だ。山本太郎の 「れいわ新撰組」の、全国の主要都市での街頭演説でも、200万人ぐらいのネット視聴者がいるようだ。

 私が、分かったことは、ネット(ウエブサイト、SNS )の力が、ここまで、日本でも、大きな力を持つようになった、ということだ。 これでは、従来の、自民党と、電通(でんつう)と、既成のテレビ局、新聞が、管理する選挙報道では、もう、管理、統制(とうせい)しきれないほどの、多くの 日本国民が、ネット(ウエブサイト、SNS、スマホ )で、新しい政治家、自分たちの代表 の台頭を 支えていることが分かった。

 私が、一番、気に入ったのは、山本太郎たちが、「電通 ムサシの 真ん前の 新橋で、街頭演説をやる」ということを言い出したことだ。期日前(きじつまえ)投票が、1700万人いた。それを合わせて、5000万票のはずだ。 

 ムサシ という インチキ選挙、謀略、得票数を、コンピュータの違法操作をして、得票数を改竄(かいざん)する マシーンが、使われる危険が、本当に有る。 いざとなったら、自民党と官僚の 一番、悪質な連中は、自分たちこそは、本物の暴力団、組織犯罪者である本性(ほんしょう)を露(あら)わにして、この違法選挙、得票操作マシーンを、使って、選挙の結果を弄(いじ)くる。

 私は、そのことを一番、心配している。あいつらは、やると決めたら、やる。そして、ムサシを動かしている富士ソフト株式会社、のマシーンは、本当に動いている。そこへ、山本太郎たちは押し掛けようとした。

 ところが、新橋の SL広場は、わざとらしい、商店街の 盆踊り大会の会場に、計画的に、占拠されて、選挙演説が出来ないように、させられていた。自民党の右派と 電通ムサシの、犯罪者集団を、日本国民は、叩き潰さなければいけない。

 それから、沖縄の 創価学会の幹部の、野原ヨシマサ氏 を、れいわ党は、東京区(定員6人)の中に立てて、徹底的に、公明党=創価学会に、揺さぶりをかけた。この野原氏の 演説は、公明党全体を、震え上がらせただろう。おそらく、創価学会の中の、インテリ層の、相当の人々が、魂(たましい)を揺さぶられただろう。

 「 池田(大作)先生の、平和(憲法を守れ)と 福祉 の 思想を、乗っ取り、奪い取ったのが、今の、創価学会の会長の原田(はらだ)体制の執行部だ。そして、山口那津男 公明党代表たちだ 」 と、 野原ヨシマサは、ネット(ウエブ)上で流された、立ち会い演説で、じっくりと、重低音の迫力で、絶叫していた。長い人生の年輪を感じさせる、いい演説だ。それと、創価学会の婦人部の女性の絶叫が、すばらしかった。「牧口常三郎( 初代会長、創設者)は、戦争に反対し続けて、絶対に、神札(かみふだ)を受け取らなかったよ。そして、捕まって、獄死したんだ」 と。 これには、本当に、創価学会と、公明党は、全体が、深刻な、反省に陥ったはずだ。 

 何があっても、政権与党(よとう)にいて、土建屋(国土交通省)の利権と、各省の 各種の福祉予算にしがみついて、その分配(分け前)を、おこぼれを貰い、自民党の、経営者たちと分け合うのだ。それが、自分たちの、本当の日々の活動の根本だ、という、この、深く染みついた、自分たちの、情けない、真実の傷口に、野原演説から、塩を塗り込まれる思いだろう。 

 創価学会と公明党は、これぐらいのちょっとの内部叛乱ごときでは、動揺しない、と、いくら自分たちで、強がっても、徐々に、この、すでに上がった火の手の、影響は出てくる。「そうだ、自分たちが、崇拝する池田先生の教え、にこそ、戻ろう」という、声が湧き起こる。創価学会の中に、深く潜り込んで、安倍晋三と堅く、繋がっている、特殊な狂った宗教の連中が、この事態に、一番、顔をゆがめているだろう。

 私は、テレビのお笑い芸人たちのことは、よく知らない。が、宮迫博之と、ロンブーの田村亮が、吉本興業の制止と、脅しを振り切って、記者会見をした(7月20日)。これで、吉本興業の、柔構造(じゅうこうぞう)の、裏側は、組織暴力団そのもので、電通や、自民党と深く関係して、テレビ局も汚れていて、それが、日本の芸能界を支配している。

 お笑い芸能界の、この 暗い、危険な側面を、涙ながらに、宮迫と田村が、表に出した。ところが、その間(あいだ)に入って、両者の仲裁をしているように見せかけている、松本人志の顔が、だんだん、どんどん、暴力団の素顔そのもの、になってきた。この男が、実は、吉本興業を動かしていたのだ、と、いうことまで、バレてしまった。 この 彼らの、裏の真の顔の、表面への露出は、ビートたけしの 今の、素顔が、本物の暴力団の顔、そのものであることと、同じだ。

 宮迫と 田村は、それらの、恐ろしい裏側の世界に、勘づいた。それで、自分を守るために、そこから、必死で逃げた。自分が生き延びることが、何よりも大事だ。どうせ、手打ちの、和解の、というヤラセ劇を、このあと、テレビ局そのものを使って、するのだろう。だが、顔を、引き攣(つ)らせてながら、自分たちも、同じ穴の狢(むじな)である、各局の、バラエティ番組の、司会者や、コメンテイター たちも上擦(うわず)った感じで、真実を、かき混ぜて、おちゃらかしにする。

 自分たちが、これ以上、国民電波洗脳のための業界の、裏側の、本当の、魔の手の、どす黒い、策略に嵌(は)められないように、決意して、自らを白日の下に晒(さら)して、吉本興業の悪魔性を、暴き立てた。 

 この他に、ジャニー喜多川の死で、彼の 犯罪性の 少年愛と 強いホモ、オカマの習性(上品に言えば、LGBT、エル・ジー・ビー・ティ)で、多くの少年たちを威嚇して、奴隷にして働かせてきたことが、本当に持つ マッ暗の、暗い面の、恐怖のアイドル少年たちへの支配も、崩れつつある。

 それから、京アニ(京阿尼、京都アニメーション)への放火攻撃の、34人ものアニメーターの焼死(18日)も、田中進二郎が書くとおり、選挙の終盤戦で、起きた、異常な事件だ。 恐ろしい宗教の力が、この国を、どんどん、蝕(むしば)みつつある。私たちは、身構えなければいけない。諸外国の方から、京アニ放火への、警告の信号が、来ている。デクエアル国連事務総長までが、追悼の声明を出していた。

 私が、当選した、立花孝志氏に、一点、どうしても、言いたいのは、「どうか、右傾化、しないでください。テレビなどに出て、どんどん、その生来の右翼体質が、どんどん、表面に出て、それで、橋下徹( まさしく、アベマ abema テレビだ。ここも、その正体は、統一教会 Moonie だ )の 維新の党 の、ような、どす黒い、裏のある政党と、どんどん、話が合うようになって、あそこに、引き込まれて、立花氏の、その、生来の右翼体質が、どんどん、表明化することがないように、注意して下さい」と、私、副島隆彦からお願いする。

 本当に、日本の民衆のために、国民のために、闘う政治家であって欲しい。
日本の 最下層の、今や、一千万人いる、年収2百万円 の、 最下層(一番下の下流=かりゅう=)の国民が、出現している。 この 一千万人の日本人の 希望を、すくい上げるために、山本太郎と、 立花孝志 が、出現したのだ。

 今から50年前に、それまで、日本共産党が持っていた、日本の最下層の、一番の貧乏な層の国民を、公明党が出てきて、奪い取った。このことも十分に深く仕組まれていた。

 日本共産党は、もう、その、 共産党の、名前を変えて、棄てて、「日本民衆党」か「日本人民党」に看板を変えるべきだ。 ロシア革命(レーニン、とスターリン)と、中国革命(毛沢東)が、やってしまった、血塗られた、赤旗の、共産主義革命の、悪の部分を、今こそ、表に出して、公然と払拭するべきだ。 

 よくて、あの ロシア革命、と 中国革命は、「平等社会を作ろうとした、人類の大実験だった」。この大実験をやってみたが、大失敗した、のだ、とはっきりと自覚すべきだ。 それで、どれぐらいの ロシア人、中国人、それから、東欧や、その他の民族、国家にまで、被害が及んだか。多くの理想主義の、まじめな人間が、大量死させられたことか。 

 このことを、そろそろ、日本共産党は、自分たちも、実は、ヒドい目に遭ったのだ、と、正直に告白するべきだ。日本人の共産党員は、ロシアや中国からの命令を受けて、「武装蜂起せよ、暴動を起こせ」と言われて、それで、大間違いを犯した。

 ソビエト・ロシア(コミンテル)の為に、どれだけの日本人共産主義者が、その後、犯罪者扱いされて、悲惨な人生になったか。ほとんどの日本の左翼は、「戦争反対、天皇制反対」を言ってビラを撒いた程度だ。それで、政治警察(特高、内務省刑保局)に捕まって、簡単に転向しない者たちは、拷問にあって、戦前、殺された者が、作家の小林多喜二(こばやしたきじ)を筆頭にして、数百人いた。

 それが、日本共産党の歴史だ。1955年から (6全協、第6回全国協議会)からは、暴力路線を全て棄てて、貧しい層の日本国民を味方に取り込むことに専念している。

 だから、今の日本共産党は、何も悪いことはしていないのだから、自分たちの過去を正直に語って、日本の 民衆、大衆と、大きく和解して、労働者階級(レイヴァラー・クラス)を率いる政党になるべきだ。あるいは、他の野党の、大同団結で、大きな政党になるべきだ。いつまでも意地なんか張っていてはいけない。そうしないと、安倍晋三たちの、「燃えるような反共(はんきょう)の精神で、実際に、いつも、信念が燃え上がっている」 反共だけ、 を根本教理とする、奇っ怪な集団が、布教して、経営者や資産家たちを、折伏(しゃくぶく)し続けてる、本当は、空無であるのだが、この悪魔集団に、勝てない。

 この50年間で、共産党に替わって、上手に、公明党が、日本の最下層の 選挙の票(支持)を握ってきた。ところが、どうも、創価学会、公明党の信者、支持層の生活水準が、この20年間の、政府与党(自民党べったり)振り で、たっぷり貰(もら)える、土建屋利権と、福祉利権 (公明党の市会議員と、市役所の中の学会職員たちの、ネットワークが機能して、福祉住宅や福祉施設に全員を入れる、とかも、そうだ ) の分配が効いて、生活水準が、かなり上に上がってしまった、ようだ。 

そうしたら、さらに、その下に、一千万人の、新しい、真の貧困層が、日本に出現した。これは、この20年間の、金融、経済の大不況のために、起きたことだ。 

 これは、日本の政治の失敗が、もたらしたものだ。アメリカべったり、で、アメリカに屈従して、属国奴隷(ぞっこくどれい)をやらされ続けて、すっかり、その習性が身について、アメリカの言いなりになって、どれだけでも、アメリカに資金を奪い取られて、貢がされている。それで、国民がこんなに貧乏になってしまった。 世界(外国)から、見たら、日本の、この惨(みじ)めな、惨状は、丸見えだ。

政権に、見苦しく、しがみつく、自民党のゴロツキ政治家たちが、悪いのだ。
 私たちの日本国は、本当に、暴力団と、気色の悪い、凶悪な政治宗教団体によって、支配されている国だ。 

 棄てられた、日本人の一番、下のド貧乏人層の、怒り、怨嗟、憎しみが、これからの日本国を動かす。ここには、まともな就職も出来ない若者たちが、含まれる。この最下層の日本人、一千万人が、これから、暴れ出す。彼らには、何も、持っているものがない。棄てるものがない。

 この受け皿となる、まったく新しい、政治家たちが、出てきたのだ。まだまだ、これから出てくる。私は、彼らの動きを、日本国民のために、凝視して、鋭く、警告を発する。私の眼力から、逃れられると思わない方がいい。

 私、副島隆彦こそは、いざとなったら、NHKの本部の前どころか、自民党本部や、財務省や国税庁、金融庁 のまん前で、「日本のゴロツキ政治体制 を、ぶっ壊す!」をやれる、これまでの、人生で実際にやって来た、その実績のある、先駆者なのだ。ということを、みんな、忘れないで欲しい。 私だって、いざという時は、動くさ。学問道場の 弟子たちを、引き連れて、やりますから、その時は、会員たちも、集まって下さい。

副島隆彦 記






※以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます。
■記事No ■削除番号