ログイン

ようこそguestさま
ログインする

今日:7538 昨日:11845
合計:69645635
 
重たい掲示板


(※旧名:気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板)
[会員(新規・ご継続)のお申し込み] [本のコーナー] [ビデオのコーナー]

[ホームにもどる] [携帯用(工事中)] [過去ログ(工事中)]

[副島隆彦宛メール] [副島文献目録] [84-90] [91-95] [96-00] [01-05]

[旧掲示板]

[投稿する前に]
■■■投稿規定■■■
・この掲示板に投稿するためには、下記のすべての条件を満たし、遵守する必要がある。
【前提条件】
・副島隆彦の本を5冊以上、読んでいる。
【当掲示板への初回投稿時の条件】
・簡単な自己紹介をして、自分の関心あることを限定してみんなに提起する(但し実名投稿である必要はない)。
【副島隆彦に議論を挑みたい場合の条件】
・礼儀正しく、自分の立場や政治思想(思考)を明らかにしてからする。

【投稿後の条件】
・自己が投稿した文章に関して、一切の権利を主張しない(著作権に関しては、市場で利益を生まない文章には始めから発生しません)。




※ログイン後に投稿フォームが表示されます。





[2446]香港の現状をご報告します。
投稿者:一会員
投稿日:2019-09-14 15:06:58

学問道場の一会員です。現在の、香港の状態は、以下の記事のとおりです。

香港の学生たちは、ヒラリー・クリントン、ジョージ・ソロスの国際資金など、
グローバリスト(地球支配主義者)たちの支援と指導を受け「洗脳」されています。
香港そのものを破壊する工作、ゲリラ暴動を、ズルズルと続けています。

そして、ゲリラ暴力学生たちが、香港の経済活動を、傷(いた)め始めています。
観光客が減って、飛行機のチケット代も、ホテル代も、今なら通常の3割引きから半額近くで、予約できます。皮肉な状況です。実際、香港内の企業や銀行、学校などは、通常どおり運営されています。香港人たちは、こうした状況でもめげずに、元気に経済活動を続けています。

香港の学生たちは、自分でもよく分からないまま、誰かに吹き込まれた
「香港を中共から守れ、香港の民主化、香港の独立」という政治スローガン(イデオロギー、政治思想=宗教の教義、お題目)を、口先で繰り返しているだけです。香港のテレビ局で報道された、以下の、学生リーダーへのインタビュー番組からも、そのことがよく分かります。

前半はコマーシャル等で長いので、後半、18分30秒から後ろだけ、ご覧ください。

<参考動画>

香港の報道番組 “Straight Talk” から
https://youtu.be/xKVa0naB2xo

洗脳された学生たちは、このインタビューにあるとおり、「香港の自由を守るため」、「香港独立のため」という理由で、暴力行為も「理解できる行動だ(can understand )」と言って正当化しています。

「逃亡犯条例」を撤回させる話からは、ずっと飛躍して、ズレてしまっています。自己矛盾ですが、本人たちは、気づいていません。「暴力行為を正当化する理屈」です。

12歳の中学生まで、9月の新学期の授業をボイコットして、学生デモに駆り出されています。中東のISの、少年兵たちと同じです。デモの発端であった「逃亡犯条例」は、平和な香港市民による要求通り、完全に撤回されました。

ここで一旦終わりにして、行政長官(香港政府)と香港市民による、民主的な話し合いのステップが進むはずでした。しかしいまでは、硬直状態です。香港の警察官を個人的に襲ったり、公共の交通機関などを狙った破壊を行うという、あからさまな、ゲリラのテロ行為が、しつこく続けられています。

それでも中国政府は「静観」をつらぬいて、「米中の覇権争い」という文脈では、中国の勝ちです。香港は、歴史的にも特別な都市国家で、副島先生もおっしゃっていた、イギリス政府と中国政府の、両方によって守られている、特殊な金融特区です。

「ブレグジット」を控えたイギリスには、国際資金をアジアへ動かすための「窓口」として、香港の機能が不可欠です。中国政府も、目指しているのは「香港の中国化」ではなく、「中国の香港化(シンガポール化)」です。

(転載貼り付け始め)

●「香港デモの若者を市民は見放しつつある」 By 高橋 政陽(著述業)

東洋経済オンライン 2019年9月13日
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190913-00302613-toyo-bus_all&p=1

中国への犯罪者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改定に端を発した香港の騒乱は大詰めを迎えつつある。香港特別行政区の林鄭月娥(キャリー・ラム)長官は9月4日、逃犯条例改定を完全撤回すると表明した。しかし、デモ側は「撤回はあまりにも遅すぎた」として受け入れず、デモ中に新たに付け加えられた完全な普通選挙や逮捕者の釈放などの「5大要求」がすべて受け入れられるまで徹底抗戦すると、対決姿勢をさらに強めている。

■香港競馬の売り上げ、入場者は前年割れ
「キャリーはなぜ来ない!」 沙田(シャティン)競馬場でオープニングデーを待ちに待った香港の競馬ファンは9月1日、天にとどろくような怒声を発した。

香港版のJRA(日本中央競馬会)にあたる「香港ジョッキークラブ」(HKJC)は、中国への返還前、香港政庁、ジャーディン・マセソン商会、香港上海銀行を財力と実力で上回る「影の大班(トップ)」と呼ばれた。HKJCは古くから行政長官を名誉主席に迎えてきた。オープニングデーには「香港特区行政長官盃」がメインレースに組まれ、行政長官がトロフィーのプレゼンターとして来場する慣例が続いてきた。しかし、今夏の混乱を受けて、行政長官は来場できなくなった。

「長官が来場すれば、競馬場で暴動が起きかねない。前任の梁振英は2014年の雨傘運動の勃発直後、厳戒態勢のなか来場したが、今回の混乱は当時とは比べものにならない」とHKJCの理事は言う。オープニングデーで毎年、売り上げと入場者の記録を更新し続けてきたHKJCは今年、売上、入場者とも前年割れの不名誉な数字を記録した。

「舞照跳、馬照?(ダンスホールも競馬もそのまま)」 香港返還をめぐる英中交渉で鄧小平は中国への返還を危惧する香港市民にこう呼びかけた。返還から22年たった今、「馬照?」の公約を破ったのは中国でも人民解放軍でもなく、逃犯条例改定への抗議活動を続ける過激派の黒シャツ隊、自称「勇武派」であることは言うまでもない。

その勇武派は、日本でも著名となった黄之鋒(ジョシア・ウォン)、周庭(アグネス・チョウ)に率いられる「香港衆志」(デモシスト)の若者らが中心となり、抗議活動を過激化させている。8月12日には香港空港を占拠。キャセイパシフィック航空を中心に数百便以上が欠航となった。空港占拠は2日で幕を下ろしたが、香港空港には厳重な警備態勢がとられ、空港への出入りにはパスポートとチケットの提示が必要となった。

■デモ隊が線路内に侵入、地下鉄の運行停止に
勇武派は9月にも空港占拠を再び計画した。警察当局によって空港占拠に失敗した勇武隊は、空港と市内を結ぶエアポート・エクスプレス線路内に投石、線路内に侵入して運行を停止させた。

「俺のハネムーンをどうしてくれるんだ!」 スーツケースを押して駆け足で空港へと急ぐ外国人の姿が、テレビ各局で繰り返し放送された。警察当局は膨れ上がる勇武隊に加勢しようと空港周辺に向かう若者の足を止めるため、エアポート・エクスプレスの運行停止を指令。さらにエアポート・エクスプレスに接続する地下鉄の運行を取りやめさせた。

「先週は隣の太子(プリンス・エドワード)駅構内、地下鉄車内で黒シャツ隊と警察が衝突して負傷者を出した。運行停止命令はありがたい。もうあんな衝突に巻き込まれるのは真っ平御免だよ!」
九龍一の繁華街で香港の歌舞伎町との異名をとる旺角駅の駅員は怒りがおさまらない。

普段なら人でごったがえす日曜夜であるのにもかかわらず、香港の銀座通りともいえる彌敦道(ネーザン・ロード)には人影もまばら。ひっきりなしに行き来するはずの2階建てバスも間引き運転されている。「あと一時間で閉店なんだけど、よろしいですか?」 香港夏の美味、黄油蟹(バター・クラブ)で有名なレストランSは、100人以上が入れるお店にもかかわらず、ガラガラだった。中年の女性店員はいきなりため息交じり。黒シャツ隊が抗議活動を過激化させてから、1カ月以上、週末は閑古鳥が鳴いているという。

「こんな状態が続けば、(店は)やっていけなくなる。103万人、200万人デモには自分も参加したが、今はもう平和的なデモではない。地下鉄駅の券売機、自動改札を破壊し、警察に対して消火器を放ち、火炎瓶を投げる。これは暴動ではないのか。それよいも何よりも地下鉄が止まっていては仕事が終わってから何時に帰宅できるのか」

週末の夜になると繁華街で黒シャツ隊が暴れまわる結果、外食中心で週末は家族、友人と団欒の食卓を囲む香港人は繁華街に足を運ぶことができなくなっている。

■これ以上の妥協が許されないラム長官
デモ側が掲げる5大要求のうち、完全な普通選挙は2014年の雨傘運動時に掲げられた要求だった。しかし、結果は敗北に終わり、この最大目標を手にすることはできなかった。それを新たに要求に付け加えたのだ。

しかし、香港の「土共」元幹部は「ラム長官はこれ以上妥協できない。行政長官は北京の下の中間管理職そのもの。これまで水面下で何度も辞任を(北京政府に)申し入れたが、認められていない。そんな彼女にどれだけの権限があろうか。今回の撤回も北京に散々お伺いを立ててようやく許されたものだ」と、今後を展望する。

土共とは、香港、マカオで中国共産党によって教育を支援された貧困家庭子女。共産党は彼らによって構成される集団を香港、澳門の各界に配備してきた。香港、澳門で最も最も中国情報に通じ、中国の怖さを身を以て知る集団である。8月の香港来訪者数は前年同月比約40%減、そのうち年間延べ5000万人以上の中国観光客は約90%も減少している。ホテルの稼働率は50%となり、中国人観光客を最大の顧客にしていた飲食店、薬品店、高級衣料品店などの打撃は想像に難くない。

3カ月以上にわたっている抗議活動は市民生活を破壊、香港経済に深刻な影響を与えている。あるレストラン経営者は「6月の大規模デモには自分も参加した。しかし、事ここに至ればもはや参加する気もなければ同情する気持ちもない。(デモ隊を)一網打尽にして、奴らが反対していた中国へ移送してもらいたい気分だよ!」と天を仰ぐ。

■香港の現状に絶望、自暴自棄になるエリートたち
デモで大暴れする若者たちの中には香港大学、香港中文大学など名門を出たエリートも少なくない。その彼らですら香港の現状に絶望し、自暴自棄になっている。

大企業に入社し、一生飲まず食わずで働いても、地価世界一の香港ではマンション一つに手も届かない。また、香港の大企業はそのほとんどが中国とのビジネスを有利に運ぶために共産党幹部子弟を役員などに招き入れている。香港のエリートが粒粒辛苦の末に目指していたポストも占領され、「こんな香港ならぶっ壊してやる」と大暴れしているのだ。

前出の土共元幹部は「これまでにない規模の軍事パレードが予定されている建国70年の栄光ある国慶節の際に、香港で反中暴動があっては習近平の顔に泥を塗られることになる。その前に強硬策に出る可能性が最も高いが、10月1日前後の混乱を抑え込める自信があれば、国慶節後でもおかしくない。デモ側が息切れしない限り、鎮圧は必ずある」

100万人単位のデモ参加者を一網打尽にすることは現実的ではないが、香港警察が一部の先鋭化した集団を逮捕、拘束することはたやすい。それでも足りなければ隣接する深センに結集した武装警察隊、人民解放軍に応援を求めればいいだけだ。香港の一般市民の間にいま、中国政府の軍事介入を非難せず、歓迎する雰囲気が徐々に醸成されている。

(転載貼り付け終わり)



[2445]ジェフリー・エプスタインのスキャンダルは米トップ大学にも
投稿者:宮林(会員番号7327)
投稿日:2019-09-14 06:51:30

"[2435]殺されたジェフリー・エプスタインが、アメリカの超財界人の 恐ろしい秘密の儀式の主催者だった。"に記述されているジェフリー・エプスタインから提供された研究資金を受け入れていたことが明るみに出て、マサチューセッツ工科大学(MIT)とハーバード大学で騒ぎになっています。
AFP通信は、8月23日にMITメディアラボと所長の伊藤穣一氏がエプスタインから資金援助を受けていたことを報じました。この時点でメディアラボ傘下のMITシビックメディアセンターのイーサン・ザッカーマン(Ethan Zuckerman)所長は、エプスタインから援助された資金で研究するのは、彼の研究チームが目指す、社会正義や、社会の主流から置き去りにされた人々や考え方を包摂する価値観を、損なうものだとして抗議の辞任を表明しています。
https://www.afpbb.com/articles/-/3241081?cx_part=p1link
その後、伊藤穰一氏もMITメディアラボ所長を辞任しました。
https://www.businessinsider.jp/post-198351
さらに、MIT理事長もエプスタインからの資金提供を容認していたことを認めました。エプスタインとの関係が大学ぐるみだったということになります。
https://www.afpbb.com/articles/-/3244333

MITのみならず、ハーバード大学もエプスタインから900万ドルの寄付を受けていたと発表しました。
https://www.bostonglobe.com/metro/2019/09/12/harvard-says-received-million-from-epstein/aPYi4VffmSqnXRSWO2jKtI/story.html?camp=bg%3Abrief%3Arss%3Afeedly&rss_id=feedly_rss_brief&s_campaign=bostonglobe%3Asocialflow%3Atwitter

学問が支配層の権力にからめとられている実態が明らかになったと言えるでしょう。
これを見ると、学問分野や研究プロジェクトの「選択と集中」とは、実は支配層が都合の良いものだけを優遇して他をふるい落とすための合言葉なのかも知れない、などということも考えてしまいます。本来は福沢諭吉が「天は人のうえに人を作らず」と言ったように「学問の上に学問を作らず」という態度が正しいのではないかと思い至ります。そう考えると、やはり福沢諭吉は偉いですね。



[2444]千葉県の災害復旧は遅すぎる
投稿者:大川晴美
投稿日:2019-09-11 19:45:49

朝日新聞デジタル2019.9.11より引用

れいわ新撰組の山本太郎代表(発言録、冒頭省略)
でがらしお友達内閣に関してのコメントは特にございません。
そんなことより、千葉の復旧に政府として全力を注いでください。
(引用終わり)

全く同感。政府はやるべき仕事を早くやってください。
大川晴美



[2443]10月20日に、私の金融セミナーがあります。来て下さい。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2019-09-10 16:55:11

副島隆彦です。今日は、2019年9月10日(火)です。

 台風のあとに猛暑が来ましたが、これもすぐに過ぎ去って、秋らしくなるでしょう。爽やかな秋の日が続くことを期待します。

 以下の通り、私の 金融セミナーを 開きます。詳細は以下の通りです。

===============================
「副島隆彦(そえじまたかひこ)の“予言者”金融セミナー 第18回」
*会場:イイノホール&カンファレンスセンター 東京都千代田区内幸町2-1-1
*日時:2019年10月20日(日) 
 開場・受付/11:00~ 終了/17:30 (予定)
*受講料:15,000円(税込)/指定席
===============================

申し込みは以下のページから ↓↓↓
https://kokucheese.com/event/index/579054/

 私は、この秋の10月20日の、金融セミナーで、やはり、「金(きん)を買いなさい」を強調しようと思います。 下の方に新聞記事を一本だけ載せます。

金は、NY金市場(鉱物資源の 先物市場 の COMEX (コメックス)の値段で、遂に、 1オンス(31.1グラム)=1560ドル を付けた。これが最高値だ。 9月4日の終値だ。

 この1560ドル を 31.1 で割って、それに、今のドル円の為替値段を掛ける、と 5266円 に なる。 これが、日本国内の 金の値段 である。 

 ところが、日本国内の金の値段の 最高値は、翌日9月5日の 5291円だった。ということは、NYの金(きん)の値段よりも、東京の 金の卸売り市場(TOCOM という。もうすぐ、大阪の商品(しょうひん)先物市場に移る) の方が、1グラムあたり、30円ぐらい高かったが、ほぼ同じだ。 日本国内で 金(きん)を買う力が、強まっている。

 その反対に、一般庶民は、「今、金(きん)が高いそうよ」と、貴金属の買い取り業者の店(かつての質屋さんとか)に押しかけている。 家に眠っていた、14金 のブレスレットや、アクセサリー、保存していた金歯(きんば)などを、持ち込んでいる。 売り値が、1グラム5600円にまで、跳ね上がったようだ。 だが、14金とかの、古い金製品は、その分、2,3割の値引きになる。 

 田中貴金属などの、大手の 金(きん)の小売商(その全国の特約店や代理店もある)は、先ほどの、国内の最高値の、5291円 に、400円ぐらいを足す(消費税8%と手数料)。

 すると、5691円だ。 実際の 田中貴金属の 売り値は、この日、5751円だった。500グラム以下の 金を、買う場合は、さらに、手数料が掛かって、1万5千円(プラス消費税) の 割り増し料金になる。・・・・等々(などなど)。

金(きん)を、まだ買ったことのない人は、もう少し、金は、下がりますから、その時、急いで、買いなさい。そういうことも、金融セミナーで、私が、たくさん話します。 

 いろいろと 細かい、具体的な話も、私は、しなけれないけない。どこのお店で買うと、その金地金の、刻印(こくいん)で、信用が高いか、とか、税務署への 連絡は、どのようにしてお店から行くのか、とかも、私は、自分の知っている限り、この金融セミナーに、参加する人たちから、質問があることには、すべて、お答えしようと思う。

 当日の質問コーナーよりも、事前に、質問事項を書いてもらって、それを見ながら、私が、お答えする、という仕組みにもなっている。 私の金融セミナーは、和気藹々(わきあいあい)と、仲間意識が、あって、遠慮したり、周囲に気兼(きが)ねすることなく、何でも気軽に質問できる。安心して、いらしてください。

 以下に載せる日経新聞の記事は、読むだけでも、難しい。それを、私は、自分の講演の中で、これらの難しい金融、経済の記事を、徹底的に、分かり易く、話そうと決意している。

 日本一、分かり易く、金融と、経済の話をする。その決意が私にはある。ですから、どうぞ、この10月20日の 金融セミナーに、いらしてください。 

申し込みは以下のページから ↓↓↓
https://kokucheese.com/event/index/579054/

副島隆彦拝


(新聞記事の転載貼り付け始め)

◯ 「金、世界で最高値 安全志向強まりドルと同時高 」
2019/9/7  日経新聞

金(きん)は新興国だけでなく欧州でも最高値をつけた
 新興国や欧州で、現地通貨建ての金価格が、相次ぎ過去最高になっている。世界経済の減速懸念で、価値が比較的目減りしにくいドル建ての金(きん)が買われた。

 基軸通貨ドルにも投資マネーが集まり、景気の下振れリスクが大きいとされる地域の通貨は下落した。価格が逆方向に動くことが多い、金(きん)とドルが、同時に上がるのは異例だ。投資家の世界景気への強い警戒感がにじむ。

新興国などで高値
 金(きん)の現物は、商社や金融機関などが取引するロンドンのドル建て取引価格が国際指標になる。これに現地通貨を掛けた理論値が、各国・地域の現物相場の目安になる。ロンドンの取引価格は現在、1トロイオンス(約31.1グラム)1510ドル前後。年初に比べ18%上昇し、2013年4月以来の水準だ。



 8月に国内の金地金(きんじがね)が最高値をつけたのは、インドだ。現地価格(輸送費や関税を除く)は1グラム3480ルピーと年初に比べ21%高い。ロシアでも同3200ルーブルと、年初から11%上がった。

 メキシコ、南アフリカ共和国なども、8~9月に過去最高値を更新した。過去にはブレグジット(英国のEU離脱)の決定で金融市場が動揺した2016年などにみられた。

 いずれもドル建て価格の上昇に通貨安が重なった。ユーロ建てや英ポンド建てで、今夏、相次ぎ最高値をつけた。米中 両国 の貿易戦争の長期化で、景気が減速するとの観測が背景にある。

 企業業績の悪化などへの懸念から、現物や先物(さきもの)の金(きん)を買う動きが、7月以降加速した。世界最大のヘッジファンドであるブリッジウォーター・アソシエーツ創業者のレイ・ダリオ氏も、金(きん)を推奨した。

 数年ぶりとなる金の値上がりは、リスク資産である株式市場にも影響を及ぼしている。バリック・ゴールドやアングロゴールド・アシャンティ、アグニコ・イーグル・マインズなど、米市場に上場している金採掘会社(金鉱山会社)は、頭(かしら)文字をとり「FAANG」ならぬ「BAANG(バーング)」と呼ばれる。
これらBAANG株の昨年末から8月末までの上昇率は、4~8割に達した。ダウ工業株30種平均(NYダウ)の同期間の上昇率(13%)を、大きく上回った。

 世界の景気が冷え込むことへの懸念から、基軸通貨(キー・カレンシー)ドルも上がりやすくなっている。ドルの総合的な強さを示す米インターコンチネンタル取引所(ICE)のドル指数は99台と、約2年ぶりの高水準をつけた。

 ブレグジットで経済混乱への警戒感が強まる英ポンドや、イタリア政局への不安が残るユーロも安くなっている。資産価値が減りにくく「無国籍通貨」の側面がある金(きん)は、市場規模が大きい基軸通貨ドルの代替投資先とされる。両者は逆の値動きをすることが一般的だ。瞬間的に金、ドルがともに上がることはあっても、長くは続かないことが多い。

 だが今回は様相が異なる。堅調なドル相場をみても、金(きん)は上がり続ける。ドルの上昇と金高(きんだか)の併存は、「ドル高を跳ね返すほど、安全資産として金(きん)への投資需要が強い証左だ」(ニッセイ基礎研究所の上野剛志氏)との指摘が根強い。市場の不安心理の強さを裏付ける。

 金とドルの同時高は、これまで「ギリシャ危機だった2010~11年など例が少ない」(野村証券の大越龍文氏)。ギリシャ債務危機のときは、金融市場の相場の急変による損失を避けたい投資マネーが、金とドルに同時に流れ込んだ。ドル指数は、09年末から10年夏にかけて上昇が続いた。



 金価格もそろって上がった。金の現物価格と並び、世界の指標(インデックス)となるニューヨーク市場の先物価格は、2010年初(はじめ)は、1トロイオンス1100ドル台だった。このあと1年半で3割上昇し、2011年8月には、最高値の1900ドル台を記録した。

一段の上昇も
 金価格は当面、上昇基調が続きそうだ。ニューヨーク先物は、9月に入り、6年5カ月ぶりの高値である1560ドルをつけた。次の心理的な節目は1600ドルだ。
米中両国は閣僚級会合を10月に実施すると決めた。ただ両国の貿易摩擦を巡る対立は根深く、「緊張緩和で合意できるか見通せない」との見方が多い。

 米トランプ政権は、9月1日から、幅広い消費財に追加関税を課した。米国の企業業績の悪化や、消費者心理の冷え込みが、懸念されている。ニッセイ基礎研究所の上野氏は、「金は1600ドルを超える展開も考えられる」と指摘する。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦 拝 



[2442]前立腺の肥大の手術は、するべきです。私の体験を広めます。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2019-09-09 18:32:30

副島隆彦です。 今日は、2019年9月9日(月)です。

台風一過で、やれやれだ。 私は、真っ正面から東京に向かうことはない、と思っていた。
東京の ヒート・アイランドに、正面衝突すると、台風の方が、負けて、消滅してしまうだろうと、いつも思っている。 だから、千葉の方にずれて、そして茨城から海に出て行った。夜中が、ずっと暴風雨というのは、いくつになってもイヤなものだ。

私は、今日は、自分が気にしていたことを、書きたくなった。 それは、前立腺肥大(ぜんりつせんひだい)という、男の 老人、高齢者の 病気のことだ。 私は、去年の3月に、手術をして、元気になった。 それ以来、おしっこ(尿)が、シャーシャー出るようになって、何の痛みもなくなった。5年間ぐらい、前立腺肥大で、オシッコが詰まって、苦しい思いをした。 



以下の記事を読んでください。簡潔にまとまっていて、いい。国民の基本知識として大事だ。

(転載貼り付け始め)

●「前立腺肥大は定年後に最も注意したい病気…88%が65歳以上」

2019年9月8日 日刊ゲンダイ
https://hc.nikkan-gendai.com/articles/261420

白内障の患者数は、約94万7000人。その約90%が「65歳以上」(厚労省「患者調査」2017年)で、加齢が大きな原因とされる。
 加齢という意味では、前立腺肥大症も同様か。先の「患者調査」によると、患者総数は約47万3000人。世代別では次の通り。

・45~54歳…1万人
・55~64歳…4万人
・65歳以上…41万9000人

 65歳を境に激増しており、総数の約88%が「65歳以上」に集中。これまた、サラリーマンが定年後に“最も注意したい病気”といっていい。 文字通り、前立腺が大きくなって尿道を圧迫し、排尿障害を引き起こす病気だ。原因は、加齢や男性ホルモンの働きが大きく関与しているといわれる。

遺伝、食生活、高血圧、肥満などもリスク要因になる。人間ドックなどで、「前立腺が肥大してます」と医者から指摘されるケースも少なくない。初期の段階では激痛があるわけでもなく放置する患者が多い。

お酒は厳禁。オシッコは我慢しないで、すぐトイレへ――などが基本的な予防策。食生活の面では、大豆や野菜など、イソフラボノイドを含む食品をたくさん取ることが、発症を防ぐことにつながる。ただ、以下のような自覚症状がある場合は、注意が必要だ。

・若い時に比べオシッコが出にくくなった  ・頻尿だと思う  ・残尿感がある ・尿漏れが増えた。  心当たりがある人は、専門医でキチンと検査するのがベストだ。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。 私は、この症状で苦しんでいる高齢者の 男性は、決意して、手術を受けるべきだと、思って、この文を書いている。手術を受けてよかった、というのが、私の体験者としての考えだ。だが、世の中には、外科の手術を、敬遠して避けようとする人々がいる。「手術という、人間の体に、メスを入れるのは、体にとってよくない」という人たちがいる。この考えも、理解できる。だが、あまりに、苦しんでいる人は、やはり、この手術は、した方がいい。



私が、前立腺肥大で、その肥大部分を 削り取る手術を、自分で受けて分かったことは、
上の 挿絵の 人体図、 によく、描かれているように、 膀胱(ぼうこう)の下の部分が、大きく肥大している、と図のようなものではない。実際は、膀胱の入り口、尿の出口のところが、堅く、石のようになって、その為に、尿道を圧迫して、排尿障害を起こすのだと、実感で分かった。 この膀胱の出口のところの堅くなったところに、きっとオリンパス社が、開発した、カテーテルと、内視鏡と レーザー・メスが、付いた、器具を、尿道から、差し込んで、そして、医師が、電子カメラを覗きながら、遠隔操作で 手術をするのだ、と分かった。 

私の場合は、30歳代の若い女医さんが執刀した(笑)。部長の男の先生が、横から、「もうちょっと、この辺を取りなさい」と、指図(さしず)していた。私の場合は、下半身だけの麻酔だったから、そういうやりとりが聞こえた。

私が、ここに載せた、自分の 写真と、手術体験記の文は、自分の血尿バッグを持ち上げながら、病室で撮ってもらったものだ。この体験記の部分も、何とか、読めるのではないか。ある雑誌に去年、載せた体験記だ。

私が、なぜ、「前立腺肥大 の手術は、さっさと、やりなさい」と、奨(すす)めるか、というと、80歳で、元気な、スポーツマンで、資産家で、会社経営もしていた、立派な人格者で、頭のいい人だから、私、副島隆彦の本を読んでくれる人がいて、この人が、最近、お会いしたときに、 

「いやあ、副島先生のあの 文章を読んで、私も、遂(つい)に決断して、前立腺の手術を受けたよ。よかったー。完全に治った。先生の言うことを聞いて、本当に助かった。ありがたい 」と、私に、感謝してくれたからだ。 

 だから、私は、この話を聞いて、そうか、それでは、もっと、多くの人に、この話を広めないと、いけないなあーと、思って、この重たい掲示板に、書くと決めたのだ。

手術は、30分ぐらいで、その前に、麻酔の注射とかあるから、合計でも1時間弱だ。こういう、外科の手術でも、5時間も10時間もかかる、重病の手術は、女の先生では、大変だ。だが、30分や、1時間なら、女医さんでも出来る、ということで、女医さんの中でも、気合いの入っている人たちが、どんどん、この泌尿器科(ひにょうきか)に進出している。

 この手術が出来る、大きな病院での入院は、私の場合は、10日だった。早い人は、7日ぐらいで退院する。 レーザーメスで削り取った、膀胱の出口の部分から、激しく出血して、そっれが、血尿になって出る。手術後の数日は、真っ赤な尿だ。それが、だんだん、薄くなって、血尿が出なくなったときが、膀胱の壁の かさぶたが、きれいな新しい壁になったときだ。 私は、「今日は、レッドワインから、ロゼ ぐらいかな 」と、毎日、看護師さんたちと話して、軽口を叩いていた。






副島隆彦です。なお、私は、今日は、前立腺ガンの話はしない。 前立腺ガンの場合は、お腹(なか)の上から、放射線治療で、2カ月で、60シーベルトとか、80シーベルトの、放射線 (放射能)を当てて、それで、幹部を焼き取る、ということをするようだ。 それ以上のことは、私は知らない。 
私の周囲で、編集者あがり、とか、でこの前立腺ガンになたひとが、数人出たので、いろいろ聞いて、知っている。医師たちは、いちいち、こういう話は、してくれない。

 病院の外来(がいらい)の壁に、新聞記事が貼ってあったのを私は、読んだ。「イギリスでは、男性の ガンによる死亡者の、第1位は、胃がん、肺がんを抜いて、前立腺ガンになった」と書いてあった。ということは、日本でも、もうすぐそうなる、ということだ。

 前立腺肥大と、前立腺ガン は、違う。ガンは、再発すると大変だ。肥大症は、そういう心配がいらなくて、よかった。それでも、どうせ、人は、死ぬ。
男の前立腺肥大は、女の、子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)の、手術と、同じことだろうと、私は、荒っぽい素人考えで、書く。 

 私は、こういう 荒っぽいことを書くと、大体、その方が真実で、専門分野の専門家たちよりも、私の方が、大きいところでは、当たる。 大きな真実を分かり易く コトバにする、能力がある、という自信を持っている。 私は、今や、あらゆる業界、学界の、その上に立つ、本当の思想家だからだ。このように、私は威張る。

 だから、皆さんの、まわり、や、知人たちの中で、70歳、80歳の、 元気な爺(じい)さんたちで、前立腺で、苦しんでいる人がいたら、私の、この文章をプリントして、読ませなさい。私は、こういう場面でも、人々のお役に立つことをしたいのだ。どうぞ、私のこの知識、情報、体験記を、拡散(かくさん)してください。 

いくら、薬をのんだり、健康法をあれこれ、やってみても、ダメなんだ。

それと、世界に誇る 内視鏡(ないしきょう)技術を、内科の医師たちと一緒に、開発した、オリンパスという会社は、本当に、偉い、すばらしい会社だ。私は、オリンパスに感謝している。 

 副島隆彦 拝



[2441]パンピー
投稿者:森本達樹
投稿日:2019-09-04 23:11:37


今日のぼやき 会員ページ 「1844」 アメリカ革命に関連させながらフランス革命の話をします(第2回・全3回)2019年9月2日
で、副島先生が「パンピー」を、非常に正しい使い方 だと仰っている。

Wikipediaによると、「パンピー」は、1970年代に流行ったコトバらしい。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%BC

「パンピー(一般ピープル。一般ピーポー。)」は、死語でない。
私が「パンピー」というコトバを知り得たのも、数年前だ。

「パンピー」は、私にとって、尊大になりがちな自分を「しょせん、オレはパンピーだ」と、律するコトバであり、誇大妄想を抱いている身近な人(上司など)を「同じパンピーのクセに」と、蔑むコトバでもある。

その「パンピー」というコトバを、副島先生が、正しい使い方 と、仰ってくださったので、安心して「私はパンピー(貧乏人)だ」と、今後も言い続けたい。


ところで、英国では、10月に、総選挙(general election)になりそうな気配である。

英国のEU離脱、深まる混迷 議会「合意なき離脱」阻止へ審議
共同通信社 2019/09/04 21:18

http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e8%8b%b1%e5%9b%bd%e3%81%aeeu%e9%9b%a2%e8%84%b1%e3%80%81%e6%b7%b1%e3%81%be%e3%82%8b%e6%b7%b7%e8%bf%b7-%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e3%80%8c%e5%90%88%e6%84%8f%e3%81%aa%e3%81%8d%e9%9b%a2%e8%84%b1%e3%80%8d%e9%98%bb%e6%ad%a2%e3%81%b8%e5%af%a9%e8%ad%b0/ar-AAGNl4w?ocid=LENOVODHP17

副島先生は、重たい掲示板 [2438] 小泉進次郎 と 滝クリ の結婚発表 は、日本国民の、重低音の怒りを買った。 で、

今の、BREXIT (ブレクジット。EUからの離脱)問題で、馬鹿みたいに、毎日、もう、2年間も揺れている、イギリス(かつての大英帝国。ザ・コモンウエルスという)の、大騒ぎの、本当の隠された真実は、英国の王政を 、いくら何でも、廃止しなければいけない。という問題なのだ。

ずっと大国で、戦勝国を続けたので、国内体制が、王政と貴族制度を残したままで、変更にならなかったイギリスが、世界で一番、遅れた国なのだと、イギリスの労働者階級とリベラル派の知識人層 は、腹の底から知っている。

まさか、そんな。と、そんなことは、起こりえない、と、思っている、旧式で、生来、頭の悪い人間は、そう、思っていろ。 次に、イギリスに、 今のジェレミー・コービン労働党党首が、政権を、取ったら、この「王政廃止」の問題が、表面に出てくる。

と、述べられている。

英国が王制を廃止すれば、第二次世界大戦後の主要国では、イタリアに次いで2か国目になる。
たしか、イタリアは、国民投票で、王制を復活できる。だから、王位請求者が存在する。

ヴィットーリオ・エマヌエーレ・ディ・サヴォイア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%9E%E3%83%8C%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%82%A4%E3%82%A2

↑(この御大は、エルサレム王位の請求権も継承しているらしい。良く分からん。)

副島先生の予言では、次の英国王は、ウイリアムである(ウイリアムは「王子」じゃないだろう)。
彼が、最後の英国王になるのか?

ただ1つ言えるのは、英国で「王制廃止」の問題が表面化しても、日本のメディアは、きっと、報道しない。
重たい掲示板[2438]を読み、少しだけ英国の事情が分かる土人になった、と思う。



[2440]今週末、大阪で、私の講演があります。会員で暇な人は、来て下さい。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2019-09-03 11:03:34

副島隆彦です。今日は、2019年9月3日(水)です。

 私は、今週末の 土曜日、 9月7日の 午後 に、大阪で、講演をします。
詳細は、以下の通りです。 商品先物(しょうひんさきもの)業者の、サンワード貿易株式会社の 主催です。

学問道場の会員(元会員でもOK)で、大阪圏にお住まいで、この機会に、私の話を聴いてみたいと言う人は、来て下さい。無料のようです。 主催者に、電話で連絡してから、来て下さい。

 この講演会は、午後4時には終わるそうですから、 そのあと、私は、学問道場の会員の皆さんと、近くのカフェででも、お茶を飲みたい。私は、最近は、あまり大阪に行くこともなくなりました。 それで、あまりお会いする機会がない、会員たちと、お話ししたいと思います。1時間ぐらいです。 

 講演会場は、大阪の梅田の、梅田ビルです。 梅田(うめだ)というのは、JR大阪駅のあるところです。私は、今から48年前に、初めて大阪に行って、駅からずっと繋がっている地下のアーケードを歩いて、「そうか、大阪駅のことを、大阪、関西の人たちは、梅田と言うんだ」と知りました。 

 世界中、どこに行っても、そんなものです。 現地に行って、地元の人と話さないと、どんなに簡単なことも、はっきりとは、分かりません。お互い様、皆、知らないことは、知らない。みんな、常に小学一年生です。 

 私は、知ったかぶり が大嫌いな人間だから、いつも、小学一年生 の 「へー、そうなんだ。初めて知った」に、戻ります。高級知識人ぶって、「自分は、何でも知っている」みたない人間が、一番、いけない。 専門家なんて、どこの業界、学界の人間も、皆、ろくでみない人間で、威張っているだけの 人騙(ひとだま)し たちだ。自分も、他の専門分野から見たら、ただの、素人(しろうと)で、何も知らないアホだ。

 私は、絶対に、知ったかぶりには、なりません。この世の、隠(かく)されている、大きな真実を、すべて、暴(あば)いて、暴き立てて、白日(はくじつ)の下に晒(さら)してやる、という深い、決意で生きて来た。

 私は、こうやって、言論人、知識人、もの書き という商売で、40年、生きて来ました。相手がどんな人であっても、平等に、穏やかに話します。そして、専門家ぶって、どこか威張っている感じの人間には、手加減なしで、突っかかって、攻め掛かります。

 私は、弟子の 六城(ろくじょう)くんの本『 隠された十字架 江戸の数学者たち』(秀和システム 刊)が、今週から発売になった( 今日のぼやき で、今、宣伝しています)。 このあと、私は、 「数学と 物理学 も、宗教 の一種だ」 という、私の人生の学問研究の大きな予定のひとつに向かって、動いています。 乞うご期待。 

 大阪で、少しですが、皆さんにお会いしてご挨拶できればと、と思います。 

 副島隆彦拝

(私の講演の 内容です) 


 以下が、9月7日セミナーのランディングページのリンクです。

https://www.sunward-t.co.jp/seminar/2019/09/07/index.html 

日時
2019年9月7日(土)
    12:30開場 13:00開演 16:00終了予定
会場
AP大阪梅田茶屋町(ABC-MART梅田ビル)8F 
    〒530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町1-27 ABC-MART梅田ビル8F D+E  [地図]

参加費 無料
・応募者多数の場合は抽選とさせていただく場合がございます。
・抽選の場合は、弊社でお取引実績のある方や初めて弊社セミナーに参加される 方が優先されます。
・抽選の結果は開催日一週間前を目安にメールにてご連絡いたします。
・お申込が一定数に達しない場合は講演を中止または延期させていただく場合がございます。
・同業者様や学生さんはご遠慮下さい。

主催 サンワード貿易株式会社

https://www.sunward-t.co.jp/seminar/2019/09/07/index.html 
 
(以上が 9月7日の講演の要旨です)

以上です。 副島隆彦拝 



[2439]「隠された十字架 江戸の数学者たち」は江戸の思想史でもある
投稿者:六城雅敦
投稿日:2019-09-02 13:52:58

会員の六城雅敦です。本日は9月2日で、昨日拙書「隠された十字架 江戸の数学者たち」が上梓されました。

数学というタイトルがあるだけで、関係ないと思われるでしょうが、ご安心下さい、専門的な数学用語や数式は一切出てきません。

学問道場の主要な研究テーマである、<思想の系統の研究>のひとつとして、本書が誕生しました。

前書「蕃書調所の研究」から、さらにザビエルが来訪した頃(1550年)あたりまで遡って、科学と権力の関係をアウトルックしたものです。

すでに江戸開府の頃から、日本の知識層の思想は一枚板ではなかったということに驚かれるでしょう。

日本で思想・哲学の主要な柱である数学(物理学・天文学)を横断的に解説される研究者は少ないのです。

本書は、和算(江戸の頃までの日本の数学)を手っ取り早くしるための。ダイジェスト版です。
また、いまも精力的に研究成果を発表されている随一の研究者・鈴木武雄(1944-)氏の著書の論点の要約でもあります。

日本の数学史は、現在の高等教育でも、軽視され埋もれて消え去りそうな分野です。
しかし、ここが一番、理学(サイエンス)・科学(これもサイエンス)を真に理解するための要所です。

サイエンスとは思想の一派であるということを知らずして、ヤレ彼氏が理系だとか、白衣を着て眉間を寄せている姿がステキだとか、浮かれて何かワカンないけど、カッコイイとはしゃぐ日本人のナンと多いことよ・・・

○○チャンに「ぼぉーっと・・・」(以下略)

どうか「今日のぼやき」ページもお読み下さい。



[2438]小泉進次郎 と 滝クリ の結婚発表 は、日本国民の、重低音の怒りを買った。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2019-08-26 12:22:46

副島隆彦です。 今日は、 2019年8月26日(月)です。

冒頭に、内部情報 を書きます。新しい アメリカの日本大使が決まったようだ。ケネス・ワインシュタイン氏だ。 ワインシュティーンと、アメリカ英語では、発声する。ハドソン研究所の研究員だ。
ハドソン研は、グローバリスト(地球「支配」主義者)の シンクタンクで、相当に荒っぽいこともやる。 

ハドソン研 への最大の資金源(パトロン)は、日本の笹川財団だ。 首都ワシントンでは、The US Japan Foundation 「ザ・ユーエス・ジャパン・ファウンデイション」だが、通用している名前は、
Sasagawa Foundaiton 「ササガワ・ファウンデイション」だ。 日本を裏側から操っている、一番、ワルい組織だ。  

ということは、アメリカと、中国の 貿易・ハイテク・通信戦争は、もっと激化する、ということだ。
日本は、アメリカに利用されて、中国と、ケンカをさせられる。今度の駐日大使のケネス・ワインシュタインは、相当に 危ない男だ。


  トランプが、喚(わめ)いて、「中国との 貿易・ハイテク・先端通信機 スマホ、5G(ファイブ・ジー)戦争」を 激化させれば、させるほど、NY の株が暴落する。 日本もそれに連れて、暴落する。今日も、日経平均が、400円ぐらい落ちるようだ。NYも、600ドルとか、すぐに落ちる。

 金持ち・資産家たちは、不安になって、おどおどしている。 これらの、謎を 大きく解明する本を、私は、今、必死になって書いている。 秋に、3冊出るだろう。

 私が、最近、極めて不愉快なのは、 例の、日本政治での、 小泉進次郎と、芸能人の滝川クリステルの 結婚発表の ことだ。 どうして、こういう バカを、ふたり、「日本の次の首相の最有力で、その奥様になる女性で、フランス語が堪能(たんのう)の女性」を、
日本国は、異様に、持ち上げるのか。 私は、怒っている。


●首相官邸で、8月7日

後ろの方に載せる、週刊誌記事で、アサヒ芸能が、短く、

「 8月7日に結婚を明らかにした、自民党の小泉進次郎衆院議員とフリーアナウンサーの滝川クリステル。翌8日には小泉氏の秘書が婚姻届を提出し、晴れて夫婦となった。
 ビッグカップルの誕生に日本列島はいまだに沸いているが、次なる楽しみは、来年誕生するベビーと、“小泉首相とファーストレディ・滝川クリステル”の誕生だ」

「  安倍首相の自民党総裁任期満了は2021年9月。「ポスト安倍」を巡る熾烈な争いは激化していくが、世論調査では次期首相候補として小泉氏は常に上位につけている 」

と、なっている。 私は、こういう、恐ろしい政治宣伝の、極めて狡猾(こうかつ)な仕掛け、に、本気で怒る。 出来ちゃった結婚で、妊娠半年で、急いで、公表しなければ」で、こういう次第です、と、このバカ2人は、しおらしそうに、寡黙(かもく)に、ほとんど、しゃべらないで、各社のテレビの放列の 前に、立っていたようだ。 それを首相官邸で、やった。許し難いことだ。

 全部、仕組まれている。仕組んだのは、菅義偉(すがよしひで)官房長官だ。この事実はすでに、週刊誌などで報道されている。 この、策士の、寝業師の、ワルの親玉になった、一代で、秋田の貧乏人から成り上がった政治家が、こういう やってはならないことを、やる。自分が、キング・メイカーになって、日本を、動かしている。

 菅義偉の背後には、笹川陽平(ささがわ・ようへい)という、恐ろしい笹川財団(旧 船舶振興会。競艇の元締め)のドンで、今の日本国のキングメーカーがいる。恐ろしい政治宗教団体の、最大の資金源だ。北海道知事になった、夕張市長だった男も、初めから菅が、仕組んだ。橋下徹も、深く繋(つな)がっている。

 何が許せないことか。それは、日本に、こういう 王子さま(プリンス)、王女さま(プリンセス)の 制度を、これ以上、実体化させて、作ってはいけない、からだ。

政治家の 馬鹿ボンボン の 3代目、4代目 が、のうのうと、いつまでも、日本国民の代表になって、この国を、動かす、という、現代の貴族制度(きぞくせいど。貴族 peers ピアー たち) の国に、戻したらいけないのだ。

 日本は、天皇制度は、イギリスの王室の真似のまま、憲法体制(1条から8条。9条が平和憲法)の中に残している。だが、イギリスの 王政(おうせい。キングダム 王国。モナーキー 君主制 )も、 そろそろ、危なくなってきた。 

 今の、BREXIT (ブレクジット。EUからの離脱)問題で、馬鹿みたいに、毎日、もう、2年間も揺れている、イギリス(かつての大英帝国。ザ・コモンウエルスという)の、大騒ぎの、本当の隠された真実は、英国の王政を 、いくら何でも、廃止しなければいけない。という問題なのだ。

 ずっと大国で、戦勝国を続けたので、国内体制が、王政と貴族制度を残したままで、変更にならなかったイギリスが、世界で一番、遅れた国なのだと、イギリスの労働者階級とリベラル派の知識人層 は、腹の底から知っている。

 まさか、そんな。と、そんなことは、起こりえない、と、思っている、旧式で、生来、頭の悪い人間は、そう、思っていろ。 次に、イギリスに、 今のジェレミー・コービン労働党党首が、政権を、取ったら、この「王政廃止」の問題が、表面に出てくる。


 私、副島隆彦は、世界基準(ワールド・ヴァリューズ world values )で、ものごとを考えることの出来る、唯一の、日本人だから、分かる。この イギリス王政・国王制度の廃止、の問題は、これ以上は、書かない。近いうちに書きます。

 私が、首相官邸でやった、「大慌てを装って、狡猾に仕組んだ、進次郎 と滝クリ の 結婚発表」 の何が、許せないのか、と、言うと、それは、日本に、プリンス、プリンセス の制度を、実態、実勢として、作ってはいけない、からだ。

日本は、曲がりなりにも、デモクラシー(民主政治、代議制(だいぎせい)民主政体みんしゅせいたい)✕ 民主主義 は、誤訳。 デモクラチズムという英語、ヨーロッパ語は無い ) の 国である。 そこに、政治家の、アホ息子の、 3代目、4代目が、いつまでも、のさばって、

「毛並みのいい、いい家柄の人間しか、政治家になれない」という、悪習、悪癖、悪臭 を、これ以上、作ってはいけない。 このまま、馬鹿ボンボンたちの国を続けたら、いよいよ、日本は、衰退して、おかしな国になりはてる。 

 アメリカの言うことを聞く、おカネを、いくらでも、毟(むし)り取られる、(おそらく、すでに、2000兆円ぐらい、持ってゆかれた)、貧乏国のまま、絶望的な国になる。アメリカは、自分たち(アメリカ帝国)に逆らわない、言うことを、ヘコヘコと聴く、ボンクラしか、日本国の 代表にしない。

民主政治の みんなの代表、国民の代表( レプレゼンタティブ representatives 、代理人という意味もある) は、本当に、能力のある人間が成らなければいけない。艱難辛苦(かんなんしんく)に耐えて、下から這い上がって来た人間でなければいけない。

 どんな苦労にも耐えられる、みんなの信頼を一身に集めて、みんな(国民)の為めに、命懸けで、闘える、(帝国との厳しい交渉を含めて)優れた資質の人間でなければ、いけない。

 馬鹿ボンボン の、アホ、の何の苦労にも耐えていない、おかしな、「ええとこのボン」が、自分の会社(大店、おおだな)の財産を、使い散らして、没落するのは、それは、世の中は、許す。「ほんまに、あの人は、売り家と、唐文字(からもじ)で書く、三代目 はん、やったんやなあ」と、世間(せけん)は、冷たくだが、微笑(ほほえ)ましく、じっと見ている。

 だが、こういう、ボンボンが、そのまま、一国の代表になって、それで、その横に、ファーストレディの綺麗な人、が、慎(つつ)ましやかに、遠慮深そうに、しています。 これは、綺麗な絵になる、では済まない。 徹底的に、糾弾すべき事だ。

 進次郎と滝クリ の 、すらっとした、芸能人波の、イケメンの、美男 と、美女の、 取り合わせ、が、次の日本の首相夫妻になる、などと、日本国民を、バカにするのも、いい加減にせいよ。

 美男、美女が、ふたりくっついて、お雛(ひな)様のように、並ぶと、美しいから、見ている方も、和(なご)やかになる、では、済まない。

この進次郎、と滝クリ(フランス人との合いの子。だから、日本人離れの、美人) の美男、美妓(びき。この伎 は、芸妓の伎で、東アジアの伝統では、皇帝、国王の第三夫人ぐらいの位だ ) の 突然を装った、いやらし、しおらしそうな、結婚発表が、日本国民の 一千万人ぐらいから、どれぐらい、重低音(じゅうていおん)の、怒りを買ったか。 策略家、菅義偉 。よーく、分かっていろよ。 「まあ、うまくいったんじゃないですか」で、済まして、堪(たま)るか。

 私は、進次郎・滝クリの、美しい、おひな様セットのような、美男、美女の、結婚発表を、大いに喜んで、温かく迎えた、という、日本人が、たくさんいる、と言うことも分かる。それは、「自民党(じみんとう)女(おんな)」と、よばれる、種族の女どもが、中心だ。簡単に言えば、金持ち、資産家、企業経営者の、家の、女たちだ。

だが、この中でも、夫(旦那、亭主、配偶者、スパウズ)と苦労して、一代で、会社を盛り立てた、女は、そういう単純な、見方は、しない。 「こういう、やらせの政治は、いけないね」と、、真に堅実で、人生の苦労を、本当に、身に染みて、分かっている、人間たちは、このバカ2人を、簡単には、褒(ほ)めない。 

「何を、いい気になって、この人たちは、人前(ひとまえ、首相官邸)に出てきて、こんな、お腹(なか)がもう、大きくなって、出てくるもんじゃない。もっと、静かに個人的な、私事(わたくしごと)として、家族だけでやるもんだよ」と、 本当に、深い知恵のある、配慮の出来る人間たちは、言う。

 世の中、全部が、芸能人化して、テレビ映(うつ)りのいいのばっかりで、スポーツ選手どもまでが、芸能人化して、それに連れて、政治家(議員。みんなの代表)までが、見栄えのいい、女たちから好かれる、芸能人化している。これは世界で起きていることだ。

 私が言う、自民党女(じみんとうおんな)というのが、500万人ぐらい、いる。若い女にもいる。金持ちの家の、バカ娘が、中心だが。こういう女たちは、本性(ほんしょう)が、こすっからいから、世の中の特権(とっけん)に擦り寄り、他の人よりも得(とく)をすることばっかり考えている。朝から晩まで、抜け目のない、ワルの女どもだ。女という生き物の、一番、悪いところを前面に表している女たちだ。男を、色香(いろか)で、騙すことしか、考えない。

 この自民党女たちに、引きずられる形で、若いのに、自民党男( 日本は、どうしたって、自民党じゃなきゃいけないね、と、若い頃から言うような、ワルたちだ。ただの大企業サラリーマンでも、こういうのはいる )が、他に、500万人いるのだろう。

 この者たちが、進次郎と滝クリの芸能人のような、綺麗(きれい)なカップルを、素直に、祝福する。

だが、世の中は、そうはいかない。 政治は、多くの貧乏で、恵まれない、人々、国民のためにある。 多くの、国民は、今は、貧乏で、苦労して、税金や、社会保障のカネばっかり、ガブガブ 取られて、打ちのめされたようになって生きている。日本国民の多くは、藻掻(もが)き苦しんでいるのだ。

 この人たちは、進次郎と、滝クリの、「首相官邸での」お披露目(ひろめ)を、テレビで見て、なんとも言えない、複雑な、感情に、まず、囚(とら)われただろう。それから、重低音(じゅうていおん)の怒りのようなものが、胸の下、腹の中に、生まれただろう。私が、そうだ。 「何を、こいつら、いい気になっているんだ。

 お前たちは、一体、何の努力があって、何の資格があって、そういう、出来ちゃった結婚で、白状しまーす」みたいな、事が出来るんだ。テレビ・キャスターで、苦労しています、だと? ハ。 それで、 進次郎 は、テレビの女アナウンサーたちを、たくさん、食べてきました、だと(後掲する、週刊誌記事)。

 「お前らは、何様(なにさま)だ-」と、深いところでの怒りが、脳(頭)の奥で、チロチロと燃えたはずなのだ。だが、それは、口に出して、言えない。友人にも言えない。

 言うと、自分が、嫉妬(しっと)、妬(ねた)み、嫉(そね)み、僻(ひが)み根性、怨嗟(えんさ)、怨念(おんねん)という、劣等感情を持っている人間だと、周(まわ)りから見られる、と思うからだ。 偉いとこの、いいとこの、しかも美男美女のカップルのお披露目なんだから、暖かくお祝いしてあげなくては、と、自分で、自分の考え(脳)を、穏やかの方に、訂正する。

 だが、この「この2人、一体、何様?」が、正しい。何様だ? だから、日本の、プリンス(王子さま)、プリンセス(お姫さま、王女さま)だってば、ということだ。

 プリンス、プリンセスは、貴族制度(旧 華族 (かぞく)制度。敗戦で、壊れて消えた )だから、叩き潰さなければいけない。今は、いくら、アメリカさまが、与えてくれた、民主政治(デモクラシー)だとは言っても、それでも、これを、本当に大事にしなければいけない。

 日本の大企業は、創業者一族が、まだ、いるところはいる。だが、創業者一族がいなくなれば、一般社員の、正社員で入った者の中から、本当に、能力のある、人間が、這い上がって、社長、会長 になる。 ワルの 小狡(こずる)いのも含めて、能力がないと、上に上って行けない。周りが、しっかり、30年も監視して、お互いの、社員同士の、能力評価は、厳しい。そこを上に行けるのは、相当に厳しいことだ。

 中小企業であっても、苦労して、現場で、鍛(きた)えれた、能力のある人間でないと、経営者には、なれない。厳しい、試練がたくさんある。馬鹿ボンボンは、追放されるか、自分で、身の程(ほど)を知って、さっさと、出てゆかなければいけない。オヤジと、ジイさん(祖父)が作ってくれた、不動産と、株式だけは、自分のものだ。

 進次郎と滝クリには、私は、あんまり、調子に乗っていると、フランスの国王、ルイ16世と奥様の、マリー・アントワネット( 神聖ローマ帝国、ハプスブルグ家 の女帝、マリア・テレジアの長女)と同じ、運命が待っているゾ、と言っておきます。

 ここまで、書くと、さすがに、副島隆彦、それは、言い過ぎ(書き過ぎ)だよと、言われるだろうが、小泉進次郎は、関東学院大学(かんとうがくいんだいがく)卒だ。この大学が、どれぐらい、バカ大学か。知っているのは、横浜、横須賀を中心にした、関東平野の下半分(南側)の人たちだけだ。東京の人間も、ほとんど知らない。

 地元に行けば、ああ、あそこか、と、皆に、嗤(わら)われるような、大学だ。 それが、あの、極悪人(ごくあくにん)の、日本操(あやつ)り班(はん)= ジャパン・ハンドラーズの マイケル・グリーンの鞄(かばん)持ち、子分 をやって、それで、首都ワシントンのジョージタウン大学( ローマ・カトリック教会の中でも、さらに悪質なイエズス会の牙城)の、大学院の卒業、となっている。英語で論文を書いたそうだ。日本語も、きちんと書けないだろうに。

 関東学院大学が、どれぐらい、馬鹿ボンボンが行くところか、と、私が、書くと、学歴差別だ、 あれ? 逆(ぎゃく)学歴差別か? を、公言する、差別主義者のソエジマ、と、私を糾弾する者が、出てくる。かな? 出て来いよ。

 バカが、安倍晋三もそうだが、日本国の指導者、代表者、首相になっている。これを、なんとしても、もう、いい加減に、阻止しないといけない。日本国は、皇室(王族)以外には、プリンス、プリンセスは、いてはならないのだ。 このことを、進次郎・滝クリ首相と夫人、戦略、で、着々と、動き出した、自民党のワルども、よーく、考えろよ。

 もう25年続いている不景気で(お前たちのセイもある)、国民は、こんなに苦労して、生きるのがやっとで、喘(あえ)いでいる日本国民の、重低音の怒り、というものを、甘く見るなよ。

 苦労に、苦労で、貧乏から這い上がって、そして、敗戦後に、土方(どかた)の親分 (ズボンはニッカーポッカーを穿いていた)から、這い上がった、経営者たちを含めて、本当に、この世の苦労を知っている人で、他の人たちの苦労も知って、それでも、「オレが、みんなのために何とかしてやる」という、実績のある、苦労人が、日本の指導者(首相)に、ならなればいけない。

 こんな、進次郎・滝クリのような、美男、美女が、もて囃(はや)されたら、デブで、チビで、ブスで、貧乏な、女たちは、どうしたらいいんだ。お殿さま、と 奥方のやることだから、下々(しもじも)の私たちは、文句なんか言わないで、それを、暖かく迎えるのが、いいんだよ、で。 一生、貧乏で、這(は)いつくばって生きていい、のか。

 日本人よ、今こそ、ド性骨(しょっぽね)を、たたき直せ。そして、立ち上がるぞ。生まれながらの、王侯貴族や、お殿さまや、お姫様が、いてはいけないのだ。 叩(たた)き潰(つぶ)せ。

副島隆彦記


(転載貼り付け始め)

◯ 小泉進次郎氏が“捨てた” 女子アナ の実名追跡

2019年8月22日  東スポ 

電撃婚したばかりの進次郎氏だが…
 滝川クリステル(41)と“デキ婚”した小泉進次郎衆院議員(38)に早速“文春砲”の洗礼だ。

 21日発売の週刊文春が「進次郎が捨てた『女子アナ彼女』」と大展開。「女子アナキラー」と呼ばれた進次郎氏があちこちに手を出していたことなどを詳報した。実名こそ伏せているものの、時には同時進行で他局の女子アナと…といったこともあったというから驚き。これにはテレビ各局も騒然となっている。そこで本紙が、進次郎氏にチョッカイを出されたとされる女子アナの実名を追跡すると――。

 テレビ業界は“文春砲”に騒然。進次郎氏に「チョッカイを出された女子アナは誰か?」の話題で持ち切りだ。
 
 文春報道にはそのヒントがちりばめられている。16年ごろに進次郎氏と“関係”があったとされる女子アナAとBは同期入社で、Aはテレビ朝日でスポーツキャスターを、BはTBSで報道番組を担当していたという。

「Aは17年にテレ朝を退社した青山愛アナ(30)で、Bは古谷有美アナ(31)ではないか?と噂になっています。ともに11年入社。進次郎氏と接点があることが確認されています」(同)

 もう少し若い世代に目を向けると、浮上するのはテレ朝の紀真耶(きの・まや)アナ(26)とTBSの宇内梨沙アナ(27)だ。別のテレビ関係者の話。

「宇内アナは進次郎氏と同じ横須賀市出身で、インスタグラムでは進次郎氏と一緒の写真もある。宇内アナを起点にテレ朝の15年入社組を調べると怪しいのが紀アナ。『サタデーステーション』でスポーツコーナーを担当していました」

 同誌ではこのほか、のちに有名アスリートと結婚したCも“お相手”として登場する。これについては「局アナではない」(同)という意見が圧倒的だ。 これらの女子アナに進次郎氏との接点があったのは確か。とはいえ、どこまでの仲だったのかは当然、当人しか知り得ない。

 一方で、滝クリとの結婚発表直前に開かれた番記者飲み会ではこんな一幕もあった。「某社の記者から『女弁護士と付き合っているという噂があるけど、どうなんですか?』と聞かれていた。進次郎氏は『何それ?』と笑っていましたが、結果アレ(滝クリとのデキ婚)ですからね。どれだけ女がいるんだ!?となりましたよ」(関係者)

 進次郎氏は、今月7日に官邸を訪問し、滝クリとの結婚を発表。翌日入籍する電撃婚となったが、事前にマスコミ各社にスクープされることはなかった。永田町関係者は背景をこう指摘する。

「進次郎氏が恐れていたのは入籍前に週刊誌等で自身のスキャンダルが出ること。発表のタイミングは翌週からお盆休みに入るため、週刊誌は休みになり、すぐに何か暴かれることはないと計算したから。ただ一時しのぎでしかなく、案の定、各誌動いてきました」

 週刊文春に加え、週刊新潮も進次郎氏の女性遍歴を掲載したが、進次郎氏が最も恐れていることがあるという。

「一番心配したのは過去に関係があった女性の告白。結婚前で独身ですから恋愛は自由ですが、いろいろと浮名を流していて、過去の女性から一方的に何を言われるかわからない。滝クリとの交際時期が重なっていたり、遊ばれてポイ捨てされたなんて女性が出てくれば、進次郎氏の清廉潔白なイメージがガラリと変わってしまいますからね」(同関係者)

 文春の見出しは「進次郎が捨てた女子アナ彼女」とセンセーショナルだが、女子アナや既婚、子持ちの女性実業家などは匿名。交際していたことを示す写真や文書などの決定的証拠も報じられなかった。
 
とはいえ、新婚の2人に波風は立たないのか。
「滝クリも過去に派手な男性遍歴がありましたが、意外に純なところがあって、ホレた男に尽くすタイプ。進次郎氏にもてあそばれたなんて女性が相次いで出てきたら、愛想を尽かすか、最悪、離婚なんて言いだしかねない。今回は進次郎氏はなんとかやり過ごしそうですが、週刊誌も実名告白者を探しているでしょうから、爆弾告白がいつ出てもおかしくない」(同関係者)

 新婚気分も吹っ飛び、進次郎氏は今後、しばらくは眠れぬ日が続くことになる?

【天下取りプラン着々】滝クリという伴侶を得た進次郎氏の“天下取りプラン”も着々と進んでいるといわれる。
 週刊文春では、進次郎氏が昨年の総裁選時に「総裁選で他人の名前を書くのはこれが最後」と周囲に明かしたと報じられている。この言葉の意味するところは自分が総裁選に出るということ以外にない。

 総裁選出馬には推薦人20人が必要で、派閥の力がモノを言う。しかし、進次郎氏は無派閥だ。 同僚議員は「いくつかの想定があります。各派閥から満遍なく集めることがまず一つ。ただ、これだと派閥にがんじがらめになってしまう。ほかに無派閥議員のみから集める方法もあるし、推薦人になる人はみんな派閥を抜けてもらうというやり方もある」と案を披露した。

 もっともそんなにうまくいく保証はない。永田町関係者は「結婚発表の仕方に不満を持つ人もいれば、パフォーマンス先行型の進次郎氏を評価していない人もいる。満遍なく各派から集めるなんて思い通りにはいかないでしょう」と指摘した。

 そうした事情を見越したうえで進次郎氏が菅義偉官房長官に接近しているのが現状だ。最新の月刊誌「文藝春秋」では進次郎氏と菅氏が対談。そこで、菅氏は入閣にGOサインを出し、ポスト安倍候補としても「早すぎるということはない」と背中を押している。その姿はまさに後見人。進次郎氏は天下取りのために、まず真っ先に結婚を報告しに行った菅氏の後ろ盾を得て、アンチをねじ伏せる必要がある。

◯「未来のファーストレディ候補」 滝川クリステルがやらかしていた“凡ミス”

2019年8月18日   アサヒ芸能

 8月7日に結婚を明らかにした、自民党の小泉進次郎衆院議員とフリーアナウンサーの滝川クリステル。翌8日には小泉氏の秘書が婚姻届を提出し、晴れて夫婦となった。

 ビッグカップルの誕生に日本列島はいまだに沸いているが、次なる楽しみは、来年誕生するベビーと、“小泉首相とファーストレディ・滝川クリステル”の誕生だ。
 
 安倍首相の自民党総裁任期満了は2021年9月。「ポスト安倍」を巡る熾烈な争いは激化していくが、世論調査では次期首相候補として小泉氏は常に上位につけている。

 早すぎるという声もあるが、8月9日配信の「文春オンライン」では、小泉氏と対談した菅義偉(すがよしひで)官房長の意味深な言葉を紹介。小泉氏がポスト安倍の有資格者であるか?という質問に対し、菅氏は「えぇ、私はそう思いますよ。早すぎるということはない。本人がやる気であれば別に構いません」と回答。自民党の重鎮である菅氏の発言だけに重みがある。

 小泉氏が首相となれば、ファーストレディ・クリステルの誕生も楽しみだ。2013年の国際オリンピック委員会(IOC)総会でのプレゼンでは、「お・も・て・な・し」のフレーズで、東京五輪招致に大いに貢献。英語とフランス語にも堪能なことから、外交の舞台でも活躍が期待できそうだ。

 ところが、完璧に見える滝川アナでも、信じられないほどの“凡ミス”を犯したことがあった。

「2013年12月4日に生放送された音楽番組『2013FNS歌謡祭』(フジテレビ系)で、滝川アナはタレントの草なぎ剛とともに司会を務めました。ところが、あろうことか、滝川アナがマイクを忘れてしまったシーンが映し出されたのです。滝川アナは一瞬『あっ』と驚いていましたが、笑顔でやり過ごしました。

 このときの映像は今も『YouTube』で見ることができます。ネット上には『マ・イ・ク・な・し』と皮肉った書き込みもありましたね」(テレビ誌ライター)  ファーストレディになった暁の滝川アナの天然ぶりも楽しみだ。(石田英明)


◯「 小泉進次郎氏は女子アナ好きか テレ朝の山本雪乃アナと、TBS皆川玲奈アナが元彼女? 」

2019年08月21日  リアルライブ

 滝川クリステルと結婚した小泉進次郎氏の女性遍歴が、週刊文春で報じられている
• 企業家との不倫交際や、女子アナとの交際など「女子アナ好き」が業界で有名だったとも
• 「テレ朝の山本雪乃アナとTBS皆川玲奈アナが元彼女の可能性が高い」と芸能記者
小泉進次郎議員に「女子アナキラー」報道 “二股交際”の元彼女は、入社年度からあの2人?

2019年08月21日 リアルライブ

 先日、フリーの滝川クリステルアナウンサーと結婚した小泉進次郎衆議院議員だが、その華麗なる女性遍歴を発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じた。
 これまで小泉議員は、15年4月にヘアメイクアップアーティストの女性、同年7月には元復興庁職員の女性との交際が報じられていたが、以後、女性スキャンダルは表沙汰になっていなかった。

 しかし、同誌によると、かなり派手な女性遍歴で、実は女子アナキラーだったのだとか。元復興庁職員と交際していた同時期には、夫と子どもがいる企業家と不倫交際。その後、有名アスリートと結婚した女子アナと交際。

 小泉議員の女子アナ好きは、アナウンサー業界では有名な話だったのだとか。小泉議員と親しい青年実業家が、都内の高級マンションで小泉議員のための合コンを開き、よく女子アナが訪れていたという。

 2016年ごろには、テレビ朝日でスポーツをよく担当していた女子アナと交際。同時期にTBSの報道番組に出演する女子アナと“二股交際”。
 しかし、その2人の女子アナは同期入社で仲が良かったため、ちょっとしたトラブルになったというのだ。ちなみに、2人とも同誌に対して小泉議員との交際を否定している。

 「その2人が誰だったかが非常に気になるところだが、同誌の情報と入社年度で探ってみると、今年結婚して退社を発表しているテレ朝の山本雪乃アナとTBSの皆川玲奈アナが、ともに2014年入社で元彼女の可能性が高いのでは」(芸能記者) とはいえ、すでに滝川アナは妊娠中で、もうすぐパパになる小泉議員。「未来の総理」と言われているだけに、いくら女好きでも不倫はご法度だ。

◯ 滝川クリステルは知らない“女子アナ好き”小泉進次郎「飲み会注意令」

2019.08.23  日刊大衆

 8月7日、自民党の小泉進次郎衆院議員(38)とフリーアナウンサーの滝川クリステル(41)が、首相官邸で異例の結婚会見を行った。会見では滝川が妊娠していることも明らかになり、安定期に入ったため、結婚を発表するタイミングに至ったと進次郎議員は語った。

 「進次郎議員と滝川さんの交際は、永田町でもごく近い数名しか知らなかったほど、情報統制が徹底していたといいます。しかし、進次郎議員は過去にさまざまな女性、それも女子アナとの浮名を流していたことは、一部の業界関係者の間ではよく知られていました」(民放キー局ディレクター)

 8月21日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、進次郎議員の過去の交際相手について報じている。進次郎議員は、2015年7月頃、現在は有名アスリートと結婚している、女子アナB子さんとつき合っていたという。また、2016年にはテレビ朝日でスポーツをよく担当していたCアナと交際、さらにCアナと交際していた同時期に、TBSの報道番組に出演するDアナとも親しくしていたため、CアナとDアナはトラブルになったと『週刊文春』では伝えている。

 進次郎議員は一部で“女子アナキラー”の異名を取るほどの女子アナ好きで、NHKのアナウンス室では、進次郎議員への注意喚起までされていたという。
「NHKだけではありません。フジテレビの女子アナの間でも進次郎議員との飲み会については“注意令”が出ていたそうですよ。進次郎議員は記者とは携帯番号の交換をまったくといっていいほどしないのに、女子アナ相手だとすぐに交換するといいます。

 また、進次郎議員は知り合った女子アナに、“別の女子アナを呼んでほしい”とお願いすることもあるそうです。そうしたことからも、進次郎議員がかなりの女子アナ好きなのは間違いなさそうですよね。女子アナとの飲み会、合コンにはよく顔を出していたとも聞こえてきています」(前出の民放キー局ディレクター)

副島隆彦注記。 以下の記事の内容は、昔から知られていた。

◯ 小泉進次郎 結婚披露宴をやらない背景に「実母との疎遠」
女性セブン  2019年8月22日  9月5日号

官邸前で結婚を明かしたふたり(写真/アフロ)

 一議員の結婚会見が首相官邸で開かれるのも、NHK午後のトップニュースで報じられるのも、ニュース速報が流されるのも前代未聞のことだった。普段なら“舌鋒鋭く斬り込むはず”の駆けつけた政治部記者たちは、まるで芸能人の結婚会見に訪れたかのように「なれそめは」「結婚の決め手は」と聞くばかり――。

 小泉進次郎議員(38才)と滝川クリステル(41才)が8月7日に結婚を発表、翌8日に入籍した。年明けには出産予定という。

「安倍首相、菅官房長官への報告はまさに父親譲りの“小泉劇場”を見ているかのようでした。あまりにできすぎたシチュエーションに政界関係者は苦笑気味でしたね。忖度なのか、“なぜ官邸で会見を行うのか”“抵抗感はなかったのか”という質問をしない新聞記者を批判する声も多く聞かれました。とはいえ、発表当日まで誰もふたりの関係に気づかなかったのですからこちらの負けですけどね…」(全国紙政治部記者)

 それはともかく、「政治家の妻にピッタリ」「ファーストレディー婚」といわれ、世間は一気に祝福ムードに沸いた。しかし、滝クリは出演したテレビ番組で「披露宴とかはやりません」と突如宣言したのだ。

「これも前代未聞のことです。将来有望な若手政治家は、地元の有力支援者や、政界で自分の後ろ盾になってくれるような大御所政治家たちを招いて、大々的に披露宴を行うものです。これから何かとお世話になる自分の妻を紹介するための大切な場面でもあり、政治資金パーティーを兼ねることもあります。披露宴はまさに“政治活動の1つ”なんです」(別の全国紙政治部記者)

 父親の純一郎氏(77才)も40年前、東京プリンスホテル(港区)に2500人もの出席者を集めて披露宴を行った。にもかかわらず、“将来の総理”といわれる男が、なぜ政治家らしい披露宴をやらないのか。

「“やらない”というより、“できない”といった方が正しいでしょう。もし家族が一堂に会したとしても、進次郎さんと実母・宮本佳代子さん(62才)との疎遠な関係が、変に注目されるだけです。そもそも進次郎さんは今さら佳代子さんを招待するつもりはないですよ。彼にとっての“母親”は別にいますから…」(小泉家の知人)

◆「育てのママ」への恩義と実母との断絶状態
 純一郎氏が佳代子さんと結婚したのは1978年のこと。彼女は当時、青山学院大学の現役学生。15才の年の差婚で、同年7月に長男の孝太郎(41才)、1981年4月には次男の進次郎を出産した。しかし、結婚生活は約5年で幕を下ろす。佳代子さんは第3子を身ごもったまま、小泉家を出た。

「結婚当時、小泉家は“女系家族”でした。純一郎氏の母親や姉が選挙を取り仕切り、もう1人の姉が家事を受け持つ。表舞台に出るのは純一郎氏でしたが、小泉家を支えていたのは間違いなく女性たちだった。佳代子さんはそんな小泉家に長男の嫁として入っていった。

 ハッキリとした物言いで、自分のカラーを出す佳代子さんにとっては居づらかったと思います。次第に浮いた存在になっていきました」(前出・小泉家の知人)

 離婚後、小泉家と佳代子さんは事実上の絶縁状態に。佳代子さんは大手不動産ディベロッパーで働きながら、シングルマザーとして三男を育て上げた。

「今でこそ兄弟間で連絡を取り、食事もするようですが、佳代子さんと進次郎さんの間は断絶状態が続いています。それだけ根深いものが、一家にはあるのです」(前出・小泉家の知人)

 進次郎が母として慕ったのは純一郎氏の姉で小泉家の長女、道子さん(享年84)だった。「佳代子さんが小泉家を出た時、進次郎くんはまだ1才。進次郎くんが明け方になるとお腹がすいて泣くんです。その時、道子さんはおっぱいを吸わせてあげていた。当然、母乳はでないけど、そうやって“母”として寄り添っていた」(小泉家の近隣住人)

 進次郎は道子さんを「ママ」と呼んでいた。添い寝をするのも、学校への送り迎えも、「ママ」だった。

「進次郎くんは道子さんを本当の母親だと信じて育っていた。本当のことを伝えられたのは中学2年生の時。『ウソ…』と絶句したそうです」(前出・小泉家の近隣住人)
 
 2016年8月、道子さんが亡くなる前日も進次郎は「ママ」に寄り添っていた。
「進次郎さんにとって“母親”は道子さんだけ。佳代子さんを“認める”ことは“ママ”に対する裏切りだという気持ちがあるのかもしれません。進次郎さんがなぜ披露宴をやらないのか、それはやれないですよ。

 やったら、実母との疎遠な関係が浮き彫りになり、佳代子さんが“母親”として注目される。仮に披露宴を行ったとして、佳代子さんを呼ぶつもりはないでしょうが、それはそれで大きな波紋を呼ぶでしょう」(前出・小泉家の知人)

(転載貼り付け終わり)

ホントに、テレビの女子アナども、 というのは、現代の高級売春婦なんだな。
美姫(びき)、美妓(びき)だ。NHKを含めて。これも、制度として、何とかしないといけない。

それから、全国の 市役所の職員(地方公務員) たち の 7割ぐらい だって、”裏口入学” すなわち、コネ採用 だ。ヒドいものだ。 誰も、この真実を、糾弾しない。 私は、許さないからな。
3流バカ大学に、さえ、裏口入学しないといけない、横須賀 の 、ボンボンは、父親の 純一郎(元首相。アハハ)もそうだが、自分の故郷(選挙区) 横須賀 に、帰るのが、本当に イヤなのだそうだ。
選挙の時でさえ、ほとんど、帰って来ない。こそこそと、支持者と 子分の幹部たちに会い、夜、帰ってくる。横須賀の人が言っていた。

副島隆彦 記 



[2437]金(きん)の値段が、激しく値上がり、高騰している。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2019-08-17 19:42:26

副島隆彦です。 今日は、2019年8月17日(土)です。

 金(きん)の値段が、激しく上がっている。 NYでの 16日(金)の終値は、1オンス=1531ドル だった。 

 1オンスは、31.1035グラムだ。だから、これで割って、それに今のドル円の為替 106.35円を掛ける、と 5,235円だ。これは、1グラムでの、 日本国内の値段(中値、ミドル、卸しの値)だ。

小売りは、これに400円(8%の消費税と手数料)を足すので、5,700円ぐらいだ。 田中貴金属でも、これぐらいの値段のはずだ。 小売りで、史上最高値と、騒いでいるはずだ。 

いよいよ、金(きん)が、最後の、個人資産の 守り道になってきた。 まだ、金を買っていない人は、こっれが、最後の金の買場(かいば)だと、思い知るべきだ。 私、副島隆彦が、この20年間、ずっと、「今こそ、金を買いなさい」と、言い続けてきた。


出所:三菱マテリアル株式会社 金価格チヤート(1年)


あと、1回、アメリカ政府が、今や、ボロ雑巾(ぞうきん)のようになりつつあり、米ドルの紙幣(紙切れ)を守るために、もう一度、金を、策略で、下落させるだろう。 ”金殺し” だ。 だが、その時が、最後の買場だ。 

 小売りで、5200円台まで、下がるか、私にも分からない。だが、そこら辺りが、金の最後の買い時だ。 これ以上は、私は、教えない。

 私の本の、真面目な読者出なかった者たちに、今頃になって、急に、得をさせることを、私が言う(書く)はずがない。 私の本の 長年の読者で、私、副島隆彦の言うことを、信じてくれた人たちを、私は、徹底的に、大事にする。

 この金(きん)の 地金(じがね)の高騰は 6月の頭(初め)から、始まっていた。 トランプ大統領が、 ガーガーせっついて、FRBのパウエル議長を、虐(いじ)めて、金利(政策金利、FFレート)を下げろ、と脅(おど)すものだから。

 FRB( Fed フェドともいう)が、利下げをする、する、で、ようやく7月31日に、パウエルが、泣きそうな顔で、0.25% 政策金利(短期金利)を下げた。 そうしたら、市場は、「それではダメだ」と、おねだりをして、333ドル(最大時478ドル)下げた。

そして、8月14日には、NYの株価は、さらに 800ドル下げた。その間に、金(きん)の値段が、スルスルと上昇した。
 
 うしろに新聞記事を載せるが、中国が 米国債を、売り始めた。ただし、ジワジワとだ。そうしないと、中国自身が、自分が保有しているドル建ての資産が打撃を受ける。そして、中国は、政府も、民間も、そろり、そろりと、金(きん)を、 米国債を売った資金で、金(きん)を買っている。

 中国が売ったその 米国債を、 日本政府が、“裏金(うらがね)”で、また、買わされている。それで、うしろの日経の記事のとおり、「 米国債保有で日本が2年ぶり首位 6月、中国を抜き返す 」なのだ。あとで、じっくり読みなさい。 日本が、無理やり買わされている

 米国債は、この記事にある、 1.1兆ドル(120兆円。ほとんどは、外貨準備高=フォーリン・リザーブ= として、公表されている)などと言う、そんな、チッポケな金額ではない。この10倍ある。いや、20倍ある。

 ということは、中国も、丁度、同じだけ米国債を持っている。いや、日本の倍は、持っている。世界中の華僑たち(中国人だが、外国籍の人たち)が持っているものもある。

 金(きん)の値段の世界価格は、現物(げんぶつ、スポット)の値段は、イギリスのロンドンLME(エル・エム・イー。ロンドン・メタル・エクスチェインジ )で決まる。このLMEは、かつての “ ロスチャイルド家の黄金(おうごん)の間 ” そのものだ。ここで決まる。この ロンドンLME と、5年前から、組んでいるのが、上海黄金(おうごん)取引所 だ。このふたつの貴金属市場 が、金(きん)の 現物市場 での値段を決めている。 実際に 扱う、金の量も、実態を伴って、ものすごい量だ。

 アメリカのシカゴと、NYが、インチキで、今も握っている、金(きん)の、先物市場(さきものしじょう、フューチャー・マーケット future market )での、値決めを、もうすぐ、近いうちに、吹き飛ばすだろう。

 現在は、まだ、CME (シー・エム・イー。シカゴ・マーカンタイル取引所。名誉会長のレオ・メラメッドは、まだ生きているか。死んでいないか?)が、先物市場で、金の価格の値段の決定権、価格の支配を、ずっと握ってきた。これがもう少しで崩れつつある。

 イギリスと組んだ中国が、現物市場から、巻き返して、NYのNYMEX(ナイメックス) と COMEX(コメックス)から、金(きん)の価格決定権を 奪い取るつもりで、動いてききた。もうすぐ、それが実現する。このNYのナイメックス と コメックスの金属、エネルギーの先物市場 も、両方とも シカゴのCMEが、資本 を握っている。  

 もう一度 ぐらい、悪足掻(わるあが)きで、ゴールドマン・サックス と FRB(Fed ) 自身 が、スパイダー・ゴールド・シェア を使って、レバレッジ(投資倍率)を、それこそ、300倍ぐらい掛けて、“金殺(きんごろ)し” を やるだろう。 

 そして、もう一度、1400ドル台まで、金価格を たたき落として、暴落させる。だが、それで、終わりだ。もう、それ以上の、これまで、アメリカがずっとやって来た、今やボロボロのドル紙幣の信用を守るために、人工的で作為的な、金(きん)殺し の相場操縦(そうばそうじゅう)は、出来ない。アメリカの力は、弱っている。

 だから、次の買い場は、その時だ。これまで、副島隆彦の書くことを信じないで、「ホントかなあ~」と金(きん)を買わないで、ずっと、株や為替や土地や債券(ボンド、ファンド)で、投資(投機)をしてきた人たちも、今度こそ、金(きん)の最後の買い場だ、と慌てなさい。 もう、あとはないよ。

 今、金(きん) の高値は、 1オンス(31.1グラム)で、1オンス(31.1グラム)=1531ドルまで来た。小売りで、1グラム=5700円だ。 6月おわりの、 1250ドル から、急激な上げ相場に転じた。 

 これから、2019年の 年末に掛けて、乱高下したあと、さらに、1グラム=1700ドル台 までゆくだろう。 ドル円の為替も、100円ちょっとぐらいまで、円高=ドル安で、動くだろう。今の 106円で、計算すると、「 1700ドル ÷(割る) 31.1 × (掛ける) 106円 で、=5800円 」だ。こんなものだろう。

 1オンス=2000ドル まで行くと( 前回の史上最高値が、1930ドルぐらいだった)、1グラム=6800円だ。これに小売りは、400円( あるいは500円か?) 足すので、7200円だ。 1万円まで、は、もう少し先だ。だが、そういう時代が来る。

 いよいよ、中国がイギリスと組んで、アメリカの金融の支配力を、突き崩して行く。
ドルの紙切れ化(1ドル100円割れ。80円、60円、40円 そして、20円、10円 になるだろう) への、道を、突き進んで行く。 私、副島隆彦が、20年間掛けて、主張し続け、切り開いて来た、この 大きな道、未来予測 を、もう、無視したり、唾棄したり、足蹴にする者はいない。 お前たちの負けだ。

 1944年からの世界金融、経済体制 (ブレトンウッズ体制。金ドル体制 )の 動揺から、次の 世界体制 へ の 道標(みちしるべ、どうひょう)を 誰も、もう邪魔することは出来ない。 だから、トランプ以下、アメリカの白人上層部(支配層)と、下層の白人労働者階級 までが、「今こそ、中国を叩きのめせ。そうしないと、アメリカの覇権(はけん、ヘジェモニー hegemony )が、終わる」と、発狂状態になっている。

 どうやって、中国と、本当の戦争(warfare ウォーフェア)を始めるのだ? 今日は、「アメリカの発狂状態」の話は書かない。 このアメリカの右翼の保守派の白人たちの、発狂 が、香港に飛び火して、香港の若者たちのヒステリー症状を引き起こしている。 

 香港の若者、学生たちの 警官隊への激しい突撃の 背後にいるのは、ジョージ・ソロス と CIA だ。 Occupy Central (オキュパイ・セントラル、中環=ちゅうかん=地区の占拠 )=2014年の 雨傘運動 は、ソロスたち、Moonie の Occupy Wall Street (オキュパイ・ウォールストリート )の「 1% 対99%」 と、叫んだ、ソロス(の実の息子)たちの、策略だった。本当に、ソロスというのは、ワルいやつだ。 正義の運動の振りをして、いろんな国の民衆を、扇動する。

ソロスの出身国である ハンガリーの オルバン大統領たち が、どれぐらい、ソロスのことを、嫌っているか。蛇蝎(だかつ)のごとく嫌っている。

 アメリカ白人たちの発狂が、香港に飛び火して、それが、台湾にも、伝染、感染する。そのように仕組んでいる。そして、日本の安倍政権が、7月1日から始めた、韓国叩き、「韓国、でけえ つら(顔)を、するんじゃねー」、「韓国、死ねー!」 の異常なヒステリー を、計画的に引き起こした。 

 トランプが、大阪G20 のあと、日本を離れて、翌日、金正恩に板門店に会いに行く、前に、「日本は、やります。そうしないと、サムスンから、半導体の最高技術が、北朝鮮や、中国に移転しますから」と、通報し、トランプから、「そうか、やれよ」と承認をもらった。 短慮の 経産省の連中の、安倍晋三への、お追従の、愚劣な政策だ。世耕弘茂(せこうひろしげ)経産大臣が、責任を問われて、失脚する、と決まったらしい。

 それでも、地球は回転(レヴォルヴ)する。世界は変って行く。
金(きん)が、上がりだした。 いよいよ、これからだ。 日本の 金融や経済の 専門家、評論家たち全員も、”金(きん)買え評論家”である、私、副島隆彦の 近(きん)未来予測を 無視して、自分の 頭(思考)を作ることはできない。 

 自分の資産を何とか守りたい、と、必死になっている人たちは、今度こそ、私の未来予言に、真剣に、耳を傾けなさい。 私に、今頃になって、泣きついてきて、 「 先生。どうも、もう、日本の金融市場は、おかしいです。大変なことになっているようです。このままでは、済まないです」と、血相を変えて今頃になって、私に泣きついてきても、何の対策にもならない。副島隆彦の真の読者たちは、すでに準備してきた。今度も、冷静沈着に行動して下さい。

 以下に載せる 日経の記事 3本のうちの、一番最後の、5月16日付けの、後藤達也記者の、 最後の2行が、効いている。この通りなのだ。

「 中国が実際に米国債の圧縮(注。持ち高を減らして、売ること)を強めれば、米中関係は泥沼化する。米中 双方の景気に打撃となる。市場では、非常にリスクの高い交渉カードとして、「核兵器」にたとえる声もある 」   この通りだ。 副島隆彦記


(転載貼り付け始め)

◯ 「 米国債保有で日本が2年ぶり首位 6月、中国を抜き返す 」
2019/8/16  日経新聞

【ニューヨーク=後藤達也】米財務省が15日発表した国際資本収支統計によると、日本が2017年5月以来、約2年ぶりに米国債の最大の保有国となった。6月の保有額は1兆1228億ドル(約120兆円)と5月より218億ドル増え、首位だった中国を抜いた。生命保険や年金基金などの機関投資家が比較的利回りの高い米国債への投資を増やしたとみられる。

 中国の6月の保有額は、前月比23億ドル増の1兆1125億ドルだった。5月に米政府が中国への追加関税を表明して以降、市場では報復措置として米国債を売るとの観測もあったが6月までは目立った動きはみられない。

 日本の財務省によれば、日本の投資家は6月に海外の中長期債を3兆円強買い越した。その過半が米国債だった計算になる。7月以降も日本は外債を買い越している。米国債の利回りは低下傾向が続いているが、日本や欧州よりは金利が高く、為替リスクをとってでも米国債を買う投資家が増えている。米国債の急速な金利低下(価格上昇)を促す主要な買い手にもなっている。

◯ 中国、米国債200億ドル売り越し 残高2年ぶり低水準
2019/5/16  日経新聞 

【上海=張勇祥】  中国が米国債の圧縮に動いた。米財務省によると中国は3月に204億ドル(2兆2千億円)を売り越し、保有額は2年ぶりの低水準になった。市場では米国の関税引き上げへの報復で、今後も米国債の持ち高を減らすとの思惑がくすぶる。16日は人民元の対ドル相場も元安で推移し、米中対立が金融市場に及ぼす影響が一段と鮮明になっている。

 中国の米国債保有額は3月末で1兆1205億ドルと、2017年3月以来の少なさだった。200億ドル超という売越額も16年10月以来、約2年半ぶりの大きさだ。

 3月は、中国で全国人民代表大会(全人代、国会に相当)があり、米中交渉のただ中でもあった。制裁関税を引き上げるという5月5日のトランプ米大統領の表明は反映されていない時期だ。それだけに、まとまった規模の売却に対する見解は中国でも分かれている。

 一つは「保有減は技術的な要因が大きいのではないか」(国都証券)との意見だ。保有年限の調整などに伴い、一時的に売却が先行した可能性はある。中国の主要メディアは16日、米国債の保有減額を相次ぎ報じた。ただ、新華社通信が「中国はなお最大の米国債保有者」とするなど、論調は総じて抑制的だった。

 世界の外貨準備に占めるドルの比率が低下していることに米国は懸念を抱き始めている。中国が本格的に米国債の保有圧縮に動けば米中関係の泥沼化は避けられない。「宝刀」を抜く時期として適切ではないとの解釈は説得力がある。

 一方、ここに来て強まっているのは「中国の買い余力が徐々に低下している」との見方だ。ここ数年、中国の経常収支の黒字は減少傾向が続き、国際通貨基金(IMF)は20年代前半には赤字に転落すると予想する。

 中国の米国債の売買動向をみると18年秋からは売り越しが目立つようになっている。制裁関税が中国からの全輸出品に広がれば「稼ぐ力」はさらに低下しかねない。

 中国の外貨準備は3兆1千億ドルをやや下回る水準で一進一退を繰り返す。加えて、中国は金の保有量を過去1年で3%増やすなど、資産の分散を進めている。中国が米国債を大きく買い増すとは考えにくく、日本の保有額が再び中国を上回る可能性も浮上する。

 もう一つの変数が、人民元の対ドル相場だ。16日は大方の取引を終える午後4時30分(日本時間午後5時30分)時点で1ドル=6.8821元と小幅ながら反落した。

 市場では「米中関係の悪化は元売り」との反応が一般的だ。米商務省が華為技術(ファーウェイ)への事実上の輸出規制を決めたことで日中の取引ではほぼ終日、元売りが優勢だった。

 中国は米国へのけん制や輸出下支えのため一定の元安は容認する構え。市場が意識する「1ドル=7元」の節目も対米交渉のカードとしてとらえている。だが元安のピッチが速すぎれば中国からの資金流出を招きかねず、当局は動向につねに神経を張り巡らせている。

 中国は、2015年の人民元切り下げを契機に元安と資金流出に歯止めがかからなくなった時期があった。中国は元買い・ドル売り介入を繰り返して抵抗したが、原資の一部は保有する米国債を売却して手当てしたとされる。

 トランプ氏が、中国を窮地に追いやることに成功しても、副作用は米国債と元相場の両面で米国自身に降りかかる。不安定さを増す米国株を含め、金融市場の動向によっては強硬姿勢の維持が難しくなる可能性がある。

◯ 「 中国が米国債を売却 3月、2年ぶり少なさに 」
2019/5/16  日経新聞  

【ニューヨーク=後藤達也】  米財務省によると、中国の3月の米国債保有額は1兆1205億ドル(約120兆円)と2017年3月以来、2年ぶりの少なさになった。市場では、米国の関税引き上げの報復で、中国が今後米国債の売却を増やすのではないかとの思惑がある。中国は米国債の最大の保有者であり、仮に売りを強めれば、米金利が上昇し、景気に強い逆風となる。

 米財務省が、5月15日公表した米国債の保有状況で明らかになった。中国は3月に米国債を204億ドル売り越しており、この額も16年10月以来、約2年半ぶりの大きさだ。5月の米中貿易摩擦の激化は反映されていないものの、すでに米国債の保有を減らす傾向が強まっている。

 米国債を2番目に持つ国は日本で1兆781億ドル。差は424億ドルと、年内の逆転も視野に入る。仮に日本が上回れば17年5月以来となる。

 中国共産党系メディアの環球時報の幹部は13日、「多くの中国の学者が米国債を圧縮する可能性を議論している」とツイッターで投稿した。中国が米国に対し、報復関税を課した日の投稿で、市場では中国政府の意向と読む向きもあった。

 5月に入り、中国政府高官は米国債の保有について具体的には言及していない。ただ、報復の意図がなくとも、関税引き上げで中国の輸出が鈍れば外貨を稼ぐ力が落ち、回り回って米国債に投資する原資が細る。ここ数年は日本国債への投資や、途上国の開発支援など対外資産の運用を多様化している面もある。

 ただ、中国が実際に米国債の圧縮を強めれば米中関係は泥沼化する。米中双方の景気に打撃となる。市場では非常にリスクの高い交渉カードとして、「核兵器」にたとえる声もある。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦拝 






※以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます。
■記事No ■削除番号