ログイン

ようこそguestさま
ログインする

今日:6633 昨日:18704
合計:80300882
 
重たい掲示板


(※旧名:気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板)
[会員(新規・ご継続)のお申し込み] [本のコーナー] [ビデオのコーナー]

[ホームにもどる] [携帯用(工事中)] [過去ログ(工事中)]

[副島隆彦宛メール] [副島文献目録] [84-90] [91-95] [96-00] [01-05]

[旧掲示板]

[投稿する前に]
■■■投稿規定■■■
・この掲示板に投稿するためには、下記のすべての条件を満たし、遵守する必要がある。
【前提条件】
・副島隆彦の本を5冊以上、読んでいる。
【当掲示板への初回投稿時の条件】
・簡単な自己紹介をして、自分の関心あることを限定してみんなに提起する(但し実名投稿である必要はない)。
【副島隆彦に議論を挑みたい場合の条件】
・礼儀正しく、自分の立場や政治思想(思考)を明らかにしてからする。

【投稿後の条件】
・自己が投稿した文章に関して、一切の権利を主張しない(著作権に関しては、市場で利益を生まない文章には始めから発生しません)。




※ログイン後に投稿フォームが表示されます。





[3056]4日後に迫った「副島隆彦の予言者金融セミナー」(第21回目)の宣伝
投稿者:副島隆彦
投稿日:2021-03-17 08:44:29

副島隆彦です。今日は、2021年3月17日(水)です。
 
 まず、ここのサイトの「今日のぼやき」で、来週発売される、私の新刊書である、『裏切られたトランプ革命 新アメリカ共和国へ』(秀和システム、3月27日刊)の宣伝をしています。読んでください。

「副島隆彦の予言者金融セミナー」(第21回目)が、4日後 の 21日(日)に迫ってきました。以下の通りの要領です。

===============================
「副島隆彦(そえじまたかひこ)の“予言者”金融セミナー 第21回」
*会場:イイノホール&カンファレンスセンター 
    東京都千代田区内幸町2-1-1
*日時:2021年3月21日(日) 
 開場・受付/11:00~ 終了/17:30 (予定)
*受講料:15,000円(税込)/指定席  または オンライン
===============================
 
 すでにお知らせしたとおり、もう会場は一杯です。コロナ・ワクチンの、大(おお)馬鹿野郎たちの、大(おお)騒ぎで、会場には半分しか入(い)れない。入(はい)らせない、という、お上(かみ)からの、お達しに従順に従う、貸し会場(ホール)業者たちの横並びの取り決めがあるから。ああ不愉快だ。
 ですから、インターネットを通しての、「オンラインでの受講」というのを、このあとは、受け付けます。 前回と同様です。

 「副島隆彦(そえじまたかひこ)の“予言者”金融セミナー 第21回」のオンライン受講の申し込みはコチラへ ↓↓↓
https://kokucheese.com/event/index/604662/

 私は、まず、今回の金融セミナーを、「今の世界は、ニセの現実 fake reality (フェイク・リアリティ)である」から、始める。 この「ニセの現実」は、評論家の田中宇(たなかさかい)氏が使い始めた。私は、それを、簡単に英語に造語して、「フェイク・リアリティ」と発案した。この造語は、英語圏の人たちにも、「ああ、そうだよなあ」と通用する。

 何から何まで、奇妙に、ウソ八百で、映像で作り上げられている世界になって来た。
 ネット映像の仮想現実の造形の業界では、CG(シー・ジー。コンピュータ・グラフィックス)が、発達して、virtual reality (ヴァーチュアル・リアリティ) 「仮想現実」 という、これも、初めは日本人の造語だろうが、から、始まった。その後、augmented reality オーグメテンテッド・リアリティ 、AR(エイ・アール)が出てきた。これは、「拡大とか拡張現実」と訳す。

 ハリウッドの映像技術世界から、言われ出して、さらに、それらのハイブリッドを表わす、MR(エム・アール)、mixed reality ミックスド・リアリティ まで言われるようになった。

 これらは、すべてウソの、作られた、虚構の現実だ。この作られた、フィクション(虚構)の世界の中で、私たちは生(い)かされている。いいように、騙されて、陰(かげ)、裏(うら)、上(うえ)からこの世界を支配する者たち、すなわち、ディープ・ステイトたちに、よって、操(あやつ)られている。 だから、私が、造語した、 フェイク・リアリティ(FR、エフ・アール)である。

 コロナ・ワクチン騒ぎ(これもまさしく、仮想現実、ニセの現実だ)も、アメリカの大統領になったバイデンが、どこに居るのかも分らない、で、人々の前に出てこないで、カリフォルニア州のパームスプリングズのキャッスル・ロックスタジオにいるらしい。ワシントンのホワイトハウスには、居ない。

 世界をいいように操る者たちにとって、一番大事なことは、金融・経済だ。世界中の、おカネの動きである、各種の金融市場(マネー・マーケット)もまた、おかしなフェイク・リアリティー「ニセの現実」で、動かされている。この話を、私は、今度の、金融セミナーで、いろいろとする。

しかし、私は、それよりももっと、日本の小金持ち、小資産家の皆さん用に、身近のところの、厳しい現実の話をする。
 私は、事前に、参加者から、たくさんの質問を貰(もら)っている。それに徹底的に答える。オンライン受講者からも質問も来ている。
その代表、でトップ・バッターは、
「金(きん)の売却時に、税務署に捕捉されないようにするには、どうしたらいいですか?」である。 
 そして、「これからの相続税対策。現在、私は金(きん)が6000万円分ありますが、どうしたら良いのか」だ。そして、「金(きん)売却の際の、業者と、その時の課税のことを教えて下さい」

だ。これらに、まず、私は、真っ正面から、自分の体ごと、参加者、聴衆にぶつけてゆくように話す。 私は、自分の熱心で真剣なお客である、日本の小資産家、小金持ちたちのために、本気で闘う言論人であることを、さらに周知(しゅうち)させる。

 「副島隆彦(そえじまたかひこ)の“予言者”金融セミナー 第21回」のオンライン受講の申し込みはコチラへ ↓↓↓
https://kokucheese.com/event/index/604662/

 副島隆彦です。私は、すでに、10年以上前に、『副島隆彦の今こそ金(きん)を買う』(祥伝社)という本と、『税金官僚から 逃がせ隠せ 個人資産』(幻冬舎=げんとうしゃ=刊)という、恐ろしい(笑い)本を書いている。今からでも、ネットで探して、これらの本を中古本ででも買って読みなさい。

 私は、参加者たちの真剣で、必死の質問に答えることから話を始めます。それから、今の世界の、金融、経済の話を、あれこれ、たくさん、たくさんします。 だから、私が体を張って、5時間、本気で話す、話を聴きに来て下さい。「本を読むのはキツいなあ、字が小さくて、目に悪い。私は、こつこつと本を読むのが私はキライなんだ」という人たちも、私の話なら、分かり易いから聴きに来る。

 私は、今の米、欧、日の “ 先進国ダンゴ3兄弟”、が、やっている ジャブジャブ・マネー(金融緩和 、緩和マネー。QE=キュウ・イー、quantitative easying money クワンティテイティブ・イージイングマネー)の、必然性と、「コレしか他に、やることがないんだ」という、この、ニセの現実(フェイク・リアリティ)の現状を、ずっと、考え続けている。

そして、その源流 というか、この問題を、一番初めに、深刻に考え込んで、2人で、話し込んだ、偉大な2人の天才経済学者の、 真剣な対話(論争とされる)に、行き着いた。私は、ケインズ と ハイエク という、おそらく、今でも、この2人だけが、現代の経済学者として、偉大で有り、他は、どうでもいいよ、と言える、

 この2人の、ケインズ「貨幣論」( Treaties of Money トリーティーズ・オブ・マネー、1930年刊)と、 それを厳しく評論した、ハイエクの「ケインズの「貨幣の純粋理論」についての考察」および、ふたりの手紙でのやり取り(1931年)の論文集を、徹底的に読んでいる。



「おカネとは何か」を、人類史上、一番、最初に、真剣に論じ合ったのは、このふたりの天才経済学者たちだ。 すでに、その前年(1929年10月)に、NY発の世界大恐慌(ザグレイト・デプレッション the Great Depression )は、始まっていた・・・。

 「副島隆彦(そえじまたかひこ)の“予言者”金融セミナー 第21回」のオンライン受講の申し込みはコチラへ ↓↓↓
https://kokucheese.com/event/index/604662/

 私たちは、一体、今、どういう奇妙なオカシナ、フェイクな世の中を、生きて、さ迷(まよ)わされているのか。私は、全身と全脳で、これと対決する。 
副島隆彦 拝



[3055]新型コロナの変異種は感染者の生存率が99.7%から99.6%に下がっただけです
投稿者:もう
投稿日:2021-03-16 19:43:30

医師の「もう」(1855)です。新型コロナウイルスの感染者数が減ってきたので、ワクチンを積極的に接種してもらうためにも新たな脅威論の流布が必要になってきました。英国などで広がっている変異種は死亡率が1.64倍になり、感染力、若年者への感染ともに増加していると発表されています。これらは論文で証明された事実です。しかし事実の一部を切り取って強調している事も事実です。ここは図を貼れないのでまたブログの宣伝で恐縮ですが、やや細かく説明しましたので興味のある方は覗いてみてください(https://blog.goo.ne.jp/rakitarou/e/9da11062a4ad6dc50024d17f6ba2cebe)。



[3054]巨大マスメディアの洗脳 言論統制 検閲 マッチポンプ 人体実験 コロナとワクチンバカ騒ぎ 権力者共同謀議、大政翼賛会と大本営発表
投稿者:福松 博史
投稿日:2021-03-15 21:39:27



会員の福松博史です。
大惨事便乗型 資本主義(ショック・ドクトリン)

先だって この欄で副島先生の(フリーエネルギー)に関して。

2021年3月14日にネット上にて ジエンドさんと言う人のコメント。
そのまま引用。
主に農業 肥料用途として使われているアンモニア(NH3)が、発電用燃料として にわかに注目されている。
「二酸化炭素(CO2)フリー」の発電燃料として活用できる事が現実性を帯びてきたからだ。

アンモニアの製造方法は100年前に確立された「ハーバー・ボッシュ法」で、天然ガスなどに含まれるメタン(CH4)から分離された水素(H)と、大気中の窒素(N)を高温高圧で合成する。
以上引用終わり。

一般国民(民衆)の洗脳のツール(手段)としてのスリーS(エス)。
S(スポーツ、オリンピックバカ騒ぎも含む)、S(セックス)、S(スクリーン、テレビや新聞 大手雑誌)。

こういった真っ当な技術革新の報道を巨大メディアは封殺している。

相も変わらずのコロナ怖がれ怖がれと、コロナワクチン打て打てキャンペーンのショックドクトリンばかりだ。

そして最近やたらとマスメディアが無実の「二酸化炭素(CO 2)」を殊更(ことさら) 悪者に仕立て上げ濡れ衣(ぬれぎぬ)を被せ、煽りまくっている。

代わりに「一酸化炭素中毒死」の事は報道しなくなった。これもマスメディアの洗脳の穢い(きたない)手口。常套手段だ。

二酸化炭素(CO 2)を口汚く罵る(ののしる)、その口から吐き出されるのはCO2ではないのか?生きている限り空気を吸えば必ず どんな人でも息を吐く。

あきれ果てた偽善だ。あの地球温暖化環境 伝道師アル・ゴア(アメリカ45代副大統領 1993年1月から2001年1月20日まで)や、グレタさんだって、必ず二酸化炭素を吐くのだ。
東京都の緑の狸も、二酸化炭素を目の敵にした選挙公約をしていた。”世界の二酸化炭素排出をゼロにする”とCO2を口から吐き出しながらのたもうた。とんでもない偽善狸(たぬき)だ。

人間も動物も空気を吸って 吐く。食べて飲んで排泄するの繰り返しだ。こんな本当にくだらないことだが、当たり前のことだ。

地球環境真理教たちの御託(ごたく)(プロパガンダ、宣伝)にはうんざりだ。

映画「1984」ナインティーン・エイティーフォー(ジョージ オーウェル作)

過去を支配するものは未来を支配する。現在を支配するものは過去を支配する。

支配者たちにとって、戦争が必要とされる訳。

映画から引用

二重思考の原理によれば…”戦争は勝たなくても構わない。”

”戦争の目的は勝つことではなく、継続させることだ。”

”近代戦の本質は、労働力の所産の破壊だ”

”階級社会の成立には貧困と無知が不可欠となる。”

”戦争は社会の飢餓を維持するために、計画される”

”戦争は支配者階級が民衆に対して行い”

”目的は相手国に勝つことではなく”

”不変の社会構造の維持にある”

支配者たちにとって、洗脳が必要とされる訳。

”人を支配する権力には、何が必要か。”

”苦痛を与える”

”服従では不十分だ”

”権力で苦痛と屈辱を与える”

”権力で人間の心を切り裂き”

”我々が望む形に組みなおす”

”権力は手段ではなく目的だ”

”残る感情は勝利感と自己卑下(ひげ)”

”他はすべて破壊する”

”過去は封じられる”

”人を過去から切り離せば家族も子供も友達も無くなる”

”忠誠心は党への忠誠心だけ”

”愛は偉大な兄弟(つまりビッグブラザー)への愛だけ”

”他の喜びは全て破壊する”

”未来を想像するなら、人が人の顔を踏みつける社会を考えるといい”

”命は我々の管理下だ”

”人間性も我々が作る”

”人間は無限に順応する”

以上 「1984」の映画の引用終わり。



2021年1月20日出版 株式会社秀和システム 著者副島先生とベンジャミン・フルフォード(BF)

今アメリカで起きている本当の事 大統領選”不正選挙”から米国内戦へ これは第二次独立戦争だ!

この本の171pから177pまで引用。

BF(ベンジャミン・フルフォード) とにかく年間人口が日本は毎年50万人減っているというんですから、それに対する危機管理がない政権だ。(省略)

副島 そのことでは、私は逆に考えます。もうどうせ1億人を割って、9000万、8000万人台になる。日本人はこのことを本気で分かっている。誰かに聞いた訳ではないけど、日本人なら分かる。政府は人口をどんどん減らそうとしているんですよ。

BF そうそうそう、だってそういう命令を受けているんですよ。

副島 ディープ・ステイトからの命令であると同時に、私が自分で分かるのは、これから世界の嵐が激しく吹くわけです。戦争しろとか、新しい次の疫病(えきびょう)が広がる(撒(ま)かれる)とか。そしてなんか言われるわけですよ。お金出せとか兵隊を出せとか。それに対して、今の日本人の気持ちは、嫌なんだと。この島国に立てこもりたい。臆病に徹して、このタコつぼの中にいて、外に出ない、と決めているんです。もう経済成長はない、と諦(あきら)めています。だから人口が一億人を、9000万人、8000万人台と減少していくと、経済学の法則ではその国は繁栄が無くなるんですよね。繁栄が無いと、もう衰退、デクラインしかない。でも、それでいいと思っているのが今の日本人です。


日本がアメリカに取られた1200兆円は戻ってこない

副島 それでね、フルフォードさん、日本という国はチビコロ国家に過ぎない、という先ほどの話の続きです。この国は世界の動きの中のほんの一部です。この見方を私は絶対変えない。日本ごときが何か大層な事ができるとか、そういうことは無いんですよ。ない。だから、私はフルフォードさんにはっきりお聞きしたかったのは、日本が中心になって、世界に向かって何かが出来るなどというのはバカげた考えであって。日本はいつも外国の大国から動かされてきた。そう思いませんか。

(省略)

副島 フルフォードさんね。裏の真実だけど、私がずっと調べてきて知っている真実は、総額で12兆ドル。1ドル100円で計算して1200兆円のお金が、これまでに日本政府からアメリカ政府(米財務省)に裏から流れ出しているんですよ。それで日本は貧乏なんですよ。こういう大きな金額について、表のメディアや学者たちは一言も言わない。毎年30兆円(3000億ドル)がアメリカに払われているんです。毎年、毎年3000億ドル。それが40年間、溜まって、それで1200兆円(12兆ドル)が、アメリカ政府に、秘密で貸し込まれている。と言うか、ぶったくられている。形式上は、米国債(米財務省証券)を買った形になっている。こんなものは紙切れです。日本の体制側のジャーナリストたちはこのことを絶対に書かない。

BF (省略)私は霞が関に電話して『70兆円はどうなったの?』と聞いたら、『別勘定だ』とか言われて、えっ、なにそれ?と思った。だから、ああ、適当なんだってわかったわけですよ。

副島 ダブル・ブッキング、トリプルブッキングで、裏勘定なんですよ。表に出せる金ではない。私はこのことをずっと書いて来ました。概算で計算すると、大変な額がこの40年間でアメリカに流れ出しています。それらは裏に隠しているお金です。アメリカの財務省が自分の国の帳簿の帳尻を合わせるために日本からふんだくっているお金です。これに比べたら、日本政府が駐留米軍に毎年払っている7000億円とかは安いものだ。一兆円にもならない。(省略)ですから日本は債権大国の大黒字国家で、お金持ちだと言うけれども。全部アメリカに取られていますよ。そしてどうせ返しません、アメリカは。だから日本国民の生活はどんどん貧乏なのです。毎年30兆円、アメリカに取られているんですよ。

BF そう、裏の実態を知らされていないことは、何も日本人に限ったことじゃなくて、欧米人だって、表の情報を全部信じ込む訳です。例えば、コンゴ民主共和国(首都キンシャサ)がベルギーの植民地だった時にコンゴから天然ゴムが大量に輸出されてるから、本当ならコンゴ・キンシャサは凄いお金持ちのはずなのに。ベルギーに天然ゴムは来てるけど、ベルギーからコンゴには何にも払われていないってことに、どういうわけかなっていた。それは1000万人もいるコンゴの現地人をたくさん殺して強制労働をさせていたことがわかったの。仕事をちゃんとやらないと手を切断するとか恐ろしい事を沢山やっていた。

副島 それはレオポルド2世(1835-1909)という残虐なベルギーの国王がやったことなんですよね。世界中の知識人は知っている。だから日本人の私は知っています。しかしベルギー国民は今も知らないんですよね。

BF その通りです。


以上、引用終わり。



[3053]総務省の接待問題
投稿者:宮林謙吉(7327番)
投稿日:2021-03-15 18:21:47

個人的な想像に過ぎませんが、総務省の接待問題は、東北新社の件は前哨戦あるいはジャブで、本丸はNTTの方ではないかと思います。サービスが始まった新通信規格である5Gは、基幹技術のほとんどをHUAWEIが押さえてしまっている、とのことです。これに対して、NTTは次世代規格である6Gの開発に着手し、実際にその基盤技術の一つである世界最高速でスイッチするトランジスタの開発に成功したと報じられています。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57703520W0A400C2X30000/
アメリカがNTTの技術開発能力を脅威だと見ていることはNTT分割民営化に関する石黒一憲東大教授(当時、現在は名誉教授)の2007年ごろの発言にもあるとおりです。
NTT社内で6G技術開発を推進するキーパーソンが誰か、表面的な報道ではなかなか伝わってきませんが、接待スキャンダルは6Gの旗振り役をつぶす意図でキャンペーンされているという仮説と矛盾する事項はなさそうに見えます。



[3052]2012
投稿者:柴田寛喜
投稿日:2021-03-14 19:04:15

2021年3月某日、
『世界覇権の大きな真実 ロスチャイルド 230年の歴史から読み解く近現代史』
を買い求め拝読しました。
これは会員の方ならご存じかと思いますが
2012年6月刊行『ロスチャイルド 200年の栄光と挫折』の改訂版として
2021年3月に世に出たものです。
 
 2012年のその頃の学問道場・重たい掲示板を振り返ってみると
「福島本部活動日誌」が連投されていました。

 当時の政権は旧・民主党が担い、党首つまり首相は野田佳彦氏です。
 同年12月に第二次安倍政権が発足します。

 私が当道場に入会するのはまだ先のことで、
副島先生については、多くを学ばせていただくも師と仰ぐべきか否か様子見の段階でした。
 『ロスチャイルド 200年の栄光と挫折』なる本が出たことすら知りませんでした。

 実は1990年代のとある日に広瀬隆著『赤い楯 ロスチャイルドの謎』を読んでいます。
 ロスチャイルドのことは「こんな大著を読んだのだから…」とすっかり分かった気になってしまいました。
 
 
 映画ファンの私にとって『アルゴ』というノー・マークだった映画が米アカデミー賞(作品賞)を獲ったことは驚きでした。
 エンタメ系で印象に残るのは、
映画では『ハンガー・ゲーム』と『007/スカイフォール』
テレビドラマでは英BBCの『シャーロック』
でした。


 なお、中国との関係は微妙で尖閣諸島問題が燻りつつも、一方では中国人の「爆買い」の兆しが見え始めた時期だと記憶しています。



[3051]Ct値引き下げとPCR検査の説明不足
投稿者:一柳 洋
投稿日:2021-03-13 11:30:04

Ct値について説明不足、PCR検査が諸悪の根源
 会員の一柳洋です。 
  
Ct値について1/22に厚労省が35以下に下げるように、の通達は、何人かの唾液を集め安価にPCR検査する「検体プール検査法」のみ下げよという通達で、個別に行う検査で下げよとの厚労省通達は出ていない。が事実でした。  
 歯科医でPCR検査に詳しい、吉野敏明氏が3月11日公開の動画で明らかにしている。
 大阪市大の井上名誉教授が松田政経チャンネルで、Ct値を下げたことが2月からの陽性確認数減に関係あると言っていたが、どうも様子が違うようです。
 吉野敏明氏の説明によると、これまで端折ってPCR検査法について、いろいろやり方があることを言わなかったことを反省している。
 日本ではPCR検査と一括りに言われるが、そのやり方にはLAMP法、TRC,TMA法など遺伝子操作・増幅のやり方は25種類(厚労省が認めている)も有るとのこと。そしてこの検査法は定義が統一されておらず、会社も機械、キットもバラバラで、それで陽性確認数(これを感染者と詐称)を各都道府県で出し、国民の行動制限(経済破壊)の根拠にしているわけです。
 誤解をしていましたが、厚労省は個別検査のCt値は下げよと言っていないから、あいも変わらず高いCt値で、現在、小池東京都は陽性確認数の下げ止まりを「演出」していると言えます。
 吉野氏は1年前からPCR法で陽性者を見つけ、それを感染者と決めつけるのは全くナンセンスで、即時やめるように言い続けている。
 そもそもPCR法はPCRアッセイと言って、遺伝子の増幅法に過ぎず、感染症の断定になど使っちゃいけない方式だとしている。
 井上名誉教授も、PCR法の開発者、キャリーマリス自体が、これを感染症の検査には使ってはいけないと言っていた(マリス氏は一昨年肺炎で死去)としています。
 要するに小池狸知事も管首相もディープステイトの命令を忠実に履行して、今年一年もまたコロナ騒動で振り回し、グレートリセットに協力すると言うことなのでしょう。
 学問道場会員で医師を含めPCR法について知見をお持ちの方、是非本欄で指摘して下さい。
 PCRのCt値も下げる事もしない政府。コロナ患者をでっち上げるPCR法をやめよ。を国民レベルで出さないと、暮らし破壊の愚策を止められません。



[3050]スピリチュアルと情報リテラシー
投稿者:藤川健二
投稿日:2021-03-12 23:18:12

スピリチュアルといえば。

私自身は、所謂スピ系からは程遠い人格で、理想や正義など、欲望を胡麻化して負担を押し付けるおせっかいは大嫌い。私にとって愛とは、異性への性欲でしかない。合理性とは、どれだけラクして、レバレッジを効かせ、いかに高いペイアウト(カネ・欲望)が得られるか?どんな権威や権力はを持ってる者たちも、全てそうだとしか思えない。綺麗事言う奴は、平気で嘘を吐くだけ、モチベーシヨンは、欲望が全て。としか考えない俗物人格ではありますが、スピ系の人たちに読まれてるもので、「良く出来てるなー」と思う言葉があります。

ヘレン・シャックマンという、米国の、無神論の心理学者の女性が、頭に聞こえてきた声を速記で書き留めたという、「奇跡のコース」(A Course in Miracles、略してACIM)というのがあります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ACIM
この本の冒頭に述べられている言葉。

「実在するものは脅かされない。実在しないものは存在しない。ここに神の平安がある」

これは簡潔に真実を述べている。

私はこれを、仏教の輪廻転生(=空)の思想と同じ、と考える。今の世の中(というか人類は飽きもせず二千年続けてきたが)、人々は、愛とか平和とか平等とか、フワフワした実在しないものに執着しながら、実は、カネを得て法律(世の中の設計書)を書く連中は、「出世したい」「体裁を保ちたい」「カネが欲しい」という本音の欲望(目的)を実現するため行動するから、本音の目的だけが達成され、建前はいつまでたっても実現せず、マチガイが輪廻転生している。自然法理論から出て来た自然状態や善や悪や正義や倫理道徳、努力を強要する、聖書のパウロが語った処から発した、今の、自力救済を禁じた、他力本願なルール全般が、全くの嘘っぱちである。てか、機能してたはずのこれまでのやり方は、ダマシが効かなくなったので、賞味期限切れなのだ。

真実は、マスローの欲求段階説でしかない。人とは、欲望が服を着て歩いている生き物である。それ以上でも以下でもない。そこを前提に法を設計しないとダメだ。産業革命以降、人類は生産性を上げて来て(その技術も、努力で得られたのか怪しいが)、更に米軍が開発した人工的な空(くう)である、インターネットがリリースされ、個人レベルでの情報の、分析と融合・組み換え・設計が可能になったので、もはや科学技術をレベルアップさせ、人類はさっさと神(創造主)の領域に入るべきである。

近年よく言われる「情報リテラシー」とは、実は、「石」と呼ばれたサル(私は聖書のペテロにひっかけている)が無知なサルたちをたぶらかし、天界に行って「一番立派な名前をよこせ」と言って暴れまくり、「孫悟空」と名乗ったのに、全く「空」を理解していなかったので、黄金の輪っかで頭を苦しめられながら坊さんと旅をさせられたという作り話の、空(くう)の理解の事だ。(作者不明の西遊記は、きっと、玄奘三蔵が持ち帰った巻きものの、セールス・レターなのだろう)そのためには、地球人口の一定割合(百匹目のサル)を、自己責任の自力救済思想に切り替えねばならない。となると、人類はこれから相当辛い思いをするだろう。迷惑なこったい。

そもそも建前の「善」など、この世にありもしないものは、幾ら痩せ我慢を他人に強要(教育)しても、実現しないのだ。本当の善悪は、「役に立つ」「役に立たない」だから、個人個人価値観が異なる訳だ。それを同調圧力で強要すると、個人の個性=能力、ポテンシャルも、失われる。人は、欲求が阻害されると、捻じ曲げられた欲求は、犯罪として噴出する。犯罪を犯す勇気の無い者だと、自殺してしまうだろう。だが、犯罪があれば、官僚たちは法案の作文と取り締まりで、カネ儲けのチャンスが得られる。今の日本は、ジョーシキジョーシキの、肩書と年収とコネが至上価値、打算的な、ダッセェ、インチキ社会である。結果、インチキが横行する。どうせ幻想なら美しい幻想にすればいいものを。あー下らねぇ。輪廻転生といえば、私は、おっさんの今になって、50年前、三島由紀夫が、戦後を「生きるに値しない」、と判断した気持ちが、よく理解出来る。私は、世の中の常識に、あほらしさしか感じない。今流行りの「うっせぇわ」である。嘘っぱちの下らん常識で威張ってきたメインストリームの年寄ども。本当に下らなかった平成分30年を、トイチで利息付けて返せ。

欲求に反した倫理道徳、戒律、法律、全てがマチガイである。幾ら綺麗事言っても、物質、要素、エレメントを取り出せない(=目的通り、言っている通りに空即是色しなかった)ものは、実在しないのだ。嘘だ。私は、スピリチュアルであっても、論理を徹底すれば、冷徹な合理性に繋がると考えている。例えば、私見ではあるが、「奇跡のコース」も、読み方によっては、電気的宇宙と元素転換について述べている、という解釈も出来なくはない。

訳分かんない文章ですみません。




[3049]エマーソンの確信
投稿者:安藤恵里也
投稿日:2021-03-12 21:46:09

副島先生へ

ぼやきのエマーソンの3から抜粋。
だからさっき言ったような、自分の気持ちを強く持って、自分の考えをかたく信じて生きていきなさいとか、自分が確信していることを声に出して周りの人たちに伝えなさい、そしてそれが周りの人たちの理解と共感を呼ぶだろう

我々キリスト教信者は信じ認め悔い改めて聖書の御言葉に服属し、御言葉の確信に立って行うことを信仰と言います。

私のような小さく弱き人の信仰の言葉がエマーソンの信仰を肯定します。私が考えるにエマーソンはこの信仰心は洗礼を受けたかそのあと何年もしないうちにその様な信仰を持っていたかもしれないと考えるのが良いと思います。周りの人々に伝えれるほど理解があったかは解りません。

私はスピリチュアル、ニューエイジも良い実を結ぶとはおもいません。また過剰に知識に頼ることも正しい実を結ぶとは思えません。知識は高慢と罪による死をもたらしました。これから人は死ななくなる世の中のが訪れるとしたら人は不幸になります。
死とは私が考えるに神のあわれみと慰めだと私は考えるます。孤独死でなくなるのもよいですし、家族に見守られてなくなるのも良しです。人が神のように永遠に生きるよりもよほど良いでしょう。

若輩者の私で頭の良い方々とお話する能力はありませんがどうしても伝えたかったので書き込みました。

いつも副島先生の本を拝読させていただいてます。歴史をつなぐピースを発見者と共有し楽しめることを感謝します。

最後に先生!日経平均は4万円いくと思いますか?!金価格は上がりますよね!?信じてますよ!!トランプ習近平プーチンの年表の内容どこが変更されたんですか?これもある意味副島先生信仰ですね(笑)
3月の金融本を楽しみにしてます。



[3047]古典の中でも語られるエマーソンのこと
投稿者:川本真都
投稿日:2021-03-10 14:43:59

 エマーソンについてのお話があったので、スピリチュアルの古典の中にエマーソンがでてくるのを紹介します。古典的名著の一つにセス・ブックシリーズというのがあります。
 ジェーン・ロバーツ(1929−1984)という女性の口を借りて、セスというエンティティ(entity 存在体=そんざいたい=)が、人間の知覚の仕組みを土台にして宇宙論を展開する内容です。

 たくさんの著作がありますが、日本語になっているのは2冊、” Seth Speaks” (1972) と “The Nature of Personal Reality “ (1974) です。それぞれ、『セスは語る』、『個人的現実の本質』という日本語タイトルでナチュラル・スピリット社から刊行されています。『個人的現実の本質』から引用します。

(引用ここから)

  客がやってくる前の日曜の午後、わたしはラルフ・ウォルドー・エマーソン(詩人・哲学者。1803〜82年)の本を読みはじめた。たまたま目に止まった『詩人』(The Poet) というエッセイの中で、彼は「語り手たち」のことを「内なる能力を使って自然の内的な秘密を語る人々」と述べている。
 
 そのエッセイにわたしは強い感銘を受けた。わたし自身の文章や心霊的な活動に見られる要素をそのまま反映しているように思われたのだ。そしてもちろん、『セスは語る』の第20章でセスが述べている「語り手たち」のことを考えた(セスによればエマーソンもまた語り手だった!)。
           
             『個人的現実の本質』, 2012年, ナチュラルスピリット刊、p.433  

(引用ここまで)

 これら2冊の本は知的好奇心を刺激する本です。スピリチュアルとスピリチュアリズム に抵抗がない人で、まだ読んだことがない人がいたらぜひ手にとってごらんください。おすすめです。



[3046]スピリチュアルについて
投稿者:大阪のおじさん会員
投稿日:2021-03-10 14:42:16

副島先生が言われるように、確かに世のスピリチュアルは女性主流であり、少し浮ついたところがあるように思います。船井先生がお亡くなりになる前に、「もう地に足のつかないスピリチュアルは止めた方が良い」と言われたようですが、昨今のスピリチュアルの上滑りな流行を予見されたのかも知れません。Self Reliance、これは中村天風師が喝破された「我は力の結晶だ」ではないでしょうか?力強い自己肯定だと思います。ただこの自己肯定は机上の勉学や知識だけで得られるものではなく、瞑想や気功、ヨガ、武道等を徹底的に修練した上で得られるものだと思います。身体と気の巡りの鍛錬が大前提になります。世のスピリチュアル本やセミナーだけでは無理でしょう。エマーソンも瞑想を習慣にしていたと聞きます。






※以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます。
■記事No ■削除番号