ログイン

ようこそguestさま
ログインする

今日:518 昨日:16423
合計:67637608
 
重たい掲示板


(※旧名:気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板)
[会員(新規・ご継続)のお申し込み] [本のコーナー] [ビデオのコーナー]

[ホームにもどる] [携帯用(工事中)] [過去ログ(工事中)]

[副島隆彦宛メール] [副島文献目録] [84-90] [91-95] [96-00] [01-05]

[旧掲示板]

[投稿する前に]
■■■投稿規定■■■
・この掲示板に投稿するためには、下記のすべての条件を満たし、遵守する必要がある。
【前提条件】
・副島隆彦の本を5冊以上、読んでいる。
【当掲示板への初回投稿時の条件】
・簡単な自己紹介をして、自分の関心あることを限定してみんなに提起する(但し実名投稿である必要はない)。
【副島隆彦に議論を挑みたい場合の条件】
・礼儀正しく、自分の立場や政治思想(思考)を明らかにしてからする。

【投稿後の条件】
・自己が投稿した文章に関して、一切の権利を主張しない(著作権に関しては、市場で利益を生まない文章には始めから発生しません)。




※ログイン後に投稿フォームが表示されます。





[2414]大阪G20で、本当は、何が話し合われたか。明日は、私たちの定例会です。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2019-06-29 13:15:57

副島隆彦です。 今日は、2019年6月29日(土)です。

大阪G20 に 集まった首脳たちは、表に出ない裏側で、一体、深夜まで、何を真剣に話し合っていたたのか。今日29日 昼は、米中の貿易交渉が、激しく行われている、とニューズ報道があった。何らかの妥協が、米中のトップ( トランプと習近平 )で図られるだろう。

私は、G20の シェルパ(事務局、事務方=かた= )から、驚くべき情報を 昨夜遅く、いただいた。

何と、プーチンと、習近平と、トランプが、3人で会って、話し合うという根回しが激しく3大国の事務方で徹夜で、行われていた、というのである。もし、これが、実現したら、まさしく、世界の歴史上の「3帝協商(さんていきょうしょう)」になる。 あるいは、私が、唱えてきた 「第2次ヤルタ会談」だ。

真に驚くべきことだ。 もし、この3帝会談、あるいは、3帝協商(トライアンタント、Triple-Entente )が、実現したら、 これからの世界は、米、中、露 の 3大国による 協議と協調によって、動いてゆくことになる。



副島隆彦です。 

この 3大国の 指導者の会談の 目的は、私の予想では、 INF(アイ・エヌ・エフ、中距離 弾道ミサイルの 制限 交渉。 500から1000キロ飛ぶ。核兵器を積むことができる )であろう。

今回は、3人の指導者の 会談は出来なかったようだが、きっと、近いうちに、行われるだろう。

 私の 洞察では、6月7日の サンクトぺテルブルクでの、プーチンと習近平の会談の場に、ヘンリー・キッシンジャーから、電話があった。その場で、世界戦略家(ワールド・ストラテジスト )である キッシンジャー博士 が、次のように言っただろう。

「 3人で会談してくれ。そうすれば、世界は、安全で、安定する。 私ももう、長くないから(95歳)、今のうちに、 3人が、仲よく話し合ってくれることが、私の願いだ。 トランプには、私から、よく言っておくから」 というものだったろう。

これが、私たちが生きている今の世界だ。 私たちは、この世界の動きを、間違うことなく大きいところで、しっかりと把握していなければいけない。

3人の 独裁者(ディクテイター)が、会って話し合うことが、何の良いことなのか、という批判もあるだろう

 明日の 定例会(私たちの講演会)に、来てください。まだ少しだけ席が空いているそうです。 当日券がありますので、そのままで、いらしてください。 この 3帝協商、あるいは、第2次ヤルタ会談が、実現するだろう、 の 話もします。

副島隆彦拝  

・6/30(日)「学問道場」定例会
『「絶望の金融市場」及び「国家分裂するアメリカ政治」発刊記念講演会』

講師:副島隆彦、
古村治彦、中田安彦
開催日時:2019年6月30日(日)
12:15~
会場:JR「田町」駅 建築会館ホール

・上記定例会のご案内は、コチラ↓
http://snsi-j.jp/kouen/kouen.html



[2413]来たる日曜日(30日)の定例会に来て下さい。 私が、何を話すか。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2019-06-25 12:34:21

副島隆彦です。今日は、2019年6月25日(火)です。

 今週末の、 6月30日の 私たちの学問道場の 定例会に、会員およびその友人の皆さんは、どうぞ、いらしてください。私が、自分の能力の限りを尽くして、話します。

 席がまだ空いているそうです。当日券でも受け付けます。時間のある人は、どんどん参加してください。「そろそろ、副島隆彦の最新の考えを、直(じか)に聞いてみたい」と思う人を歓迎します。 詳細は以下の通りです。

(転載貼り付け始め)

第41回副島隆彦の学問道場定例会
「全ての経済学を貫く「Y=M」の衝撃(仮)『絶望の金融市場』及び『国家分裂するアメリカ政治』発刊記念講演会」

・講師:副島隆彦先生、古村治彦研究員、中田安彦研究員
・開催日時:2019年6月30日(日)12時15分開場、13時開演
・会場:JR「田町」駅 日本建築学会 建築会館ホール
・会場住所:東京都港区芝5丁目26番20号
TEL:03-3456-2051 FAX:03-3456-2058

・会場までのアクセス:JR「田町」駅,都営地下鉄「三田」駅(浅草線・三田線)

・当日の予定 開場 12:15 開演 13:00  終了 17:00(予定)

※定例会出席のお申し込みは以下のアドレスです ↓
http://snsi-j.jp/kouen/kouen.html

(貼り付け終わり)

副島隆彦です。当日は、私は、以下の4つに 大きく分けて、話そうと思う。

1.すべての経済学は、「 Y = M 」の式で、出来ていて、これを解くことで解明できる。

 Y (イールド)とは、人間活動の全て、うごめき。もの、ことのすべて。 財物の生産と流通のすべて。 実物(じつぶつ)経済のことだ。 M(マネー)とは、それを、おカネで表されることのすべてだ。 そして、それを、「 Y = M 」と、等号記号(イークオール)で、結んでしまったことから生まれた、大間違いを ずっと説明してゆく。現実と合わないことまでを、欧米白人は、均衡(エクリブリアム)で
表した。

2.「米中貿易戦争」の 報道に、みんなもう、くたびれてしまった。それを仕掛けた、トランプ自身もきっと疲れているだろう。 どうしても、何らかの形で、習近平と妥協するだろう。

 私、副島隆彦は、 最近の、この3カ月の、トランプの何を血迷ったのか、おかしな世界政治の動かし方に、すっかり、辟易(へきえき)している。 今のアメリカの政権の、対外政策のほとんどは、失敗ばかりであり、大間違いばかりだ。4月30日に、ベネズエラでの、クーデター失敗のあと、
5月5日には、ホルムズ海峡(オマーン湾)に、空母2隻を出動させて(イスラエルからの 誤報の
軍事情報に騙されて。ボルトンが、支離滅裂 )、それで、タンカー2隻への 謀略攻撃をした。

 中東の 地域(リージョン)を、対イラン戦争で緊張させることよりも、 原油(WTIで1バーレル50ドル丁度まで下落していた)の アメリカ国内 値段を吊り上げたかったのだ。
そうしないと、ジャンク債(ハイリスク債)で、シェール・オイルを開発している、博奕人間たちを
助けるためだ。そうしないと、株式市場よりも、ボンド(債券)市場が、先に、暴落を始めるとこころだった。

 トランプは、NY株式さえ、政治力で つり上げておきさえすれば、退職老人の年金暮らし層の支持を
取り付けることを知っている。それがトランプの力の源泉だ。やっていることが幼稚だ。

 トランプを、柔らかく押えて、説得して、冷静にさせることが出来る、周囲の人間がいない。 トランプは、今や、駄々っ子の、我が儘(まま)放題の、子供のようであり、世界が困っている。トランプは、半ば独裁者のようだ。それでも、アメリカ国内で、国民の強固な支持層 以外に、「トランプの今のやり方で、外国をたくさん痛めつけて、それで、アメリカ国内の景気が良いのなら、それを認める」 という多数派のアメリカ国民がいる。だから、国内は、これでいいのだ。

 私は、トランプが、新天皇に会いに来て(5月27日)、大相撲も観て(26日)あちこちで日本国民に向かって、実にしおらしそうにして、ハンブル(謙虚そう)に徹して、上手に演出したことを、よく分かっている。すべて計算尽くでの動きだ。これまで、ずっと、トランプのことを嫌って、不安視していた多くの日本人を取り込んだ。日本のメディアもトランプへの悪い書き方が、減った。 

「トランプさんて、案外、そんなにヘンな人じゃないんだ。もっと恐ろしい暴れ者か、と思っていた。安心した」と、日本人の多くが思った。

 私、副島隆彦は、このことが気に入らない。トランプは、今から、これから、多くの失敗を犯して、慢心(まんしん)して、どんどん窮地に追い詰められることが、分かるから不愉快なのだ。その 策略が、まだ、早すぎるのだ。じっくりと待てない男だ。この せっかち、思慮深くない性格が、大きな敗北に繋(つな)がる。

 トランプの今の、稚拙(ちせつ)な、対外政策の下手くそ、外交のまずさは、あと、1年後に始めるべきことだ。即(すなわ)ち、来年の 2020年11月の大統領選挙で、再選されるための必死の選挙運動の時に、今のような 「世界中を不安にさせる 外交」をやるべきなのだ。来年の6月頃やるべきことだった。 それを、1年前倒(まえだお)しで、1年手前にずらしてやっている。混乱を起こすのが早すぎる。

 私、副島隆彦の予測、予言では、来年、2020年の トランプ再選(2期目の4年間の始まり) が、はっきりした時点(2020年の終わり頃)で、大きな金融崩れ、世界の変動に突入してゆくべきなのだ。その時に、「どうせ、オレは、再選された(される)のだから、好きなようにやる。

 どんなに苦しいことがあっても、次の4年を乗り切ってみせる」というシナリオで、動くべきなのだ。
そして、2024年の 任期末のときに、トランプはボロボロになって退場してゆくべきなのだ。
アメリカの世界覇権(ワールド・ヘジェモニー)は、この時の、大恐慌突入で、終わる。それをトランプは、非常に拙(まず)いやり方で、時期尚早の前倒しで、やっている。このことに、今や独裁者になりきったトランプに、どこまで、自覚があるのかが、分からない。本当に、辛抱の出来ない、余裕の無い男だ。

 この3カ月のトランプの 連続の 政策失敗を、不愉快な思いをしながら、私は、ずっと、追い続けていた。それを、今度の定例会(私たちの学問道場の自力での講演会)で話します。

3.北朝鮮 という このやっかいな国 の 建国以前からの歴史を、ずっと、どうやったら、ズバリと、ガツンと、私たちが理解することが出来るか。このことに、私、副島隆彦は、相当に、この3カ月、苦しんで、考え込んだ。 

 今の金正恩(きむじょんうん)の体制を作るに至った、彼は、中国人から、金三胖(キム・サン・パン)と呼ばれている。それは、「朝鮮の金(キム)王朝の3代目のデブ 」という意味だ。
日韓併合(1910年、朝鮮王国を消滅させた。やってはいけないことを日本はした)の前の、1907年{義兵の運動」そして、1919年の3・1万歳事件の、 抗日(こうにち)の、激しい独立運動からの、丁度、この百年(独立を 光復 と言う)を、北朝鮮・韓国(かんこく)の 歴史の 大きな謎を、今こそ、副島隆彦が、解明した。

金日成(きんにっせい)という男が、どのように、ロシア(ソビエト)によって、創作され、偽せ者の、
民族の英雄が作られたか、を、「金日成は4人いた」(李命英=りめいえい=著、1976年刊、成甲書房)という、衝撃の、真実の大著に拠りながら、説明する。 朝鮮・韓国の本当の、抗日、民族の英雄は、4人いて、次々に、戦いの中で死んでいったのだ。 そのあと、ニセ者の、傀儡(かいらい、操られ人形)の、今の金正恩のおじいさんの、金日成(キムイルソン)が、出現したのだ。

 一体、韓(かん)民族というのは、いるのか? 朝鮮 と言う国は、いつ出現したのか? 朝鮮とは、「朝が鮮(あざ)やかだ」という意味だ。あるいは、「中国皇帝への朝(ちょう)=貢ぎ物、朝貢物=が、鮮(すくな)い 」という意味だ。  韓国人の「韓民族」は、歴史上、いつ生まれたのか。そして、このことへの、百年間の 日本(人、国)の責任を、ずっと、ずーっと、私が、説明する。 大きな謎を解く。 

最高権力者の伊藤博文は、日韓併合に反対していた。朝鮮王朝を残したまま、属国として支配し続ければいい、と考えていた。そして、伊藤は、日露戦争(1904,5年)のあと、ロシアやドイツ(プロイセン)とも 仲良くして、日本の立場を守ろうとした。 それで、伊藤は、 ワルの 山県有朋の 銃殺隊(狙撃兵)に殺されたのだ。1909年だ。併合の前の年だ。 次の最高権力者になった山県は、イギリスの手先だったのだ。 

伊藤博文は、イギリスの手先代表として、育てられた(初代の内閣総理大臣)のに、イギリスに逆らった。だから、朝鮮王朝を 消滅させて、日本国が吸収、合併したことが、どれほど、朝鮮人、韓国人を、怒らせたか。私たちは、今からでも、このことの 重大な責任を、しっかりと考えなければいけない。
それが、真の 韓(朝鮮)半島人と、日本人の 友好、親和だ。

4.「北アメリカ史」の全体像に、今こそ、トランプの出現までを、含めて、網羅(もうら)的に、 「アメリカとは、どうやって、出来た国か? 」 を、 私が、解説する。ここでも、「 世界史の 新しい、本当の理解の仕方」 の、大胆な試みとして、私が、やってみせる。 私の生涯の最後の、大仕事になる内容の、準備であり、幕開けだ。

 以上の 4つのことを 表題(ひょうだい)にして、 私、副島隆彦が、渾身(こんしん)の、怒鳴り上げで、ずっと、話します。私は、そろそろ、自分の 脳の限界、おのれの知識、思想の限界に向かって、ギリギリの闘いをしなければ済まなくなっている。

 本当に、この3カ月は、私の人生で、苦しかった。 私は、すでに、たくさんの本を書いた。200冊を超える本を書いた。そして、これらのあとに、さらに何を積み上げてゆくのかで、私は、死ぬ思いの苦労、苦悩 をしている。 

 私の言論と本に、付き合ってくださる 学問道場の会員たち と 全国の読者 たち に、私は、さらに何を 大発見として、教える ことが出来るか。このことで、私は、のたうち回っている。  

 ここで、私のささいな、私生活のことを書きます。 私は、2週間前に、 庭仕事をしていて、足のふくらはぎ に 肉離れ(ストレイン)を起こした。 肉離れ、というのを人生で始めてやった。運動をあまりやらない自分でも、 筋肉を、ふとした作業で、引っ張りすぎると、この怪我をする。 

 バキ、とかブチ というような小さな音がして、それを自分で体感した。「あ、足の筋肉の一本が、骨から外れたかな」という 自覚があった。その痛みも、ようやく治まってきた。 跛(びっこ)を引きながら、必要に迫られて家の中を動き回っていたのだが、大半は、寝て暮らした。 

 私は、静岡県の 熱海という町に住んでいるが、そこの斜面地の 崖(がけ)のような所に建っている家に住んでいる。見晴らしと景色はすばらしい。太陽も海から昇るのが見える家だ。

 その分、崖(がけ)の斜面地に、30本ぐらい果樹を植えて、それを栽培している。梅の実は、1000個(4本の梅の木から)ぐらい採れた。梅ジャムにして、お湯割りで、一年掛けて飲む。小さな畑もあって自給用の野菜も作っている。

 この崖(斜面)の庭 の 雑草刈りを、福島からわざわざ来てくれたI君と、やっていて、それで、私の 腰が痛くて、悪い体のままで、私も斜面の雑草 (ススキなどの、本物の 恐ろしい雑草どもだ)を刈っていて、それで、ブチと、ふくらはぎ の中の おそらく一本の細い筋肉に、ひび割れが起きたのだ。 

 これが、私の肉離れ体験だ。 人間、いくつになっても、新しい、いろいろな体験がアルものだ。でも、もう、治った。よかった。

 私は、この3カ月、4月の終わりから、本当に、苦しんだ。
それは、現下(げんか)の 世界情勢の 変化を読み取り、分析しながら、その先を予想することと、共に、「 世界史の全体像を、自分なりに捕まえること に挑む」という 人生の大きな課題に挑戦を思い立って、それで、もがき苦しんでいる。

 私は、もう66歳だ。そろそろ自分の人生の終わりに向かって、知識、思想、言論での大きな仕事の団取りの 準備をし始めなければ、と、欲の深いことを考えるようになった。そうしたら、この3カ月、本当に苦しい。脳(頭)が苦しい。 それに、自分のやや肥満の、運動不足の体が、脳を支えきれなくて、自律神経失調症というのだろう、生きて、生活しているだけで、苦しい。それに寄る年波(としなみ)の、老化(ろうか)が、加わって、本当に、キツい。

 だが、みんな同じなのだ。 世の中の人は、皆、人それぞれの自分の苦しみを抱えて生きている。だから、自分の苦しみを 特別扱いすることはできない。 我慢するしかない。人生は、我慢に、我慢だ。我慢すること、忍耐強くなること。

 どんなに、キツい闘いでも、自分が選んだ、この知識、思想、言論の場面での、闘いを、死ぬまで、続ける。倦(う)まず弛(たゆ)まず、グイ、グイと、歯を食いしばって、前に押してゆく。

 私が、おそらく、一番、好きな、人生訓話は、 夏目漱石が、はがきに書いた、次の文だ。 

 それは、来訪した弟子の 久米正雄(くめまさお)と 芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)に当てて、来訪のあと、2人宛てに書いた葉書だ。 そこには、大体このように書いてあった。全集の中にある。

 「 世間は、打ち上げ花火のような、大きなものに驚きはしますが、それには、すぐに飽きます。それよりも、牛が、畠(はたけ)をグイグイと押してゆくように、仕事をしなさい。一過性のことを、世の中は、認めません。本当に我慢して、積み上げた仕事だけを世の中は、は認めます。
これから湯浴(ゆあ)みをします」 というような、内容の漱石の はがき(端書)の文だった。これが、私の生涯の座右の銘のひとつ になってしまいそうだ。

 私は、夏目漱石 という文豪(ぶんごう)は、実は、今の新宿区の、牛込(うしごめ) の 町方役人の、長屋、家作を 何百軒 も 持っていた、大地主の息子であったので、だから、倫敦(ロンドン)留学も、官費(だけでは足りない)で行った人だったのだ、という点を、文学部出(で)の連中が、もっと、冷酷に漱石研究をやらないことが、今も不満だ。

副島隆彦です。 私が、最近で、気になったのは、この事件だ。

(転載貼り付け始め)

〇「維新、丸山衆院議員を除名へ=北方領土「戦争奪還」発言」

2019年5月14日 時事通信



 日本維新の会の松井一郎(まついいちろう)代表(大阪市長)は、5月14日、ロシアに実効支配されている北方領土の「戦争による奪還」に言及した丸山穂高衆院議員(35)=大阪19区=を除名する意向を表明した。維新はこの後、国会内で臨時役員会を開き、丸山氏の処分を党紀委員会に諮る方針を決めた。党内外から丸山氏に議員辞職を求める声が上がった。

 松井氏は市役所で記者団の取材に応じ、丸山氏の発言について「国会議員として一線を越えた発言で、元島民、国民に不快な思いをさせた」と述べ、陳謝した。今後の対応に関し「一番厳しい処分になる。除名だ」と明言し、「議員辞職すべきだ」とも語った。

 丸山氏は経済産業省出身で当選3回。10日から北方領土の「ビザなし交流事業」に参加し、訪問先の国後島で元島民に対し「戦争で島を取り戻すことには賛成か」「戦争しないとどうしようもなくないですか」などと発言した。酒に酔っていたという。丸山氏は臨時役員会に先立ち離党届を提出した。

(貼り付けおわり)

 あとに載せる記事の、丸山穂高(まるやまほだか、35歳)という 日本維新の会を 除名された、「(これから)戦争(をして)で 島を(ロシアから)取り戻すことに(あなたは)賛成ですか」 「(ロシアと)戦争をしないと(日本は)どうしようもなくはないですか」 

 と、この5月11日に、“ 北方領土 (ロシアは、このコトバを認めない)”のひとつの国後島(くなしりとう)で、言ったことで騒ぎになった、あの若い議員のことだ。

 後ろに新聞記事を載せる。 私は、この丸山穂高、という 若い議員の 発言は、大きくは、「ロシアと日本を、絶対に、仲良くさせない。ヒビを入れることをせよ」というアメリカの国家情報部(CIA)と、その手先として動いている者たちが、計画して、ニューズ・メディアに載せたものだ、と思う。

 この丸山発言を、国会で、国会議員たちが、「国会議員としての一線を越した発言として」議員辞職勧告決議(野党) か、譴責(けんせき)決議( 自民党) にしようとした。そして、最後は、なんと、糾弾(きゅうだん)決議という、これまで、聞いたこともない、左翼的な(笑い)コトバで、おしまいにした(6月6日 決議)。  私は、ここで、ふっと、考えた。まだ、この程度の国なのだな、と。

 国会議員たちは、一様に、当惑した。安倍晋三首相も当惑した。野党のリベラル派の人たちも、困惑した。 所属する 日本維新の会の何の役職なのか知らない、創業者、党首(代表)だったの男、すなわち、 偽善者の 橋下徹(はしもととおる)が、即座に、「維新から、除名すべきだ」と 決断して公言した。

 私は、これは、おかしい、と、強く思った。 日本維新の会だから、この丸山発言ぐらいは、平気でしているし、みんな、このように、「ロシアとは、また、戦争をして、今度こそ、勝って、それで本邦領土を取り戻す、ということも考えるべきだ」ぐらいのことを、当然の主張として、政治言論としても、言うべきなのだ。 

 日本の、反共(はんきょう)保守の男たちだったら(女でも、生来、右翼っぽいのがいるから同じ)、これぐらいのことは、日常で、たまに、ぽつりとつぶやいたり、酒の席で、言い合っていることだ。 自民党を支えている、右翼、保守のオヤジたちだったら、みんな、腹の中で、思っていることだ。

 ただし「日本が 戦争をしたって、今のロスケ(ロシア)には、勝てないよー。プーチンは、強そうだからなー」と、言い合うだろう。だから、現実味(げんじつみ)が無いから、だから、言ってはならない、タブー(禁忌)の発言だ、しかも、それを、議員が言ってはいけない、ということになるのか。

 この丸山穂高(まるやまほだか。経歴は、経産官僚上がりのエリートだ) という 若い 政治(家)生命は、これで断たれるのか。 私は、そんなことをするべきではない、と判断する。国会議員たちが、自分たちで、自分たちの首を絞めるようなことをしてはいけない。 

 丸山議員は、「私は、議員を辞職しない。私を除名した維新の会に対して、私は、おおいに不満がある」 と言う態度だ。 私は、この丸山議員の態度が、正しい、と 思う。自由に何でも発言させるべきだ。そして、大きな討論、議論の輪を作るべきなのだ。

「言論の自由」 「思想、表現の自由」 ( 憲法21条) を、日本人は、あまりにも粗末に扱っているのだ。 こういう 丸山議員の発言があったときにこそ、私たちは、真剣に、言論の自由、思想、表現の自由を考えるべきだ。

 だから、この問題は、ただ単に、言論の自由、思想・表現の自由の問題 なのではなくて、それを通り越して、国家体制そのもの に関わる問題なのだ。それをイミューニティ immunity 「国家の免疫(めんえき)」の 問題という。 

 この イミューニティ「国家の免疫」の重要性を、法学部出(で)で、弁護士上がりの国会議員たちなら、知っているだろうか。いや、どうも、彼らでもきちんとは知らないようだ。ヨーロッパ政治思想の伝来、接ぎ木 として存在するのだ、と知らない。だから、今の日本では、おそらく、最高の政治思想研究家である私が、教えるしかない。

 イミューン immune というのは、1。伝染病、ウイルスや有毒から、体を守る機能 
 2.外敵から攻撃を受けることのない防壁、防御策 のことだ。 イミューニティ(防疫、防御)とは、 ヨーロッパの中世の都市国家で、共和政(リパブリーク)である自分たちの国の、指導者、トップの3人(オリガーキー oligarchy 寡頭 という)を、絶対に守る、防御する、という制度思想として生まれた考えだ。 自分たちの指導者を、何が何でも、内憂外患(ないゆうがいかん)から守らなければいけない。 

 自分たちが信頼する 都市国家の指導者たちは、外敵からの攻撃を受けやすい。かつ、内部にも政敵を抱えている。だいたい、「カネと女」のスキャンダル、醜聞 の攻撃である。

だから、自分たちの共和国の指導者に対して、仕掛けられるであろう 攻撃に対して、予(あらかじ)め、始めから、奇妙な攻撃に遭いそうになったときのために、このトップの3人に対しては、「議員の不逮捕特権(ふたいほとっけん)」(日本国憲法では50条) と、「政治家の発言の 無答責(むとうせき)、発言の無責任。絶対に罪に問われない。自由に発言できる」(51条)を定めている。  

 議員は、 国会の中であろうと、自分の演説会であろうと、自由に、自分の政治思想と政策を語ることが出来る。 そして、そのことで、警察や 司法職員によって、逮捕されたり、辱めを受けることはない。 この制度思想が、イミューニティ immunity である。国家の免疫、防御の 思想だ。

 今回の丸山議員の発言は、まず、言論の自由であり、かつ、さらに国会議員として、この「議員の無答責=むとうせき=、発言の責任を問われない 」仕組み、で守られている。この条文そのものだ。  このイミューニティ「国家の免疫」が、日本国憲法に入っていることを、日本人は、甘く、軽く見ている。 警察や 検察庁(行政官)ども が、国会議員を逮捕する、などということが、気軽に出来る国であっては、いけないのだ。

 国会議員の資格を剥奪できるのは、次の選挙で、その議員を、落選させることの出来る国民だけだ。ちょっとぐらいの不品行や、限度を超えた発言であろうと、国民の審判に寄らなければいけないのだ。 

 この イミューニティ「免疫(めんえき)」の条文が、日本国憲法にしっかり、入っていることの重大性を、私たち日本国民は、もっと、真剣に考えなければいけない。 

だから、今、孤立無援になっている 丸山穂高議員を、私は、応援する。そういう国民は、密かに、たくさんいる。本当に頭のいい人間なら、私と同じように考える。あるいは、違和感を覚える。それは、 決して、反共(はんきょう)右翼の、おかしな安倍晋三支持派の、連中だけでなく、本当の本物のリベラル派の人間だったら、「この議員に、もっと、自由に 発言させればいい」と 考えるはずだ。

日本政府のロシア政府との交渉に、この丸山発言は、差し障(さわ)るから、いけない、などど、何を、知ったかぶりのことを言うか。そういう愚か者が、実にたくさんいる。頭が悪いのだ。頭が悪い人間を、のさばらせたらいけない。  

 丸山は、偽善者で、鉄面皮(てつめんぴ)で、二重人格で、生来のウソつき人間である 橋下徹 に 刃向かって、もっと、もっと、こいつに、挑み掛かってゆくべきだ。 「あなたは、私と同じ感じ方をして、同じ考えを持っている人間のはずだ。正直に、言って下さい 」と、 掴(つか)み掛かって行けばいい。それを、見ている、私たち国民にとって、本当に、いい勉強になる。

そういうことを許すと、日本がさらに右傾化して、戦争国家になって行く、などと、馬鹿な考えをするな。その、自分の足りない知恵、おつむ、知能 で。

 この4月に、私が、佐藤優(さとうまさる)と出した対談本「激変する世界を先読みする」(日本文芸社刊)の中で。私は、佐藤優を庇(かば)った。だから、

 「 (歯舞、色丹の)2島 さえ返って来ない、事態になったのは、アメリカのCIAの手先だった、末次一郎(すえつぐいちろう)という、裏のある 男が、表面だけは、沖縄返還の時も、好々爺(こうこうや)の、実に、温厚そうな振る舞いをして、蠢(うごめ)いた。この謀略人間の、末次一郎が、今の、
「旧島民の会」 という、善良さの頂点を突いた、奇妙な組織を作っている。丸山は、この組織の中にいる、本物の 謀略人間に、計画的に、刺されたのだ。

 末次一郎という、謀略をする男が、鈴木宗男と佐藤優たちの 2島返還 路線を、ぐちゃぐちゃにかき混ぜて、40年間も、交渉を停滞させた。 『4島一括返還でなければ、絶対に飲めない』という ごり押しをずっとやった。それなのに、今は、安倍晋三だって、2島返還になってしまった。ところが、その2島さえ返って来ない、となりつつある」 と、私は、 佐藤優を擁護する態度を取った。

 丸山穂高に対して、「国会議員としての 一線を越えた発言だ」で、議員辞職勧告の決議を求めた 野党の議員たちも、もう一度、考え直した方がいい。そして、維新の会や、自民党の中のタカ派(安倍晋三を支える)の人たちは、この「もう一度、ロシアと戦争をして、勝って、実力で4島を取り戻すしかない」と、本音で、本気で、考えている人たちに、正直に、そのように言うことを、求めた方がいい。その方が、国論の対立の焦点が進んで、ものごとがはっきりする。 

 だが、この問題 の、さらにその外側に、丸山議員のような発言を、表に引き釣り出すことで、それで、日本とロシアを、絶対に、仲良くさせてはいけない、というアメリカの 策略があることも、私たちは、気づいていないといけない。

 こういう問題についても、私は、自分の思いの丈を、この3カ月、苦しんで、考えに考えたことを、皆さんに、話します。だから、来たる6月30日(日曜日)の定例会に、結集してください。  

 学問道場は、この国の、最後の 真実の言論の灯を点(とも)し続ける、ずば抜けた頭をした集団なのだ、と 皆で、自分たちで誇りを持ちましょう。  

副島隆彦拝

(転載貼り付け始め。 新聞記事)

丸山穂高議員の発言が物議を醸している

 Japanese politician Hodaka Maruyama speaks during the Niconico Chokaigi festival in Makuhari Messe Convention Center on April 28, 2018, Chiba, Japan. Niconico Chokaigi is organized by Japan's largest… by 写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ

丸山穂高氏の発言は

 北方領土の国後島を訪問した日本維新の会の丸山議員が、「戦争で取られた島は戦争で取り返すしかない」という趣旨の発言をしたことについて、さきほど会見し、発言を撤回した上で謝罪した。  出典 “戦争で取り返すしか”丸山議員が謝罪(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース

 ビザなし交流の訪問団に参加していた丸山穂高衆議院議員が、国後島の宿泊施設で酒を飲んで騒いだとして訪問団に注意され陳謝しました。
出典 丸山議員陳謝 “戦争発言”釈明|NHK 北海道のニュース

 ビザなし交流の訪問団に参加した日本維新の会の丸山穂高衆議院議員は 5月11日の夜、国後島の宿泊施設で酒を飲んで大声で話をしたり机をたたいたりしたとして、訪問団から注意を受けました。
 出典 丸山議員陳謝 “戦争発言”釈明

|NHK 北海道のニュース
さらに丸山議員はこの際、「戦争で島を取り返すことには賛成か反対か」、「戦争しないとどうしようもなくないか」と団長にただしました。
出典 丸山議員陳謝 “戦争発言”釈明|NHK 北海道のニュース

 5月13日、北方四島の国後島から戻ったビザなし訪問団。参加した国会議員からとんでもない発言です。出典 維新・丸山議員、国後島で「戦争しないと、どうしようも・・・」 TBS NEWS

発言の主は大阪選出の日本維新の会、丸山穂高衆院議員。まるで「戦争をしないと島は返ってこない」とも受け取れる発言が続きます。
出典 維新・丸山議員、国後島で「戦争しないと、どうしようも・・・」 TBS NEWS

これについて国後島出身の男性はNHKの取材に対し、「30年近くかけて行ってきたビザなし交流はロシアとの信頼関係をもとに成り立っているのに、それを壊しかねない発言で腹を立てています」と話しています。
出典 丸山議員陳謝 “戦争発言”釈明|NHK 北海道のニュース

丸山穂高衆院議員(35)は「酒が入っていた」というが、3年前にも飲酒トラブルを起こしていた。
出典維新議員「北方領土を戦争で取り戻す」酔って発言 過去にトラブルで「禁酒宣誓書」提出...「いつ解禁したの?」(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース

しかも丸山氏は当時「禁酒宣誓書」を幹事長に提出したとツイッターで明かしていた。
出典維新議員「北方領土を戦争で取り戻す」酔って発言 過去にトラブルで「禁酒宣誓書」提出...「いつ解禁したの?」(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース

そのため、ビザなし交流での事態を受けてインターネット上では「いつ解禁したの?」と呆れる声が相次いでいる。

出典維新議員「北方領土を戦争で取り戻す」酔って発言 過去にトラブルで「禁酒宣誓書」提出...「いつ解禁したの?」(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦拝 



[2412]【最新】2019年6月30日開催の定例会に関するお知らせ(学問道場・古村)
投稿者:古村治彦(副島隆彦の学問道場)
投稿日:2019-06-20 13:18:04

 SNSI・副島隆彦の学問道場研究員の古村治彦です。今日は2019年6月20日です。

 本日はこの場をお借りして、2019年6月30日開催の定例会に関するお知らせをいたします。最後までお読みいただけますよう、お願いいたします。

(1)既に多くの方々から参加申し込みをいただいております。ありがとうございます。引き続き、参加お申し込みを承っております。下記アドレスからお申し込みいただけます。よろしくお願いいたします。

(貼り付けはじめ)

第41回副島隆彦の学問道場定例会
「全ての経済学を貫く「Y=M」の衝撃(仮)『絶望の金融市場』及び『国家分裂するアメリカ政治』発刊記念講演会」

・講師:副島隆彦先生、古村治彦研究員、中田安彦研究員
・開催日時:2019年6月30日(日)12時15分開場、13時開演
・会場:JR「田町」駅 日本建築学会 建築会館ホール
・会場住所:東京都港区芝5丁目26番20号
TEL:03-3456-2051 FAX:03-3456-2058
・地図:

・会場までのアクセス:
JR「田町」駅,都営地下鉄「三田」駅(浅草線・三田線)

・当日の予定:

開場  12:15
開演  13:00
終了  17:00(予定)

(貼り付け終わり)

※定例会出席のお申し込みは以下のアドレスからお願いいたします↓
http://snsi-j.jp/kouen/kouen.html

(2)入場券となるおハガキはお振込みを確認次第発送しております。お振込み後5日間経過してもお届けできていない場合には下記連絡先までお知らせください。

(3)おハガキはお届けまで数日を要しますので、発送は2019年6月25日までといたします。それ以降お振込みをいただいた場合には、私どもから確認のメールをお送りいたします。当日、メールをプリントアウトしたものか、振り込みの際に出てくるレシートをお持ち下さい。引き換えに当日券をお渡しいたします。

 参加費の当日お支払いも承ります。当日に受付までお越しください。よろしくお願いいたします。クレジットカードはご利用いただけません。

※「郵便振替」は、確認まで日数を要しますので、「2019年6月21日(金曜日)」以降はご利用いただきませんよう、お願いいたします。

(4)既にお振込みをいただいた方で、「領収証」をご希望の方は下記連絡先までお知らせいただけますよう、お願いいたします。

【連絡先】
・Eメールアドレス:snsi@mwb.biglobe.ne.jp
・電話番号:048-788-1837
・ファックス番号:048-788-1854

(5)定例会会場では書籍、DVDの頒布、新規会員受付、会員継続手続きを承ります。是非ご利用ください。よろしくお願いいたします。

以上、よろしくお願いいたします。

SNSI・副島隆彦の学問道場
古村治彦拝



[2411]2019年6月30日開催の定例会に関するお知らせ(学問道場・古村)
投稿者:古村治彦(副島隆彦の学問道場)
投稿日:2019-06-14 17:16:54

 SNSI・副島隆彦の学問道場研究員の古村治彦(ふるむらはるひこ)です。今日は2019年6月14日です。

 本日はこの場をお借りして、2019年6月30日開催の定例会に関するお知らせをいたします。長くなりまして恐縮ですが、最後までお読みいただけますよう、お願いいたします。

(1)既に多くの方々から参加申し込みをいただいております。ありがとうございます。引き続き、参加お申し込みを承っております。下記アドレスからお申し込みいただけます。よろしくお願いいたします。

 今回の定例会では、前半では、私、古村治彦がアメリカ政治についてお話します。2020年にはアメリカ大統領選挙が実施されますが、既に選挙戦はスタートしています。民主党予備選挙について情勢や候補者についてお話します。また、アメリカ政界に出現した若手政治家たちについて、民主党内の争いについてお話します。根底にあるのは、「今までの常識が通用しない」アメリカ政治、ということになります

 副島隆彦先生は、『絶望の金融市場』(徳間書店刊)でも書かれている、大発見である「Y=M」について、米中貿易戦争、歴史(アメリカ独立戦争[独立革命]とフランス革命以降)について話される予定です。定例会直前の6月28日、29日には、大阪でG20サミットが開催されますが、定例会でもG20サミットについてのホットなお話もあると思います。時事から歴史まで幅広い講演となります。

 定例会の概要は以下の通りです。

(貼り付けはじめ)

第41回副島隆彦の学問道場定例会
「全ての経済学を貫く「Y=M」の衝撃(仮)『絶望の金融市場』及び『国家分裂するアメリカ政治』発刊記念講演会」

・講師:副島隆彦先生、古村治彦研究員、中田安彦研究員
・開催日時:2019年6月30日(日)12時15分開場、13時開演
・会場:JR「田町」駅 日本建築学会 建築会館ホール
・会場住所:東京都港区芝5丁目26番20号
TEL:03-3456-2051 FAX:03-3456-2058
・地図:

・会場までのアクセス:
JR「田町」駅,都営地下鉄「三田」駅(浅草線・三田線)

・当日の予定:

開場  12:15
開演  13:00
終了  17:00(予定)

(貼り付け終わり)

※定例会出席のお申し込みは以下のアドレスからお願いいたします↓
http://snsi-j.jp/kouen/kouen.html

(2)2019年6月13日午後3時までに参加費をお振込みいただきました方々には、本日(6月14日)午前中に、入場券となるハガキを投函いたしました。お届けまで今しばらくお待ちください。

(3)既にお申し込みをいただいております方で、「領収証」をご希望の方は下記連絡先までお知らせいただけますよう、お願いいたします。

【連絡先】
・Eメールアドレス:snsi@mwb.biglobe.ne.jp
・電話番号:048-788-1837
・ファックス番号:048-788-1854

(4)定例会会場では書籍、DVDの頒布、新規会員受付、会員継続手続きを承ります。是非ご利用ください。よろしくお願いいたします。

 以上、よろしくお願いいたします。

SNSI・副島隆彦の学問道場
古村治彦拝



[2410]ようやく、やっとのことで米中貿易戦争(トレイド・ウォー)の全体像が、見えてきた。2か月掛かった。(1)
投稿者:副島隆彦
投稿日:2019-06-11 18:28:25

副島隆彦です。今日は、2019年6月9日(日)です。

 アメリカと中国は、このまま激しい対立を続けたら、貿易戦争(ぼうえきせんそう)では済まない、そのうち、本当の戦争(warfare ウォーフェア-)にまで至るのではないか。この2ヶ月間、私は、ずっと考え込んでいた。

 なぜなら、アメリカ国内に、米中の激突、大戦争(large war ラージ・ウォー)を強く望み、相互の1,2発の核兵器の撃ち合いまでを含む本当の戦争にまで突き進むことを、強く求めて画策している勢力が、実際に存在するからだ。彼らは、「今、中国を叩(たた)きのめさないと、アメリカの世界覇権は、終わる」と、本気で考えている。

 それは、アメリカ国内で、トランプを支持する国民勢力と、激しく対立する、凶暴な 強固な宗教的な反共(はんきょう)主義の政治勢力である。分かり易(やす)く、一番、簡単に言えば、それは軍産複合体(ぐんさんふくごうたい)という勢力である。トランプは、彼らを、自分の大統領としての権限(権力)で、押さえ込もうとして必死である。

 これから、私は、長々と、「米中貿易戦争」のことを書く。何回かに渡って、書き続ける。今日は、その第一回目だ。 私は、ここの重たい掲示板に、米中の IT、ハイテク対立のことを書かないで、2カ月が経(た)ってしまった。私は、ずっと考え込んでいた。

 ホアウエイ・テクノロジー(華為技術、かいぎじじゅつ )を巡る激しい争いは、どうやら、峠を越したようだ。このまま、スマホ市場と 5G の普及 での対立を続けていると、アメリカと中国の共倒れになる。世界貿易に大きな支障となる。

はっきり書くと、各国の 5Gネットワーク づくりの、最先端の 半導体を巡る 闘いでは、アメリカが負けた。 中国の勝ちだ。先端技術の開発競争のことを、詳しく自分の職業を通して実地で知っている日本人はたくさんいる。彼らが、そのように教えてくれる。

 誰が何と言おうと、今回は、トランプの負けだ。5月5日に、怒って、手を振り上げた時点で、トランプの負けだった。 このことを、これから、私は、長々と詳しく説明する。駆け引き、取引では、カッとなって、交渉のテーブルをひっくり返した方が、負けだ。

 トランプ自身が、このことを深く、噛みしめている。「どうも、アメリカの負けなのではないのか。
 あれほど、ワイワイ、中国の負けだ、と アメリカのメディアが、書いて騒いでいるところを見ると、どうも アメリカの方が、技術競争で、分(ぶ)が悪くて、すでに相当に負けているようだ」と、真に技術や、先端企業の競争を知っている人たちは、冷静に見ている。そのことをが、2カ月掛かって、ようやく、私、副島隆彦に分かってきた。

 ここに来て、トランプに、救いの手を、習近平が投げかけた。それが、つい一昨日のことだ。険悪な関係を、さらに嫌(いや)が上でも積み上げるように見えた。「ユーラシア(大陸)同盟」で、ロシアのプーチンを訪ねて、習近平が、サンクトペテルブルクまで出掛けて、今さら、2人でなにを話し込むのだろう、と、じっと見ていたら、習近平が、トランプに、「互いに友人だ。仲良くしよう。世界を安定させよう」と、エール、助け船 を投げた。つい一昨日のことだ。

(転載貼り付け始め)

〇 中国習主席「トランプ氏は友人」米中貿易摩擦の中
2019年6/8(土) 11:51  テレ朝 ANN 

 中国の習近平国家主席は、貿易問題を巡って対立するアメリカのトランプ大統領を「友人」と呼び、関係の断絶を望まない姿勢を示した。
  習近平国家主席 「私はアメリカとの関係断絶を望んでいない。友人であるトランプ大統領もそれを望んでいない」



 ロシアを訪問している習主席は6月7日、プーチン大統領らが同席した討論会でこのように述べ、アメリカと中国の間で貿易摩擦が続くなか、関係改善を図るかのような姿勢を見せた。トランプ大統領は「今月末のG20大阪サミットの後で中国に対する約35兆円分の新たな制裁関税を発動するかどうかを判断する」と表明していた。これを牽制(けんせい)する狙いもあるとみられる。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。これで、来たる6月28、29日の 大阪G20(ジー・トウエンティ)のサミット会談で、何からの打開策が図られる。最近は、トランプと習近平は、大阪で首脳会談をやらないのではないか、ふたりはもう口も聞かないだろう、とまで言われていた。関係は決裂状態で、貿易戦争は、さらに悪化して、事態はますます険悪化する、と、関係者たちから見られていた。

 私は、ずっと、米中(アメリカと中国)の貿易戦争(トレイド・ウオー)の成り行き、経過(けいか)を追いかけて、緊張しながら、それらの記事や情報を集めながら、この2か月を過ごした。

 この「米中貿易戦争」が、さらにエスカレイト(激化)して、鉄鋼や自動車や農産物への追加関税、懲罰関税(ピューニティヴ・タリフ)の報復合戦(リタリエイション)の段階から、さらに、現在の 華為技術(かいぎじゅつ、ホアウエイ)を巡っての、激しい応酬があったことで、ついに全面的な IT(アイティ)、ハイテク 戦争になってしまった。

 それが、現在、呼ばれている、経済戦争(エコノミック・ウオー)あるいは、新(しん)冷戦状態(ニュー・コールド・ウォー) から、やがて、数年後には、米中の軍事衝突、すなわち、本当の戦争、ホット・ウオーに まで繋(つな)がってゆくのではないか、と 、私は、ずっと、ひとりで深刻に考え込んでいた。その可能性はある。 

 なぜなら、今から5年後の、「2024年、あるいは、2025年は、WW2(第2次世界大戦)が終結して、80年目である。だから、その時に、次の大恐慌(グレイト・デプレッション)か、それを避けようとして、次の大戦争(ラージ・ウォー)、すなわち第3次世界大戦が、人類を襲うのだ」と、冷徹な予測、予言(プレディクト)をしているのは、この私だからだ。このように書くのは、近(きん)未来予言者を名乗る、自分の責務である。

 このまま、ずるずると3年間ぐらい、この貿易戦争(トレイド・ウォー)から始まる緊張関係の中に、世界は、叩き込まれると、世界の自由貿易体制(フリー・トレイド・オーダー)が壊される。そうすると、世界中が不況になる。そうすると、各国政府の悪あがきが始まる。自分の国の国民を食べさせることに必死になって、自国通貨の値下げ(切り下げ)競争に走る。 

 確か、5月23日に、ウイルバー・ロス米商務長官(コマース・セクレタリー)が、「通貨切り下げをする国には、制裁を科す法律をアメリカは作る」と言った。

 それ以来、ドル円の為替相場は、1ドル=110円の壁を破って、108円の円高(えんだか)方向(トレンド)に落ち始めた。ドル安 をアメリカ政府は、はっきりと望んでいるのだ。

 だが、私の杞憂(きゆう)だったようだ。そこまで事態は悪化しない。世界を揺るがす、アメリカと中国の貿易問題 は、実体、実需の経済での対立だから、まだ目に見えて、健全だ。金融、資本市場での、国際収支、資本収支では、今もアメリカのドル一極(いっきょく)体制のままだ。ここには、中国は、まだ手を触れていない。

 資本収支(中国が貿易黒字で貯めこんだドルは、ニューヨークの資本市場で、多くが運用されている)での対立 が、本気で起きると、中国は、米国債(アメリカのナショナル・ボンド。
米財務省証券 TB トレジャリー・ビル)をニューヨークの 債券市場(ボンド・マーケット)で、打ち始める。 そうすると、米ドルの暴落が、本当に起きる。それは、アメリカ資本主義の終わり、となる。
中国も、返り血を浴びて、大きな打撃を受ける。だから、これは、やらない。

 今の貿易摩擦(トレイド・コンフリクト)の緊張関係は一旦(いったん)は、収まる。その兆しがようやく見えた。 トランプは、自分は、“ ディール(取引、駆け引き)の人 “ だという厳しい自己拘束、自分への運命的な縛り に戻らなければいけない。トランプは、自分は、商人、商売人、ビジネス・マンだ。だから、戦争をする人間ではない。大きな戦争の指揮を出来る人間ではない、という、自分への戒めを守るべきだ。

 戦争をしたら、どれぐらいたくさんのカネ、出費が掛かるか。そして、それが、さらに国家財政を圧迫するか、商売人、経営者なら、死ぬほど分かっている。ただでさえ、アメリカの国家財政は、火の車で、ボーボーと燃えて、大変だ、というのに。

アメリカ政府の財政赤字は、公表されている ワシントンの連邦政府(フェデラル・ガヴァメント)だけで、22兆ドル(2500兆円)だ。地方政府と健康保険、年金などを入れると、公的債務(パブリック・デット public debt )は、本当は、この4倍ある。

 だから総額は、そろそろ 100兆ドル(1京=けい=1000兆円)だ。 この他に、ほとんど同額の、民間の大企業、大銀行たちが隠し持っている(飛ばし、で子会社群に隠している)負債 が、同額ぐらいある。 だから合計で、約2京円(200兆ドル)だ。 実に分かり易い、覚えやすい数字だ(笑い)。 2千兆円の10倍だ。 アメリカ帝国、アメリカ資本主義は、これで、もう首が回らない。 

 それを補填、穴埋めするために、日本政府から、これまでに2000兆円(20兆ドル)ぐらいをふんだくって、強制的に供出させて、強制徴収の、秘密の借り上げ(米国債、その他の公債買い) を、している。が、こんなものでは、とても、やりくりできない。商売人、企業経営者あがりの トランプには、この真実の 借金地獄が、我慢ならないのだ。 

 これまでの他の大統領たちは、「 え、そんなにあるのか」と、知らされたときにも、びっくり仰天したあと、「私の所為(せい)ではない。前から積み上がったものだ」で、知らん顔をして、「財政赤字の問題は、自分の任期が終わるまで、ほっておこう」と 逃げた。 トランプは、それが出来ない男だ。

 本当に優れた、企業経営者たちは、自社が抱える 借金地獄と格闘して、そして、狂い死にする。


 世界中の人々が、この半年、注目していた、次世代スマホ開発戦争 と5G では、アメリカが負けた。中国の勝ちだ。トランプは、大きくは、米中の貿易戦争で負けたのだ。このことを、トランプはじっと噛みしめている。

 大統領になる前の選挙の時から、ずっと連戦、連勝で、30勝ぐらいしてきた。女性問題以外では(笑い)ずっと勝ってきた。 この4月24日に、「ロシア疑惑」(ラッシアン・コルージョン、Russian Collusion )は、民主党の嫌がらせ、濡れ衣(アメリカの開拓史上で起きた witch hunt 魔女狩り と同じだ)だ、と、はっきりした。

 ボブ(ロバート)・ミューラー特別検察官(スペシャル・カウンシル。政府から独立した、政府を取り調べる強い権限を持つ )の、大統領弾劾(インピーチメント、impeachment ) を議会に勧告出来る攻撃を、トランプ側は撃退した。 ボブ・ミューラー(ムラー)は、惨めに敗退した。この男は、トランプに早く(2017年5月)にバッサリと首を切られた、コミーFBI長官の、その前のFBI長官だった。
ワルのヒラリー派の、旧勢力の官僚組織のボスの主要な1人だ。彼らの負けだった。ボブ・ミューラーは、このあと、金儲け一点張りの、ただの高給取りの高級弁護士(パワー・ロイヤー)になるだけだ。

「民主党の中には、もう38人(凶悪なヒラリー派のことだ)しか、トランプ氏への弾劾攻撃を続ける議員は、いなくなったのよ。いつまでもこの問題にかかずり合うのは、やめにしましょう 」 このように、ナンシー・ペロシ下院議長が言った。

 この女性(もう80歳近い、老婆の民主党の実力者。ドラ声の、すごみのある、声で演説する。労働組合大幹部マフィア の大親分の娘だ )は、トランプと深く、繋(つな)がっていると、私は、「国家分裂するアメリカ政治 七顛八倒(しちてんばっとう)」(秀和システム、この4月刊)で書いた。

 トランプ攻撃を、彼女自身が、激しくやっている振りをしながら、矛(ほこ)を収めている。 同じく、メキシコ国境との壁作り、違法入国者(イリーガル・アライヴァルズ)の流入問題でも、トランプは勝った。

 ということは、今度の中国との貿易戦争が、トランプの、この3年間(選挙期間を含む)で、初めての黒星、敗北だろう。 私は、そのように、“ 日本を代表するトランプ・ウォッチャー ”として、厳しく判定する。

 IT戦争としての、ホアウエイ(Huawei 華為技術)を、巡る、この半年の激しい米中の先端技術戦争で、5G(ファイブ・ジー)ネットワーク を巡る 大容量の通信網づくりの 技術戦争では、中国の勝ちだ。 4Gに較べて、通信の情報量は、10倍どころか、100倍になるのだそうだ。アメリカは、窮地に陥っている。 アメリカの軍事情報網までも、この5G のシステムに乗って動かされるからだ、らしい。

 トランプも、「しまった。どうも、自分の足元から負けが始まっている。私の負けだ 」と 気づいたようだ。2018年中 は、「私は、交渉ごとに強いのだ。貿易戦争にも勝つよ」と、余裕で、ツウイッタに書き込んでいた。 だから、トランプ大統領は、「ここらが、手の打ちどころだ。相手を押しまくってみて、それで、自分の方が劣勢になった、と分かったら、そこで 相手と折り合う」というのが、トランプ流の生き方の原理、プリンシプル principle だからだ。 だから、トランプ派、ただちにこの場面から撤退を始める。 中国と、deal (ディール、取引)の大きな枠組みづくりの、再出発を考えている。 

ディール(deal 取引、駆け引き)の、内容であり、実質の協議である、ネゴシエイション negotiation の段階で、「90%まで、金額や、数値が出来ていた」のに、それを、ひっくり返したことが、トランプの間違い、戦略的な失敗、だった。

 アメリカは、中国を叩(たた)きのめすのなら、10年前にやっておくべきだったのだ。

 今からでは、もう遅い。中国が、この10年で、もの凄い勢いで、力をつけた。もう、アメリカは勝てない。アメリカは、「核兵器を5000発持っているぞ」と、言ってみたって(ロシアも5000発だ)。この両大国は、核競争のピークの1991年の最大時には、それぞれ、一万発ずつ持っていた。この競争で、米ソは、どちらも疲れ果てた。ソビエトは、この年に倒れた。もう32年前のことだ。 

 中国は、今も、合計で全土でたった800発しか、核兵器をもっていない。この点でも中国の勝ちだ。 核弾頭(ニュークレア・ウォーヘッド)は800発あれば、十分だ。どうせ、どの国も、簡単には撃て(発射でき)ないのだから。それよりは、他の分野に、どんどん着実におカネを掛けよう、と戦略的に対応した。この中国の勝ちだ。

 去年の12月1日に、アルゼンチンのブエノスアイレスでのG20で、トランプは、習近平と大きく、折り合った。首脳会談で中国が折れた。中国は、ギリギリまで、妥協して、譲歩に譲歩を重ねて、「ここは、アメリカの言うとおりにしよう。自分たちが、世界のルールに従わないのが、いけなかった」と、もの凄い撤退戦(てったいせん)、退却を、中国はした。 

 中国共産党内の、リベラル派で、世界基準に合わせよう、急いで、民主政治体制(デモクラシー )に、体制を変更、改革してゆこう、と、強力に主張している 共青団(きょうせいだん、李克強首相が、中心)系が、この柔軟路線を、習近平派 に 強く主張して、飲ませていた。

 このあと、今年の4月までは、中国は、アメリカ(USTRと商務省)に対して、平身低頭で、言うことを聞いた。 それを、5月5日に、トランプが、ひっくり返した。

 ところが、この昨12月1日の、ブエノスアイレスG20の合意の、同日に、なんと、カナダで、ホアウエイの孟晩秋(もうばんしゅう)副社長を、カナダの政治警察( 国境警備隊。カナダ騎馬警察。ロイアル・カナディアン・マウンテッド・ポリス RCMP )が、逮捕、拘束した。

 孟晩秋は、創業者の任正非の長女で、次期CEOと呼ばれていた。この女虐(いじ)めの逮捕事件 を、トランプは、知らなかった。トランプは、この日この時、ブエノスアイレスで、習近平と、「貿易戦争を収拾する」と合意していたのだから。 

 アメリカ国内の、反トランプ派のヒラリー派の反共強硬派の官僚組織が、やったことだ。ここから、米中関係は、激化、険悪化した。

 やめとけばいいのに、実力も無いくせに、カナダ政府は、アメリカの忠実な属国(ぞっこく)であるものだから(全く、日本と同じだ)。あの、ジャスティン・“ヴィーバー” トルドーのガキの首相が、自分の刑事司法官僚を押さえつけることが出来なくて、みっともないことをして、アメリカの片棒を担いだ。

 それで、中国を怒らせて、カナダ人のビジネスマンを装って中国で動いていた、カナダの高級な国家情報部員(見るからに、007 ジェイズム・ボンドのような、かっこいいハンサムのカナダ人)を2人、報復で捕まえた。今も拘束している。

 こういう闘い、争いになると、中国は強い。 欧米白人になんか、何の劣等感もなく、容赦なく、国家スパイ捕獲(ほかく)合戦をする。

 (副島隆彦加筆。2019年6月10日に、アメリカ政府は、日本国内にいる、親(しん)中国派の中の、さらに 中国のスパイになっている 人物たちの一覧表を、公開すると、言い出したようだ。)

 先月の5月3日までは、米中の双方が、ギリギリまでの譲歩をしあって、貿易紛争の、内容の90パーセントのところまで、合意が出来ていた。それを、5月5日に、トランプが、突如、癇癪玉(かんしゃくだま)を爆発させた。

 「中国に、追加関税の 3000億ドル(35兆円。25%のハイ・タリフ high tariff )を掛ける」と突発的に決断して、トランプ・ツウイッターに書いた。この「5月5日」が、今に至るも、ものすごく、画期(かくき)的に重要だ。これから先も、この「5月5日」から貿易摩擦(コンフリクト、経済戦争)が激化した、と長く語られるだろう。

 話し合い(交渉)では、その最中に、手を振り上げた方が、負けだ。トランプの負けだ。“ ディール(取引、駆け引き)の人 (このプリンシプルで動く人) ” であるトランプが、自分で、交渉のテーブルを、カッとなって、ひっくり返してしまった。この5月5日に、一体、何があったかを、私たちは、今後、何度でも考えなければいけない。このことを、あとの方で解説する。

 世界中に波及した、米中の貿易戦争の打撃で、各国の首脳たちが脅(おび)えている。自分の国に、どのような悪影響が出るかを、細かく測定している。

 我らが日本の安倍晋三首相の、あの、浮かぬ顔の、心配だらけの顔を見ていると、「この脳天気の、生来(せいらい)、心配事(しんぱいごと)が身につかない、すべて他人事(たにんごと)にすることで、生き延びてきた男でも、これほどの重い圧力が、掛かるものなのだな」と、私は、じっとテレビのニューズの画面を見ていた。

 新天皇の即位の儀式、お祝い(5月1日)の時にも、それから、その後、トランプ大統領が日本にやってきて、大相撲を観て(5月26日)、翌日、新天皇に挨拶をしたときにも。この新天皇(外側に向かっては、国家元首、ソブリン、ドミナトゥスだ) の最初の外国の国賓としての会見、というは、日本の国家体制上、どうしてもしなければいけないもののようだ。 

 この最中(さなか)にも行われていた 日米交渉で、「日本の農産物と、自動車への、懲罰関税が掛けられる」とか、「農産物への関税を自動車への関税だけで、トランプに、我慢して貰うらしい。その分、F35などの兵器を買い増す。そういう密約が有った 」とかの、噂(うわさ)が、飛び交った。

 この1か月前の、4月17日に、台湾のホンハイのテリー・ゴウ(郭台銘、かくたいめい)が、「台湾の総統(そうとう)選挙に出馬する」と表明した。この時、中国と台湾、そしてアメリカとの間で、何かが起きている、と私は、ハッと気づいて、裏側で進行しているであろう大きな変動を感じ取った。 

 これから、台湾が焦点(フォーカス・ポイント)になる。来年1月末 の 台湾総統(そうとう)選挙で、テリー・ゴウが、総統に当選するか、しないか。この問題が、東アジア地域(リージョン、region)どころか、世界政治の大きな焦点になってきた。

 台湾が、中国と、アメリカとの、取り合いの焦点になる。テリー・ゴウ(郭台銘、かくたいめい)が、当選したら、このあとの東アジア(極東。ファー・イースト)は、どうなるか。このことが 重要な政治課題(ポリティカル・アジェンダ)になった。

 テリー・ゴウが、38年掛けて作って、育てた 鴻海精密工業(ホンハイ、フォックスコン)が、アメリカのアップルのスマホの90%を作っている。 最新式の iPhone x(アイフォーン・テン。12万円ぐらいする ) も、すべて、ホンハイが、中国の深?(及び広東省全体)で組み立てている。そして、その向こうの、四川省一帯にまで広がる、サプライ・チェーン(部品供給網)の群小の企業、工場で、作っている。

 この問題に、インテル、クアルコム、英国ARM(ソフトバンクが、2年前に、300億ドル、3.3兆円で突如、買った。今の事態を深く準備していたのだ。孫正義を操っているアメリカの親分たちがやったことだ )、AMD 、 韓国サムスン、エリクソン(スウエーデン)、ノキア(ノルウエー)、などの、半導体の開発メーカーと、EMS(イー・エム・エス、エレクトロニクス製品の受注組み立て工場)企業 も、すべて、深く関係してくる。

 自社の 電子部品の販売、供給先としての、ホアウエィ(華為)か。それとも、5Gの基地局の世界最先端の製造業者としてのホアウエイ(華為)か、の 問題が、立ち現れた。この他にTSMC(ティー・エス・エム・シー 台湾積体電路=せきたいでんろ=製造)という台湾で一番、重要な大企業が、ホンハイと競争しながら存在している。

 TSMCは、ホアウエイにも、その頭脳の中心である最高級の半導体(セミコンダクター)を納品している。TSMCの設計図(ファブレス)そのもの は、米クアルコム社 らしい。そして、それらの基本特許は、英国ARM だ。 

 こういう、ITの先端技術のことなど、私、副島隆彦が、そんなに知っているはずがないのだ。 分からないのに、この2カ月、本当に勉強した。 あれこれ、知っている人たちに聞いた。日本には、政治(の)思想やら、金融、経済 の大きなことは、ほとんど知らないくせに、ITの専門知識だったら、世界基準で、相当にかなり高度なことを知っている人が、たくさんいる。 


 旧(きゅう)郵政省 の 電波、通信官僚たちは、孫正義が1990年代に、「 第2電電に、市場を開放せよ」で、攻めて込んできたとき、ボロボロに打ち破られ、散々、煮え湯を飲まされた。恨み骨髄である。孫正義の後ろには、アメリカの政府高官たちが付いていた。逆らったら、叩きのめされる。日本の首相や、大臣たちにまで、脅しの電話がかかってきた。 旧NTTの副社長や、郵政省(今は、総務省の中)の電波官僚たちは、何人も、過労死や、不審死で、死んでいる。すべて自殺扱いになった。これぐらい、先端技術をめぐる ハイテク、IT戦争というのは、恐ろしいのだ。 だから、日本の役人たちも、電波、通信のことは、世界基準で、何でも知っている。 

ヨーロッパの動きをじっと見ていると、決して、アメリカの言いなりには、動いていない。ドイツも、イギリスも、イタリアも。 

 日本には、ITや、先端の通信技術のこを知っている人たちは、それこそ山ほどいる。私は、彼らからそれとなく、聞き出した。 そのために、私は、この2カ月で、300本ぐらいの記事を読んだ。英文の記事も読んで、これらの ITの専門用語を、必死で理解しようと、自分の脳で努力した。それらを、これから、何回かに分けて書く。

 この2カ月の成り行き(経緯)として、分かったことのひとつは、「今度の、米中ハイテク戦争では、アップル Apple は、もう、終わりだ」と、いうことだ。スマホの世界一の売り上げは、アップルだ。高級品(ハイ・エンド)だ。その次が、いつの間にか、ホアウエイになっていた。それから、3位が、韓国のサムスンだ。そして、中国の格安スマホの、シャオミー(小米)だ。

 アップルは、もう、中国に死命(しめい)を制せられた。死刑宣告を受けたに等しい。アップルのスマホは、90% は、ホンハイが、中国で作っている。だから、ここが、米中貿易戦争の次の戦場、焦点になったら、アップルは確実に潰れる。 ホンハイも潰れる。だから、テリー・ゴウは、先手を打って、台湾総統選挙に、出る、と動いたのだ。もの凄く頭のいい男だ。

 アップルが危なくなったら、ホアウエィどころの騒ぎではない。そんなことを、トランプと、習近平は出来ない。アップルやホアウエイに電子部品を供給している、アメリカのシリコンバレーの 電子部品(デバイス)の開発企業も潰れてしまう。

 今や、世界中で、それこそ、アフリカでも、中東でも、南米でも、どんなに貧乏な人たちでも、1万円(100ドル)のボロで安価(ロー・エンド low end )のスマホを使っている。インドでは、シャオミー(小米)や、OPPO(オッポ)や、VIVI とかの 安いスマホを使っている。世界中の民衆が、今やスマホを持っている。

 それを、トランプと アメリカの通商官僚たちが、ぶち壊して、「グーグルのアンドロイドもホアウエイに使わせないようにしてやる。そうすれば、中国は根を上げるだろう。アメリカの勝ちだ 」などと、甘い考えで、動いていたとしたら、アメリカ人というのは、アホだ。 図体(ずうたい)ばかりでかい、デカのウスノロだ。身長が、1メートル90センチもある、男と女どもだ。

 アメリカの被(ひ)支配階級(一般庶民)は、驚くべきデブで見苦しい。黒人たちもジャンク・フードの長年の食べ過ぎで、酷(ひど)くデブだ。体重が150キロぐらいある肥満人間が、山ほどいる。自重(じじゅう、自分の重さ)で、自己崩壊、自重崩落 するのではないか。それに対して、支配階級(ルーリング・クラス)は、すらりと痩(や)せている。イヴァンカ と夫のジャレット・クシュナーのような、ノッポの極みの連中だ。これでアメリカの階級社会(クラス・ソサエティ)が外見からも分かる。  
 今、米中貿易戦争で、闘っている構図は、歴史的には、アホのイギリス国王の ジョージ3世 が、手を振り上げて、「なにー、アメリカの植民者どもめが、独立するだと。絶対に許さん」 と、 英国の大艦隊を派遣して、アメリカ独立戦争(1775年から1783年。1776年7月4日が独立宣言。アメリカの建国記念日 )

 を叩き潰しに行ったのと、似ている。そして、英国の国王軍は、7年間の激しい戦争(1781年まで)で、大敗北した、のと同じだ。 貧乏で、力も無く、カネもない、ジョージ・ワシントンの独立軍の方が、英国軍に、負け続けながらも、しぶとくゲリラ戦で、勝ったのだ。 アメリカ民衆の勝利だった。ベトナム戦争と同じだ。

 そして、なぜ、イギリス国王は、アメリカに負けたのか。それは、本当は、アメリカの植民者(コロニスト、colonists )たちの反乱である、独立軍に負けたのでは無い。フランスと、スペインと、オランダの艦隊が、その隙(すき)を突いて、首都のロンドンを攻略する(1781年)、という恐るべき状態に入ったからだ。

 イギリスの全艦隊は、すべてアメリカへの補給で出払っていた。ロンドンは、丸裸だったのだ。イギリス国王、ジョージ3世は、震え上がった。自分のいるロンドンが危ない。 だから、アメリカ独立を認めざるを得なかった。イギリス王国(このあと1751年に、大英インド帝国を従えることで帝国にもなる)の負けだ。この 歴史の大きな真実を知っている人は、今でも、あまりいない。

 アメリカ人の歴史家も、ヨーロッパ人の 歴史家(ヒストリアン)たちも、それぞれ、自分の国内の細かい歴史ばかり、知っていて、このもっと大きな、視点からの重大な事実を軽く見ている。

 イギリス(大英帝国)の唯一の、世界史規模での敗北は、アメリカに独立されてしまったことだ。
 それをフランスが仕掛けた。だから、フランス国王ルイ16世(ラファイエットを使った)は、このあと、10年後に、イギリスの激しい憎しみを買って、アメリカ独立の承認(パリ平和条約、1783年)のわずか10年後に、ギロチン(断頭台)に掛けられた(1793年)。世界史の歴史は、このように、大きく、大きく見なければいけない。

 アヘン戦争(1839年から42年)で、大清帝国(だいしんていこく。清朝。当時、世界一のGDPを持っていた。世界GDPで、中国が30%ぐらい持っていた。この数字は世界史と世界経済史の学者たちが認めている ) を 震え上がらせたのは、イギリスの艦隊が、広東省から、北上して、北京まで迫ってきたからだ(1841年)。この時、清朝皇帝の道光帝(どうこうてい)が、「私のいる、北京が、イギリス軍に攻められる。艦砲射撃を受ける 」と震え上がって、それでイギリスに屈服した(1842年、南京条約)。そして、イギリスは、阿片(あへん、オピアム)を堂々と、中国全土で、売った。中国を麻薬漬けの国にした。

 中国国民は、あの時からの、地獄の苦しみの、180年間のことを、忘れない。一番悪いは、イギリスだ。 それに較べれば、頓馬(とんま)で、いいように、英米に騙されて、操(あやつ)られてやった、日本(軍)の中国侵略など、可愛いものだ。バカどもが、騙されて、「今や、欧米と肩を並べる大日本帝国だ」などと、思いあがって、馬鹿なことをした。

 毛沢東は、1931年(満州事変、9.18事変)からの日本侵略軍に、助けてもらった。自分たちが、国民党に皆殺しにされないで済んだのは、日本のお陰(かげ)だ、と日本に感謝していた。日本からの訪中団にそのように、ポツリと話したのだ。この話は、遠藤誉(えんどうほまれ)女史が、最近書いた、「毛沢東は、日本と繋がっていた」(?)本に、きっと関連する。私は、まだ、読んでいない。



[2409]ようやく、やっとのことで米中貿易戦争(トレイド・ウォー)の全体像が、見えてきた。2か月掛かった。(2)
投稿者:副島隆彦
投稿日:2019-06-09 10:18:13

 昨日、私が、読んだのは、「金日成は 4人いた」(李英命 著、りえいめい。韓国の立派な学者。成甲書房から2000年に復刊 )という、1978年に書かれた、執念の本だ。世界大戦が終わって、1946年に平壌(ピョンヤン)に、現れたのは、ロシアが作って仕立て、ニセの金日成で、本物の、朝鮮民族の英雄の、抗日パルチザン戦争を戦った人物は、1907年から、続けて4人いた、という、事実証明の、素晴らしい本だ。この本の紹介を、私は、近くやります。

 トランプも、今のまま、いいように北朝鮮の核兵器問題を扱っていると、困ったことになるだろう。
 この“北の核”を、真に操(あやつ)っているのは、本当は、アメリカ国内の宗教政治勢力なのだと、もっとしっかり知って、対処しないと、自分のいる首都のワシントンDCが危なくなるだろう。北朝鮮のICBMは、一万キロ飛ぶのだ。 トランプという、この泥臭い限りの、ニューヨークの マフィアの大幹部あがりの大統領でも、まだ甘いんだよ。

 私、副島隆彦は、今、自分の人生の最後に向かって、大きな「北アメリカ史」の歴史本を書こうと、着々と準備をしている。私が、アメリカ研究(アメリカン・スタディーズ American studies )の日本における最高理解者として、北アメリカの歴史の全体像を書いて、日本国民に与えなければいけない。そうしないと、日本人のアメリカ理解の、現状は、どうにもならないぐらい低劣なのだ。日本人の知識層で、誰ひとり、きちんとアメリカ合衆国のことを、大きく正しく理解している人間がいない。

 今の低能と、低知識状態では話にならない。 アメリカ政府が、日本人の真のアメリカ研究を、封殺して、抑圧しているのだ。 今の日本のアメリカ研究学者(私よりも、5歳から10歳ぐらい上の人たち。東大教授が多い)では、全く、話にならない。 

 彼らを、今度こそ、徹底的に、教育してやる。私の大著 「世界覇権国アメリカ を動かす 政治家と知識人たち」(元は、1995年、筑摩書房刊)で、彼らが20年前に受けた 衝撃だけでは、足りなかったようだ。

 どうして、アメリカ人は、この大きな歴史の法則 が、分からないのか。 下から、激しく追い上げてくる 勢力の方が、勝つのだ。 威張り腐って、「自分たちは、世界覇権国(せかいはけんこく。the hegemonic state  ザ・ヘジエモニック・ステイト )だぞ。アメリカ帝国に、逆らう気か」と、居丈高になっている。せり上がってくる 次の世界帝国である、中国に、アメリカは、負けるのだ。

 この大きな真実(トルース truth) と、大きな歴史(人類史)の法則が、分からないようでは、優れた頭脳をした人間とは言えない。 日本で、このことを、もう、25年も言い続けて、書き続けたのが、私だ。 この私の、言論人としての強さを、分かる人は、分かる。分からない馬鹿は、狂った政治宗教を脳の中に抱えたまま、自滅してゆけ。

 アメリカは、このアップルへの追加関税の問題が出てきたら負けだ。その前に、矛を収めて、停戦、休戦(シース・ファイア cease fire  )しなければいけない。 いや、本当は、シース・ファイア(停戦)ではなくて、 stale mate 「 ステイル・メイト」 だ。そのように、アメリカの有識者の、一番、頭のいい者たちの間で、目下、このことが言われている。そのような英文記事がどんどん出ている。  

 ステイル・メイトといのは、膠着(こうちゃく)状態のことだ。攻め手も、守り手も無くなって、もうどうしたらいいのか、分からない、という状態だ。将棋で言うところの「千日手(せんにちて)」というやつである。今、アメリカ(トランプ)は、この手詰(てづ)まり状態に入った。 ここで、トランプはぐちゃぐちゃと、まわりの目を逸(そ)らしながら、煙に巻きながら、それでも何とか、習近平が差し伸べる手に乗らないといけない。

 アップルの創業者の、故スティーブ・ジョブズは、いくつもの先端技術の大泥棒(被害者は、ソニーなど) でありながら、世界の動きを読んで先に先に動いた天才だった。が、今のティム・クックCEO では能力が足りない、役不足だった。ティム・クックは、今、蒼褪(あおざ)めて、苦悩の中にいる。アップルは、中国から生産を余所(よそ)に移すことは出来ない。

 ティム・クックは、今、のたうち回っている。 そのことを、トランプは知っている。だから、今度の、米中貿易戦争は、アメリカ即ち、トランプの負け、なのだ。 

 私は、はっきり書く。はっきりと分かったからだ。 
「5G(第五世代、大容量通信網)とは、すなわち、ホアウエイのことだ」 ホアウエイが、中心部の核心の、特許の50%を押えている。50%どころか80 %ぐらいを押えている。 いくら、米クアルコムや、エリクソン(スウエーデン)が、5G基地局を作れるから、困らない、と言っても、ホアウエィに較べて、30%も値段が高い。

 しかも、日本のソフトバンクのスマホは、エリクソン(スウエーデン)製 の基地局の不具合、故障で、2カ月前に、半日、通信不能になった事故を起こした。 みんな知っている。

 5G ネットワークでは、アメリカは、中国と台湾の の先端企業に 大きく負けている、という事実に、アメリカ政府が気づいたのは、一体、いつのことか。詳しく調べないといけない。あの、ピーター・ナヴァロ(通商担当の大統領補佐官。カリフォルニカ大学経済学教授。「米中もし戦わば」という、戦略本の著者 )が、ようやく、気づいて、声を荒げて警告を発し始めたのが、何と、やっと一昨年前の2017年らしい。

 ホアウエィの任正非(にんせいひ)会長が、5月20日前後に、続けざまに出てきて、世界のメディア向けに言い放った。 「ホアウエィは、アメリカの制裁に負けない。11年前から、今の事態を想定していた。プランB(予備のタイヤ、 back up tire ×スペア・タイヤは、間違い英語 )がある。

 今の事態に備えてずっと準備してきた。基本の半導体だって作れる(ハイ=海思=シリコンという子会社がある)。ホアウエイへの電子部品の供給先の企業たちが(アメリカ政府には内密で)、協力してくれると、言っている」 と、 もの凄く強気の発言を繰り返した。これに世界中、衝撃を受けた。

 ホアウエイは、中国政府が背後から動かしてきた、秘密の軍事会社ではない。ホアウエイの株式は、従業員持ち株会 が98%を持っている。この従業員たちが、今、一団結して、もの凄く気合いが入っている。 「よーし、アメリカよ、そんなに言うなら、さらに最先端の世界最先端の技術を、どんどん作ってやろうではないか」 と、 全社一丸となって、ものすごい勢いになっている。

 ホアウエイの全従業員16万人のうちの半数の8万人は、技術開発者である。 創業者の任正非(にんせいひ)会長は、株式をたった1.5%しか持っていない。 純然たる民間企業である。中国の国営企業ではない。
ホアウエイは、中国政府からも、差別され、嫌がらせをされながら、生き延びてきた会社だからだ。

 ホアウエィは、任正非が、正直に語ったごとく、「今から12年前の、2002 年に、今の事態を予測していた。このまま、行ったら、私が社は、アメリカ政府と衝突する。アメリカ政府に潰(つぶ)される」と分かっていた」

 「だから、モトローラ(米の大手の半導体メーカー)に、会社ごと売ってしまおう。それが、ホアウエイが生き延びる道だ、と計画した。 ところが、モトローラ社が、最後の判断の所で、2002年に、ホアウエイの買収を役員会議で却下、断念した。だから、今の事態を招いたのは、アメリカのせいだ」 

 4,5年前から、アメリアの国防総省(ペンタゴン)の、サイバー戦争部隊(電脳空間での戦争のための軍隊)を、管理し遂行している専門家や、CIAたちが、「このままでは、ホアウエイに、先端技術の全てを握られる」と、危機感を露わにして、焦って、「ホアウエイは、アメリカの国家安全保障(ナショナル・セキュリティ)上の脅威だ。米軍の最高度の機密情報まで、盗まれてしまう」と、騒ぎ出していた。

 問題は、ホアウエィの スマホに、本当に「バックドア」という情報盗み出し装置(マルウエア。悪質なウイルス・ソフト)が、仕組まれていて、それで、アメリカ政府の軍事 を含めた機密情報が、盗まれているか、否か、だ。この証明を、証拠付きで、アメリア政府は、提出しなければいけない。だが、おそらく出来ない。

 それを、ITU (国際通信連合、インターナショナル・テレコミュニケイション・ユニオン)という電波、通信の国際機関に、提訴して(中国が、必ずするだろう)、そこでの争いにしないわけにはゆかない。「アメリカは、帝国だぞ。国連のような、腐った、貧乏国家の集まりの国際機関の言うことなんか、聞くものか」というのが、保守であるアメリカ共和党の党是(とうぜ)である。

 それでも、アメリカは、「 ITU( 国際通信連合、本部、ジュネーブ)は、国連 the UN が出来る前からあった国際機関だ」 という理屈で、アメリカは、ここで争うことに従うだろう。この他にも、WTO(世界貿易機構)がある。WIPOもある。 これらの国際機関の仲裁(ちゅうさい)や、裁判、裁定に、アメリカといえども聞かなければいけなくなりつつある。 ITUの仲裁機関(スタディ・グループ)が、すでに動き出している、と英文の記事にある。

 半導体開発の、中心部は、SEP(エス・イー・ピー standard essential patent スタンダード・エッセンシャル・パテント)と呼ばれる。この半導体の心臓部というか、頭脳そのものの特許を巡る、泥棒した、剽窃(ひょうせつ)した、真似したの 激しい主張と、反論の弁明と、をアメリカ政府とホアウエイ社は、これからITUでやることになる。

 このあと、トランプ政権の商務省が、手を振り上げた親分(トランプ)を助けるために、すかさず 5月22日に、「ホアウエイ社への取引規制 の件では、90日間の猶予期間 を与える」と 発表した。猶予期間(grace period グレイス・ピリオド、という)ということは、8月22日まで、先延ばしになる。

 これは、ホアウエイに温情を与える、ということではなくて、ホアウエイに部品(コンポーネンツ)を、供給、納品、販売している アメリカのIT企業の大手たちが、「売り上げが大きく減る・経営が苦しくなる」と 血相を変えて、アメリカ政府に、一丸となって、激しい抗議と要請を行ったからだ。火の手は、アメリカ国内で上がっているのだ。

 このあと、習近平は、5月20日に、江西省(こうせいしょう。南の方の省 )のレアアース企業を、突然、訪問した。次は、レアアース戦争の始まりである。中国を甘く見ると、次々に、アメリカにボディ・ブロウで効いてくる、手を中国は打つだろう。 レアアースの戦略物資としての重要性は、今日は、説明しない。知っている技術たちは、詳しく知っている。

 重要な転換点は、今から1か月前の、5月3日に起きたのだ。トランプが、「中国の野郎、いい度胸だ。俺に、ケンカを売る気か」とカッとなって手を振り上げた、その2日前だ。

 以下の 新聞記事が、もの凄く重要だ。この記事を書いた、日経新聞の 中沢克二(なかざわかつじ)氏の、“チャイナウ・オッチャー“としての 頭脳が冴えている。私は、以下に載せる、日経新聞の 5月15日付の記事が、現在に至るも、米中貿易戦争を、語る上で、一番、重要な情報文であり、分析文だ、と判断している。

 5月5日に何が起きたか。 どうして、この直後から、中国が、「これは、人民戦争だ」と言い出した。 「内政干渉だ」「中国への 不平等条約の 押しつけだ」 「中国製品と企業にまで、アメリカ政府の検証作業班が、入って、検査(インスペクション)をする、などと、厚かましいにも、程(ほど)がある」「相手の国に対する尊敬と敬意(リスペクト)を、アメリカは欠いている。礼儀知らずである」「中国の国家主権(ソブリーンティ sovereignty )への侵害だ」 「ここから先は、もう、中国は、我慢しない。これからは、長い持久戦(じきゅうせん)となる」と、言い出した。

 この中国の剣幕(けんまく)の前に、実は、トランプたちは、たじろいで、立ち往生している。

 交渉官の、ライトハイザーUSTR代表(閣僚級 )と、ムニューシン財務長官は、親分である、今や、独裁者(ディクテイター)に近いトランプの方を、見上げて、「ほら。だから、いわんこっちゃない。中国をついに怒らせちゃったよ。これまでの、12回の交渉で、上手い具合に、私たちが、周到に、中国の譲歩を引き出して、追い詰めていたのに。親分が、テーブルをひっくり返したよ。あーあ」という感じで、ボーとなっている。「オラ知らねー」だ。

 トランプは、裸の王様だ。 英語では、 emperor's cloth エンペラーズ・クロウズ という。

 かつて、日本を、半導体交渉(1985年)や、農産物交渉や、日米構造(こうぞう)協議 や、自動車交渉(1995年、円高で痛めつけた)。 日米構造協議 は、「ストラテジック・インペディメント・イニシアチブ」 SII(エス・アイ・アイ)という言葉を使って、日本を痛めつけ、脅し上げ、屈服させた。

 この時から、「 日米 年次改革(ねんじかいかく)要望書」というのを作って、日本に対して、「お前の国は、これこれ、このように、構造的に欠陥のある国だから、以下に列挙する(200項目)事項に従って、自分の国の、劣った、愚かな商業慣習や、社会体制を、訂正、改良せよ」と、 アメリカは、命令した。 

 あのSII(エス・アイ・アイ)に、日本は腹の底から、「参りました」と土下座して、惨めな姿を晒(さら)した。それは、ビル・クリントン政権による、日本の金融制度(金融ビッグバン)の改革要求になり、日本の金融業界は、あの時から、ボロボロにされた。アメリカの巨大な博奕(ばくち)金融に、いいように騙されて、国民の資金を騙し取られる仕組みになった。

 あのSII で、「中国よ。お前の国の、劣等な部分を、アメリカが、改良、改選してあげよう」と、 中国にやって見せたら、なんと、中国から、「そんな手に乗るかよ。中国は、そんなに甘くないぞ」という、冷酷な返事が、トランプの元に中国政府から届いたのだ。それが、5月3日だった。 

 以下の日経の中沢克二の記事に、そのことが如実に書かれている。しっかり、じっくりと読んでください。

 それから、私は、遠藤誉(えんどうほまれ)女史の優れた、中国分析、そして、目下の米中  貿易、ハイテク戦争について、大いに学んだ。これらは、次回、載せる。 

 それから、講談社の幹部社員なのに、すっかり評論家になってしまっている近藤大介(こんどうだいすけ)週間現代副編集長(今も、この肩書きなのかな。彼とは、数回会っていて、私の熱海の家にも来たことがある)の中国研究と。

 それから福島香織(ふくしまかおり)女史の 中国分析からも学んだ。福島香織は、あの、ますます凶悪な反共主義者の集団に純化しつつある 産経新聞 を首になったほどの、優秀な女性記者だ。  

 この4人は、中国語が出来て、中国の政府高官にまで、繋がって、密着取材、連絡の取り合いが出来る、日本を代表するチャイナ分析家たちだ。私は、この2カ月、彼らの文章から大いに学んだ。 今日は、ここまでにする。以下の新聞記事は、本当に、重要だ。 副島隆彦 記

(転載貼り付け始め)

〇 「 衝撃の対米合意案3割破棄 「習・劉」が送った105ページ 」
 
2019/5/15  日経新聞   編集委員 中沢克二

 中国政府が5月初め、約5カ月間の米中貿易協議で積み上げた7分野150ページにわたる合意文書案を105ページに修正・圧縮したうえで、一方的に米側に送付していたことが分かった。中国指導部内で「不平等条約」に等しいと判断された法的拘束力を持つ部分などが軒並み削除・修正されていた。14日までに米中関係筋が明らかにした。

 ページ数で見ても実に3割もの破棄である。米側が重視してきたのは、中国による構造改革の実行を担保する法的措置。その重要合意のかなりの部分が白紙に戻ったことになる。世界を揺るがせた今回の米中貿易協議の事実上の破綻は、5月5日の米大統領、トランプによる唐突なツイートが発端ではなかった。中国側が105ページ合意案への修正を米側に通告した時点で既に決まっていたのだ。


画像。米中の対立は激しくなる一方だが…(2017年11月の訪中時、北京で言葉を交わすトランプ米大統領(右)と中国の習近平国家主席)=AP

 話は4月下旬に遡る。米中合意への期待が高まっていたこの頃、国家主席の習近平(シー・ジンピン)は対米交渉方針の一大転換を迫られていた。側近の副首相、劉鶴(りゅうかく)を表に立てた対米交渉は、穏便な手打ちを重視するあまり、中国指導部内で一任を受けている範囲内を既に踏み越えつつあった。

 とはいえ、習近平・劉鶴ラインが、共産党の統治体制に関わる最も重要な部分で米国に譲歩していたはずはない。それが米通商代表部(USTR)代表のライトハイザー、米財務長官のムニューシンらが指摘していた「残り10%」とされた対立部分である。

■「私が一切の結果に責任持つ」
 今回の破綻はそれ以外の90%の部分。既に合意案ができていたという90%の部分で起きた。それはライトハイザーと劉鶴の努力の賜物(たまもの)だった。双方は北京とワシントンを行き来しながら繰り返し交渉し、7分野150ページという長大な量の合意文書案をまとめていた。

 劉鶴にも思い入れがあったはずだ。一字一句、中国語と英語を対比しながら精査。ライトハイザーが国際弁護士の目で見た細か過ぎるチェックも経て、まとめ上げた内容だったのだから。習近平と劉鶴の近さから見て「トップは大筋で了承していたはずだ」と考えるのが常識的だろう。

 だが、送られてきたのは根幹部分を30%も削った文書。米側にいわせれば、法的措置など合意内容を担保する部分がほぼ消えた105ページの単なる文字の羅列にすぎない。それは習近平指導部が早期決着を自ら諦めた証拠だった。わざとトランプを怒らせるための行動にさえ見える。

 なぜ、こんな事態に至ったのか。中国系メディアは、習近平が今後、起きることについて「私が一切の結果に責任持つ」と発言したと伝えている。その場は、105ページに削り込んだ通告文を米側に送る前に開いた共産党中央の意思決定機関、政治局常務委員会や政治局会議とみられる。


ワシントンに現れた中国の劉鶴副首相(左)は「習近平特使」の肩書を持っていなかった(ライトハイザー米通商代表(右)との握手、10日)=ロイター

 だが、中国関係筋は「これは『下心』がある意図的な報道だ」と指摘する。どういうことか。「劉鶴の訪米前に修正案を米側に示す決定は、最高レベルの『集団決定』である」。つまり、習近平が自らリーダーシップをとる形で主動的に「一切の責任を持つ」と発言したとは限らないのだ。

 「事実を覆い隠すため『トップ主導』を強調する装われた記事」。もしくは「真実を行間から読み取れ、と示唆した記事」であるというのだ。「トップの責任でトランプに一度、ノーを突き付けるしかない」。中央指導部内の討議を経て決議した結果、そう迫られたとも推測できる。

 共産党の別格の指導者を指す「核心」である習近平といえども、もう一度、合意を取らないとこの決定は覆せない。いわば交渉を引っ張ってきた「習・劉」ラインが、周りから足かせをはめられた、ともいえる。

■「不平等条約は受け入れず」の大合唱
 ここに至った中国側にもやむにやまれぬ事情があった。
「内政干渉を法律で明文化するような不平等条約は受け入れられない――」
共産党内では、こうした声が日に日に高まっていた。70年前の新中国建国に当たって共産党は過去の封建王朝が結んだ「不平等条約」を厳しく批判。決してその轍(てつ)を踏まないと民衆に誓った。

 中国は建国70年を迎える現在に至っても「不平等条約」というレッテルに敏感に反応する(北京の天安門広場で、3月)アヘン戦争の終結時、清とイギリスが結んだ南京条約(1842年)、日清戦争の下関条約(1895年)などが代表的な不平等条約とされる。結んだ清王朝は滅んだ。今回の米中合意案が本当に不平等条約に等しいのか、には疑問がある。とはいえ共産党政権にとって一大事なのは確かだった。

 過去の中国の行動を知る米国は、曖昧な合意では構造改革が実際に履行されるか信用できない、として法的措置による担保を求めた。官民の様々な場での強制的な技術移転の禁止、国際的な技術・知的財産権の窃取の禁止、国有企業補助システム及び全企業への輸出補助金の廃止。範囲は幅広い。

 思い返せば4月下旬、習近平はすこぶる不機嫌に見えた。25~27日に北京で開いた広域経済圏構想「一帯一路」の第2回国際会議。30カ国以上の首脳級が集まった晴れの舞台だというのに、表情は晴れやかとはいえない。

 中国国営メディアは2年前の第1回会議の際は、メディアセンターの大きな液晶画面に主会場を他国首脳とともに闊歩(かっぽ)する習近平の様子を逐一、映し出していた。自信に満ちあふれた笑顔、大国のトップにふさわしい風格が印象的だった。

 だが、今回は会議開始の時間さえ発表せず、習が歩く姿も一切、映し出さない。習演説が始まる時、予告なしにいきなり画面が切り替わった。この頃、世界中が米中交渉の妥結に期待していた。だが、習は国内情勢から早期妥結が困難なことを自覚していた。

■次の勝負は「大阪G20」
 習はトップ就任以来、苛烈な「反腐敗運動」を展開し、絶大な権力を手にした。しかし、その勢いにはやや陰りが見える。「習近平時代」になって6年以上もたつのに、国民が実感できる経済的な成果を得られていないからだ。高度成長で中国を世界第2位の経済大国に押し上げた功績は、全て前政権までのものである。

 9日にワシントンに現れた劉鶴は「習近平の特使」という身分を失っていた。全権を持たない遣いの使命は「交渉は決裂ではなく、今後も続く」という宣伝だけにあった。劉鶴がワシントン滞在中だった10日、トランプ政権は追加関税を発動した。13日、中国側も報復措置を6月1日からとると発表した。
 
 同じ13日、トランプ政権は中国からの輸入品ほぼ全てに制裁関税を課す「第4弾」の詳細を公表した。その発動時期は6月末以降。トランプは6月末、大阪で開く20カ国・地域(G20)首脳会議で「習近平と会談することになるだろう」としている。

 だが、実現したとしても片手に「全品目制裁リスト」という脅しの材料を掲げたのっぴきならない対決の場になる。「『不平等条約』は断固拒否。対米合意案3割を破棄し105ページに」。中国のかたくなな姿勢によって交渉の基礎自体が揺らいでおり、先行きは楽観できない。(敬称略)



[2408]『旧唐書』と『新唐書』の間
投稿者:守谷健二
投稿日:2019-06-07 14:16:31

   守谷健二です。2402(5月20日)の続きです。

 日本の王朝の万世一系の歴史は、誰によって創られたか?という問題です。
 これは、『日本書紀』『古事記』をきちんと読めば、誰にでも解ることです。


 両書とも、天武天皇によって編纂を開始された、と明記します。『古事記』序は天武天皇の言葉として
「朕聞きたまへらく、『緒家の齎(もた)る帝紀及び本辞、既に正実に違い、多く虚偽を加ふ。』といへり。今の時に当たりて、其の失(あやまり)を改めずは、未だ幾年を経ずしてその旨滅びなむとす。これすなはち、邦家の経緯、王化の鴻基なり。故これ、帝紀を撰録し、旧辞を討覈(とうかく)して、偽りを削り実を定めて、後葉に流(つた)へむと欲(おも)ふ。」

 有名な「削偽(さくい)、定実(ていじつ)」と呼ばれる文章を残す。天武天皇は、「壬申の乱」と呼ばれる大内戦(1カ月にも及ぶ戦いで)で勝利して即位した天皇だ。平和な禅譲で即位したのではない。
 天智天皇の後継者は、天智の長男の大友皇子に決まっていた。その大友皇子を滅ぼして皇位に就いたのである。天武は、簒奪者であった。それ故に「正統性を創造する」必要があった。

 天武の勝利の要因は2つある。
 一つは、大友皇子が、美濃尾張を中心に二万人もの百姓を徴集していたこと。この大集団を、何の抵抗も受けずに一夜にして手に入れた事。

 もう一つは、大和の古い名門貴族の大伴氏が天武に付いて蜂起したことである。

 大友皇子(近江朝)は、天武の決起を全く予期していなかった。天武が美濃尾張の大集団を手に入れ、不破関(関ヶ原)を封鎖し手から、初めて異変を知ったと云うのだ。
近江朝が、異変に対応すべく準備を始めたら、いきなり大和で大伴氏らが蜂起した、と『日本書紀』は記す。近江朝にとっては、全くの不意打ちであった。騙まし討ちと云ってもいい。

 では、大友皇子は五月、六月の農業に大事な時期に二万もの百姓の徴集を開始していたのだろう。

 この年(西暦672)の五月の末日まで、唐の使者・郭務宋が筑紫に滞在していた。前年の十一月に二千の兵を率いて来ていた。

 朝鮮半島では、668年に高句麗を滅ぼすことに成功するが、半島経営をめぐり唐と新羅の戦争になっていた。新興の新羅の前に唐軍は苦戦していた。
 唐は、倭国に対し派兵を求めたのではないか。しかし倭国は、既に日本国(天智天皇)の臣下になっていた。倭国は交渉を日本国に丸投げするしかなかった。郭務宋の半年にも及ぶ異様に長い滞在は、日本国との交渉を物語っているのではないか。

大友皇子は、唐の要請を受け入れ美濃尾張で徴収を開始していたのではないか。天智天皇は、百済からの亡命者(数千人)に美濃・尾張に荒野を与え自活を促していた。彼らを中核とする新羅討伐軍を編成していたのではないか。
天武は、初めからこの一団を手に入れることをめざして決起したのである。其れに運命を掛けていた。天武の決起は、明らかに謀反、騙まし討ちである。

 故に、天武はどうしても正統性を欲した。正統性を創造する必要があった。
 



[2407]2019年6月30日開催の定例会に関するお知らせ(学問道場・古村)
投稿者:古村治彦
投稿日:2019-06-05 16:58:30

 SNSI・副島隆彦の学問道場研究員の古村治彦です。今日は2019年6月5日です。

 本日はこの場をお借りして、2019年6月30日開催の定例会に関するお知らせをいたします。

1. 既に多くの方々から参加申し込みをいただいております。ありがとうございます。引き続き、参加お申し込みを承っております。下記アドレスからお申し込みいただけます。よろしくお願いいたします。

定例会の概要は以下の通りです。

(貼り付けはじめ)

第41回副島隆彦の学問道場定例会
「全ての経済学を貫く「Y=M」の衝撃(仮)『絶望の金融市場』及び『国家分裂するアメリカ政治』発刊記念講演会」

・講師:副島隆彦先生、古村治彦研究員、中田安彦研究員
・開催日時:2019年6月30日(日)12時15分開場、13時開演
・会場:JR「田町」駅 日本建築学会 建築会館ホール
・会場住所:東京都港区芝5丁目26番20号
TEL:03-3456-2051 FAX:03-3456-2058
・地図:

・会場までのアクセス:
JR「田町」駅,都営地下鉄「三田」駅(浅草線・三田線)

・当日の予定:

開場  12:15
開演  13:00
終了  17:00(予定)

(貼り付け終わり)

※定例会出席のお申し込みは以下のアドレスからお願いいたします↓
http://snsi-j.jp/kouen/kouen.html

2. 既にお申し込みをいただいております方で、領収証の発行をご希望の方は下記連絡先までお知らせいただけますよう、お願いいたします。

3. 既に参加費をお振込みいただいた方には入場券となる葉書を2019年6月14日に発送いたします。

4.定例会会場では副島先生の書籍とDVDの頒布、副島隆彦の学問道場の新規会員受付並びに会員継続手続きを承る予定になっております。是非ご利用くださいますよう、よろしくお願いいたします。

【問い合わせ先】

・メールアドレス:snsi@mwb.biglobe.ne.jp
・電話番号:048-788-1837
・ファックス番号:048-788-1854

 以上、よろしくお願いいたします。

SNSI・副島隆彦の学問道場
古村治彦拝



[2406]庶民感覚の経済の話をさせてください。
投稿者:会員 古都弁蔵
投稿日:2019-05-29 17:29:45

最近の話しです。地元の某地方銀行にて、普通預金の口座を開設しようとしたところ、行員は「普通預金にはほとんど利息がつきません、今お得な投資商品があります、年利8パーセントの商品です」と話しはじまました。

いや私は普通預金の口座を開設したいのですと言いますと、おとなしそうな行員がいきなり形相が変わりまして以下のような話をまくしたて始めました。

「お客さん普通預金には利息がほとんどつかないのですよ、私が勧めている商品には、なんと8パーセントの利息がつく商品なのですよ」私はここ言いました。

「私は普通預金の口座を開設するために来たのですよ」そう言いますと、行員はいきなり切れまして「お客さんあなたは特殊な考えの持ち主ではないですか」と。すぐに私はこの勧められた金融商品が危ないものとわかりましたので、すぐさま断りなんとか普通預金の口座を作りました。

以下の感想を持ちました。

1. マイナス金利の影響もあり地方銀行が相当追い詰められているなと。

2. 普通預金の口座を維持することが銀行にとって重荷になってると実感しました。今後銀行のもつ社会的な役割とはなにか。

3. 行員の勧めた8パーセントの商品とはいったいなんなのかです。もちろん行員の説明は聞きませんでした。この商品に対するヒントは、副島先生の近著「絶望の金融市場」に書かれていることそのものではないかと考えます。ハイリスク・ハイリターン商品を銀行の窓口にてすぐに勧められるという今の庶民生活の実態を知っておく必要がありそうです。

現在の主流派経済学をマネタリストといわれているようです。

偉い経済学の先生の学説を一経済学部出身者が疑問を呈するのもおこがましいのですが、是非庶民感覚として疑問を呈したいと考えております。

マネタリストの先生によりますと、「経済の好況不況の問題は、すぐれて貨幣の供給量の問題である。不況を好況にするには貨幣の供給量をふやさなくてはならない。」「日銀が貨幣を多量に市中銀行に供給することにより好況となる。」このような主張ではないかと存じます。

私の以前からの最大の疑問は、たとえば市中銀行にじゃぶじゃぶマネーが日銀より供給されたとします。ところが、市中銀行に供給されたマネーを一般庶民にどのような仕組みで渡されるのかを明確に言っていないと考えます。新進気鋭のマネタリストの先生の本も読みましたが、その点があきらかではありません。ではなぜ明確ではないのだろうか。

私は、このような金融緩和という手法を使うのではなく、ダイレクトに、国民に1か月10万円なり配れば景気はよくなると考えておりました。副島先生の先ほど紹介しました「絶望の金融市場」に書かれていますが、アメリカにてこのような主張をする経済学者と政治家が出始めているようです。ステフアニー・ケルトン教授とオカシォ=コルテス議員のようです。

先ほどの話に戻りますが、金融緩和されたじゃぶじゃぶマネーが一体どのよな使い道になっているのか。金融緩和のマネーの行き先の一つは不動産投機であることは間違いないでしょう。これについて相当有力な証言となる本を最近購入しました。朝日新聞出版 藤田知也著「やってはいけない不動産投資」です。この著書は是非お読みいただければと思います。

スルガ銀行問題などそれにかかわる深い闇をよく書かれていると思います。不動産投資に関して法律違反が横行している実態を知っておく必要がありそうです。
この著書にあるように、脱法行為、不正行為又は経済犯罪行為が横行した社会で、まともな資本主義を営めるのか。すでに営むことそのものができなくなっているのか。

このことを考えるヒントとしても、前述した二つの書物をお勧めいたします。



[2405]そうですか、月面着陸は無かった、が、ついに、大きくバレ始めました。感慨深い。 
投稿者:副島隆彦
投稿日:2019-05-23 11:46:24

副島隆彦です。 今日は、2019年5月23日(木)です。

私は、5月16日からずっと、米中貿易戦争(今や、その通りの激しい 経済戦争になってしまった)の 記事や情報を追いかけていた。 他の 原稿書きの仕事もあった。

この米中貿易交渉を巡る 目下の、世界的な政治紛争に ついては、このあと、数日したら、書いて載せます。

それよりも、 やはり 「アメリカによる、人類の月面着陸(1969年、から 6回)は、無かったのだ」という 問題が、急に表に出てきた。それは、この 重たい掲示板の、
下 ↓の「2403」番に、田中進二郎君が、2日前の、5月21日に、貼り付けてくれたとおりだ。

(再度の貼り付け 始め)

重たい掲示板 [2403] ジュリアン・アサンジ氏(イギリス警察に拘禁中)のウィキリークスが「月面着陸」の映画撮影現場のフィルムを流出

投稿者:田中進二郎 投稿日:2019-05-21 03:51:17

https://youtu.be/qFUxM4SO2OQ

(貼り付け終わり)

副島隆彦です。 

 このユーチューブの動画は、先月、4月11日に、ロンドンのエクアドル国の大使館に、7年間、政治亡命(ポリティカル・アサイラム)していた、ウィキリークスの主宰者の ジュリアン・アサンジが、イギリスの政治警察に、襲撃されて、逮捕された。この事態に怒った、ウィキリークスの同志たちが、計画しておいたとおりに、大反撃として、 「アメリカ政府の犯罪」を 世界中に知らせる、として、予定通りに、公開したものだ。  みなさんも、とくと、何度でもじっくり見て下さい。


「人類の月面着陸は無かったろう論」
https://www.amazon.co.jp/dp/4198618747/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_1NG5CbKR8SZSR


 私が、この情報を知ったのは、この5月21日の、 午後2時35分に、一本の電話を貰った時だ。 「先生-。 あんたが、言っていたとおりだよ。NASA のアポロ計画の 月面着陸は、無かったんだな。たいした、もんだよ。先生は。 今、ネットで、大騒ぎになっているよ。 ユーチューブに、 ウィキリークスが、発表した、「月面着陸の 撮影の 様子を撮した、動画が 出ているよ」 

 私、副島隆彦 「ホントですね。 へー、そうですね。 ついに真実が、明らかになったのですか。それは、ありがたい。私としては、自分がずっと言ってきて、本にも書いたことだから、嬉しいです 」 と言いながら、横の助手が、PCを開いて、そのユーチューブの画面を、私も見た。見ながら、電話してくれた相手と、話し続けた。

 「せんせー。あんたは、偉いよ。やっぱり、月面着陸は、ウソだったんだな。アメリカは、よくやるねー、こんなことを。50年間も、オレ達は、ずっと騙されていたよ。
私たちの間では、副島先生が、ずっと、アポロ計画は、捏造(ねつぞう)だ、言うから、そのことで、ずっと、話題になっていたンだ。そんなはずはないよ、アメリカはちゃんと、宇宙飛行士たちを月面着陸させていいよ。 副島先生は、こればっかりは、どうも信じられないよ、と、みんなで、言っていたんだ。

 私「 副島隆彦のことを、キチガイだとか、妄想癖(もうそうへき)だとか。あんなことを書かなきゃいいのに。講演会でも、ずっと、言ってたからな-。信用を無くすだけなのに、と、皆さんで、私のことを言っていたんでしょう」

Mさん「そうだよ。言った。みんなで、副島は、キチガイだ、バカだ、と、言って盛り上がっていたんだよ。オレもさんざん、言ったよ。でも、やっぱり、NASAは、行ってなかったんだ。出来るわけ無いよなー、月面着陸なんてさ。考えてみれば、そうなんだよ。センセーは、それを、早くから見抜いていたんだから、たいしたもんだよ 」 と、その人は私を褒(ほ)めてくれた。

 この人は、大金持ちの、お医者様で、投資家としても相当の腕のある、本当に頭のいい人だ。そして上品な紳士だ。私は、この人を尊敬している。 日本にも、こういう本当に、スマートで、シャープな頭をした、ずば抜けて頭のいい、秀才がいるものだ。私は、こういう鋭い、頭のいい、人たちを、自分の 金融本 や歴史、政治思想 本の読者として、全国に、数万人、抱えている。

 それが、私、副島隆彦が、30年掛けて、営々と作ってきた自分の信用だ。自分の実績だ。この 実績だけは、今も壊れていない。 人間の価値(値段)は、その人が、努力して築き上げてきた、信用と実績だけだ。 この実績でしか、人間の 値段は、測定できない。
本物の男たちは、相手を見るときに、その人の実績しか、見ない。それでしか、相手を判定、判断しない。 

このことが、分からない、そこらの、ひよこ のような、値段のない人間たちは、少しは、恥じ入らなければいけない。いい歳をして、自分の実績を持たない者は、「人間は、皆、平等。生まれながらに平等 」などと、言っていてはいけない。それは、人類(人間)を、増長させて、我が儘(まま)にして、思い上がらせるための、策略だ。

 私は、この電話を貰ったあと、重たい掲示板の、田中進二郎くんの、この 投稿文の、ジュリアン・アサンジが、主宰する、ウイキリークスが、公開して、YouTube に載せられた、世界中の、感覚の鋭い人たちが、共有している、真実の言論、真実の情報の ネットワークを、私なりに調べた。

すると、世界中の主要なメディアは、5月23日(水)時点で、どこも、「人類の月面着陸は、捏造であった」の、記事も、評論も出していない。彼らは、またしても、押しつぶす気だ。世界中の主要メディアの、民衆支配のための、「報道、言論機関」どもは、ウイキリークスの、ジュリアン・アサンジたちの 世界真実メディアの、闘いを 無視して、このまま、黙殺、封殺する気だ。 

私、副島隆彦は、また、これからも、このあとも、厳しい持久戦(じきゅうせん)を続けなければいけないことを、覚悟した。

 私は、「ああ、よかった。ようやく、大きな真実が、白日の下に晒(さら)されて、人類が、すべてで、アメリカ政府が、50年前に行った、犯罪である、人類の脳を騙し、人類に、大きな愚鈍と、不正を押しつけた、宇宙計画のウソ(出来もしないことを、やったと、言ってしまった)が、暴かれた。私が、まだ生きているうちに、大きな真実が、判明した」
と、一瞬、喜んだ。が、これも、ぬか喜びだった。

 私たちの日本国なんか、世界の端(はし)っこの、ほんの一部(それでも、1億2千万人いる)だから、世界が先に変らなければ、日本から、真っ先に変ることは出来ない。日本人は、世界の動きを追いかけて、そのあとを、ついて行く人たちだ。だから、世界言論、世界メディアが、ひっくり返らなければ、日本から、率先して、大きく前進することはない。出来ない。

と、私、副島隆彦は、ずっと、書いて来た。だから、世界メディアが、ガラガラ、崩れないと、日本からは、まだ、この虚偽、捏造(hoax ホウクス と言う。人をかつぐこと、騙すこと)の崩落(ほうらく)は、どうせ起きない。

 それでも、今、おそらく日本で百万人単位で、この虚偽への 疑い、懐疑、疑念が湧いて、気づいて、そして、それが、300万人、1千万人になりつつある。そのことを、私は、日本でこの問題を領導、牽引してきた者として、がっしりと、実感を込めて、受け止めている。

 臆病者たちは、後(うし)ろから着いてくる。彼らは、権力者や、支配者たちに逆らわない。逆らったら、自分が、ヒドい目、イヤな目に遭(あ)わされる、と分かっている。だから、「(丁度)50年前(1969年7月20日だから、あとすこしで50年だ。50周年記念だ )に、アメリカのNASA(米航空宇宙局)がやったことにした、アポロ計画の飛行士たちの 月面着陸、そして、無事、帰還、というのは、ウソ、やらせ、捏造だったんだってさ」と、 皆で、言い合うのは、もう少し先だ。 

それなら、それでいい。 だが、この時期が、かなり、早まってきた。 あと、半年も持たないだろう。あの、正直者の、暴れん坊の、トランプ大統領は、今や、独裁者に近い。 何でも、自分で、決める。閣僚たちの首なんか、自分に逆らったら、いくらでも切り散らかす。

 トランプ大統領は、言うだろう。「ああ、NASAによる月面着陸は、ウソだったんだってな。私は、大統領になった時に、申し送り事項で、代々の大統領が引き継ぐ、国家秘密の中に、このことも入っていた。そのように、事務官僚からご進講(しんこう)されたよ。 だけど、もう、こんなウソをついていては、いけない。あれは、ヤラセだった。アメリカ政府が、世界中の人々を騙したのだ。今のアメリ合衆国の政権担当者として、私は、謝る(ペコリ)。以上終わり」 と、やるだろう。

トランプは、そういう男だ。それで、それで、あとは、どうなるのかな? 「アハハ、いやー、悪かったね。長いこと、騙して。あの時は、アメリカとしては、ソビエトとの、宇宙開発競争、長距離の核兵器競争があって、仕方がなかったんだよ」 と、なるだろう。

トランプは、「だけど、まあ、ケネディ殺し の件は、まだ、表に出せないけどな」と、口には出さないが、そういう顔するだろう。それは、あと、半年ぐらいのことだろう。

 世界というのは、こういうもんだよ。この程度のものだ。人間(人類)という愚かな生き物(動物の一種だ)は、集団で、まとめて騙されるのだ。想像力(イマジネイション)という愚かな空想力を持っているものだから、その分、どれだけでも纏(まと)めて騙される、と、私、副島隆彦は、達観、諦観(ていかん)しているから、何も動じることはない。

 それよりも、私の敵たちだ。、私が、ここの 学問道場で、この「どうも、アメリカのNASAのアポロ計画の 1969年の、人類の月面着陸は、なかったようだ」と、書き始めた、2003年 の 4月29日 だ。 あのあと、激しい、非難と攻撃が、私たちの学問道場のこのサイトに押し寄せた。もの凄い攻撃だった。コンピュータ・ウイルスを送りつける攻撃もあった。それは、IPアドレスで、追跡したら、東京大学や、大阪大学からのものも有った。

 それらの、IP(アイ・ピー)アドレスは、よしなお君が、採集して、それらは、今も、私が、翌年(2004年6月刊)書いて出した『人類の月面着陸は無かったろう論』(徳間書店刊)に 載っている。 今からでも、この者たちは、恥を知るべきだ。

 私が、この、謀略人間たちを、許すわけがない。あとは、「とんでも本(ぼん)学会」を名乗る、アメリカのCIAの手先ども、だ。お前たちの名前も、素性も、表現者として、文章を書いている者たちは、すべてファイルしている。

 私が、自分から、出掛けて行って、問い質(ただ)したJAXA(ジャクサ。まだ、NASDA ナスだだった)の連中は、アメリカの手先を、忠実に、従僕としてやっている連中だから、真実を知っている。 ただ、少年時代から、「宇宙への夢」で、「僕は、宇宙物理学者(うちゅうぶつりがくしゃ)になるんだー」で、そして目出度く、そうなってなった勉強秀才たちだから。

 それで、やっていることが、「月面着陸は有ったのだ」と、いう キャン-ぺーンを張って、それを疑う者たち(私、副島隆彦は、その中心的なひとり)を、打ち消して、押え付けて回る係りをやらされている。こいつらは、この仕事がほとほとイヤに成り尽くしているはずなのだ。 「こんな、ヒドい、ウソつきの片割れ、片棒担ぎの仕事をしなければならないなんて、哀れなものだ。オレの人生は何だったんだよ」と しょぼくれているだろう。いい歳をして、何百人も。

 一番、打撃を受けるのは、やはり日本でも、この理科系の人間たちだ。大学の理学部(りがくぶ)や、工学部で、数学や、物理学を、死ぬほど勉強して、頭のいい人の認定を受けて、それで、やってきた自分の人生だ。「月面着陸は無かったのだ」と、気づいたときに、彼らの頭は、混乱する。混乱では済まない。本当に、脳がズキズキして、壊れそうになるだろう。

 自分が長年、堅く、信じ込んできたことが、本当は、ウソだった、でっち上げだった、ということになると。自分の脳(頭)が、壊れそうになるのだ。 このことを、私は、よーく、分かっている。  

 私、副島隆彦に、襲いかかって、「お前は、キチガイだ。頭がおかしいのだ」と、本気で、キチガイ扱いした者たち自身に、今度は、この真実(truth トルース)の 刃(やいば)が、向かってくる。

 さあ、大変だ。 そして、副島隆彦は、彼らがのたうち回る様子を、じっと見ながら、次のことを、あれこれ考える。 愚か者たちは、そうやって、自滅して、消えてゆけばいいのだ。 自分自身が、洗脳(せんのう。マインド・コントロールあるいは、ブレイン・ウオッシング)されていたのだと、気づいたときに、人間は、どういう態度を取るか、だ。じっくり観察させて貰おう。

 こういうことも、実は、すでに、上記の 15年前の書いた拙本『人類の月面着陸は、無かったろう論』に、私は、書いている。 すべて見通して、予(あらかじ)め、早くから見抜いて書いている。今からでも買って読んでください。

 この他に、生来、頭があまりよくない文科系の、それでも、世の中を、適当に、柔構造(じゅうこうぞう)、で、お笑いの対象に出来て、「オレもさあ、頭がよくなくて、バカなんだけどさー、それでも、結構、人生を楽しんできたよ」と、いつも明るく、面白(おもしろ)可笑(おか)しく生きて来た、それなりに、生き方上手の人たちが、どういう反応を示すかだ。

 「ほーらね。私が、思っていたとおりだよ」と、急に、この生き方上手たちは、態度を変えて、次の大勢(たいせい)と、体制(たいせい)に、さっさと自分の体勢(たいせい)を変更するだろう。そういう、生来、こずるい連中なのだ。そういう「の」が、山ほどいる。 

 理科系の 石部金吉(いしべきんきち)たちが、「この世の、真実とは何なのだ。もう、何も信じられない 」と。のたうち回っている、すぐ横で、この手の、生き方上手たちは、鮮(あざ)やかに自分の態度を翻(ひるがえ)す。 お前たちも、バカヤローどもだ、と、予(あらかじ)め、私、副島隆彦は、はっきりと言っておく。 私の目の前に、この手の人間が、表われて、ペラペラとしゃべり出したら、私は、一瞬で見破って、コトバの力で叩きのめすから、覚悟していなさい。

 それから、私、副島隆彦の本の読者、そして、学問道場の会員たちだ。あなたたちは、私や弟子たちと、同志で有り、冷や飯(めし)食いの、あまり上手な生き方も出来ず、あれこれ、不器用に、生きて来た人たちだ。 それが、副島隆彦の同志たちだ。 だから、今度の、月面着陸問題が、満天下(まんてんか)に、明らかになったら、皆で、お祝いをしましょう。

皆で集まって、おおいに酒宴を張ろう。 何百人で、集まって、講演会用の場所で、お酒は飲ませてくれないだろうから、コソコソと、それなりに、賑やかな、集まりを工夫して、開きましょう。 地味(じみ)に、しかし、盛大に、盛り上がってやりましょう。 

 東京に集まるだけでも、電車賃(交通費)が、かかって仕方ないから、その本気の集まりは、私たちが、一生に一度の、緊急事態の、決死の覚悟で集まる、時のために取って置きましょう。一生に一度の大事件の時に、集まりましょう。

 たかが。 どうやったって、人類は月には行けないよ、あと300年ぐらい掛かるんじゃないの、という、バカみたいな、どうでもいいような事に、本気になる方が、実生活の苦労を知らない、頭でっかちの、知識、言論、思想 の勉強が好き人間という、元々そんなには、いない人間たちだ。私たちだ。 

 それでも、私たちは、ひたすら、「大きな枠組み の中の真実を、明らかにする。意図的に隠されてるものは、全て暴き立てる。徹底的に、遠慮会釈なく、容赦しないで、何でも暴き立てる」と、深く決めた人間たちだ。 恐いものなんか、何もない。私たちが、怖れるのは、唯一、真実、そのものの 本当の諸相(しょそう)だけだ。

 今日のぼやきに、 よしなお君が、 来たる6月30日(日)に、定例会(自力での講演会)を行う、開催する、と 宣伝、公示しました。

(貼付け ここから)

2019年 6/30(日)「学問道場」定例会
『「絶望の金融市場」
及び「国家分裂するアメリカ政治」発刊記念講演会』


講師:副島隆彦、古村治彦、中田安彦
開催日時:2019年6月30日(日)12:15~
会場:JR「田町」駅 建築会館ホール

・上記定例会のお申し込みは、コチラ↓
http://snsi-j.jp/kouen/kouen.html

(貼付ここまで)

 皆さん、定例会に来て下さい。そして、そこでも、「月面着陸問題」も、私は、あれこれ、たくさん、します。思いの丈を全部、ぶちまける覚悟で、話します。集まって下さい。皆で、盛り上がりましょう。

 ところで、「人類の月面着陸」の「有ったか、無かったか (有無)」という問題の立て方を、地球上で、初めてしたのは、この私だ。それまでは、アポロ計画は有ったか、無かったか、という不正確で、誤解を招く言い方をしていた。それを、「有ったか無かったか、の事実の確定の問題だ。誰も、この事実認定から、逃げられない 」と、冷徹に措定(そてい)したのは、私だ。今でも、私、副島隆彦は、「ああ、あのアポロの人。アポロは、月に行っていない、というおかしな事を言っている人ね」と、 ” アポロ副島 ”と、一般には、呼ばれてるらしい(笑い)。

 だから、正確に、「人類の月面着陸は、有ったか、無かったか問題」という。このことを、私が、前記した、本、まさしく「月面着陸本」で、はっきり確定した。 だから、以後、そこら中で、新聞記者たちや、テレビ局までが、「アメリカのNASAによる 月面着陸は・・・」と言い出したら、それは、私、副島隆彦が、確定したコトバなのだと、皆さん、注目していて下さい。おもしろい事態が、これから、どんどん頻出(ひんしゅつ)するだろう。

 さあ、取り敢(あ)えず、これだけのことを、私は書いておいた。このあと、何が、続いて起きるかだ。 私は、言論商売人だから、「月面本(げつめんぼん)」(これが、略称)の 第2巻目、あるいは、続編、を、急いで書き始めるべきか、と、今、自問した。

 私の弟子の 田中進二郎くんが、下 ↓ に、 続けて「2404」番で、スタンリー・キューブリック監督が、最後の大作「アイズ・ワイド・シャット」 ’ Eyes Wide Shut ’  を完成してすぐあとに、死ぬ間際(殺される前)に、若い映画監督に、真実を話した 会話も、続けて載せてくれた。ありがとう。

副島隆彦拝






※以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます。
■記事No ■削除番号