ログイン

ようこそguestさま
ログインする

今日:10100 昨日:12469
合計:63194160
 
重たい掲示板


(※旧名:気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板)
[会員(新規・ご継続)のお申し込み] [本のコーナー] [ビデオのコーナー]

[ホームにもどる] [携帯用(工事中)] [過去ログ(工事中)]

[副島隆彦宛メール] [副島文献目録] [84-90] [91-95] [96-00] [01-05]

[旧掲示板]

[投稿する前に]
■■■投稿規定■■■
・この掲示板に投稿するためには、下記のすべての条件を満たし、遵守する必要がある。
【前提条件】
・副島隆彦の本を5冊以上、読んでいる。
【当掲示板への初回投稿時の条件】
・簡単な自己紹介をして、自分の関心あることを限定してみんなに提起する(但し実名投稿である必要はない)。
【副島隆彦に議論を挑みたい場合の条件】
・礼儀正しく、自分の立場や政治思想(思考)を明らかにしてからする。

【投稿後の条件】
・自己が投稿した文章に関して、一切の権利を主張しない(著作権に関しては、市場で利益を生まない文章には始めから発生しません)。




※ログイン後に投稿フォームが表示されます。





[2330]これからの世界政治の動きを見る目。トランプという男の本性(ほんしょう)。 
投稿者:副島隆彦
投稿日:2018-07-12 22:29:20

副島隆彦です。今日は、2018年7月11日(木)です。

 私は、ずっと、自分の「世界史の本」を書くことに熱中していました。

 この 2カ月、「副島隆彦の 独学の世界史の通史(つうし)」を書いている。
「 3200年の イスラエル(=パレスティナ、カナンの地)を中心に置いて。 エジプトと メソポタミア・バビロニア それぞれの5000年の人類史の、その真ん中で、3200年の歴史(モーセの出エジプト記から)を持つ者たち(ユダヤ人) とは、何者なのか、どのようにして作られたのか、あるいは自らを作ったのか。その正体に迫る 」 

という、「副島隆彦の 独学(どくがく)の 3200年の世界史通史(つうし)」(仮題)を書いていました。

 それから、先日、ある優れた編集者から以下の書名(タイトル)案 の本の提案をいただいた。それは、

 「アメリカが 中国に 屈服するとき、日本に何が起きるか (サブタイトル)そろそろ私たちは 日本独立を 本気で考えるべき時が来た」 という長い書名の 提案だ。

 このまま、行けば、中国がますます隆盛して、中国の勝ちで、中国が、もうすぐアメリカをも追い越し、蹴落として世界を制覇するだろう、と、今では、ほとんどの日本人が不安そうに考えるようになっている。 

 この 「やがて中国が世界覇権国(世界帝国)になる」は、私、副島隆彦が、20年前から、ずっと主張して何十冊もの本に書いてきたことだ。 私の十八番(おはこ)である。このことは、読書人階級に属する人間たちの周知の事実だ。

 もし、トランプ大統領が言ったとおり、「 在韓米軍 3万2千人を撤退させたい」ということになれば、一体、どういうことになるか。中国が、北朝鮮も、韓国も、そして、ついには、日本も、支配下に置く、という、時代が、あと十年後には到来する、と、書いて奇異(きい)に思う日本人は、もういない。 

 日本人のほとんどにとって、不愉快な話だ。 私も不愉快だ。 日本が、中国の、属国、朝貢国、被支配国(ひしはいこく)、従属国になってしまう、という考え自体を、どうやって、断ち切ることが出来るのか、という、日本の長期の国家戦略(ナショナル・ストラテジー)を、どうやって作るか、で、私、副島隆彦も苦心、苦衷(くちゅう)している。

 敗戦後、アメリカによる日本の占領、支配、そして属国としての支配が、もう73年間も続いている。在日米軍 も、徐々に撤退、ということになると、日本は、いよいよ、独立、自立する、段階に入る。そのとき、日本独立は、日本国民の悲願だ、と本当に言えるか。

 アメリカ帝国 の撤退 のすぐあとに、それに入れ替わって、中国による日本支配、が、すぐに始まるようだと、日本国、はものすごく厳しい状況に追い詰めらる。日本独立、どころの騒ぎではなくなる。次の、別の帝国による支配が始まる。 だから、アメリカ様(さま)に、何があっても、しっかりしがみついて行きます、という判断に日本国民がなる。 それが、アメリカの思う壺(つぼ)だ、で、これで、ずっとやってきた。

 それ以外の人々としては、目の前の現実である 中国の隆盛(りゅうせい)に何としても、ケチをつけて、「中国崩壊論」という有りもしない虚妄を言い続けて、それで、自分自身の脳内をダマし続ける愚かな反共右翼の人間たちが残っている。

 ところが、トランプという、特異な男には、こんな、考えさえも通用しない。 

 トランプは、何をし出すか、分からない男だ、という 恐怖感が、日本人の中にも生まれつつある。

 今のままの、「アメリカは、もう、自分たちの利益のことしか考えない。アメリカ国民の生活をなんとかするだけで、精一杯だ 」という、 トランプ大統領の、なりふり構わぬ「アメリカ・ファースト!」 America First ! 「アメリカの国内問題優先(こくないもんだいゆうせん)だ。外国は、もっとアメリカにカネを払え」で突き進む。

 今や、このやり方は、「トランプ・ドクトリン」と呼べるものになってしまった。

 今のアメリカ政府の動きを見ていると、周囲の者、すなわちアメリカ合衆国以外の、外側の人間たちにとっては、「もう目も当てられないぐらい、アメリカの凋落(ちょうらく)は、ひどい。何という醜態(しゅうたい)だろう」、 「 アメリカはあんなに強そうにしていて、それでいて、今や、こんなにも力 がない。実際には、北朝鮮への 管理された小さな戦争(マネイジド・スモール・ウオー)ひとつ出来ない。図体(ずうたい)だけ大きくて、強そうに見せかけている軍人たちを抱えただけの、臆病者たちの国だ 」と、まわりは、本当にガッカリを通り越して、意気消沈している。

 「これから先も、このあとも、しっかりとアメリカについて行くしかないのだ。 アメリカに逆(さか)らって、いいことは何もない」 と、 日本の 体制保守派の人たちは、安倍政権と一緒になって、 どこまでも、対米従属を、屈辱的と言えるほどまで、続けている。

 トランプの、あの、6月12日のシンガポール米朝(べいちょう)会談での、「もう、何が何でも、どうでもいいから、上から柔らかく、金正恩(キム・ジョンウン)を押さえつけて、何が何でも、北朝鮮の核保有問題を、平和的に解決しなければ、いけないのだ 」 というトランプの、商売人根性丸出しの、 恐るべき、やり方、は、世界中の人々を悄然(しょうぜん)とさせた。

 日本国民の多くが、あの時、強く感じたのは、 「ああ、アメリカは、いざとなったら、日本を守ってくれないんだ。日本は、これまでお金ばっかり、たくさん払わされて」というものだった。
この日本国民の、大(だい)失望、驚愕そして、「日本は何にも出来ない。日本には、全く手がない」という 八方塞(はっぽうふさ)がりの茫然自失だった。

 あれから、丁度1か月が経(た)つ、日本人は、この虚脱感から回復していない。立ち直っていない。

 それは、有識者や、知識人層だけはない。ごくふつうの国民の、少しは、国の将来や、国民のこれからの暮らしのことを、真剣に考えている層が、そのように反応した。

 トランプは、「日本は、安倍晋三さえ、しっかり、自分が捕まえていさえすれば大丈夫だ。あとの国民は、首相のアベさえ、押さえ込んで、自分の言うことを聞かせおけば、どうにでもなる」 という 考えだ。 

 事実、日本人は、すべて、アリンコのようなもので、首相を取られたら、どうにも動けない。そういう仕組みの国にされてしまっている。このオカシナ首相の下で、私たちは、いいように、アメリカのトランプに、あやつられている。手も足も出ない、という状況だ。

 北朝鮮は、さらに、今以上に、核兵器の開発を拡充している。核保有を、これからも続けて、それを、国際社会(=世界)に、居直って、既成事実として認めさせようという考えである。そのことは、もう、誰の目にも明らかだ。 このままでは、北朝鮮の完全な非核化( complete denuclearization コンプリート・ディーニュークリアライゼンション)は、出来ない。

 アメリカは、あのとき、「誰が、アジア人なんかのために、アメリカの軍人兵士が、血を流すもんか。誰が、アジアでの戦争なんかするか 」 と、急激に、態度変更をした。

 「自分たちにさえ核兵器が飛んで来ないのなら、それで、いい。あとは知ったことではない。あとはアジア人たちが、自分たちで勝手にやれ 」という、決断をした。 これがアメリカ白人たちの、あのときの、急激な思考転換、変心、心変わり だった。5月ぐらいから、それが起きていた。それを私を含めて、多くの人間が、読み誤った。  

 1968年の、ベトナムでの、テト攻勢での、ベトナム戦争が泥沼化した、あの時のことが、アメリカ国民のトラウマになっている。だから、アジアでの戦争は、もう、いやだ。やりたくない、という気持ちに、一気に崩れていった。 それをトランプが代表者(権力者)として、よく分かっていて、体現(たいげん)した。

 北朝鮮は、これからも、今のままだ。この問題はこの先もずっと続く。ずるずるとこのままだ。ああ、何と不愉快なことだろう。 北朝鮮は、核兵器を持ち続ける。ICBM の開発も続けて、アメリカ大陸まで届く、1万2千キロ、正確に飛んで、ワシントンのトランプの執務室の真上を目標にして到達し、確実に爆発する、核ミサイルを、持ち続ける。

 だから、問題は何も解決していない。このまま、これから先も北朝鮮の核(かく)問題は、続いて行く。

 次の世界政治の日程は、9月の ウラジオストクでの、プーチン主催の 経済フォーラムに、金正恩が、招待されていて、そこで、ロシアが、北朝鮮への 天然ガスのパイプラインの 引き込みの話をするだろう。まだ、北朝鮮への 国連決議、としての 経済制裁(エコノミック・サンクション。禁輸。エンバーゴー)は、全く、解除も緩和も、されていないのに、どんどんこういう話になる。

 日本の安倍首相も、このときウラジオストクで、金正恩との日朝会談を希望している、というのである。一体、どの面(つら)下げて、そういう「対話の場を作りたい。日本からの北朝鮮への経済援助の案を示したい」と言えるのか。あの、「北朝鮮に対して、最大限の圧力をかけ続ける」はどこへ行ったのだ。

 中国の習近平 は、自分が、この秋に、北朝鮮を訪問する予定もあるらしい。これが、キタナラしく続いてゆく、世界の現実政治(リアール・ポリティクス)だ。 

 この他は、今や、シリアの西の 、現在は、イスラエルが占領していて(1968年の第3次中東戦争で)実効支配しているゴラン高原から、ほんの数キロ先まで、ついに、イラン正規軍(革命防衛隊=レヴョルーショナリー・ガード=という民兵組織のふりをしているが ) が、迫っている。 ゴラン高原を、シリアとイラン、そして、ヒズボッラーというレバノンの親イラン・シーア派の軍事組織が、奪還の、戦争を始めたら、中東が再び、戦争地帯になる。

 そして、私たちの極東(きょくとう、ファーイースト。アメリカ政府の用語なら、北東=ほくとう=アジア)にも、その影響が及ぶ。 私が、ずっと書いてきたとおり、世界の火薬庫(かやくこ。アーセナル)は、中東と 極東の ふたつ しかない。 どちらからで、戦争が、順番に起きる。それが、人類(人間)という、愚か極まりない生き物が、80年に一度、ずっと、この4千年間、繰り返して来た、「人類史の自然法則」だ。 このことから、今の私たち人類も、例外ではない。

 私、副島隆彦の 冷酷な目からは、アメリカの軍需・国防産業(ミリタリー・インダストリー)が、いつまで黙っているだろうか、だ。 アメリカは、小さな戦争を、10年に一度、どころか、5年に一度は世界のどこかで、しないと、保(も)たない国なのだ。 人類史の中の、すべての帝国は、必ずそういう性質をしている。アメリカの軍需産業界 は、どうやって、「大統領よ、次の戦争を、さっさと始めて下さい。 私たちの 兵器の在庫 が溜まって仕方がない」と言い出すか。

 これが、私、副島隆彦が、今も抱えていて、解けない方程式だ。北朝鮮で使うはずだった、大量のミサイルは、どうするのか? 

 中東(ミドル・イースト)が、さっさと次の 火薬庫に、逆戻りしたように見える。
 イラン軍と、シリア軍は、「S300」という、ロシアの、地対空(ちたいくう)ミサイルを、ロシアから購入して、かつ、それを 自分たちで、正確に動かして、撃てるようになった。それで、イスラエルの戦闘爆撃機を、今年の1月から、正確に打ち落とせるようになった。 イスラエルが、この事態に深刻になっている。これまでのように、イスラエルが、この地域(リージョン region )の 制空権を持つ、ということがなくなった。

 この事態に、慌てふためいているネタニエフ首相は、おとといも、ロシアに飛んでいって、「プーチン、お願いだ。イラン軍を、シリアから撤退させてくれ。圧力を掛けてくれ」と、泣きつくように、懇願(こんがん)しに行った。アメリカのトランプは、イスラエルだけは、何があっても、助けなければいけない。それなのに、救援できない。 

 だから、このことは、前述したが、私、副島隆彦が、ずっと言い続けている「アメリカは、国内のことで、手一杯だ。外国のことなど構っていられない」という思想で動いているからだ。

 この、アイソレイショニズム=ポピュリズム=リバータリアニズム で、「外国のことに関わりたくない」の 政治思想、信念 で動く。私、副島隆彦は、これらのアメリカの現代の政治思想の研究の 専門家(エキスパート)である。 私から、習わなければ、日本の 専門家、政治学者、外交研究者は、育たない。

 トランプは、なんと、その イスラエルさえ、見捨てようとする。 まさしく、アイソレイショニズム=ポピュリズム=リバータリアニズム の具現(ぐげん)だ。 ここで、イスラエル(人口860万人の小国。そのうちの600万人ぐらいがユダヤ人だ。埼玉県ぐらいの大きさしかない )を、トランプが、そんなには真剣に守ろうとしない。 今のイスラエルが、アメリカに、捨てられている、今の様子は、日本と、実によく似ている。

 だから、この7月16日に、トランプと、プーチンが、このことで、ヘルシンキで? 会談する。

「イラン軍を、シリアから撤退させるように、ロシアは、イラン政府に圧力をかけろ。その見返りに、アメリカは、ロシアの クリミアの領有を認める(ウクライナからの分離を支持する)」という取引き、駆け引きをしようとしている。 トランプには、世界政治=外交 では、これぐらいの手しか他にない。

 アメリカは、北朝鮮、ひとつ、片づけられないのに、その10倍は大変な、イランがすでに秘密に保有している核保有の問題を、なんとかする、ことなど出来ない。 イランからイスラエルは、1300キロ(短距離核弾頭ミサイルで十分だ)しか、離れていない。

 いくら、アメリカが、諸国に向かって、「イランの石油を、輸入するな。させない。イランと取引している国は、アメリカが制裁を加える」と、西側同盟国(ヨーロッパ と日本 )を脅しても、イランは、確かに、深刻に困っているが、それでも、インドと、中国に、石油を売る。 インドと中国は、いくらでもイランから買う。

 北朝鮮については、中国が、本気で怒り出すまで、北朝鮮は核開発を続けるだろう。中国は、北朝鮮が、自分に、進んで屈従、屈服したことを、無上に喜んでいる。 3月26日から、突如、始めた金正恩の北京詣(もうで)で、長い2千年の( 紀元前後の、漢の帝国=王朝 のとくぐらいからの)「臣下の礼」の伝統に従って、帝国への藩国(はんこく)、藩塀国(はんへいこく)、朝貢国(ちょうこうこく)としての 従属する態度を示した。 

 中国は、朝鮮国が、このように、自分に臣従してくれれば、それでいい、それなら、核兵器の保有を許してやる、と、考えるほど、中国はお人好しではない。北朝鮮の核兵器は、中国にも届くし、北京をも 狙っているのだ。

 トランプが、また、あの異常な性格だから、気が変わって、「北朝鮮の金正恩は、私との約束を守らないのだな。よし、それなら、私も考えを変える」と、再び、“元の木阿弥”、で、軍事対決路線に、戻るだろう。駆け引き、取引の人間の本性(ほんしょう、ほんせい)に、従って、どのようにでも、勝手に、自分の態度を変える。これが、トランプという男だ。 「君子は豹変(ひょうへん)する」などというものではない。商売人は、自分に都合が悪くなると、どれだけでも、態度を変えて、相手をダマす、だ。

 だから、これから先の、極東(きょくとう)情勢は、これまでと、全く同じ、緊張したまま、政情不安のまま続いてゆく。

 あのとき、トランプが、決意して、北朝鮮に、軍事攻撃を掛けて、強制的に核施設を破壊して、たたき壊していた方が、世界にとって、ずっと、よいことだったのだ。 それを、トランプは、自分の商売人の本性(ほんしょう)で、相手を、どんなことをしてでも、自分との取引に応じさせて、そして、上手に騙(だま)してしまえばいい、という、策略に出た。

 あのやり方の巧妙さと、同時に、手口の穢(きたな)さが、アメリカ国内の外交の専門家たちに、もの凄く評判が悪い。  

 私は、これから、「トランプという男の 本性(ほんしょう)が、ようやく分かった」 を書く。私は、トランプという人間を、どうも見損なってきた。この人物は、私の想像を遥(はる)かに超えて、とんでもない人間なのだ。 

 このことが、これまで実感で分からなかった。この私でさえ、トランプという 巨大な人騙(ひとだま)しのウルトラ・プロフェッショナルが分からなかった。

 私は、ようやく、ドナルド・トランプという人物が、どういう人間か、腹の底から分かった。この人物は、私が、2年前に書き始めて、今では日本国内で、広く語られるようになったことだが、「トランプは、根っからの商売人(しょうばいにん)だ」論などでは、もう済まない。 

 「トランプは、不動産業、デベロッパーで、歓楽地用の巨大建築物を作るのが専門の実業家で、根っからの経営者だ 」 という、当たり前の言い方をしてきたが、こんなものえは済まない。トランプは、アメリカの 大(だい)暴力団 mobster , gangster の、その 最高幹部なのだ。 

トランプは、腹の底から商売人で、ド穢(ぎたな)い 男で、 自分と取引する、すべての人間を、ダマして、必ず、その相手から、取引されたものすべてを奪い取る人間だ。そのように獰猛(どうもう)に生きて来た。

 アメリカ人は、その人が、どういう信念(ビリーフ belief )で生きているかを、お互い公表し合いながら生きている。宗教や思想信条についても公表し合っている。 だから、その人が、その人の思想、信念に忠実に発言し行動する限り、決して批判、非難されない。しかし、その人が、その人らしさを、自ら裏切って、おかしな行動に出たら、まわりは、その人を、厳しく批判し、非難する。

 トランプの場合、彼の思想、信条は、「 駆け引き、取引(ディール deal )をする人間」 として、公表している。だから、すべてが、取引、駆け引きだ。 だから、この自分の信念に忠実で有る限り、誰もトランプを非難できない。取引、駆け引きの時は、フェア/ アンフェア の ルールの範囲内であれば、どんな手を使っても、許される。 ただし、「相手を完全に、初めから騙すつもり」の cheating チーチング の 域にまで達して行う、騙しは、許されない。トランプは、そのすれすれのところを生きている。

 そして、アメリカ国民は、この男を自分たちの指導者に選んだ。 このことが、重要だ。

 今のアメリカ国民は、余裕がなくなって、どんなことをしてもいいから、外国人たち、外国政府から、アメリカの利益を取って来てくれ、という考えで動いている。 「そして、その契約から生まれる、経費、費用は、すべて、相手に払わせる」ということを、公言するトランプを頼もしいと、思っている。

 この、どんなことも、すべて取引、駆け引きである、どんなに穢(きたな)い手を使ってでも、相手に上手に勝った人間が、エライのだ、という 原理で まさしく、トランプは、動いている。このことに、私たち日本人が、急いで、はっきりと知って、そして、トランプに対して、十分に身構える必要がある。

 トランプは、一円も、一ドルも、相手に渡さない。返さない。利益を分け合う、ということもしない。すべて 自分の物にする。 そういう男なのだ。 だから、まさしくトランプは、ニューヨークの 大金持ち、実業家の 強欲(ごうよく greed グリード )の思想の頂点を極めた、ユダヤ人そのものだ。

 トランプは、ドイツ系の移民の3世だと分かられてる。このことは、血族の行方から証明されているが、その本性(ほんしょう) は、まさしくユダヤ人だ。

 彼は、ユダヤ人と全く同じ精神構造をしている、カルヴァン派プロテスタントの、倫理観(りんりかん ethics エシックス、ethos エトス、イーソス)をしている。この生き方を、徹底的に突き詰めた、自分の思想に忠実な男だ。 


 カルヴァン派(ピューリタンはその別名)にプロテスタントは、ユダヤ人の生き方、ジュダイズム(ユダヤ教。これは ユダヤ思想とも訳せる)と、ほとんど同じ思想なのである。 このことを、今度、私は弟子たちとの、2005年に出した本の新装版で、13年ぶりの改訂版である、『 金儲けの精神を ユダヤ思想に学ぶ 』 (祥伝社新書刊) を、この5月に出した。買って読んでください。

 ニューヨークのユダヤ人たちの、突き抜けた強欲の思想で、トランプは、生きている。「ここでは、それが当たり前なのだ。騙された相手が、悪い」 というのが、ニューヨーカーたちの生き方だ。

 日本人でも、根っからの、生まれた時からの 商売人、実業家、経営者たちには、トランプの、このやり口、生き方が、よく分かるらしい。 商売人は、自分の仕事仲間たちでさえ、騙す。人を、取引で、騙すことが、当たり前の世界を生きている。 

 だから、このことが、外交理論とか、国政政治とかの 専門家(エキスパート)や、ジャーナリスト、言論人たちに、理解できない。 だからトランプが突飛な発言をし、交渉相手を、面食らわせるような行動に出ることに、まだ慣れないものだから、自分たちの方が、狼狽(うろた)える。

 トランプは、従来の、これまでの、アメリカの政治家たちがやってきた、やり方はしない。これまでの考え方では、この男には通用しない。

 これまでとは、全く違ったやり方をする。どんなキタナイ手でも使う、そして、相手を、追い詰めて、屈服させる。

 トランプは、自分のすぐ身近にいる人間たちでも、絶対に信用しない。すべて、疑ってかかって、「いつこいつが、自分を裏切るか」を、冷酷に観察している。 そして、用がなくなった、と思ったら、すぐに切り捨てる。 容赦はない。 

 例外は、娘のイヴァンカと、その旦那の、若くして、恐ろしい男である、ジャレット・クシュナー(36歳)だけだろう。この男も、トランプと同じ、ニューヨークで、「すべての人をだます」ビジネス(商売)で、生きて来た人物だ。 

 この 娘夫婦以外は、トランプにとっては、使用人であり、いつかは、切り捨てる対象だ。 すべて火傷(やけど)を負って追い出されて行く。まさしく人使いの荒い 経営者のやり方だ。

 「ご苦労さんだった。○ ○君は、実によい仕事をしてくれた。有能な人物だった 」と、決まり決まった、コトバを掛けて、人を 追い出す。そうしないと、残酷に非情さだけで、首を切ったら、その解雇された従業員が、必ず自分を刺しに来るからだ。 

 生まれながらに、優れた、すなわち、凍り付くような人間関係、仕事での取引、を生きて来た、経営者、商売人というのは、こういう人たちだ。  

 私は、日本国民に、このことを、今から、もっともっと、教えて、詳しく説明して、トランプという、 「すべてが駆け引きだ」の頂点を極めた恐ろしい男に、十分、用心して、注意深くなって、警戒して、これからは、対応しなければいけないのだ、と、警告を発することにする。

 トランプが、どれぐらいの獰猛(どうもう)さで、自分に寄ってきて取引する人間たちや、自分のすぐ周囲にいる、すべての人間 を食い殺す人間であるか。 このことを、私は、 日本の在野の 国家戦略家(こっかせんっりゃくか)として、 日本国民に、警告を発する。

 このことを日本の指導者層に向けても発信する。 日本の権力者層、指導者層、大企業経営者たちと、日本の各界(かくかい)の親分衆に対しても警戒するように、注意を促し続ける。私、副島隆彦が、このように 決意、決断して動くことが、日本国、日本国民の重大な利益だからだ。

 再度、書くが、トランプは、日本だったら、安倍晋三首相ひとりの 首根っこさえ、押さえつけて、自分の言うことを、全部、逐一、聞かせていれば、それで、いいのだ、と 知っている。最近も、トランプが、安倍に、「北朝鮮の核兵器の処理のために、日本は、500億ドル(5.5兆円)払え」と言った、と報道された。

 菅義偉官房長官が、それを、公式に否定した(後ろに記事を載せる) 。この日本が払うべき5百億ドル、のトランプの発言は本当にあっただろう。日本人なんか、安倍さえ、捕まえておけば、あとはアリンコの集団のようなもので、どうにでもなる、 と、トランプは分かっている。

 事実、そうだ。 アベさえ押さえつければ、日本などと言う、 アジアの一国の手駒(てごま)は、自分のいいように、操(あやつ)れる、と分かっている。 
 先の戦争のあと、ダグラス・マッカーサー大将(4つ星将軍)が、戦争の勝利者として、日本に、進駐軍( SCAP スキャップ、という。GHQ は、その建物俗称  )としてやってきて、皇居の お堀の隣から、昭和天皇ヒロヒトさえ、自分が、いいように動かせれば、日本人は、すべて言うことを聞く、と知っていて、そのように占領政策を実施したことと、同じだ.もっと、悪い。 マッカーサーは、まだ、上品だった。知性と教養があった。 

 それがトランプには、ない。 ニューヨークの クイーンズ区(ワード)の外れ、という 日本の江東区、足立区、江戸川区のようなところで育った、若いときから不動産業者として抜け目のない、したたかな生き方をしてきた人物だ。  

(以下は、新聞記事の、転載貼り付け始め )

○「 5兆円拠出報道を否定=菅官房長官 」

時事通信 2018/06/25 
 
 菅義偉官房長官は、6月25日の記者会見で、トランプ米大統領が金正恩朝鮮労働党委員長に対して、北朝鮮の非核化費用として日本に約5兆5000億円を拠出させる約束を交わしていたとの一部報道について「報道にあったような事実は全くない」と述べ、否定した。


○「 米朝交渉、食い違い鮮明=非核化プロセスで溝―ポンペオ氏訪朝 」 

報道陣を前に厳(きび)しい表情を見せるポンペオ米国務長官=7日撮影、平壌

2018年7/9(月) ワシントン時事通信

北朝鮮の非核化に向けた米朝交渉で食い違いがより鮮明になっている。

完全非核化まで「制裁継続」=米国務長官

 6、7の両日に訪朝し、高官協議を行ったポンペオ国務長官は「進展があった」と強調するが、北朝鮮は「米国は一方的かつ高圧的だった」(外務省報道官談話)と不満を表明。「非核化の意志が揺らぎかねない」と警告した。6月12日の米朝首脳会談から約1カ月がたっても非核化のプロセスで依然溝が埋まっていないことが浮き彫りになった。

 北朝鮮の強硬姿勢について、協議を長引かせて交渉の主導権を握るための「戦術」との見方もある。ポンペオ氏は8日の東京での記者会見で、会談後の論評に注意を払うつもりはないと述べ、問題視しない構えを示した。その上で「われわれは誠実で建設的な対話を行った。今後も継続する」と述べた。

 過去の交渉でも見られた時間稼ぎが有効かどうかは、トランプ大統領次第だ。11月の中間選挙までに外交成果を得たいトランプ氏は交渉に前のめりになっているが、思うような成果が得られなければ、「(圧力を強める)別の方法に戻る」とけん制もしている。

 CNNテレビによると、ホワイトハウスや国務省内では、遅くとも8月末までに非核化の明確な計画が必要だという意見がある。進展がなければ、米朝交渉を優先するために中止を決めた米韓合同軍事演習の再開もあり得るという。 

• 米朝、非核化で平行線=北朝鮮「遺憾」と反発-米国務長官、訪朝終え来日
• 米朝協議で拉致提起=ポンペオ国務長官、安倍首相と会談
• 安倍氏の「非核化費用」発言批判=拉致提起にも不快感-北朝鮮


○「完全非核化まで制裁」 日米韓外相、対北朝鮮で結束

2018/7/8  日経新聞

 日米韓3カ国の外相は8日、都内で会談し、北朝鮮の完全な非核化を実現するまで経済制裁を維持する方針を確認した。ポンペオ米国務長官は会談終了後の記者会見で、6~7日の米朝高官協議で「北朝鮮は完全な非核化を再び約束した」と表明。交渉が前進していると強調した。

 日韓両国も米朝協議を後押しし、交渉が進展するよう結束を図る考えで一致した。

日米韓外相 完全非核化の結束確認

 日米韓の外相会談が8日都内で開かれ、北朝鮮の完全な非核化実現に向けて結束する方針を確認した。ポンペオ米国務長官はこの間、経済制裁を続ける考えを示した。

 ポンペオ氏は3外相会談で、北朝鮮の平壌で金英哲(キム・ヨンチョル)副委員長と話した内容について河野太郎外相と康京和(カン・ギョンファ)韓国外相に説明。完全で検証可能かつ不可逆的な非核化(CVID)をめざす方針を共有した。核関連施設の査察や核兵器の国外搬出など、具体的な非核化プロセスでの3カ国の協力を擦り合わせた。

 ポンペオ氏は朝鮮戦争で亡くなった米兵の遺骨返還について7月中旬に協議することや、北朝鮮がエンジンミサイルの試験施設を破壊する意向を示したことも報告した。日本人拉致問題を改めて提起したことも説明し「北朝鮮と話すたびに毎回取り上げている」と述べた。河野氏は謝意を示した。

 ポンペオ氏は会談後の記者会見で「北朝鮮が完全な非核化を達成するまで制裁は継続する」と明言。「話し合いの進捗だけでは制裁を緩めることはできない」とも話した。制裁をテコに、北朝鮮から非核化に向けた具体的な行動を引き出したい考えだ。

ポンペオ氏、北朝鮮に反論「それが強盗なら、世界中が強盗 」

 北朝鮮は米国の非核化の要求を「強盗のような要求」などと非難を強めている。ポンペオ氏は「それを強盗というなら世界中が強盗になる」と反論した。7月8日のツイッターでは6月の米朝会談前後から使っていない「最大限の圧力」の言葉を使うなど、北朝鮮からのけん制に反応するような言動もみられた。

 安倍晋三首相は同日、首相官邸でポンペオ氏、康氏とそれぞれ会談した。ポンペオ氏との会談では拉致問題の早期解決に向け、日米の協力を改めて確認した。首相は「北朝鮮の核・ミサイル・拉致問題の解決は日本と地域の平和と安定に極めて重要だ。日米で連携して解決したい」と話した。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦拝 



[2328]『福沢諭吉 フリーメイソン論』は歴史捜査手法による完璧な論証である
投稿者:六城雅敦
投稿日:2018-06-21 19:24:27

『福沢諭吉 フリーメイソン論』を読み耽りました。

石井利明研究員が長くこの論文に腐心していたことは良くわかっています。断片的な話は本人からも聞いてはいました。

本書は「ユニテリアン≒フリーメイソン」を柱にして、幕末の中津藩の下士の家に生まれたとき(1835)から永眠(1901)までの諭吉の全生涯を、読みやすく、遺した書や記録を大胆に推測した”ブレのない”見事に人物伝である。

一日で読了し、今日も読み返しました。

いちばん驚いたのは人脈関係を網羅し、諭吉が秘匿したかった人脈まではっきりと断定していることです。思想で分類整理することはとても難儀な作業です。

読み進めるうちに明智憲三郎氏(本能寺の変 431年目の真実 (2013年)の著者)が唱える『歴史捜査』手法とよく似ているなと感じました。
人目に晒されることを意識した文章や記録からでは真相はわからないとして、実行動から動機とその背後を探る思考法です。

諭吉は窮理学(きゅうりがく:物理)に精通し、アイザック・ニュートン「プリンキピア」の日本語版を出版したことでも知られています。それは蘭学で出世した父の影響であったし、その師帆足万里(ほあしばんり:表向きは儒学者だが蘭学者)だった。こんなことも初めて知りました。

大坂の留守居役(諸藩や幕府との交渉や連絡をする藩の代表)にまで上り詰めた父、百助は切腹させられた!という笠原和夫(仁義なきシリーズを描いた脚本家)の解釈も衝撃です。蛮社の獄(1839)の3年前で、蘭癖大名への監視が強くなった頃とつじつまが合います。

門閥制度は親の敵だと言い放つ諭吉の執念は不条理な父の死(殺害)からだったのか。

当時の蘭学者がいかに迫害されていたかは「崋山・長英論集」(岩波文庫 1978年)で当時の蘭学者たちの実態がよくわかります。
渡辺崋山は三河の田原藩の重臣であり、西洋画風を取り入れた絵師でもあり、高野長英は町医者です。この二人は蘭学という共通の対象で師弟関係というかスポンサーと研究者(学者)といった関係です。

そこでは1838(天保九)年三月、江戸参府に来たオランダ商館長ニーマンとの対談の模様を記した渡辺崋山の「鴃舌小記・鴃舌或問」で「実学」という言葉を使っているだけです。
他では慎重に蘭学を「蛮学」と記しています。 実学という言葉は儒学者を馬鹿にした蘭学者同志の隠語だったのです。

この隠語を蛮社の獄のあとに堂々と実学を熊本藩内で使い始めたのが横井小楠です。
(蛇足おわり)


以降緒方洪庵の適塾時代、長崎の通詞の人脈、そしてフリーメーソンにつながる人脈による世界情勢を知り、さらに大胆にドイツ連邦成立(1815)をモデルとした諸藩公儀制を諭吉も考えていたことを深く理解できました。

英国高教会(ハイ・チャーチ:大英帝国のエスタブリッシュメントのための教会)の宣教師A.C・ショーと諭吉のきわどい関係も石井氏は鋭く解説している。巷で言われるような先進国から厚遇で迎え入れた家庭教師役などという単純な話ではない。

なんせ当時英国は日本同様、きびしい階級社会だ。その固定され集中された権力への対抗軸はユニテリアン(≒フリーメイソン)しかなかったんだよなあ。諭吉がいかに深謀遠慮であったかを本当によく理解できた。

それではアメリカからのユニテリアンは日本に根付かなかったのか!?

定例講演会でも石井氏が最後に解説されてましたが、ユダヤ思想の蔓延でアメリカ建国の原動力であったユニテリアン勢力が衰退してしまったから・・・ああ悲しい

本来であれば諭吉と中津藩・適塾らの同志達が設立した慶應義塾大学がユニテリアン(≒フリーメイソン)の啓蒙思想を体現させる教育機関であって欲しいのですが、新自由主義経済推進者である竹中平蔵が名誉教授ですから何も期待はできません。

米国ユニテリアンにより創立された同志社大学も政治力があるとも思えない。関西圏での人気は近畿大学です。

プロテスタントによる国際基督教大学が強くなっている感がありますが、キリスト教系大学は副島先生がそのうち解説してくれるでしょう。

最後に高杉晋作を長州藩が斬首刑としようとしていたという証拠が見つかったという新聞記事を掲載しておきます。
英国が育てたテロリストとして働き、病没後は伊藤博文ら長州ファイブらに引き継がれていった。攘夷派たちの怪しさは長州藩上層部もうすうす(そら恐ろしく)感じていたということでしょう。



『福沢諭吉 フリーメイソン論』は幕末明治を正確に、それも手っ取り早く理解できる力作であると、私からも強力に推奨いたします。



[2327]6.12米朝会談 の真実。 日本だけが敗北した。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2018-06-13 23:59:31

副島隆彦です。 今日は、2018年6月13日(水)です。

 昨日の 米朝(トランプ、金正恩)の「歴史的」会談 に ついて、私が、最新で考えたことを書く。 ポイントフォームで書いて行く。

その前に、サマリー(梗概、あらまし)を書く。
 
「 アメリカ(トランプ)は、北朝鮮の核保有を、事実上認めた。このことは決定的である。自分たちのアメリカまでICBM(1万キロ飛ぶ)が届かないようにしさえすればいい。 他の国のことは知ったことではない。 

 中国とロシアもこの、新らしい現実 を認めた。ということは、国連安保理(あんぽり)の これまでの、北朝鮮制裁決議としての、北朝鮮への経済封鎖は、壊れた、消滅した、ということだ。 

 北朝鮮は今のまま韓国と一体化する。すなわち民族統一してゆく。敗北したのは、日本だ。 日本だけが真の敗北者だ。愚劣極まりない金正恩が、今後も、今のまま、のさばる東アジアの現状の中で、日本人は不愉快なまま生きてゆくことになる。

 今、すべての日本人の 有識者(専門家)が重苦しく 深刻に考え込んでいる。日本は大敗北した。真に憂えるべき事態の出現である。6.12会談は、日本にとって最悪のものだった。私、副島隆彦は、日本国の国家戦略家として、この敗北を強く自覚する 」 

サマリー(梗概)終わり。

1.トランプ大統領は、 北朝鮮の 核保有(核武装)を、認めた。このことは決定的である。 トランプが、昨日、やったことは、確信犯的である。
北朝鮮の 「完全な非核化 complete denuclearization コンプリート・ディ-ニュークレアライゼイション」は、もう、ない。 北朝鮮は、これから先、今の金正恩体制のまま、 世界に向かって、堂々と公然と核保有国として振る舞う。 

 アメリカは、これを認めた。 これは決定的なことである。 トランプは、金正恩に、大きく譲歩した、などというものではない。 トランプは、金正恩にまんまと騙されたのである。

2.トランプの大きな敗北である。トランプ自身のガタガタと動揺して、疲れ切って、衰えた言動に、このことが如実に表れていた。 トランプは、すなわちアメリカは歴史的に敗北したのだ。

1989年のベルリンの壁崩壊(30年が経つ)以来の、ソビエト共産主義の崩壊に、続く、新しい、アメリカ帝国の世界支配の崩壊が、始まった。 「6.12シンガポール会談」は、その引き金を引いた。

 アメリカ帝国は、北朝鮮の核(かく)問題ひとつさえ、自分の力で、強力に上から押さえ込んで、解決することが出来なかった。ということは、とてもではないが、中国には、もう勝てない。アメリカは、東アジア全域から、撤退(ウイズドロー)して行く。

3.私たち日本人は、これから先、北朝鮮の 残虐な独裁体制の、強制収容所の国を承認せざるを得なくなったことで、愚劣で歪んだ、東アジア(極東)の現実を生きて行かなければ済まない。日本が、今度の「米朝 6.12合意書(共同声明)」の一番の、最大の敗北者である。最悪の事態だ。

 日本は、北朝鮮の「形だけの非核化」のためのカネだけ、出させられる。おそらく数兆円のカネを、出すことを、安倍晋三は、6月8日?にワシントンに呼びつけられた時に、約束させられた。

 安倍「トランプ大統領。北朝鮮に軍事行動を取る(爆撃する)と、何度も、私に、約束してくれましたよね?」 トランプ “ Did I say so ? “ 「オレは、そんな約束をしたかなあ? 言っていないぞ」 安倍は、真っ青になった。 このあと、安部は、北朝鮮の非核化の費用を、韓国と分け合って負担する、というトランプの要求を、飲まされた。 その金額は、数兆円だろう。 菅(すが)官房長官が、今日、事実を認めて少しだけ発表したらしい。

4.韓国(人)は、この6.12会談を、互いに抱き合って喜んでいる。これで自分たちは、北朝鮮の同胞と一体化できて、やがて民族統一(まず、連邦制、コンフェデレイションへ)して、「世界の一等国になる」と思い上がっている。北朝鮮と合体することで、実質的に韓国も核保有国となった。日本は、韓国よりも「下(した)」の国になる。

 日本は、すでに、20年前に、経済大国(エコノミック・スーパーパウア)= 世界の5大国にひとつ から転落していたが、今回、北朝鮮・韓国が、軍事力で、2等国になった、日本は、その後塵を拝する3等国に転落した。

5.トランプは、6.12会談のあとの、午後5時からの記者会見で、「ロケット・エンジンの燃焼(ねんしょう)実験を、北朝鮮は、やめる、と言ったぞ。それは合意書に署名したあと、だったけどな 」と言った。

 このことは、1万キロ飛んでアメリカ本土にまで届くICBMは、保有しない。破壊する。あるいは、アメリカに引き渡す、ということだ。ということは、1千キロぐらいまで飛ぶ短距離弾頭(「ノドン」ミサイル)と。5千キロまで飛ぶIRBM(アイ・アールビー・エム)=中距離弾道ミサイルの 核兵器 は、今のまま、北朝鮮によって公然と保有される、ということだ。これでアメリカ(トランプ)は、満足した。 

「我々(すなわち、アメリカ国民)は、これでぐっすり眠れる」と、シンガポールからの帰りの飛行機の中から、トランプは、 twitter ツウィッターした。
トランプは、もうアメリカ国民のことしか、考えていない。 これを、アイソレイショニズム isolationism 「アメリカ国内問題優先(ゆうせん)主義」という。

 トランプが、「私(たち)は、25時間、寝ないで協議した」と、いかにも眠そうに、記者会見で言った。その中心的な内容は、このICBMを廃棄する、しないの、問題だったのだ。

 トランプにしてみれば、自分にまで届くICBMさえ廃棄して、くれれば、アメリカとしては、それ以上のことは望まない。 あとの短・中距離の核ミサイルについては、勝手にやってくれ。アメリカは、それらの破壊、取り上げ、廃棄、査察までは「形の上だけしか」求めない、ということだ。 

 これらの短・中距離ミサイルは、日本に届く。日本は、いざと言う時には、北朝鮮から狙われる。あるいは、脅される。 この事態は、深刻である。

6. 現在、世界中の メディアと新聞記者たちが、 「トランプは、金正恩に、譲歩しすぎた」と、一斉に書いている。 そして、「6.12合意書」への最大の批判は、「CVID(シー・ヴイ・アイ・ディ。すなわち、完全で、検証可能で、不可逆的な、核兵器の廃棄、破壊)の文言(もんごん)が、合意書に書かれなかった事実だ。 

 それと、非核化の廃棄の、検証(テスィフィケイション)作業のことも、「具体的なことは何も合意書に記載(決定)されていない」と、批判の嵐が、世界中で巻き起こっている。

 「具体性が何もない。具体的に何も決まっていない。これまでの北朝鮮との交渉(駆け引き)と同じだ。それよりもさらに悪くなっている」と 非難されている。 それらの論評、新聞記事が、どんどん書かれている。

 ついには、「真の勝者は、中国である」という評論文が、12日のワシントンポスト紙に載った。 

7.それと、 「いつまでに 非核化するのか、の期限(タイムリミット)が、全く、何も書かれていない」という点も、ものすごく重要である。重要な契約では、「当事者名と、日付と、金額の授受の明示と、それがいつ実行されるのか」が、書かれていない契約書は、無効である。

 トランプは、長年のビジネスマンとして契約・交渉をしてきたのに、この基本を、わざと今回、無視した。大きな欠陥を、後世に残した。致命的な誤り、失態、間違い と言うべきでである。 トランプは、このことを自覚していて、内心忸怩(じくじ)たるものがある。ふてぶてしい感じで、「アメリカとしては、これでいいんだ」と、居直った。 

6.12会談は、アメリカ帝国の衰退への、大きな歴史的な動きの始まりの合図となった。

 アメリカは、小国である、北朝鮮の核、ひとつ解決出来ない国となった。ということは、台頭する巨大中国との対決など、出来ない。

 世界中にこの力、すなわち、アメリカの衰退する力 は、伝播(でんぱ)してゆく。 それは、ただちに、イラン「核」問題に波及する。 アメリカは、形だけ、イスラエルを徹底、擁護して、イランが すでに秘密裏に保つ 核兵器 を、これで、事実上、認めてしまう。

 ということは、アメリカは、イスラエルを守る、ということも出来なくなった。したくないのだ。ヨーロッパ諸国も、難民問題で、自分のことで、精一杯だ。「難民が入ってくるにのは、もう、これ以上我慢できない」だ。

 日本が、突如、置かれた立場は、中東(ミドルイースト)のイスラエルとそっくりである。6.12会談の、真の敗北者は、だから、日本とイスラエルである。

 在韓米軍(2万3千人)の 撤退がこれで決まった。それでも、まず、2万3千の米兵のうちの、半分の1万人の陸軍部隊だけを撤退させる。これは、マッカーサー将軍が率いていた、朝鮮戦争の時の「第5軍」である。 残りの、空軍基地2つと、釜山(プサン)の海軍基地だけは、しばらく残す。が、これも撤退し行く。

在日米軍の縮小、撤退の動きも、次第に出てくる。

 トランプは、記者会見で、アメリカの本音を、はっきりしゃべった。「米兵たちは、アメリカに帰れることを喜んでいる」と。 アメリカ人は、もう、国に帰りたいのだ。

「誰が、好き好んで、外国を守るために軍人、兵士として、いつまでも駐留するものか」 これが、アメリカ国民の本音である。 外国のために、戦争なんかしたくない、という、アメリカ人の本音が、突如、表面化した。このことに、私、副島隆彦は、驚いている。

「アメリカは、さあ、もう、国に帰ろう」 “ We go back home ! “ 「ウイ・ゴウ・バックホウム !」 の、 パット・ブキャナンの アイソレイショニズムが、ここで復活した。

「外国のことなんか、知ったことか。勝手にやるがいい」「アメリカは、もう、世界の警察官(ワールド・ポリス、 グローバル・コップ)は、やめたのだ。さあ、帰ろ、帰ろ」だ。 トランプの商売人(経営者)の、堅い決意の、標語では、「カネが掛かって仕方がない」 だ。
 
7.トランプは、記者のひとり から、「なぜ、軍事的な圧力を、北朝鮮に掛けながらする、強い交渉をしなかったのか」と尋ねられて、「ソウルには、2700万人の人が住んでいる。いや、もっと3,4千万人いる (ソウルの人口は、実際は9百40万人。韓国全体は5千2百万人の人口 )。

 ソウルは、38度線の国境のすぐ南だ。この人たちの生命が危険に晒(さら)されることを考えると、軍事的な対応は考えられない」「自分(トランプ)は、このことを心痛している」という、感じの返事をした。 今頃、何を言い出すのか、という白けきった感じが、記者会見場に広がった。

8.あまつさえ、トランプは、68年前の、朝鮮戦争 の ことを、中心にして話し出した。「6千人の 戦争での死者 の遺骨(リメインズ。 POW/ MIO 捕虜および交戦中の行方不明者、そうやって死んだ者たち )、の 遺族からの手紙をたくさんもらった」と言い出した。

 アメリカ国民にとっての、関心事は、朝鮮戦争の思い出(1950-51。米兵3万4千人が死んだ。中国兵は、17万人死んだ。韓国兵、北朝鮮兵の死者は、その数倍だろう)だ。 トランプの頭の中には、過去の亡霊があった。 今の東アジア情勢などは、このノスタルジーに較べたら、背景に引っ込む。政治家がこうなったときは、現実への対応力を失う。

 だから、金正恩の 粘り勝ちで、絶対に、言うことを聞かなかった、北朝鮮の幹部たちの勝ちだ。アメリカの負けだ。 アメリカ帝国の衰退への道筋がこれではっきりした。ただし、日本は、その道連れにされて、たくさんの犠牲と、費用を、これから出させられる。

9.トランプは、記者会見で、自分を故意に奮(ふる)い立たせるために、「あの、北朝鮮の ミサイルを発射している海辺は、いいリゾート地になるぞ。私は、そういうことはもの凄くよく分かるんだ。これからは、北朝鮮を経済支援するんだ 」と、不動産開発業者の習性を丸出しにして、嬉しそうに言った。  

「 CVID については、真剣に話し合った。が、・・・もう、時間が無かった」だと。ここが、真に傑作だ。

 そして、「キムジョンウンは、確かに独裁者だが、すばらしい若者だ。26歳という、あの歳で(実際は、34歳。トランプは、数字をしっかりと言えないぐらいに、頭が、混乱して、耄碌(もうろく)を開始している)、彼は、 very smart 「ヴェリー・スマート」 ものすごく頭が良い。よい指導者だ 。これから、何度でも合う 」 ” I ( ‘ll ) meet him many times .” と、何度も、キムジョンウンを 褒めた。

10.「日本の安倍首相の強い希望である、拉致(らち。誘拐 アブダクション)の問題も、議題に提起した・・・・合意書には、載せなかったが」と言った。 

 これで、事実上は、全く議題になっていないことが、分かった。 これで、日本の保守派の怒りと失望を、トランプは買った。 安倍首相は、同日、5時50分頃の、官邸の記者会見で、「トランプ大統領が、拉致問題を提起してくださって、感謝している」と言った。 

11. トランプは、「会談は、大成功。すばらしい話し合いだった。 歴史に残る会談だ」と、盛んに自画自賛した。が、世界は、そのように受け止めなかった。「会談は、成功」と書いた新聞はなかった。 ただし、「会談の(結果)を、世界中が 歓迎。 北朝鮮が完全な非核化を確約した。新しい米朝関係の始まり」 と書いた。

 私、副島隆彦は、トランプは、てっきり、始めからの計略で、金正恩を、出来上がる合意書で、縛って、もし、それらの一部でも、約束違反をしたら、それを口実に、厳しい制裁および、軍事攻撃に出る、という策略で、動いているのか、と、会談の初めのうちは、思った。 が、そうではなかった。

 トランプは、何が何でも合意を取り付ける、という、 徹底的に、自分たちが譲歩する、という決意で始めから、会談に臨んだのだ、と、分かった。アメリカの完敗である。

トランプは、こう決断することで、アメリカ国内に対して、実(じつ)を取った。

 私が、アメリカ国民の 空気、雰囲気の 急激な、変化に、感づいた(勘づいた)のは、6月1日である。 あれ、どうも、アメリカ人は、軍人たちを含めて、どんどん、やる気を失っている。 「誰が、外国のためなんかに、戦争するか。おれ達の知ったことか」という感覚に、豹変(ひょうへん)していた。 この、3月ぐらいからの、動きがあったのだ。 それを、私は、見誤った。

12.北朝鮮の処理は、アメリカに任せておけば、まだ、痩(や)せても枯(か)れても世界覇権国(せかいはけんこく。hegemonic state ヘジェモニック・ステイト)なのだから、 きちんとやってくれるだろう、と、思ったのが甘かった。 アメリカには、もう、それだけの国力と、外国のことに関わろうとする国民の意思がもう、消えていたのだ。

 それが、6.12会談に、表われた。 トランプは、この「もう、アメリカは帰ろう」アイソレイショニズム と ポピュリズム(民衆主義)を 代表して体現(たいげん)している 人間だと、ばかり、私、副島隆彦が、大きく勘違いをしたまま、1年が過ぎていた。アメリカ国民は、もう、変わったのだ。 外国のことには、関わり(コミットメントする)たくないのだ。 

 日本国民も、若い人たちを含めて、外国のことに関わりたくない。外国旅行外では関心はない。外国に行って仕事をし、日本製品を売ることで、利益を出す、こと以外には、日本人は、もう外側に出たくないのだ。 この強い傾向は、世界的なものだろう。 

 鎖国主義だ。まさしく、国内問題優先(自分たちのことが優先)だ。アイソレイショニズムとは、国内のことを優先、と言う政治思想であり、それは、America first ! 「アメリカ・ ファースト !」と同義、同じ意味なのだ、日本人はそろそろ、分かりなさい、と、強く説明してきたのは
私、副島隆彦だ。 

 アメリカ・ファーストの ファーストは、「それを優先する」という意味であって、「アメリカが一番、とか、アメリア第1主義」が、明らかに誤訳(ごやく)だから、やめなさい、と しつこく日本のメディアを叱ってきたのは、この私である。

13.アメリカ民主党(デモクラット) は、トランプを批判し、対抗する野党勢力である。彼らの関心は、北朝鮮の核兵器の処分の 外交問題にはない。 11月6日の中間選挙(ミッドタームエレクション)での、争点は、あくまで、アメリカ国内での、減税と 雇用、そして福祉と環境と 教育の問題だ。

 外交問題は、選挙の票にならない。これがアメリカ政治の性質、骨格だ。 トルーマン大統領が言ったとおり、“ All politics are local .” オール・ポリティックス・アー・ローカル」なのだ。 「すべて政治は、自分たちの身近の問題への関心だ」である。 

 アメリカ民主党の関心事は、外国の駐留から、帰って来た米兵たちが、出身地の州の基地に帰ってきて、それから除隊(ディスチャージ)したあと、職が見つからない、就職先がない、という問題だ。アメリカ国民にとっての共通の関心事は、この兵隊たちの再就職先が、なかなかない、という問題だ。 こういうことが、外国人である私たちに、分かりにくい。

 トランプは、11月の選挙で、自分の共和党が、上院では、100人のうち、53議席ぐらい取るから、大丈夫だ。下院は、接戦で、435議席のうち、今は、過半数の235議席(ぐらい)持っている。 民主党は200弱だ。 これが、過半数の218を割らなければいい、と、トランプは、厳しく考えているから、共和党が、何とか225議席を取れれば、いい、と計算している。

 それで、北朝鮮問題は、「アメリカに核兵器が飛んで来ないのであれば、それで、よし、とする。国民が、そのように望んでいる 」 と、決心したのだ。
だから、アメリカ本土 (グアムだけは、北朝鮮から4千キロ以内)に、飛んでくる、ICBMの脅威さえ、取り除ければ、あとは、アメリカ国民の関心事から外(はず)れる、と冷酷に計算したのだ。  

 北朝鮮から、 アメリカに向かって核兵器を撃つ、という、意思と能力のふたつのうち、「撃ってやる」という怒りと、「撃てる能力がある」の技術力のふたつを、奪い取れば、それで、いい、すなわち、解決だ、と トランプたちは、考えた。

「他の国々のことなんか、知ったことか」と、アイソレイショニズム(自国の国内が優先の思想)そのもので、トランプは、動いた。

14.2015年7月14日(3年前だ)の、アメリカ(オバマ政権)とヨーロッパが主体となって、イランの核開発 を押さえ込んだ、「イラン“核抜き” 合意」 から、トランプが、この5月8日に、アメリカは離脱(アバンダンメント)した。

 それまで、ヨーロッパ(EU)は、モゲリーニ外交委員(EU外相、女性)を表に立てて、 「寝た子を起こすな」の大人の戦略で、イランが、今の密かに核兵器の開発(濃縮ウラン、高濃度のプルトニウム造り)をしていて、ロケット=弾道(バリスティック)ミサイル(これが核爆弾の運搬、デリバリー・システムだ)の実験は、今も、続けている、ことを知っていて、それでも、無理やり具合意した。

 今回、これと同じことを、トランプは、北朝鮮とやってしまった。 イランを野放しにしたことを強く批判、非難しながら、トランプは、それと全く同じことを、北朝鮮に対して、やってしまった。 このことを自覚しているが故に、トランプは、今、苦しんでいる。

 自分が、北朝鮮ごときに、手玉に取られて、まんまと騙されたことに、気づいている。まさしく、二重基準(ダブル・スタンダード)だ。 「それでも、アメリカは、背に腹は代えられないのだ。もう、アメリカには、そんな力はないのだ。外国にお金(平和のための管理費用)を出せない。もう、やってゆけない」」と、自分で自分に、盛んに、言い訳している。

 だから、6.12米朝会談と合意は、アメリカのトランプの負けだ。北朝鮮に言いようにやられてしまった。 トランプの、恥じるべき敗北だ。 そして、そのとばっちりで、日本が、真の敗戦国となった。 

 アメリカの属国をやり過ぎて、いいように、カネを毟(むし)られ続けて、国民も指導者層も、 「アメリカにしっかりと付いて居さえすれば、日本は、安泰だ。お金ぐらいは、言われたままに払うよ。貧乏には、もう、慣れているし。平和が何よりだ」という、属国奴隷根性のまま、脳をやられたまま、私たちは、生きて来た。 「帝国 ― 属国 」関係の苛烈さと残酷さ を 、ずっと書いて、暴いて、説明して、唱えてきたのは、この私だ。

 私は、「1億、号泣する」の、敗戦後に、己(おのれ)の 戦争賛美責任を、自覚して、自己処罰 をした、高村光太郎だっか、あの人の 気持ちが、今、痛切に分かる。

私は、まだ生き延びれる。 この 愚かで哀れな国民のために、ひたすら警告を発し、注意を促(うなが)す、任務と使命が、まだ、私には残されているから。

副島隆彦拝

(新聞資料。 以下の毎日新聞の記事が、私の目にとまったうちでは一番、よかった)

● 「 米朝首脳会談 」北朝鮮、非核化を約束 声明に具体策盛らず 」

2018年6/12(火) 21:04配信 毎日新聞

共同声明に署名するトランプ米大統領(右)と、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=シンガポール南部セントーサ島で2018年6月12日、AP

 【シンガポール高本耕太、渋江千春】トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は12日午前9時(日本時間同10時)過ぎから、シンガポール南部セントーサ島のカペラホテルで会談した。

 米朝首脳会談は史上初めて。両首脳は米国が北朝鮮に「安全の保証を提供」し、北朝鮮は「朝鮮半島の完全な非核化に対する揺るぎない約束を再確認」する共同声明に署名した。

 しかし、日米韓が求める北朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」は言及されず、非核化協議のスタート地点に立ったとの位置付けにとどまった。

 会談後の記者会見でトランプ氏は「完全非核化には技術的に長い時間がかかる」と述べた。両国は今後も合意の履行のための協議を継続することになっており、来週にもポンペオ国務長官やボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が非核化の詳細について、北朝鮮側と協議するという。

 声明では米国と北朝鮮が「新たな関係を作る」と強調。休戦状態にある朝鮮戦争(1950~53年)の終結について「朝鮮半島の持続的で安定した平和体制の構築に向け努力する」と記された。また、朝鮮戦争で死去した米兵の遺骨収集で協力することも確認した。

 トランプ氏は記者会見で、非核化に向けた具体的なスケジュールや方策が定められなかったことについて「時間がなかった」と述べた。ただ、金委員長が会談で、ミサイルエンジンの実験施設を破壊すると約束したと説明。「これは大きなことだ」と指摘した。北朝鮮は弾道ミサイル発射実験の凍結については具体的な行動を米国側に伝えたことになる。

 一方で、トランプ氏は、北朝鮮との対話が継続する間は米韓合同軍事演習を中止するとも示唆し、演習の費用が高額となることと共に「(北朝鮮に対して)挑発的だ」と、その理由を説明した。ただ、制裁については当面維持する方針を示した。

 日本人拉致問題について、トランプ氏は「会談の中で提起した」と述べたが、共同声明には盛り込まれなかった。北朝鮮国内の人権問題についても、非核化に比べると短い時間だが協議はしたという。

 この日の首脳会談は、会談場でトランプ氏と金委員長が握手をするところから始まった。最初に通訳のみを交えたトランプ氏と金委員長による1対1の膝詰め形式で約40分行った後、拡大会合には米国はポンペオ氏やボルトン氏、北朝鮮は党副委員長の金英哲(キム・ヨンチョル)、李洙墉(リ・スヨン)の両氏、李容浩(リ・ヨンホ)外相らが加わった。

 両首脳は昼食後にホテルの敷地内を並んで歩くなど、友好ムードが演出された。共同声明の署名式でトランプ氏は「非常に重要で包括的な文書だ」と発言。金委員長は「過ぎ去った過去を覆い隠し、新しい出発を知らせる歴史的な文書に署名。世界は重大な変化を目にすることになる」と語っていた。

 トランプ氏は金委員長がホワイトハウスへの招待を受け入れたとも述べた。 ポンペオ氏は首脳会談後、結果について日本の河野太郎外相、韓国の康京和外相に電話で説明した。

 トランプ氏は12日午後6時半ごろ、帰国の途についた。一方、ロイター通信は、金委員長は同日午後9時、北朝鮮に向けて出発する見通しと伝えた。

   
(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。 続けて、以下は、ネット上の、「ヤフーの 意識調査」 である。12日の午後9時頃のものだ。 日本国民の多くが、「612会談を、 評価できない、と 67%」が、投票している。

(転載貼り付け始め)

ヤフーの意識調査

米朝首脳会談で、トランプ大統領と金正恩委員長が会談後、共同声明に署名。

米朝関係の正常化、朝鮮半島の平和体制保障、同半島の完全な非核化、朝鮮戦争の遺骸送還など4項目に合意したといいます。

あなたはこの会談の内容を評価しますか。

合計:41,483票 実施期間:2018/6/12(火)〜6/22(金)

大いに評価する  5,028票     12.1%

ある程度評価する 6,499票     15.7%

わからない    2,284票      5.5%

あまり評価できない   7,603票    18.3%

まったく評価できない   20,069票  48.4%

※統計に基づく世論調査ではありません。結果は予告なく削除することがあります。
「意識調査」のデータ利用について ・・・・

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦拝



[2326]6月17日開催定例会に関するお知らせ(副島隆彦の学問道場・古村)
投稿者:副島隆彦の学問道場・古村治彦
投稿日:2018-06-13 12:09:27

 SNSI・副島隆彦の学問道場研究員の古村治彦です。今日は2018年6月13日です。

 2018年6月17日開催の定例会に関するお知らせを申し上げます。

1.既に多くの方々からの参加お申し込みをいただいております。まことにありがとうございます。当日券については現在のところ発行しないということになっております。予めご了承くださいませ。事前お申し込みをお願いいたします。お申し込みは下記申し込みフォームからお願いいたします。

※定例会出席のお申し込みは以下のアドレスでお願いいたします↓
http://snsi-j.jp/kouen/kouen.html

2.参加費お振込みについてお知らせいたします。郵便振替は確認に2日ほどかかります。従いまして、郵便振替の本日以降のご利用はお控えくださいますようにお願い申し上げます。銀行振り込みはご利用いただけます。

3.入場券となりますお葉書は郵便事情を考慮いたしまして、本日(2018年6月13日)までに参加費お振込みが確認できました方々に発送いたします。お届けまで今しばらくお待ちくださいませ。新聞やチラシ等に紛れてしまうこともありますのでご注意ください。

4.本日以降に参加費をお振込みいただきました方々には、Eメールで振込確認のメッセージをお送りいたします。定例会当日にEメールをプリントアウトしたものをお持ちいただくか、もしくは端末等で確認できるようにしていただけますよう、お願い申し上げます。

5.定例会参加費の領収証発行については、当日受付ではなく、事前にお申し出いただけますようにお願い申し上げます。当日受付は人数が少なく、大変な混雑が予想されますので、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

6.書籍・DVDの販売も準備をいたしておりますので、ご利用くださいませ。なお、会場からの郵便などでの発送は承っておりませんので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

以上、よろしくお願い申し上げます。

【お問い合わせ先】
「副島隆彦を囲む会」
・メールアドレス:snsi@mwb.biglobe.ne.jp
・電話番号:048-788-1837

副島隆彦の学問道場
古村治彦拝



[2325]北朝鮮爆撃は、先に延びたようだ。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2018-06-07 01:10:42

副島隆彦です。 今日は2018年6月7日(木)です。

 6月12日のシンガポールでの米朝(トランプ、金正恩)会談に向かって、焦点か絞られている。 ここまで来ると、会談は行われるのだろう。金正恩は、もう、逃げられない。

 以下に、私は、ポイントフォームで、急いで最新の情報と分析をして、北朝鮮“核兵器の廃棄”問題について書いて行く。

1.米軍の 北朝鮮の核施設への 爆撃は、6月中にはなくなった。先に延びたようだ。
 その理由は、トランプ大統領が、6月1日、と3日の2回、「会談は、数回(several times だから、3回だろう)行う」、「1回目では、署名はしない(顔合わせだ)」と発言したからだ。 ということは、6月中の、米軍による、北朝鮮の北方の山岳地帯の核施設への爆撃(ボンバードメント)は、無くなった。

2.しかし、米軍は、「北朝鮮への最大の圧力を掛ける」方針に従って、いつでも、爆撃できる態勢を、今も、整えている。 マティス国防長官(軍の最高指揮官。最高司令官は、トランプ大統領)は、今もやる気である。 

  何よりも、アメリカの国防・軍需産業界が、黙っていない。 軍需産業(ミリタリー・インダストリー)は、売れなくて倉庫に溜まっている、ミサイルやら爆弾やらの兵器を、在庫一層で、軍に使ってもらわないと、済まないのだ。 アメリカ帝国は、必ず、10年に1度、どころか、5年に1度は、戦争をやって、武器弾薬を消費しないと、経済が保(も)たないのだ。そういう国なのだ。

 帝国(エムパイア)というものは、そういうものなのだ。 トランプは、軍需企業(GD ジェネラル・ダイナミックス 社、 レイゼオン、ロッキード・マーチン・マリエッタ、ボーイング )からの圧力で、どうしても、北朝鮮への爆撃をしないでは済まないのだ。みんな、分かりますか、この歴史の必然を。 

3.このまま、北朝鮮の 見苦しい限りの、金正恩の独裁体制を、延命させたまま、かつ、核兵器の 一部を 隠し持たせたまま、それで、米朝会談の、平和的な合意が成立、で、万々歳、ということはない。 それは世界(=国際社会)が、許さない。

4.北朝鮮は、どうせ、完全な 非核化=デイーニュークレアライゼイション denuclearization = 開発して持っているすべて核兵器を、すんなりと自分で破壊、廃棄したり、米軍に渡して、アメリカに持ち出すこと に、応じることはない。つまり、合意 =米朝会談の 成立、成功、などというものは、無い、ということだ。

5.トランプは、それを重々、承知の上で、シンガポールで、金正恩に会う。それは、「こうやって、私の目の前に現れた限りは、お前を、もう、絶対に、逃がさないぞー」 という ことだ。 トランプは、そういう男だ。

6.2回目の会談は、おそらく、モンゴル国のウランバトールで開かれるだろう。7月になるだろう。 そして、3回目は、もしかしたら、トランプ自身が、平壌(ピョンヤン)に自ら乗り込んでいって、それで、「無理矢理でも、会談の合意に達してみせる」 という、意気込みだろう。

 トランプという男は、こういうことを、平気でやる。3回目を、板門店(はんもんてん。パンムンジョン)でやる、などという、そういうチンケなことをする人間ではない。ピョンヤンまで自分で行って、そして、「北朝鮮の人々(people ピーポー)よ。これからは、私が、お前たちの王さまだ。面倒を見てやろう」と、大見得(おおみえ)を切って。

 まるで、歌舞伎役者のようなことをするのではないか。こうすることで、トランプは、中国と ロシアから、歴史的に北朝鮮を取り上げて、「自分(アメリカ)のものにする」 という、とんでもない離れ業をやるだろう(しかし、これは達成できない)。 そうやって、金王朝(キムおうちょう)神話を崩壊させる。トランプという男は、こういう風に、誰も思いもしない、とんでもないアクロバットをやって見せて、世界中を、自分の主導権(イニシアティヴ)で引きずり回す、そういう人間なのだ。 絶対に、人の風下(かざしも)には立たない。

 トランプは、唯一、女レポーターたちとの論戦、及び 売春婦たちとの過去の醜聞(スキャンダル)以外では、負けを知らない。 女という生き物に対してだけは、トランプは、「まるで、母親に叱られる不良少年のように、大きな体を丸めて、シュンとなってみせて」 わざと、ひたすら従順に構えて、下手(したて)に出る。それが、得策、上の策だ、とよくよく分かっている。それぐらいトランプというのは、優れた頭脳の男なのだ。 

 トランプは、これまでずっと、人生を連戦連勝してきた男だ。企業経営者として、お金(カネ)の苦労を、散々してきた。この人生の苦労の上に、トランプの並外れた、交渉師、寝業師(ねわざし)の天才が、発揮される。 

 この男を、今、小ずるく騙(だま)くらかしたり、梳(す)かしたり、することの出来る人間は、地球上にいない。 ローマ法王や、黒人指導者たちでも、一発の 鋭い発言で、で凹(へこ)ましてきた。私は、2016年の大統領選挙の最中から、ずっと、細かく記録を取ってきたが、これまでに、あらゆる組織、団体、そして有力な個人との、ぶつかり合いで、トランプは、60連勝ぐらいしている。たいてい、一撃で相手をリング(土俵)沈めている。 

 私、副島隆彦は、日本を代表するトランプ研究者(ウオッチャー)であるから、こいつの頭の中の、「勢いよく飛躍する 精神」 すなわち、ナポレオンや、偉大なるロレンツオ(イタリアのメデイチ家のロレンツオ・イル・マニフィーコ)が、体現したヴェルト・ガイスト( Weld Geist 世界精神) が、手に取るように分かる。

 72年前に(第2次大戦が終わってすぐに)、ソビエト・ロシアが、モスクワから、ひとりの若者を、飛行機で運んできて、「これが、朝鮮民族の解放の英雄の金日成(きんにちせい)だ(偽せ者だ)」だと、して、作った北朝鮮の 神話が、これで壊される。中国、ロシアの出る幕ではなくさせる。

 だから、9月ぐらいの、第3回目の 会談の前に、米軍による爆撃で、50カ所ぐらい、核施設を叩いて破壊して、(北朝鮮のまだ完成していない、しかし、完成間近のICBM =1万キロ、アメリカ本土まで飛ぶ、大陸間弾道核ミサイル=)のほとんどを、(どうも20基 あるらしい)を壊す。それでも、まだまだあちこちに隠してある。アメリカは、まだ、北朝鮮の核攻撃、と反撃能力を、封止出来るので、怖くない。

今なら、アメリカは、爆撃して、北朝鮮の核兵器の多くを破壊できる。 

このあと、平壌にいて、心底、震え上がって、真っ青になった、金正恩を、帝都ワシントンにまで、呼びつけて、それが、第3回目の、会談、ということにするのではないか。「どうだ。本気で、核兵器と核物質 をすべて引き渡す気になったか」 キム「私の体制の存続を約束して下さい」 トランプ「ダメだ。お兄さん(習近平)が、北京で待っているぞ。家族を連れて行きなさい」 と、なるのではないか。

 トランプは、前述したとおり、「もう、お前を逃がさないないぞー」戦略に従って、「分かったか。それじゃ、残りの核兵器と核物質の全部、引き渡すか」と言うだろう。「中距離弾道ミサイル(日本に届く)も、それから、ドローンによる発射装置もだ」と言うだろう。

7.中国もロシアも、 国連(the UN)の安保理(あんぽり)の北朝鮮への、10回以上になる、世界の平和への脅威である、核開発への、制裁決議に、賛成している。だから、ここで、いい加減に、北朝鮮の肩を持つことは出来ない。 中国にとっても、北朝鮮の核兵器を取り除くことは、大事なことだ。 いい加減な、妥協は、中国にとっても出来ることではない。

8.北朝鮮は、どうせ、完全な核放棄、核兵器の引き渡しは、絶対にしない。 したら、自分たちの命取りになる、と、死ぬほど分かっている。 のらりくらりと、数年かけて、アメリカの言い分と、自分たちの言い分を、「相互の段階的な、非核化」で、だらだらと、やることで、それで、実質的に、北朝鮮は、立派な核保有国だ、ということを、国際社会(=世界)に、認めさせる、という、ずる賢い、もう、25年も(1993年からずっと)やってきた、手をまだ、使い続けるつもりだ。 

 何という、狡猾な、いじけきった民族であることだろう。 本当に、自分たちでも認めているとおり、「恨(はん)」を、自分たちの精神の中心に置いている民族のことはある。

 そして、韓国と、一体化して(即ち、民族統一)、「自分たちは、立派な、世界レベルの一等国だ」になろうとしている。 なんという、ズーズーしい、厚かましい民族であることか。

9.この事態を、日本の、とりわけ、本物の温厚な、保守派の人々が、黙って見過ごすことは出来ない。 韓国が、べったりと北朝鮮と抱き合って、それで、核兵器を隠し持ったまま、民族統一されると、日本の 安全が本当に脅かされる。日本の本物の保守派 (ここには、安倍晋三のような、北朝鮮に密かなシンパシーを持っているような人間たちは、除く)は、本気で、この事態を憂慮して、本気で、動き出すだろう。

 ただし、そのとき、「日本も核兵器を持つべきだ。だから憲法改正だ」という、短慮(たんりょ)に走ることは、賢策(けんさく)ではない。核兵器を持ったからと言って、抑止力(よくしりょく。デターランス)以上のものにはならない。 弾道ミサイルを迎撃(げいげき)して完全に打ち落とすことはできないのだ。 

 それだけの技術は人類にはない。ということは、「日本も核兵器を持つぞ」という、考えも、「本当の恐ろしい、敵」の策略に嵌(は)まる、ことになる。 だから、ここは、日本の体制派、保守派の、温厚な金持ち、経営者たちが、真剣に考えるべきことだ。 

10.だから、北朝鮮に核兵器を、持たせたまま、このまま、ずるずると、私たちの東アジア(極東)の現状が、作られて行くことを認めてはならない。どうしても、何があっても、北朝鮮の核兵器は、すべて、取り上げなければ、いけない。

11.幸い、ジョン・ボルトン 国家安全保障担当の大統領補佐官(ナショナル・セキュリティ・アドヴァイザ-)が、トランプのずぐ横にいて、彼が、現在、NSC(エヌ・エス・シー、国家安全保障会議。大統領直属)で、力を強めている。 NSCは団結していて、「北朝鮮を爆撃して、問題を、速やかに解決すべきである」である。

 ジョン・ボルトンという人は、イエール大学のロースクールも、首席で出た人だが、労働者階級の出身だ(確か、父親は電気技師だ)。 彼は、これまでにも、国務省の高官に何度かなって、そのたびに、強硬派としての意見を述べて、それで、クビになった。国務次官も、国連大使も、やった。 

彼は、これまでに何度も、議会に呼び出されて、「そろそろ、あなたは、自分の強硬な考えを変えて、皆の言うことを聞くようになりましたか?」  
“ Did you change your mind ?“ 「ディッ・ジュー・チェインジ・ユア・マインド ?」 と審問 されても、たった、ひと言、 “ No , not at all . “ 「いや、私の考えは、変わりません」 「ノー、ノットアッツオール」 と 答えた。

 それで、毎回、高官の公職から解任され、外されてきた。それでも、ボルトンは、へこたれなかった。苦節30年の人だ。冷や飯食いに堪えて、あちこちの研究所を渡り歩いて、それで、新聞記事を書き続けて(シンディケイテッド・コラムニスト という)、テレビにも出て、自説をずっと、しぶとく唱え続けた。 

 だから、ボルトンは、アメリカの本物の、オヤジたち、本当の賢いアメリカの男たちから、尊敬されている。私、副島隆彦も、ボルトンのような人物で有りたい、と思っている。確か私と同じ年齢で、今、65歳のはずだ。 自分の保身(ほしん)と、出世ばかり考えている、卑しい本性をした、組織飼い殺し人間や役人根性をした人間とは、ボルトンは、根本から違うのだ。 だから、この点を、トランプが気に入って、それでボルトンを呼び寄せて、意気投合したのだ。 

 トランプは、ボルトンを、2017年1月に、政権が発足したときから、最初から国務長官(ステイト・セクレタリー)にしたかったのだが、どうせ、議会で嫌われて、承認が下りない。だから、昔、キッシンジャーがニクソン政権の時に、この安保補佐官で、ベトナム戦争の戦後処理(和平会談)をずっとやったように、今、ボルトンが、北朝鮮と、そのあとのイランの核兵器の隠し持ち問題を、処理しようとしている。

 このボルトンが、トランプによって、3月22日に、安全保障補佐官に指名公表された時、北朝鮮は、心底、ゾッとした。ボルトンは、必ず、爆撃をする、と、北朝鮮は、分かっているからだ。1994年にも、1996年にも、北朝鮮は、ボルトンを名指しで激しく糾弾した。北朝鮮は、自分たちが、ずっと、国際社会を騙(だま)して、何度も、合意を破って、ここまで核兵器開発を、実に25年間(1993年から)やって来た。

 トランプは、「もう、それは繰り返さない。もうアメリカは、過去の25年間の、ブッシュとクリントン政権のときのような、愚かな騙され方はしない」と、何度も公言している。だから、ボルトンが出てきたのだ。

12. それに対して、どうも、ポンペイオ国務長官の動きが、怪しい。彼は、何と、密かに ヒラリーに会いに行って、教えを請うた、というのだ。 私は、この一点で、もう、ポンペイを信用していない。

 それに対して、ボルトンは、ネオコン(正確には、彼は、ここではない) 派の 中に潜り込んできている、ヒラリー派である、統一教会 Moonie ムーニー の 、FBIや、CIAの幹部たちの中にもたくさんいる、危険な人間たちのことを、自分に近いところにいたので、すべての顔ぶれを知っている。それを、トランプに細かく、詳細に教えている。このことが凄(すご)いことだ。

 この事実自体が、極めて危険な、秘密情報だから、私、副島隆彦は、あまり書きたくなかったのだ、もう、我慢しない、書く。ボルトン、頑張れ。

13.私は、今、このように、「六月中の北朝鮮への爆撃は、先に延びた」と重たい掲示板に、書いている。それでは、いつまで延びるのか、と言われたら、12月まで、と言っておく。 

 もし、それ以上、だらだら、ズルズルと、このまま、2年も、交渉、会談が長引いて、あるいは、トランプが、いい加減な、決着で、形だけの「平和的合意」( peaceful settlement of conflict ピースフル・セツルメント・オブ・コンフリクト)をしてしまったら、それは、金正恩の勝ち、ということになる。 

 この愚劣な若者(34歳)が、このあとも、私たちの東アジア を引き釣り回す、ということになる。 もし、その事態を、アメリカ(トランプ)が、許すなら、それは、アメリカ帝国の弱体化、衰退(すいたい、decline デクライン)の決定的な証拠となる。

 アメリカは、今なら、出来る、北朝鮮問題の、外科手術(サージカル・オペレイション)による解決を、しないで、先延ばしにしたら、だらしない、図体だけがでかくて、腕力が無くなっている、ただの大男、ということになる。そういう歴史的な判定を受けることになる。

14.中国の習近平も、極めて狡(ずる)いのである。 あんなに、ニコニコして、馬鹿らしいほどに、北朝鮮を優遇した。その前は、ずっと、北朝鮮の核実験と、傍若無人の振る舞いに、激しく怒っていたくせに。 

 本当は、北朝鮮の核兵器 問題は、中国が、片づけるべきことなのだ。 自分の問題なのだ。それを、アメリカにやらせよう、というのは、何と言う、横柄な、悪賢い、考えと態度であることか。これを、「孫子(そんし)の兵法(へいほう)」即ち、「(自分は戦わないで、人にやらせることで) 戦わずして、勝つ」ということであるとすれば、中国というのは、底知れない、悪意の「赤い帝国」ということになる。

15.もし、トランプが、いい加減な解決で、ズルズルとこの問題を、先延ばしするようだと、トランプ自身の政権の安定が損なわれる。 そして、前述したとおり一番の被害者、一番の危険に、以後、晒(さら)されるのは、日本だ。

 この恐るべき事態を、日本人は、全員、本気で考えた方がいい。このあと、長く、日本にどれほどの災難が押し寄せるかに、真剣にならなければいけない。
私は、今の日本政府の、河野外相と 小野寺防衛相の、 「日本としては、北朝鮮に、今後も最大限の圧力(=最高度の経済制裁、貿易禁止=エンバーゴー=)をかけ続ける」という日本政府の方針を支持する。

16.それに対して、「このまま、北朝鮮の金正恩の体制 を、トランプは認めて、平和的な合意で、会談が成功することを、自分は支持する 」と、言う人に対しては、私、副島隆彦は、「自分が、正気で、それを言っているか、を、よーく、考え直した方が良い」と言う。そして、「そのあと、これから、東アジアが、どういうことになるのか、本当に自分の頭で考えているのか」と、厳しく詰問(きつもん)する。 

17.何となく「平和がなにより、戦争反対」で、「米朝会談の成功」を希望している、日本のリベラル派、反(はん)安部派の人たちも、この大事な一点は、真剣に考えた方が良い。 ただ単に、自分の精神は、根っからの反米(はんべい)だ、で、それで、北朝鮮の今の金正恩のやり方を、何となく、支持する、共感する、というのは、本気で考え直した方がいい。 

 あの残虐な 独裁体制で、収容所国家で、飢えている2000万人の北朝鮮の国民を、このままの状態で、狂気である キムジョンウンたちに任せておいていい、と、考えるとしたら、それは、自分自身が、愚か者だ、ということになる、と、今こそ、ハッと気づいて、分かるべきなのだ。 そのあと大きな危機と危難が私たちの日本に襲いかかるのだ、ということを、理解すべきだ。 
ここで一本だけ、ニューズ記事を載せる。

(転載貼り付け始め)

「 北朝鮮ペース、警戒の声=トランプ氏の交渉長期化示唆で 」

時事通信 2018年6月3日  

 6月1日、ホワイトハウスで、北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長(左)と共に記念撮影に応じるトランプ米大統領(AFP時事)

 【ワシントン時事】トランプ米大統領が12日に開く史上初の米朝首脳会談を前に、短期での非核化要求から長期的な交渉容認に立場を転換したことに懸念が高まっている。トランプ氏は「交渉の達人」を自任するが、米メディアからは、過去の米政権同様、非核化交渉を長引かせる北朝鮮の術中にはまり、失敗に終わりかねないと冷ややかな視線を向けられている。

 トランプ氏は1日、金正恩朝鮮労働党委員長の最側近、金英哲党副委員長とホワイトハウスで会談した後、米朝会談を予定通り開催すると発表。記者団に「(首脳会談は)プロセスの始まりだ」と述べ、会談の複数回実施など交渉の長期化を示唆。北朝鮮の主張する「段階的な非核化」を受け入れる構えを見せた。

 ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は2日、方針転換について、北朝鮮との非核化交渉に臨み、失敗に終わったクリントン、ブッシュ(子)両政権の二の舞いになる恐れがあると指摘した。過去の交渉で北朝鮮は、米国を延々と続く交渉に引き込み、エネルギー支援などの見返りを「持ち逃げ」し、結局は核開発を続けてきた経緯がある。

 米国の求める「完全かつ検証可能で、不可逆的な非核化(CVID)」受け入れを正恩氏が確約していない段階で、トランプ氏が融和的な姿勢に転じたことについて、「首脳会談の成功を示す基準を変更した」(CNNテレビ)との受け止めも出ている。トランプ氏は首脳会談を「知り合いになるための機会」のようなものだとハードルを下げており、非核化進展の見通しは既に不透明感が増している。

 一方、ワシントン・ポスト紙は、トランプ氏が金英哲氏との会談で笑顔を見せたり、記念撮影したりした厚遇ぶりを批判的に報じた。クリントン元大統領が、拘束された米国人記者を解放するために2009年に平壌を訪問し、故金正日総書記と会談した際に笑顔を見せなかったことと対比。「(非核化で)譲歩を引き出す前に、北朝鮮に宣伝戦の勝利を与えた」という元対北朝鮮交渉担当者らの見方を伝えた。(2018/06/03-16:03)

(転載貼り付け終わり)

18. 副島隆彦です。 さらに、思いつくままに、書くが、アメリカ国内は、北朝鮮への軍事行動での問題処理において、国論(こくろん)の分裂はない。このことは、日本のメディアは、全く触れない。誰も、調べていない、というよりも、知らないのだ。

 トランプと、激しく敵対していて、トランプから、「お前たち、潰(つぶ)れ掛かっている failing NYT ニューヨークタイムズ紙、やCNN は、 フェイク・ニューズ fake news ウソつきニューズだ」と、言われている アメリカのリベラル派(ということに大きくはなる)でさえ、北朝鮮爆撃に反対していないのである。本当だ。

 今のアメリカ民主党は、まだ、ヒラリー派の勢力が残存して、それに対して、エリザベス・ウオーレン上院議員(マサチューセッツ州選出)派が、どうも仲がよくない。話が合わない。

 だから、ウオーレン女史が、次の2020年の大統領選挙に、民主党候補として、出るはずなのだが、今のままでは、民主党内がまとまらない。だから、ウォーレンは、諦(あきら)め気味で、それなら、党内をまとめることが出来るのは、ジョー・バイデン前副大統領(デラウエア州という金融避難地の小さな州の選出。今は、上院議員に戻っている)しかいない。

 だから、バイデンが、高齢なのに、人格者だということで、大統領候補者になるだろう、仕方がないな、となっている。トランプは、バイデンが相手なら、2020年の大統領選挙は勝てる(再選される)と踏んでいる。

 そして、ジョー・バイデンは、北朝鮮問題では、トランプと話が合っているのである。バイデンは、リベラル派であるが、外交問題ではタカ派 ( hawk ホーク)である。 バイデンは、はっきりと、北朝鮮爆撃に賛成なのだ。 このことを日本のメディアは、書かない。知らないのか、アホなのか。 つまりアメリカ国内は、北朝鮮問題で、国論は一致しているのだ。

 大手の労働組合でも、この問題では騒がない。 ただし、緊要なアメリカ国民の、アジェンダagenda としては、取り上げたくない。だから、11月6日の 中間選挙(ミッドターム・エレクション)で、民主党が、トランプ共和党と国内問題で争う、という形になっている。

 今のアメリカで、北朝鮮での戦争反対、と言っているのは、アメリカの学校教職員組合 School Teachers Union スクールティーチャーズ・ユニオン、である。日本で言えば、日教組(にっきょうそ)である。それと、PTA(ピー・ティ・エイ)=教育委員会 が反対している。こういう小さな組織だけが、戦争反対なのだ。 

 ただし、全米の教育委員会が、アメリカの子供たちの、学校で、核兵器が襲いかかってきたら、頭を丸めて、机の下に隠れなさい、の訓練と、核シェルターの建設と管理を握っている。だから、無視できない。だが、この学校教師の組合以外で、北朝鮮への爆撃に、公然と反対している勢力は、アメリカには、いない。 まさか、そんな、と 思うだろうが、これが真実だ。 

日本だって、リベラル派や反(はん)安部派の人たちだって、今の北朝鮮の体制を、大いに認める、という人たちは、いない。 

19. 北朝鮮の核兵器(ニュークレア・ウエポン)保有問題は、アメリカ国家にとっての、primary agenda 「プライマリー・アジェンダ 」という。 このプライマリー・アジェンダ、というのは、「国家の存亡に関わる、重大事態のことだ。だから、「何を置いても、必ず、対処しなければいけない第1番目の主要な問題」という意味だ。

 国家、国民に危機が迫った、と判断されたら、アメリカは、自動的にこのプライマリー・アジェンダが発動される。

 それは、“ It’ s automatic .” 「イッツ・オートマティック」と呼ばれていて、「自動的に発動する」。誰が大統領であるかに関わらない。トランプであっても、他の誰であっても、アメリカを攻撃する可能性のある核兵器を持つ国が、出現したら、それは、プライマリー・アジェンダ なのである。 

 その危険と危難を、アメリカ政府は、必ず除去する。繰り返し言うが、このことは、誰が大統領であるかに関わらない。プライマリー・アジェンダ ということは、セカンダリー・アジェンダ 「2の次の、存亡の危機ではない問題」すなわち、貿易交渉などの、経済問題などの外国との外交問題が、セカンダリー・アジェンダである。 自国を狙ってくる、核兵器の問題は、それでは済まないのだ。このことを、日本人は分かるべきだ。

20.トランプは、突如、5月24日に、「会談を中止する」 “ The Meeting will not take place . “ と 声明を出して、手紙を公表して、北朝鮮に明言した。 すると、その9時間後に、北朝鮮が、狼狽(うろた)えて、「いや、会談をやってください」と譲歩してきた。この経緯(いきさつ)については、たくさんの記事がるから、私は説明しない。

 だが、トランプが、懸念を持ち、怒ったのは、中国の動きへである。中国が、妙に、金正恩の肩を持とうとして、横やりを入れてきた、と、トランプは、不機嫌になった。 北朝鮮の高官どもの、あれこれの発言ではない。 

 だから、トランプは、「中国、黙れ。邪魔するな」という感じ、 “ Don’t get  in the way . “ 「ドン・ゲット・イン・ザ・ウエイ」、= “ Don’t meddle , interfere .” と、中国を叱ったのだ。 
これで、このあと、中国が黙った。そして、12日の会談へと北朝鮮を追い込んでいった。

 トランプは、 必ず、会談の時に、言うだろう。 “ Do you agree me we must have nuclear free Korean Peninsula ? “ 「ジューユー ・アグリー・ウイ・マスト・ハヴ・ニュークレア・フリー・コーリアン・ペニンシュラ ? 」 「 金正恩よ、君も、朝鮮半島を、非核化 しなければいけないと、思うよな、私と、同じ考えだろ?」と柔らかく聞く。 「ニュークレア・フリー」nuclear free というコトバが、非核化(ひかくか)の、もう一つの分かり易い、大事な英語だ。

 キムジョンウンは、屹度(きっと)何も答えない。トランプに言質(げんち)を与えないように、細心の注意で、極力、何も言わないはずだ。

 それで、トランプが、「もし、君が、非核化に応じてくれるなら、私は、君の今の体制を認めるよ」 と言う。  “ If you support the agenda , we support your government .”

「イフ。ユー サポート・ザ・アジェンダ・ウイ・サポート・ユア・ガヴァンメント 」と。

 トランプは、決して、 「私は、君に 要求する。 ただちに 核ミサイル を、解体するか、私たちに引き渡せ」 “ I demand you  must dismantle and handover   all missiles right away . “  「アイ・デマンド・ユー・マスト・ディスマントル・アント・ハンドオウヴァー・オール・ミサイルズ ・ライトアウェイ 」
とは言わない。言えば、交渉は、すぐに決裂する。 金正恩は、席を蹴って出て行くだろう。

 そうはさせないと、トランプは、始めから堅く決めている。「もう、逃がさないぞー」戦略である。

 金正恩は、暫く黙ったあと、 通訳を介して、こう言うだろう。 「いいでしょう。徐々に、相互に、段階的に、核兵器を廃棄しましょう」  “ OK , I graduatedly  , simultaneously handover misssiles . “ 「オウケイ・アイ・グラジュエイテッドリィ・ハンドオヴァー・ミサイルズ」 と。  

グラジュエイテッドリー・サイマルテイニアスリー 「相互に、徐々に、段階的なやり方で」とは、 = in a graduated  simultaneous manner  「イン・ナ・グラジュエイテッド・サイマルテイニアス・マナー」 ということである。

 金正恩は、この「段階的に、相互的に、核兵器を廃絶する」ということに、賭けている。この段階的な非核化(ひかくか。ディーニュークレアライゼイション)で、トランプを、騙(だま)くらかして、 自分の核保有と、さらには、経済制裁の解除と、国際社会で、自分が名誉ある地位に就こうと考えている。何という、厚かましい男で、デブのカリアゲであることか。それが世界で通用すると思っている。

このあと、トランプは、「そうか。やっぱり、君は、すぐには核兵器を全部、私たちに渡す、とうことには同意しないんだね」 “ You mean you don’t agree with me , “ 「ユーミーン・ユードン・アグリー・ミー」 と。
これで、このあと、トランプは、「それじゃ、また、会おう。必ずな」 と言って、会談を終わりにするだろう。 次回は、どこで会うかは、また、スタッフ(国務省)が、北朝鮮側と協議して決める。

 すでに、会談の事前の、事務方の交渉として、「議題 agenda の リスト lists 」は、揃って提出されている。 アメリカ側は、「まず、20基有ると推測される、ICBMをすべて、アメリカ側に引き渡しなさい」と要求しているらしい。本当は、もっとあるのだ。だが、アメリカにもそれは分からない。
 そのリストの項目の、逐一について、12日の会談で、協議することはないだろう。 どうせ、金正恩は、言うことを聞かない。

 剰(あまつさ)え、現在の時点(6月7日)で、漏れ伝わってくる、金正恩からのトランプへの、例の手紙(親書)の「経済制裁の解除と、経済支援の項目 リスト 」には、 「ウオンサム(元山)でカジノを開きたい」という項目があったという。何と、人を食った態度だろう。北朝鮮は、全く国際社会の、言うことを聞く気は無いのだ。

21.アメリカ、そして国際社会(=世界)が、北朝鮮に要求しているのは、今では、みんな知るようになった、CVID (シー・ヴイ・アイ・ディ) である。
この 「(C)コンプリート・(V)ベリファイアブル・(I) イリヴァーシブル・(D)ディーニュークレアライゼイション」 というのは、 「完全で、検証可能、すなわち、ヴェリファイ=本物かどうかを検査する、 

 そして、不可逆(ふかぎゃく)的、すなわち、後(あと)戻りの出来ない、リヴァーシブル・コート、裏返しても着れるコートの、リヴァーシブルの「イ」否定 で、あとあと、ひっくり返すことができない、あとになってイヤだ、やらない、と言えない、 核兵器の dismantlement  ディスマントルメント 、即ち、外側から、少しずつ引き剥がして行くような解体作業と核物質(高純度プルトニウムの抽出)」のことだ。

 この CVID を、北朝鮮が受け入れなければ、どうせ、国際社会(=世界)は許さない。と、私、副島隆彦は、ずっと考えている。

22.だが、事態は、刻々と、私の、この1年間の 予想を超えて、奇妙な方向進みつつある、とも、考えられる。 世の中は、きれいな方向には向かわないで、いよいよ、ぐちゃぐちゃの、どうしようもない、方向に向かうのであり、穢(きたな)らしい現実が、次々と、私たちに押し寄せるものなのだ、 という 考えがある。これには、私は黙る。 この世は、もともと、魔物と 怨霊が住む世界なのかも知れない。

私が、唯一、危惧するのは、この ぐちゃぐちゃの事態に私たちの東アジアが、進んで行く、ことだ。

23.私が、ここまで書いてきたことは、私の本の熱心な読者や、学問道場の会員たちに向けてのものである。 私の本を、まじめに読みもしない、そして物事(ものごと)を真剣に考えもしない者たちが、私、副島隆彦に、「副島の予測(予言)が外れた」と、名無しの権兵衛(匿名)で、書き散らしても、私は、相手にしない。 どうせ、統一教会(ユニフィケイション・チャーチ。幸福実現党も。かつての勝共=しょうきょう=連合だ)の系統の、異常な精神をした者たちからの、私へのいつもの攻撃だ。

 私が、相手にするのは、この国で、私の本をまじめに読んでくれている人たちだ。それは、10万人ぐらいで、最大限でも20万人だ。 この人たちだけが、私、副島隆彦のお客さまだ。私は、自分のお客様 だけを大事にする。それ以外の、“縁(えん)無(な)き衆生(しゅじょう)”(親鸞=しんらん=上人=しょうにん=のコトバ)は、私とは無関係だ。

 それでも、私は、自分の言論が、今では、新聞記者や、テレビ局の解説委員のような人たちにも、影響力を持っていることを知っている。政府関係者たちも、私の本を読んでいる。しかし、決してこの人たちは、私には近寄ってこない。彼らは、私と同じ、言論の表現者であるから、私と同業者なのだ。 

 私、副島隆彦から影響を受けている、と、周りから悟られることも怖れなければならないのだ。だが、確実に、私の言論は彼らに浸透している。私以外の誰が、一体、これだけのしっかりした骨格をもった理論を、日本国内に提出出来ているか。答えてみろ。

 現状は、こうだと、それで構わない。私は、何十年も、堪えに堪えて、ただひたすら、日本国民の利益となるように、自分の言論と、知識、思想が、世界基準( ワールド・ヴァリューズ world values )のものの、日本国内への供給、供与となっていれば、それでいい、と覚悟を決めている。 

 だから、北朝鮮の核兵器の 廃棄の問題と、今の金正恩体制を打ち倒して、もっと穏やかな体制に作り替えるべきだ、という私の理論の骨格は、わずかにも変更はない。

私は、今のまま、突き進む。

今日は、これぐらいにしておきます。

副島隆彦拝



[2324]副島隆彦の学問道場主催定例会に関するお知らせ(学問道場・古村)
投稿者:古村治彦(SNSI・副島隆彦の学問道場)
投稿日:2018-06-01 16:06:17

 SNSI・副島隆彦の学問道場研究員の古村治彦です。今日は2018年6月1日です。

 本日はこの場をお借りしまして、2018年6月17日(日)開催の定例会に関するお知らせをいたします。すでにたくさんの方々に参加お申し込みをいただき、まことにありがとうございます。定例会出席は以下のアドレスから承っております。当日券が出ない可能性もございますので、ご参加を希望される方は参加申し込みをよろしくお願いいたします。

第39回副島隆彦の学問道場定例会
『「北朝鮮処分」後のアジア及び世界の今後を考える』

・講師:副島隆彦先生、石井利明研究員
・開催日時:2018年6月17日(日)12時15分開場、13時開演
・会場:日本建築学会 建築会館ホール
・会場住所:〒108-8414 東京都港区芝5丁目26番20号
・地図:



・会場までのアクセス:JR田町駅三田口(西口)から徒歩5分、都営地下鉄浅草線・三田線三田駅(A3出口)から徒歩3分

・当日の予定:

開場  12:15
開演  13:00
終了  17:00(予定)※延長することもございます

※定例会出席のお申し込みは以下のアドレスでお願いいたします↓
http://snsi-j.jp/kouen/kouen.html

 以下にいくつかお知らせをいたします。

(1)本日14時30分、2018年5月31日までに参加費をお振込みいただきました皆様に、入場券となりますハガキを投函いたしました。お届けまで今しばらくお待ちください。お届けにあたり、新聞やチラシとまぎれて、紛失してしまうこともございますので、ご注意くださいませ。今後は、お振込みをいただきましたら、随時ハガキをお送りいたします。

(2)2018年5月31日までにお振込みをいただいた方で、6月5日までにハガキをお届けできなかった方は、お手数をおかけし申し訳ございませんが、下記連絡先までお知らせください。その際、恐縮でございますが、いつ頃お振込みをいただいたかをお知らせいただけますようにお願いいたします。会社名等でお振込みいただき、確認ができずにご迷惑をおかけすることもございます。申し訳ございません。

(3)領収証がご入用の方は下記連絡先までお知らせください。但し書き等でご指定がある場合にはその旨をお知らせいただきますよう、よろしくお願いいたします。

(4)参加人数の変更やキャンセルがございましたら、お早めに下記連絡先までお知らせくださいませ。

【お問い合わせ先】
「副島隆彦を囲む会」
・メールアドレス:snsi@mwb.biglobe.ne.jp
・電話番号:048-788-1837

(5)副島隆彦先生や研究員の書籍が出版されております。「今日のぼやき」広報ページにてご紹介しております。以下のアドレスからご覧くださいませ。

http://www.snsi.jp/tops/kouhou

 以上、お知らせをいたします。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

副島隆彦の学問道場
古村治彦拝



[2323]地域によって書店の発売日より遅れることがあります
投稿者:5980
投稿日:2018-05-29 00:07:05

「実物経済(タンジブル・エコノミー)」の復活 金はさらに高騰する (祥伝社黄金文庫)という本を書いている先生に、ストリームとかライブを要求してもそれは、酷なことだ。
それと、DVDを3週間で、完パケさせろとは、不眠不休(働き方改革?)でやれといわれているようなもので、これも酷だなと思う。(輪転機は、あまり速く回すと質が悪くなる。)

最新情報はと言われると、福島原発を直に見に行った方が、早いようなきがするけれど

学問道場の株主総会は、多分、副島先生が話すことを予想して見るものだと思っている。本(の補足)を読んでいるのならばだが。



[2322]下 ↓ の 「2321」番の提言、要請に答えます
投稿者:副島隆彦
投稿日:2018-05-27 12:14:21

副島隆彦です。 今日は、2018年5月27日(日)です。

 下↓の 「2321」番の、「学問道場の定例会をLive中継できませんか? 投稿者:前田和寿」の 会員の前田さんからの 提言、要請に対して、

 私は、弟子たち と 話して、あまり、いい結論は出なかったのですが、以下の通り、 お答えします。

 定例会を ライブ中継する、ということは、今の私たちの技術力では無理です。「そんなはずはない。 Pod Cast ポッド・キャスト などの、インターネットの 同時配信の デジタル送信が出来るはずだ」という人も多いでしょう。 ですが、そこまで、私たちの体勢は、整っていません。 

 私、副島隆彦が、これまでに、あちこちで、「騙されて」あるいは、「勝手に載せられて」 YouTube ユーチューブ (Google グーグルの子会社) で、私の講演の動画とかは、誰でも、タダで見れます。 それと、同じものを、 私たちが自分たちで、どんどんやって、それで、ネット系の言論革命 を、 達成すればいい、 と、考えるのは、早計です。

 ネット系の言論革命は、 そう簡単には、出来ない。 例えば、あの「ニコニコ動画」も、政治討論会の デジタルでの 同時配信 とかを、やった。 しかし、その後、どうなりましたか。 「ニコ動」(ドワンゴ。川上量生=かわかみよしお?= が、今は、角川書店を乗っ取った) は、ユーチューブに、やられてしまって、全く、元気がなくなっている。

 アマゾンと スマホ の 挟み撃ちで、 日本の 出版業界 は、追い詰められて、書店、取り次ぎ、出版社は、どこも、もう、潰れかかっている、と言っても、過言ではないのです。恐ろしいことが、日本でも起きている。 

 こういう、私たちの身近の、それこそ、足下(あしもと)、目の前、の 厳しい現実を、 知っている人、自覚している人は、あまりいない。深刻になって、今にも、自殺者が大量に出そうなのが、出版業界だ。 

 それを、観客=お客=本の買い手、 知識、思想、学問の 需要者、消費者 である、皆さんは、ちっとも自覚していない。 都会の電車の中の、通勤者その他、が、座っている、目の前の席の、8人、全員が、スマホを操って、何かを見ている、という光景を、知っているでしょう。

 漫画か、ゲームか、洋服の棚か、SNSのチャット、LINE か、映画や、野球の試合を見ている人もいる。 アマゾンKindle キンドルで、 本を読んでいる人がいるのか。iPhoneアイフォンのiPadアイパッド で、本を読んでいるひともいるだろうか。

私、副島隆彦は、自分の思想を、簡略な、劇画(げきが。 rendering レンダリング) の形にして、あまり長い文章を読む力の無い人向けに、ポータルサイトを作って、発信する企画を、立てています。乞うご期待。 副島隆彦のコンテンツ作成力、思想、知識、学問 の能力 は、まだまだ、湯水のごとく、いくらでも 湧いて、出てきます。大事なのは、コンテンツ(ないよう)だ。 

 もう、紙の本だけに 頼っていては、私自身が、干上(ひあ)がってしまう。 出版業界は、断末魔の叫び声をあげている。 

 動画で、同時配信して、学問道場の会員たちは、私、副島隆彦の顔なんか、歪んでいてもいいから、講演の音声が何とかきちんと聴き取れれば、それで、いい、と、本当に、考えるのか。 私は、そういう 単純な考えを、信じない、信頼しない。 私が、講演でずっと喚(わめ)いているのを、聴く見るのは、年に、数回でいいですよ。

あとは、字を読みなさい。文章を、自分の脳で考えながら、読みなさい。 文を読む、本を読む、と言うことの大切さ、人類が獲得した、読書、という 文明の偉大なる知恵の習得法を、甘い考えで、台無しにしないで下さい。  私たち、学問道場は、日本で一番、頭のいい、人間たちの集団だ。 それが、なんでもかんでも、動画配信で、直流(ちょくりゅう)で、即席で、手に入ればいい、という考えは、やめるべきだ。

なぜ、人々が、今でも、ライブの 劇や、音楽 や、政治集会に、参加するのか。人間が、生身で集まる、ということ。この、生(なま)の人間行動の大事さを、私たちは、もう一度、再確認することが必要だ。 通信革命で、何でもかんでも、インターネット=Web ウエブ
にやられてしまって、アマゾンが、凶暴な恐竜のようになって、書店どころか、すべての物流の店舗 を食い散らかして、押しつぶして廃業に追い込みつつある。

アメリカのメガストア(巨大スーパーマーケット)の隣りにペタッとくっついている、ショッピング・モールの お店たちが、どんどんバタバタ、アメリカでも潰れつつある。さすがに、レストラン と、 それから、生鮮食料の店舗は、アマゾンが侵略できないから、潰れない。 

 あとは、全部、スマホで、商品を ガチャッと画像で取って、そこから、アマゾンで、安い方を買う。実際の店舗 (リアル・テンポ)を持っていない分だけ、 アマソンの方がカネが掛からないから、安くで、売れる。 それで、実店舗(じつてんぽ)の方が、世界中で潰れつつある。

 その先にあるのは、メーメー、羊のように、泣いて「羊たちの沈黙」で、 スマホを、黙って弄(いじ)くっている、ヒツジたちである、そうだよ、大衆であるお前たち自身が、叩き殺されて、沈黙したまま、屠殺(とさつ)されてゆくのだ。

 私は、この「羊たちの沈黙」を、まざまざと、モンゴル国のウランバトールから、200キロ行ったさきの、 遊牧民たちの集落で、見せてもらって、じっと見ていて。 大衆である、お前たちは、そうやって、世界権力者たちから、屠(ほふ)られてゆくのだ。 スマホをしっかり、握りしめたまま。

従って、前田氏よ、私たちの学問道場は、私とかの講演を、動画配信はしません。いいように、使われるだけだ。 それよりも、たまにでいいから、生身で結集することが、大事だ。あとは、本を読みなさい。しっかり読んで、赤ペンを入れながら、しっかり、頭の中に、たたき込みなさい。 

ただし、会員向けの定例会(自力の講演会)の収録DVDが、2か月も掛かって、完成して、販売できる、というのは、あんまりだ、ということは分かります。私が、これまで、10年間、どれぐらい、ウスノロの弟子たちを、怒鳴って、喚いて、怒って、

 「なんで、もっと、急いで、DVDに出来ないのだ。お前たちは、何をやっているの。この穀潰(ごくつぶ)し どもめ。 役人、公務員、官僚体質化した、バカ野郎どもめ」 と、怒って来たことか。 これは楽屋話(がくやばなし)ですが真実です。 

 ですから、これからは、講演会終了後、3週間以内にには完成させて、送れるようにしますと、責任者の須藤よしなお君が、私に約束しました。 これ以上は、どうにもならないのだそうです。 

 私は、不満のままですが、これが私たちの現状です。 業者に出せば、2週間でできるらしい。だけど、そこで制作費の大金、数十万円を取られます。だから、自力でなんでもやっているのです。

私は、ネット(通信)革命は、このあと、どこまで行くのか、を、冷酷に、測定しています。が、なかなか大変だ。今度の金融本 『迫り来る大暴落 と 戦争“刺激” 経済』(徳間書店、2018年5月19日刊)にも数十ページ書いた。アップル、グーグル、アマゾン、フェイスブック、MS 、 テスラ、 などのことを、ずっと書いた。 

この高(たか)が通信機械屋に過ぎない者どもめが、物作り
モノヅクリ と最近は、英語でも、大切にされて、言うようになった )を何もしないで、なんの苦労もなしに、流通だけ独占して、 どうして、こんなに時価株式発行額(じかかぶしきはっこうがく)で、9000億ドル(90兆円)とか、7000億ドル(70兆円)とかで、世界最大企業になっている、のかを、怒りと共に、呪(のろ)い、呪詛(じゅそ)を込めて書いた。読んでください。

 私が、道端(みちばた)で、演説する日が来たら、皆さんも、来て下さい。一所にがなり立てましょう。 人間は、生身(なまみ)でやることが大事なのだ。そうしないと、

 本当に、スマホを握りしめて、メーとも泣かないで、じっとトサツされてゆく(モンゴル人は、ヒツジを苦しめないで、きれいに解体する。中央アジア人は、いきなりヒツジの首を刎(は)ねるので、血が一瞬で固まる、と現地で教わった。カザフスタンでも見た) 「羊たちの沈黙」になってしまう。 

 気づかないうちに、みんな、本当に「羊たちの沈黙」だ。誰かが、気づいて、大声で喚(わめ)くしかないのだ。 人間の奴隷たちに向かって。

副島隆彦拝 



[2321]学問道場の定例会をLive中継できませんか?
投稿者:前田和寿
投稿日:2018-05-24 15:00:01

会員の前田和寿です。

学問道場の運営者の皆様に、会員の一員として、無理なお願いをします。

地方在住の為、定例会にはいつも参加できません。毎回、DVDを注文するのですが、開催後、2か月前後で届くので、情報が古いと感じてしまいます。

画質は問いませんので、Live中継のような有料の限定配信はできないでしょうか?最悪、音声だけでも構いません。

Live参加者はDVDとセットにして、プラス1000円、2000円でも購入すると思います。もちろん、こうすると当日参加者が減少するかもしれませんので、金額はもう少し高くても良いかもしれません。

学問道場の財政状況はわかりませんが、毎月、先生の動画が2時間程度、配信されるような商品があれば、会員価格にプラスして年間1万円を払う人もたくさんいるはずです。

私は、毎月、散髪に行きますが、3000円以上払っています。

学問道場は、会員の年会費1万円で、毎月約834円です。学生さんには重い負担なのかもしれませんが、今の会員さんは30代以上が大部分だと思います。月に1500円~2000円は払えると思います。

単なる値上げは賛同できない方もいるでしょうが、動画配信などをプラスさせれば納得されると思います。

10年以上会員ですが、何か新しい変化を求めます。

前田和寿




[2320]副島先生の新著の感想
投稿者:小林真也
投稿日:2018-05-20 21:33:26

副島先生の新著「迫りくる大暴落と戦争刺激経済」を早速読みましたので、感想を書かせて頂きます。

この本の最後でY=C+Iの公式の話が出てきました。この話は以前の著書「日本が中国の属国にさせられる日」などでも取り上げられていましたが、今回、ようやく腑に落ちた感覚がありました。

結局のところ、世の中の大半の労働者は価値を生まないコスト、備品や設備と同じということなのです。それを労働は尊いものだ、人間は平等なのだ、と勘違いしてしまったところに社会主義の間違いがありました。

本来なら副島先生のように中身のある本を年に何冊も書かれているような方は、大企業のうだつのあがらないサラリーマンの何倍も稼いでいなければおかしい。しかし、今の日本ではコストにあたる労働者の賃金ばかり馬鹿高くなって、インテリジェンスにあたる、リスクをとって個人の能力で勝負している人間に対する対価が正当に支払われていない。

本には書いていませんが、私はふとこのようなことを考えました。

金利がゼロという異常事態が何年も続いている日本では、リスクを取ってビジネスをしてもなかなかうまくいかないという側面がありますから、仕方がない部分もあるのでしょうが。

今の若い人(私もまだ若輩者ではありますが)は、ほとんどが大企業のサラリーマンや医者や公務員になりたいと思っています。つまり、彼らは自分からコストの側に入ることを選んでいるわけで、ただでさえ少子化が進んでいるのに、こういう考えの人ばかりが増えると、必ず国は衰退するでしょう。

私は子供の頃から、人生における本当の成功とは、ただ働いて家庭を築くということではないと思ってきました。つまり、この式におけるIの側に入りたかったのだと、長い間くすぶっていた気持ちが言語化できた気がしました。







※以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます。
■記事No ■削除番号