ログイン

ようこそguestさま
ログインする

今日:28885 昨日:53615
合計:77789028
 
重たい掲示板


(※旧名:気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板)
[会員(新規・ご継続)のお申し込み] [本のコーナー] [ビデオのコーナー]

[ホームにもどる] [携帯用(工事中)] [過去ログ(工事中)]

[副島隆彦宛メール] [副島文献目録] [84-90] [91-95] [96-00] [01-05]

[旧掲示板]

[投稿する前に]
■■■投稿規定■■■
・この掲示板に投稿するためには、下記のすべての条件を満たし、遵守する必要がある。
【前提条件】
・副島隆彦の本を5冊以上、読んでいる。
【当掲示板への初回投稿時の条件】
・簡単な自己紹介をして、自分の関心あることを限定してみんなに提起する(但し実名投稿である必要はない)。
【副島隆彦に議論を挑みたい場合の条件】
・礼儀正しく、自分の立場や政治思想(思考)を明らかにしてからする。

【投稿後の条件】
・自己が投稿した文章に関して、一切の権利を主張しない(著作権に関しては、市場で利益を生まない文章には始めから発生しません)。




※ログイン後に投稿フォームが表示されます。





[2892]リン・ウッド弁護士より
投稿者:一会員
投稿日:2021-01-17 10:42:37

石川新一朗さんの最新の動画
https://www.youtube.com/watch?v=-Rxljz5yU3I
で、1/17か18にアメリカ全土と世界主要都市(東京は安全なので含まれない)に向けて
緊急放送がある旨、伝えられているので、皆さんご存じかと思います。

和訳はついていませんが、Simon Parkes さんの最新動画
16TH JANUARY SECOND UPDATE CURRENT NEWS
https://www.bitchute.com/video/Kwp0JVsGkjyD/
でも同じことを言っているので、間違いないと思います。

そしてリン・ウッド弁護士が、Telegram からものすごい爆弾投下です。
「勝負にカタがつくのを待つ間に、こんな読み物をお薦めします。Enjoy!」という言葉とともに。
https://linktr.ee/kagbabe?fbclid=IwAR2qSQZQNSgXsaeroWabi96CyA-gaDmuSJritUBMWjwmEtwivxi_wdYWtc0

今日定例会に行けない方は、翻訳ソフトを使って、これらを読むのもよいのではないでしょうか。

今トランプチームのほとんどは、情報発信を Telegram に切り替えています。
ソフトのダウンロードはパソコンでも携帯でも無料で簡単にできるので、皆様、是非どうぞ!
私はここで、Donald J. Trump, GenFlynn, Lin Wood, Sidney Powell,
Rudy W. Giuliani, CodeMonkeyZ, Official Simon Parkes
をフォローしており、情報が更新されるとリアルタイムでチャイムが鳴るので、
このおかげで情薄になることは、まずありません。



[2891]皆さんと本日ご一緒しませんが
投稿者:庄司豊明
投稿日:2021-01-17 09:57:41

ネットで本を注文し、本日到着予定です。
今、アメリカで起きている本当のことを読んで自分なりによく考えてみたいと思います。



[2890]今日、私は、定例会で重要な話をします。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2021-01-17 06:32:55

副島隆彦です。今日は、2021年1月17日(日)、現在午前5時です。

みんな、元気を出しなさい。私たちは勝利します。

 私は、今日、東京、お茶の水の全電通会館で、学問道場の定例会(会員向けの自力での講演会)で話します。 もう参加者用の席はありません。あとは、ネットの デジタル配信に
申し込んでください。20日配信で私の話の内容が聞けます。

(申し込みは、以下のところから)
※「今日のぼやき」広報ページでも既に定例会開催のお知らせを発表しています。以下のアドレスでご覧いただけます。必ずお読みください↓
http://www.snsi.jp/tops/kouhou/2202

副島隆彦です。今、弟子たちに聞いたら、上記の動画配信も、一旦、終了したそうです。
20日には、新しい 動画配信の申し込み受付けの URL を作ります。それまで、しばらくお待ちください。急いで対応します。 

(加筆終わり) 

副島隆彦です。 緊急で書きます。
 トランプ大統領は勝利します。 現在(17日)、首都ワシントンDCは、3万人ぐらいの米軍で、完全に包囲されている。 トランプ派の 軍隊と 反トランプ派(すなわち、ディープ・ステイト側)の州兵(ナショナル・ガード)かつ陸軍の 軍隊が、睨み合いになっている。事態は緊迫している。米軍は、真っ二つで拮抗している。一触即発の状態だ。
それでも、空軍を中心にした最精鋭の連邦軍は、総じてトランプ側に付いている。

 州兵は、民主党(すなわちディープステイ側の州知事)からの部隊(1万人)は、極悪女(ごくあくおんな)ナンシー・ペロシの議員集団を守っている。
連邦軍が、トランプたちのいるホワイトハウスを守っている。私、副島隆彦は、トランプ側の勝利を確信している。民衆は、今、ワシントンの中心部に入ってはならない、となっている。

 17日の出動予定の、ミリシア Militia Me(武装民兵連合)の トランプ側の熱烈武装民兵2万人も、ワシントンには、入れないだろう。彼らはアメリカ憲法修正第2条の 「「銃で武装して、自由の国家を守るために、戦う権利」で行動する。神聖なアメリカ建国の理念である。

私、副島隆彦は、トランプの勝利を確信している。トランプ派の日本国民も、落ち込んでいないで、元気を出しなさい。なぜなら米軍は、首都で睨み合いのまま、だが、8対2ぐらいの割合で、トランプ側に付くからだ。すでに米全土緊急放送(EAS)の準備は完了している。 

 もう詳しくは書かないが、NSA( 国家安全保障省)と、その傘下に入った、FEMA(フイーマ。緊急事態管理庁)の 最精鋭部隊も、裏切り者の長官の首が切られて、今は、トランプ大統領警護隊(SS,シークレット・サーヴィス)の統制下におかれている。
 第82空挺師団(首都防衛隊)、も、デルタ・フォース以下の特殊行動部隊の特殊軍コマンド(方面軍)も、海兵隊(マリーン・コー)と海軍シールズの特殊部隊もトランプ側に付いている。だから、トランプ勢力の勝ちだ。

 それでも、両軍睨み合いの、腹の探り合いの、凄(すさ)まじいアメリカ軍どうしの、軍事衝突になるから、「先に手を出したほうが負け」である。
南北戦争(1861年、アメリカの内乱、内戦。国家分裂)の始まりの時も、こういう感じだった。両軍の軍隊が、首都でにらみ合った。 そして、サムナー要塞への攻撃で、南軍が先に手を出した。

 現地で1月17日に、すでに発令された大統領に続いて、おそらく、反乱法(インサーレクション・アクト)だけでなく、戒厳令(マーシャル・ラー martial Law )も発令されるだろう。 日本時間では、18日(明日の夜中)だ。

 私たちは、そして世界は、この緊迫した事態の下(もと)にある。「自由か、しからずんば、死(を選ぶ)」の独立戦争の時の言論人、トーマス・ペインの言葉どおりだ。

 私たち日本人は、今や日本国の司令官である(と豪語する)副島隆彦を含めて、遠くからの傍観者である。それでも、私たちは、この巨大な世界変動、「世界(史)の軸が動いて、ひっくり返る」瞬間に、今、立ち会っている。素晴らしいことだ。

日本国民のほとんど(1億2千万人)は、権力者層も、いばりんぼうの能無し上層部を含めて、「どうせバイデンさんだ」としょぼくれている。生来の小悪人ども(いつも自分は勝ち組。貧乏人大衆が大嫌い派)は、「どうせトランプは負けて失脚するよ」と高(たか)を括(くく)っている。いいだろう、待ってなさい。

 それでも、本物の日本庶民、民衆は、「トランプさんでないと、アメリカは困るんだ。世界も困る」と、肌で知っている。私、副島隆彦は、日本の言論の指導者として、いろいろのことを知っている。

 米首都は、にらみ合ったまま、どちら側も手を出さず、20日の就任式になると、議会で、空っぽの形だけの就任式をしたバイデン ”空虚”政権は、何の正統性(レジティマシー legitimacy、正当性、周囲からの信頼と尊敬 )もなく、ただディープステイの悪魔たちが、世界支配の道具として使うだけだ。

 こいつらと戦って、もしトランプ派の軍隊が軍事衝突の果てに、劣勢となって、首都ワシントンからトランプ大統領と共に移動するとしても、テキサス州に、新しいアメリカ共和国 の首都を置いて、ニューヨークのディープステイトの政府と、戦い続ける。そうなると、アメリカは、第2次の南北戦争となる。内戦になる。それでいい。

 これを、新CSA(南部連邦、なんぶれんぽう)運動とも言う。CSA(シー・エス・エイ) は、the Confederate States Alliance 「ザ・コンフェデレット・ステツ・アライアンス」という。

 その前に、3月4日(歴史上の本当の新大統領の就任日)までの、あと、45日間の猶予がある。それまでには、大きく決着する。トランプ大統領が、短い軍事政権のあと、大統領就任するだろう。 以下のことは、ネットで配信する、私が、今日、3時間話す、デジタル放送を聞きなさい。
 
 すでに、デーィプステイト側の犯罪者の高官らは、どんどんグアンタナモの刑務所(と拘置所)に送られている。 張陽(ちょうよう)氏や、及川幸久氏、 Harano(原野)Times 氏、石川新一郎氏、BBニュース君、改憲君、闇の熊さん君(元気を出しなさい)、リッキー社長君、我那覇真子さん、文化人放送局君らが、、日本国民に、ユーチューブで、貴重な報道(報告)をしてくれているとおり、大量逮捕が続いている。

 最後まで、へこたれなかったのは、筆頭は、BBニュース君だ。それから、すすぽん君、なんでもニュース君。SAGAWA君、うめぼし君たち、本当にまだ20代の若い人たちだった。私は、日本の若者に、希望を持てた。彼らに私は栄誉を与えたい。

 彼らを大事に、大事に、これからの言論人として育てなければいけない。

 それから、金丸真也氏や、「新聞看点(しんぶんかんてん)のリ・ボクヨウ氏、他、・・・ら、中国系、亡命中国人、台湾系の 法輪功系の 大紀元(だいきげん)Epoch Times の プロの報道陣たち、に感謝する。日本国民に、真実の報道をし続けてくれて本当にありがとう。

 11月4日の異変発生からの、この2か月間、彼らのユーチューブに噛(かじ)り付いていたのは、、たかが、たったの最大限50万人の日本人だ。この50万人しか、覚醒して、頭のいい日本人はいない。他は、勘は鋭いので、動揺して「アメリカで、何か凄いことが起きているようだ」と不安がっている500万人だ。彼らは生来、頭のいい人たちだ。 

 この人たちまでを、私、副島隆彦は、自分のお客として大事にする。あとは、まあ、いつもの属国国民ですから、ディープステイト側のメディア(マスゴミ)に頭をやられたままだ。しかし、それでも本当の民衆、大衆は、「トランプさんでないと、世界が危ないんだよ」と、分かっている。私は、いつも彼らと共にある。民衆の支持のないところに、言論も、知識も、思想の研究もない。 
以下の動画が、ここ数日では、一番、大事だ。

(転載貼り付け始め)

 では、昼間のうちに見て欲しい動画。サイモン・パークスの1月13日の情報。マタタビの羅針盤さんの字幕付き。マタタビの羅針盤さん、いつもありがとうございまーす!

【サイモン・パークス 1月13日 アップデート情報】490回視聴 BITCHUTEの動画です。
https://www.bitchute.com/video/mSNb2mazEIvI/

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。 
 今日の定例会は、「パパ、何を変なことを言っているの。バイデンさんで決まりなのよ」と、自分の家族から、キチガイ扱いされ続けた、人々の結集である。
トランプが勝つことで、私たちも勝つ。 そして、周囲の人たちから尊敬を受ける。学問道場に集まる者たちは、それぞれの人間集団の中で、この国で栄誉ある地位に立つだろう。さらに多くの人が、学問道場に結集せよ。

 すでに、秘密の軍事法廷(軍法会議、 tribunal トリビューナル)は、開かれている。
 まさに岩のような女で、怪獣クラーケンを呼び寄せた、シドニー・パウエル弁護士(元連邦検察官)も、軍事法廷検察官として着任している。英雄リンウッド弁護士も、そして、マイケル・フリン中将も、全軍の指導者として動いている。 クリストファー・ミラー国防長官、ジョン・マク・・・DNI(国家情報官)も、しっかりしている。

 選挙不正の犯罪者どもを、この軍事法廷で裁くだけでなく、 ペドフィリア
pedophilia 小児性愛、さらには幼児たちの大量虐殺を行って生贄(いけにえ)にしてきた、ディープステイトの 頭目たちも、ここで裁かれる。ローマ法王フランシスコたちもすでに捕まっている。人類の諸悪の根源だ、と、副島隆彦が、著作で、ずっと書いてきた通り、ローマ・カトリック 教会 Vatican は、崩壊する。ギリシア、ローマ文明を引き継ぐ、西洋近代白人文明(500年間)の終わりである。そのためにアメリカ国民が、ヨーロッパの憎むべき、国王たちと、大貴族たちと戦って、再度の共和国(リパブリック)作りをする。なんということだろう。まさしく人類(史)がひっくり返る。

私、副島隆彦の 真実暴き言論人としての30年の苦難の闘いの、大きな謎が解けて、私は、これから自分の残生(ざんせい)に向かう。私には、もう余生しかない。それでいい。

トランプ大統領とアメリカ国民の勝利万歳! 

 学問道場、万歳 !

副島隆彦拝 



[2889]トランプ大統領による機密解除の続き。
投稿者:一会員(一弟子)
投稿日:2021-01-17 01:44:55

一会員(一弟子)です。
一昨日掲載した、トランプによる機密情報の解除(ディクラシフィケイションdeclassification)は、さらに進んでいます。
以下、「トータル・ニューズ・ワールド(Total News World)」のサイトが、アメリカの保守系・親トランプのニュースサイト「ゲイトウエイ・パンディット(GATEWAY PUNDIT)」を、速攻で日本語訳にして、簡潔にまとめてくれています。

「機密解除」関連の二つの記事を、ポイントだけ抜粋して転載します。全文は、サイトのアドレスをクリックしてお読みください。

トランプ大統領が、バイデン(オバマ・ヒラリー)陣営の不正の証拠を、このタイミングで一気に解除、放出(ディクラシファイ、declassify) しています。「ディープ・ステイト一斉逮捕劇」の、総仕上げの一端であることは、間違いありません。

今こそ「決戦」の時。今こそ冷静に。敵の「陽動(ようどう)作戦」に嵌(は)まって、意気消沈している場合ではありません。

(抜粋で転載貼り付け始め)

●「【速報】トランプ大統領、ハンター・バイデンとドミニオン不正を調査する特別検察官を任命する模様/多数の恩赦も準備」

トータル・ニューズ・ワールド  2021/1/15
http://totalnewsjp.com/2021/01/15/trump-506/

(前 略)

Twitter(ソース)

「元上級行政官は、トランプ大統領が大統領命令だけでなく、ウクライナの情報を機密解除し、ハンター・バイデンとおそらくドミニオンの投票機にも特別検察官を任命する計画を立てていると言っています。彼がどちらをするのかはわからない」

「ジャストイン-伝えられるところによると、トランプ大統領は、大統領命令だけでなく、より多くの恩赦を準備しており、ウクライナの情報を機密解除し、特別検察官を任命する計画を立てています。彼が何をするかは不明です(CNBC経由)」

Twitter上の声

速報:大規模な行動を取るトランプ;恩赦、機密解除、特別検察官が入ってくるとされる

「トランプは準備している以上の恩赦を用意しており、ハンターバイデンとドミニオン投票機を調査するために特別検察官を任命する計画を立てています」

特別検察官とは

▼特別検察官 米国の大統領や閣僚が不正に関与した疑いがある場合に捜査を担当する特別職の捜査官。司法長官に任命権限があり、政権の圧力を受けないよう、通常の検察官の指揮命令系統から独立して捜査にあたる。関係者の聴取や家宅捜索、必要に応じて起訴できる権限が与えられる。(日経新聞)

トランプ大統領の狙い

・時の権力から独立して捜査ができる特別検察官を任命し、ハンターバイデンの不正やドミニオン不正を暴かせて、20日にバイデン一家の裏金とドミニオン不正を白日のもとにさらすこと。

・これが公になった場合、バイデンはハンターの罪の連座で失職。ドミニオン不正で2020の選挙が歪められたとわかれば、国民の怒りは怒髪天を衝く勢いとなり、民主党政権に大打撃を及ぼす。

・さらに、万一政権が移行された1月20日以降でも選挙自体に不正が行われたと証明されれば、選挙が無効になる可能性もある(詳細は別途調べます)

(転載貼り付け終わり)

(転載貼り付け始め)

●「【速報!】トランプ大統領、OバMゲートの機密文書を公開!」

トータル・ニューズ・ワールド 2021/1/15
http://totalnewsjp.com/2021/01/15/trump-507/

(前 略)

速報:トランプ大統領がロシアの共謀文書を機密解除—早ければ金曜日

火曜日に、ゲートウェイ・パンディットは、トランプ大統領がロシアのデマ調査文書のすべてを機密解除しようとしているという知らせを受けました。

私たちは以前、ホワイトハウス内の人々や表面上は「彼の」側の人々を含むディープステートの工作員が大統領に情報を公開しないように促していると報告しました。

実際、トランプ大統領は、彼が辞任する前に、ロシアのデマですべてを解放することを何度か約束しました。
木曜日の夜、ルー・ドブスは、トランプ大統領がオバマゲートの諜報文書の公開を命じたと報告した。

(中 略)

オバマゲートとは

・オバマゲートとは、前オバマ政権と「ディープ・ステート」が、トランプ氏とロシア関係者が接触したとして罪をでっちあげて、トランプ氏を大統領の座から追い落そうとした事件。
・トランプ大統領の元側近、マイケル・フリン氏がロシア疑惑の中心人物とされFBIに起訴されたが、結局何もでてこなかった。(その後フリン氏は不起訴され恩赦)
・それどころか、FBIの内部で、フリン氏について「真実を自白させるか、それともうそをつかせるか」などと話し合われていたことがメモに記されていた。
・トランプ大統領は、このことから、ロシア疑惑が当時のオバマ政権によってトランプ政権を妨害するために「でっちあげられた」という主張が裏付けられたとして追及していた。(結果トランプ大統領は弾劾寸前までいった)

トランプ大統領の狙い

ハンターバイデンとドミニオン不正での特別検察官任命に合わせ、返す刀でオバマゲートも捜査させ、一気に民主党とバイデンを奈落に落とす作戦か

(転載貼り付け終わり)

一会員(一弟子)拝



[2888]明日の定例会はよろしくお願いいたします
投稿者:古村治彦(学問道場)
投稿日:2021-01-16 21:41:33

SNSI・副島隆彦の学問道場の古村治彦(ふるむらはるひこ)です。

明日の定例会はよろしくお願いいたします。

(1)当日券はございません。

(2)入場券となりますハガキをお忘れのないようにお持ちください。

(3)開場は12時00分を予定しております。それまでにお着きの方には整理券をお渡しし、開場時刻となりましたら、整理券に記載されている番号順にご案内いたします。

(4)入場の際の検温と手指の消毒にご協力をよろしくお願いいたします。

(5)体調の悪い方、発熱のある方は参加をご遠慮ください。

(6)書籍、特に副島先生の新刊は十分に準備してあります。書籍・DVDの販売コーナーには、余裕を持ってお越しください。

(7)これは定例会とは直接関係ございませんが、私どもからのEメールがお届けできていない事例がございます。迷惑メールに分類されていたり、メールの受信が拒否されていたりということが考えられます。迷惑メールのファイルやホルダーをご確認いただく、または、Eメールアドレスを提供している会社にお問い合わせいただきますように、お願いいたします。

以上、よろしくお願いいたします。

副島隆彦の学問道場
古村治彦拝



[2887]トランプ大統領の大逆転はすでに始まっている 2020アメリカ大統領選挙
投稿者:かたせ2号
投稿日:2021-01-16 18:35:05

【速報】オバマ政権は故意にアルカイダに資金提供していた/機密開示文書から
http://totalnewsjp.com/2021/01/16/obama-3/

total news worldさんへ。
いつも貴重な情報ありがとうございます。あなたの流した涙はきっと報われますよ。



[2886]国防総省 グアンタナモ中継ご招待 2020アメリカ大統領選挙
投稿者:かたせ2号
投稿日:2021-01-16 18:21:07

qsc*****さんのヤフコメ投稿を引用します。
https://news.yahoo.co.jp/profile/id/Udkc0q2JeXO_E1EU38g-/comments/

(コメント引用開始)
qsc*****さん|日本時間2021年1月16日16時ころ
╭( ・ㅂ・)و
国防総省 グアンタナモ中継ご招待
1/21申し込み1/26締め切り(大統領選後
国防総省 メディアに席を割り当てる
国連 閉鎖しろ!

コメント
・グアンタナモ中継 メディア21日申し込み締め切り26日中継
 面白いことになってきたなぁ
 20日にバイデンに切り替わってるのに国防省がタイムスケジュール
 組んでる事に違和感持たない奴はいないだろw 
・あらまー 答えでてますねw
・クリントン、オバマ、ペロシ等いっぱい反逆罪で処刑か
・1/26に米国防総省がグアンタナモから衛星回線でメディアに公開!
・記者会見は現地でやるのか 
・せやで情報を聞きつけた国連がグアンタナモ閉鎖しろと喚いてたろ 
・これ 参加したフェイクメディア一網打尽にされるんじゃね
・取材陣だけ拘束しても意味がない 
・経営陣に招待状が届くか お迎えが来るんじゃね?w
(コメント引用終わり)

上記グアンタナモ中継の国防総省からのリリースは以下の通りです。
https://www.defense.gov/Newsroom/Advisories/Advisory/Article/2471892/guantanamo-periodic-review-board-media-invitation-announced/

(日本語訳開始)
グアンタナモ定期審査委員会のメディア招待が発表されました
2021年1月14日
国防総省は、2021年1月26日に国防総省の衛星視聴場所でニュースメディアの座席を割り当て、アブドゥルラバニのグアンタナモ定期審査委員会(ISN-1460)の未分類部分をカバーします。
スペースに限りがあるため、選択は保証されません。選択時に、会議の時間と場所に関する追加情報が提供されます。
聴聞会の観察を希望するメディアは、電子メールでosd.pentagon.pa.mbx.gtmo-press@mail.milにリクエストを送信する必要があります。
すべてのリクエストは、1月21日正午までに受信する必要があります。メディアメンバーは、リクエストに名前、役職、スポンサー組織、連絡先情報(携帯電話と電子メールアドレス)を含める必要があります。同じ組織からの複数の名前が提出される場合があります。
メディアの基本ルールを含む詳細情報は、定期審査事務局のWebサイト(http://www/prs.mil)で確認できます。
(日本語訳終わり)

かたせ2号です。トランプサポーターの皆様へ。あまり根(こん)を詰めずに、ポップコーンを食べながら、プロレス中継を見るような感じで、トランプ劇場を楽しみましょう。
大丈夫です。ここだけの話ですが、最後にトランプ大統領が大逆転するシナリオですから(笑)。

[補足1]
「このままトランプ大統領が終わるはずがない」の所説については、
すずぽんさん(副島先生おすすめ)のyoutube最新動画をご参考ください。わたしはすずぽんさんの意見に賛同します。
(動画見出し)全てが芝居だった。世界が騙された。なぜトラさんが勝利するのか?
https://www.youtube.com/watch?v=Bv6e5VcDsIg

[補足2]
[2842](副島先生のご投稿)から引用します。これの通りです。
(引用開始)
トランプの、初めからの深慮遠謀(しんりょえんぼう)の、大きく罠(わな、トラップ)を仕掛けた、敵どもへの囮(おとり)作戦(スティング・オペレイション 囮(おとり)作戦、釣り(fishing フィッシング)作戦の勝利だ。私は、11月6日に、トランプは、勝つ、と書いた。トランプは、このあとの経緯のすべてを分った上で、このあと、どんどん退却戦をやって、国民を粘り強く説得して、「大規模な選挙不正が本当に、有ったのだ」と主張しつづけた。
 敵どもも、このことをイヤというほど、知っている。自分の良心に問いかけて、それでも、まだ自分たちの悪事を認めないのか。それなら、やっぱり、お前たちは、犯罪者だ、と。トランプは、どこまででも、敵の勢力を自分の方に攻め込ませた。
 だから、私は、トランプが、最後に勝つだろうと書いた。トランプというのは、恐ろしい、政治戦略と、軍略(ぐんりゃく)の天才頭脳をした男だ。 ずっーっと敵たちを自分の陣営の中深く攻め込ませて、自分の本陣の前まで、攻めさせて、そこで バシーンと一挙に撃滅する。上杉謙信(うえすぎけんしん)のような戦国大名だ。軍事の天才だ。敵が思いもよらない手に出る。決して卑怯なことをしない。そして土俵際(どひょうぎわ)で寄り倒す。
(引用終わり)



[2885]ネガティブになるのは寝不足だから。テレビを消して。わたしはもう5年間まともにテレビを見ていない。
投稿者:群馬のゆみこ
投稿日:2021-01-16 11:10:33

群馬のゆみこです。今日は2021年1月16日(土)です。
 トランプさんが心配で心配で、ディープステイトの誰かが逮捕されたという発表もないし、ネガティブになってしまう人は、寝不足が原因かもしれません。寝不足の時(脳が弱っているとき)にディープステイトのマスコミの記事を見る(読む)と、悪が入り込むのだと思います。

 わたしはそれまで居間に鎮座ましましていたテレビを、ある日イラっときて、二階に持って上がり、それ以来ほとんど見ていません。もう5年くらいになります。だから、以前【[2840]分かった!ペンスは既に逮捕されている!ゆみこの予想】に書いた、メラニア夫人の影武者をテレビで見たのは、よそのうちに行ったらテレビがついていて、偶然見たんです。「うわー、完全に違う人だ。もっと控えめにしてないと、そんなにうなづいたりしたらバレちゃうじゃない」と思ったのを覚えています。数年後にその意味が分かるとは・・・引き寄せるんですね。
 わたしは最近は、毎日Yahooニュースを見て、有名人の訃報が多いなあ・・・ロンメル死かな?なんて思っています。

 女の人は、赤ちゃんが生まれるとそのお世話でぜんぜん眠れません。おむつを替えて(またはおまるでさせてやって)おっぱいを飲ませて、眠ったかなと思ってお布団に寝かせると、泣き出す。お母さんとひと時も離れるのが嫌なんですね。お母さんはまとめて3時間眠れたらラッキー、という感じでしょう。これが三か月とか半年、長いと一年とか続くわけです。鬱になるわけです。乳飲み子を育てている女神たちに感謝しよう。

 眠らせない、という拷問があるそうですね。気が狂うでしょうね。

 ですから、皆さん、今日はYouTubeのチェックや更新はほどほどにして、早く寝る、というのはどうでしょうか。ユーチューバーの皆さんは、今日は思い切って番組を休むとか(今は戦争中なので、公式発表なんか出ないでしょ?マスコミはディープステイトだし)、または「デクラス(機密解除)で何が出るか、期待と予想」という話で盛り上がる、とか。わたしはやっぱり「人類は月に行っていない、あれはスタジオ撮影です」という話が出てきて欲しいですね~。

 では、昼間のうちに見て欲しい動画。サイモン・パークスの1月13日の情報。マタタビの羅針盤さんの字幕付き。マタタビの羅針盤さん、いつもありがとうございまーす!

【サイモン・パークス 1月13日 アップデート情報】490回視聴 BITCHUTEの動画です。
https://www.bitchute.com/video/mSNb2mazEIvI/

 内容。サイモン・パークスが「人々はマスコミが閉鎖されたり、重要人物が逮捕されたりするのを待ち望んでいて、それがまだ起こらないので不安になっている」と言うと、トランプ側で、サイモン・パークスに情報をくれる人達は「期待はありがたいが、いま本当に大事な作戦をやっているところなんだ。100%集中しないとダメなんだ。プレッシャーを掛けたり、気が散ることを言わないでくれ。こちらの計画通りやらなきゃダメなんだ。」

 また、みんなからのプレッシャーで(みんなが不安になってあれこれ言うから)、トランプ側は計画が崩れる危険を抱えている。トランプが何回「大丈夫だ」と言えばいいんだ!大丈夫だって、言ってるだろ!

 そんな感じの話です。だから石川新一朗さんのところでも、「安心してください、これからハリウッド映画の大作見るような気持ちで、ポップコーンを片手に気楽にしててください」と何度も言ってくるんですね。

今日の石川伸一郎さんの動画。https://youtu.be/6Q97xpYEPt8 33,581 回視聴•2021/01/16

映画のタイトル『地上の最後の光と闇の闘い』
 序章:昔々、すべての闇は地球上に広がった
 第1章:地上の民のために光は闇を照らす機会をうかがった
 第2章:1954年アイゼンハワー大統領が光への裏切りにより暗黒時代へ
 第3章:闇から一途の光が。1963年にケネディとともに消え去った。
 第4章:光が立ち上がる機会を得た。1999年5月ある勢力との協調が始まり、光と闇の最後の闘いが始まった。
 第5章:トランプが約束通り動き出した。2017年より地上の闇を葬り去る本格的な作戦が開始される。
 第6章:2020年12月光は地上以外の闇をすべて葬り去った。
未来編
 第7章:2021年ついに地上で光はすべての闇を葬り去る
 第8章:人類は地上で新たな新時代へ

 だから、トランプさんと軍人さんの邪魔をしないように、また、プラスの波動を送ろうではありませんか。わたしたちは何か月も、あるいは何年も、子供の誘拐や生贄の儀式、アドレノクロムの話などを読みすぎて、聞きすぎて、もう気持ちが悪くて、ちょっとおかしくなっています。わたし自身、トランプ勝利と分かったあと、それまでの緊張の糸が切れたのか、ちょっとおかしくなりました。でもサイモン・パークスや石川新一朗さんのお陰で、また正気を取り戻しました。ありがとう、ありがとう、危ないところでした。また、大丈夫だ、と言っても、まだみんなが捕まったわけではありませんから、気を抜かずに、トランプさんと軍人さんとNSAを信頼していようと思います。

 明日、学問道場の定例会に行かれる方は、本当に幸運ですね。トランプさんの話で盛り上がれるなんて、夢のようです。仲間がいるのって、幸せです。定例会開催おめでとうございます。 おわり
 



[2884]定例会について
投稿者:三浦 寿美江
投稿日:2021-01-16 08:19:43

1月12日午前中、こくちーずからの入金案内に従って、動画配信の申し込みとお支払をいたしましたが、入金の確認の連絡が来ません。
ご確認宜しくお願い致します。



[2883]1月17日の定例会について
投稿者:古村治彦(学問道場)
投稿日:2021-01-15 22:10:16

SNSI・学問道場の古村治彦です。

2021年1月17日開催の定例会についてお知らせします。

(1)出席希望者の方でキャンセルが出ましたので、ご希望の方はお申し込みください。

※定例会出席お申し込みは以下のアドレスで受け付けております↓
https://www.kokuchpro.com/event/b78799f854b8e28c5cf94a58bd0874ca/

※「今日のぼやき」広報ページでも既に定例会開催のお知らせを発表しています。以下のアドレスでご覧いただけます。必ずお読みください↓
http://www.snsi.jp/tops/kouhou/2202

(2)事務処理能力と17日の定例会の準備のため、出席、配信の募集は1月16日午前8時59分で終了します。

(3)動画配信は、2021年1月20日午前9時から2週間視聴可能となります。ご案内をしております通り、生中継ではございません。途中で切れない、高画質の生中継は、より高価な機材やより多くの人員が必要となり、私どもの規模では無理ですし、今のお値段では到底不可能であることをご理解ください。

(4)「今日のぼやき」でのお知らせ、私どもから差し上げた自動返信メールに子細は書いてありますので、ご面倒とは思いますが、必ずお読みください。

以上、よろしくお願いいたします。

副島隆彦の学問道場
古村治彦拝






※以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます。
■記事No ■削除番号